R35 GTR情報 VOL21
現在ページはVOL21です。
VOL1 VOL2 VOL3 VOL4 VOL5 VOL6 VOL7 VOL8 VOL9 VOL10
VOL11 VOL12 VOL13 VOL14 VOL15 VOL16 VOL17 VOL18 VOL19 VOL20
VOL21 VOL22 VOL23 VOL24 VOL25 VOL26 VOL27
各ページに情報が満載しています・・・
福岡県久留米発 2010モデルR35をチューニング


福岡県 I様は、2010モデルR35で37000キロの走行です。

4年前に、排気系+コンピューター+ソレノイドの清掃を行なって下さっていますが、

今回は、ミッションの予防調整強化プランとピレリータイヤ交換、そしてメインミッションの

データバージョンUPを行って下さいました。

ミッション内部はこれといった問題は無く、ソレノイドバルブ部の清掃は2回めとなりますが、

とても綺麗でした。

パワー的には、SARDの後期型キャタライザーの静音タイプなので、

そこまで期待してませんでしたが、充分に出ました!

遠い所を有難うございました。大事に末永くお乗り下さい。
 

SPEC
SARD キャタライザー後期
トップシークレット サクションパイプ
TRUST マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-2
ミッションO/H予防調整強化プラン
ブースト圧1.44→0.99Kg/cm2
618.5PS 89.0Kg

パワーチェックグラフ
R35開発5号車が鈴鹿で2分16秒229!


当社開発5号車が、RH9の鈴鹿タイムアタックにて、山田英二プロドライブで、2分16秒229の好タイムを

樹立しました。

パワーユニットは、キャタ、マフラー、コンピュータのみの簡単スペックです。

山田英二プロ曰く、「クリアーラップじゃなかったので残念ですが、2分15秒台は出せました」との事でした。

課題も少しありました。

晴れていましたが、気温が2〜3度しかなく、ブースト圧が思ったよりも上がり、

フューエルカット領域にまで入った事。

インジェクターが100%全開になり、ストレートでフューエルカットが入りながらの走行だった事でした。

フロントタイヤが255/40-20だったので、285/35-20にして、スペーサーを使ってもっと張り出せば、

2分15秒フラットも可能と思えました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー・DCTオイルクーラー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2014ベース改 Ver8-7
ミッションCPUプログラム2014モデル改 VerE-4
フロントマスクシステムタイプUサーキットスペック
サイドステップシステム
リアアンダーサイドステップ
カーボンデュフューザー
エスプリ GTウィング
トップシークレット カーボントランク
オリジナル アルコンモノブロックブレーキシステム
トップライン アラゴスタ3Way F16K R12K
BBS RID MB
ダンロップ GT600 2013 バージョンNISMO用 255-40 285-35
NEKO フロントアッパーアーム・リアキャンバーアーム・リアトーインアーム
レカロ SP-G×2
−R35開発5号車が富士で好タイムを出しました1分50秒987−


この仕様で山田英二プロドライブで1分50秒987でした。

ベース車が2014モデルなので、タイヤや各ブッシュ類が柔らかいので変更した程度で、

大した事は行っておりません。

一般ユーザーの方が普通に出来る仕様です。

惜しむらくは、タイヤをケチった事です。

NEWタイヤでトライすれば1分49秒後半が出せそうでした。

山田英二プロ的には何の問題も無く、気になる点は一切ありません!との事でした。
 

SPEC
TRUST キャタライザー・DCTオイルクーラー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2014ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2014モデル改 VerE-4
フロントマスクシステムタイプUサーキットスペック
サイドステップシステム
リアアンダーサイドステップ
カーボンデュフューザー
エスプリ GTウィング
トップシークレット カーボントランク
オリジナル アルコンモノブロックブレーキシステム
トップライン アラゴスタ3Way F16K R12K
BBS RID MB
ダンロップ GT600 2013モデルユーズド
NEKO フロントアッパーアーム・リアキャンバーアーム・リアトーインアーム
RECARO SP-G×2
−東大阪発 ストリート仕様R35が900馬力の世界へ−


