R35 GTR情報 VOL30
現在ページはVOL30です。2020年1月〜
VOL1 VOL2 VOL3 VOL4 VOL5 VOL6 VOL7 VOL8 VOL9 VOL10
VOL11 VOL12 VOL13 VOL14 VOL15 VOL16 VOL17 VOL18 VOL19 VOL20
VOL21 VOL22 VOL23 VOL24

VOL25

VOL26 VOL27 VOL28 VOL29 VOL30
-大阪・都島発 IN側バルタイ機構がブローしてエンジン強化R35-


大阪府K様R35はノーマルエンジン+GT800タービン仕様で乗られていましたが

バンク1側のバルタイが動かなくなりチェックランプも点灯しっ放しになるので

エンジンを降ろして、カムスプロケASSYを新品交換しました。

同時にピストン・コンロッドを強化しカムシャフト交換も行いました。

これでしっかり直りました。

タービンは昔から使っているため、低いブーストにしておこうと思いましたが

しっかりパワーは出てしまいました。

 

SPEC
オリジナル 鍛造ピストン、I断面コンロッド
RSE IN/EX共274°カム+強化バルブスプリング
HKS GT2 800タービンKIT、850tインジェクター
SARD 295L/Hフューエルポンプ
TRUST TYPE29インタークーラー、DCTクーラー、キャタライザー
APEX RSXマフラー
BLITZ SBC‐iD
オリジナル メインCPUプログラム 2010モデル改 Ver 14−5
ミッションCPUプログラム 2013モデル改 VerN−3
フューエルポンプ電源改
   

ブースト圧 1.51 → 1.34kg/㎠  時

850.73PS 106.85kgm

パワーチェックグラフ
 

 

-愛媛・今治発 2015モデルR35 コンピュータチューニング-


愛媛県S様R35は、2015モデル20,800キロの走行で

nismoのスポーツリセッティングCPUとRH9マフラーは装着されておりました。

今回キャタライザーを装着して、コンピュータチューニングしました。

後日、DCTクーラーも装着して下さりました。

比較グラフはコンピュータデータのみの違いです。

<オーナーズボイス>

どの領域でもパワーアップが体感で来て、ドライブするのが楽しいです。

まだ、全開は出来ていませんが・・・(汗)
 

SPEC

TRUST キャタライザー、DCTクーラー
RH9 90Φチタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2015モデル改 Ver14−6
nismo スポーツリセッティング、ミッションデータ
   


ブースト圧 1.53 → 0.88kg/㎠  時

642.84PS 99.53kgm

パワーチェックグラフ
 

 

-福井・永平寺発 ブーストアップからすぐさまタービン交換R35-


福井県Y様R35は2008モデル61000キロ走行で、つい先日ブーストアップ一式を行ったばかりですが

すぐさまタービン交換に進んで下さりました。

エンジンノーマルでのタービン交換ですとサージタンクは不要ですが

インタークーラーのパイピングの買い替えがもったいないので予め装着しました。

いずれエンジン内部の強化とカム交換は行うそうです。

クラッチは不安だったのでLINNEYの8プレート強化クラッチを組み込みました。

800ps位出れば充分と思っていましたが、それをオーバーしてくれて嬉しかったです!

 

SPEC

HKS GTV−RSタービンキット、DCTクーラー、80Φサクションキット、EVC
TRUST TYPE29インタークーラー、サージタンク、キャタライザー
RH9 90Φチタンマフラー
SARD 900tインジェクター、295L/Hフューエルポンプ
オリジナル フューエルレギュレータアタッチメント、ポンプ電源ライン
メインCPUプログラム 2010モデル改 Ver14−6
ミッションCPUプログラム 2013モデル改 Ver7−1
日産 RB26レギュレーター
LINNEY 8プレート強化クラッチ
   

ブースト圧 1.67 → 1.49kg/㎠  時

814.16PS 105.48kgm

パワーチェックグラフ
 
R35 GTR情報 VOL30
現在ページはVOL30です。
VOL1 VOL2 VOL3 VOL4 VOL5 VOL6 VOL7 VOL8 VOL9 VOL10
VOL11 VOL12 VOL13 VOL14 VOL15 VOL16 VOL17 VOL18 VOL19 VOL20
VOL21 VOL22 VOL23 VOL24 VOL25 VOL26 VOL27 VOL28 VOL29 VOL30