大阪府S様R35は2012モデルで18000キロ程の走行です。

フルノーマル時から順調にステップUPを重ねてくださり、今回エンジン強化+タービン交換仕様となりました。

排気量はノーマルのままで、ピストン、コンロッドを強化し、カム交換を行いました。

目標は880PSですが、ここ最近コンピューターセッティングのレベルが上がり

750PSを超えるような車は、正確に計測出来なくなっています(下からグォ〜ンと立ち上がるのでグリップしないのです)

この車もやはり計測出来ませんでしたので、実走で合わせました。

5速全開でブースト1.6時でインジェクター開弁率が96%、それ以上のブーストに

なると100%になってしまいました。

エアフロ電圧も80パイ径で5Vに近く890〜900PSは出ていると考えられます。

凄い時代になってきました。
 

SPEC
TRUST TD06SH20Gタービンキット・タイプ29インタークーラー・DCTオイルクーラー・大容量サージタンク・デリバリーパイプ・専用インタークーラーパイプ・キャタライザー
SARD 900ccインジェクター・295L燃料ポンプ×2
RH9 チタンマフラー
BLITZ D-SBCidV
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver8-7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerE-4
HKS 鍛造ピストン・H断面コンロッド
JUN IN/EX272度カム・強化バルブSP
ブースト圧1.60→1.47Kg/cm2
計測不能

パワーチェックグラフ
−PHOENIX's POWER 
  オリジナル フロントマスクシステム サーキットSPEC 好評発売中!!−


当社オリジナルのフロントマスクシステムは、タイプTとタイプUが有ります。

タイプTは2008モデルから2010モデル対応です。

タイプUは2011モデル以降対応です。

{2008〜2011モデルにタイプUを装着する場合は、後期型の純正ディライト(\72000)

 と後期型の純正オイルクーラーダク(\6720)が必要となります。}

サーキットSPECのカーボンリップは、タイプTにもタイプUにも装着できますので

既に装着されてる方は、サーキットSPECカーボンリップ部のみを購入してのイメージチェンジも可能です。

*サーキットSPECカーボンリップはTRUSTのタイプ29インタークーラに合わせて型取りされております。

                              取付
 
 フロントマスクシステム タイプT=\298,000−      \60,000-  別途塗装 

 フロントマスクシステム タイプU=\318,000-       \60,000-    ”

 フロントマスクシステム タイプTサーキットSPEC=\328,000-  \60,000-    ”

 フロントマスクシステム タイプU=サーキットSPEC\348,000-  \60,000-    ”

(サーキットSPEC用カーボンリップ) \150,000-


サイドステップシステムは2008モデルから2014モデルまで全てのR35に装着出来ます。

 サイドステップシステム=\168,000-   取付 \30,000-  別途塗装


 リア・アンダーシステムは、タイプTとタイプUが有ります。

 タイプTは2008モデルから2010モデル対応です。

 タイプUは2011モデル以降対応です。

                             取付

 リア・アンダーシステムタイプT=\148,000-       \30,000-

 リア・アンダーシステムタイプU=\108,000-       \20,000-


リア・カーボンデューフューザーは2011モデル以降対応です。

取付が簡単に出来るよう、相当 工夫しました。

  リア・カーボンデューフューザー \158,000-      \18,000-

−2011モデルパーツでの運動性能向上についてー


以前から、当社がお勧めしているフロントの2011以降、トランスバースリンクブッシュですが、

これはコーナリング中のキャンバー角やトゥ変化が極力抑えられる優れ物です。

それと同時にトランスバースカム角ボルトも2011モデル以降品を使用すると、フロント

キャンンバー角の調整範囲が広がり、タイヤの片ベリを減らしたり、サーキット走行

適した調整も出来るようになりました。

作業は結構大変なので、車高高KIT等を装着する際、同時取付してアライメント修正

を行えば素晴らしい運動性能を発揮してくれる部品です。

今迄苦労したキャスター角をも、左右バランス良く取れるようになりました。


(日産)トランスバースリンクブッシュ  4x2000=\8,000−

(日産)トランスバースカム角ボルトSET  2x1500=\3,000-

           工賃           \10、000-
      
    アライメント修正            \40,000-

           合計           \61,000-(税別) 

−大阪豊中発 アメ車専門店がR35チューン開始−


大阪府のアメリカ車専門店、O様の依頼を受けR35のキャタライザー交換とソレノイド

バルブ清掃とメイン、ミッションのコンピューターチューンを引受けました。

MTオイルは汚れてましたが、ソレノイドバルブのキズやシャフトの削れも無くカスも少なかったです。

ただ、今でも対策キャップも入ってなくて、カスの掃除もしていないR35は多いんだなぁ〜と実感しています。

エンジン的には快調で、すんなり目標パワー&トルクになりました。

バッチリです!
 

SPEC
TRUST キャタライザー
BLITZ マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-2
クラッチ調整
ブースト圧1.46→0.93Kg/cm2
626.1PS 90.9Kg

パワーチェックグラフ
−福井県鯖江発 購入後一気に安心安全チューンR35−


福井県W様R35は14000キロの少ない走行のフルノーマル車を購入してすぐ、

当社でチューニングして下さいました。

ミッションの不安を減らすため、予防調整強化プランと、もう少し車高を

下げたかったのでNEKOの車高調整アダブターを組み込み、ヨコハマのADVANスポーツタイヤを装着しました。

そしてメイン、ミッションのコンピューターチューンを行い、とても好結果となりました。

なにせ、良く回りました。とても当たりのエンジンだと思われます。

クラッチ調整時の油圧の掛かりも8キロくらいになりバッチリでした。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-2
ミッションO/H予防調整強化プラン
ブースト圧1.43→0.93Kg/cm2
597.5PS 87.5Kg

パワーチェックグラフ
−福島県いわき発 サクション+キャタ交換にステップUPのR35−


福島県N様R35は以前フルノーマル時に京都店に来て下さりコンピューターチューンを行って下さいました。

今回は、サクションKITとキャタライザーを取付してのリセッティングです。

マフラーは純正のままなのでどうでしようか!?

サクションの効果で下からドンドン空気が入るので、低回転からとても良くなりましたが

いかんせん抜けが悪くてノッキングリタードが出やすくなっておりました。

マフラーを交換すれば全て解決しそうですよ。
 

SPEC
TRUST サクションKIT・キャタライザー
日産 純正マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-2
ブースト圧1.43→1.00Kg/cm2
610.6PS 90.9Kg

パワーチェックグラフ
−東京港区発 フルノーマルR35をソレノイド清掃+CPUチューン−


東京都N様R35は21000キロ走行のフルノーマルでして、今回、ミッションソレノイド

バルブ清掃プランとメイン、ミッションのコンピューターチューンをさせて頂きました。

ソレノイドバルブの汚れもカスも少なめでキズもありませんでした。

対策キャップは入っておりませんでした。

エンジン的には軽く回り重さは全く感じませんでしたので、良いエンジンだと思いました。

奥様と観光ついでにお越し下さったようです。

遠い所を有難うございました。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-2
クラッチ調整
ブースト圧1.45→0.95Kg/cm2
586.0PS 84.9Kg

パワーチェックグラフ
−ライトチューンでゼロヨン10秒880達成!!−


セントラルサーキットにてCLUB-RH9主催ゼロヨン大会があり、フェニックスパワーでは2014モデル

開発5号車ブーストUP仕様を持ち込みました。

前回、仙台ハイランドで走らされた時は、リアのバネレードが12Kだったので10Kに落として減衰力も弱めました。

タイヤも新品GT600-2014モデルといたしました。

仙台では10秒957だったので、今回の目標は10秒8!

ローンチコントロールシステムに関しましては、メインコンピューターの空き番地を利用して

独自プログラムをカスタムしています。

・スタート回転数設定 ・クルーズコントロールスイッチでのスタート回転200rpm刻み上げ下げ
・スタート時インマニ圧設定 ・スタート時点火リタード量調整 ・スタート時目標空燃費
・スタート時IN側バルブタイミング ・目標インマニ圧に対する自動点火調整

これらの項目をベースに・・・

スタートしてからの車速に対するミッションへのトクル量伝達、リアホイールがスピンして

フロントホイールとの車速差が出た時に点火リタードさせてグリップ取り戻し等を作成しております。

従って、ミッションには負担が掛かり辛く、路面が悪くグリップを失っても、なんとか

加速していく優れた能力を保有しております。

現在全てのお客様に、この機能を盛り込んでおりますのでお楽しみ下さい。

尚、当社開発5号車のスペックは、完全車検対応です。

ミッションの内部は全く手を入れておりません。
 

SPEC
TRUST キャタライザー・DCTオイルクーラー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2014ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2014モデル改 VerE-4
アルコンブレーキシステム
BBS RID マットブラック・F10.0J R11.0J
ダンロップ GT600 F255-40-20 R285-35-20
トップライン アラゴスタ3WAY車高調 F16K R12K
オリジナル フロントマスクシステムタイプU・サイドステップシステム・リアアンダースポイラー・カーボンデフューザー
RECARO SR7
−岩手盛岡発 サクション交換で大幅パワーUP・R35−


岩手県M様R35は年に1〜2回、必ず当社に来て下さる常連様です。

今回は、車検整備一式とサクションKIT取付けリセッティングを行って下さいました。

回してみて感じたのは、凄く軽く回るのと5000rpm〜6000rpmでグリップしていない感じでした。

ロギングデータで検証しても、確実に640PSスペックでした。

ローンチコントロールもバッチリ動くようにしておきました。

いつも遠い所を有難うございます。
 

SPEC
TRUST サクションKIT
SARD キャタライザー前期
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerE-4
ブースト圧1.46→0.99Kg/cm2
636.7PS 88.7Kg

パワーチェックグラフ
−山口岩国発 フルノーマルR35にCPUチューン−


山口県O様R35は2008モデルフルノーマルで56000キロ程走っておられます。

今回、奥様と京都旅行ついでにダンロップタイヤ交換と、メインとミッションの

コンピューターチューンを行って下さいました。

何の問題も無く普通にパワーUPいたしました。

ただ、クラッチ調整時の油圧の掛かり方が少し弱かったので、ソレノイド清掃

及びミッションオイル交換をお勧めいたします。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-2
クラッチ調整
ブースト圧1.44→0.95Kg/cm2
602.3PS 86.8Kg

パワーチェックグラフ
−2011モデルパーツでの運動性能向上について−


以前から当社がお勧めしているトランスバースリンンクブッシュ(フロントの2011以降)

ですが、これはコーナリング中のキャンバー角やトゥー変化が極力抑えられる優れものです。

それと同時にトランスバースカム角ボルトも2011モデル以降品を使用すると、フロントの

キャンバー角の調整範囲が広がり、タイヤの片減りを減らしたりサーキット走行に適した

調整も出来るようになりました。

作業は結構大変なので、車高調KIT等を装着する際、同時取付してアライメント修正を

行えば素晴らしい運動性能を発揮してくれる部品です。

今迄苦労したキャスター角をも左右バランス良く取れるようになりました。

(日産) トランスバースリンクブッシュ   4x2000=8,000

(日産) トランスバースカム角ボルトSET  2x1500=3,000

取付工賃                10,000
   
     アライメント調整            40,000

     合計                  61,000(税別)
 

 
−岡山発 当たりENG2014−R35 お勧めブーストUP−


岡山県W様R35は2014モデル、1100キロしか走っていない新車でした。

キャタライザーとマフラーを交換して、メインミッションンのコンピューターチューンを行ったのですが、

なんとNISMOのコンピューターデータが入っておりました。

品番はR5119.これは吸い出した事がないので、とりあえず吸いだし・・・

ミッションデーデータは、アメリカ仕様の純正が入っていると思われました。

ここで頭を使って一旦、NEKOソフトで2014モデル純正メインを入力してからECU-TEKソフトで書き込みました。

成功です!

この車は4回測定して全て650PSをオーバーしました。

当たりENGとしか思えません!素晴らしかったです。

W様はBNR32の乗ってらした頃から当社でチューニングして下さっております。

いつも有難うございます。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2014ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2014モデル改 VerN-2
クラッチ調整
ブースト圧1.45→1.02Kg/cm2
653.1PS 90.8Kg

パワーチェックグラフ
−三重発 キャタ交換、ソレノイドバルブ清掃R35をCPUチューン−


三重県H様R35は2008モデルで18000キロ程の走行で、他店でキャタライザーの交換と

ソレノイドバルブ清掃プランを既に行っております。

今回、メインとミッションのコンピューターチューンを行いました。

一発でバシッと決まりました。エンジンも好調でした。

次回は、サクションパイプとマフラーの交換をお考えのようです。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-2
クラッチ調整
ブースト圧1.46→0.96Kg/cm2
615.0PS 89.0Kg

パワーチェックグラフ
−大阪間門発 2014モデルR35お勧めブーストUPの実力−


大阪府K様R35は2014モデル6000キロ程走行の新車です。

前回、フルノーマルでのコンピューターチューンをして下さりましたが

高速バトルでうちのお客様のチューンドR35に抜かれたので排気系のステップUPに進んで下さいました。

一発で640psオーバーです。凄いですよ!

エアフロ電圧、インジェクター開弁率、全てが一杯一杯!!使い切ってますね。

点火タイミングの余裕があって3°進角させてます。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2014ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2014モデル改 VerE-4
ブースト圧1.46→1.01Kg/cm2
642.0PS 91.0Kg

パワーチェックグラフ
−堺発 トミーカイラ フルエアロR35をコンピューターチューン−


大阪府T様R35は2013モデルでまだ2700キロしか走っておりません。

以前2008モデルもお乗りになっており、その時も当社でチューニングして下さいました。

今回は、トミーカイラのフルエアロ仕様でした。

ブリジストンのポテンザS001タイヤだったのでグリップするか!?不安でしたがしっかり出てくれました。

下からビンビン、上までバッチリのとても速い車になりました。
 

SPEC
トミーカイラ フルマフラーシステム
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-2
クラッチ調整
ブースト圧1.46→1.01Kg/cm2
641.1PS 90.9Kg

パワーチェックグラフ
−三重伊賀発 サクションKITでパワーUP R35−


三重県N様R35は2008モデル43000キロ程の走行で、ノーマル時から当社でコンピューター

チューンして下さり、確実にステップUPされてきました。

今回はTRUSTのサクションKITを装着してのリセッティングです。

タイヤがハンコック製でグリップしませんでしたが、タイヤグリッパーを塗って何度か

回すうちに食い付いてくれました。

下から効いてトルクもあって乗り易いです。
 

SPEC
TRUST サクションKIT・キャタライザー
エンドレス マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-2
ブースト圧1.45→1.00Kg/cm2
635.5PS 90.4Kg

パワーチェックグラフ
−所沢発 強化アクチュエーター+サクションで強烈立ち上がりR35−


埼玉県A様R35は、昨年当社でコンピューターチューンをさせて頂きました。

その時は既にEVC、強化アクチュエーター、マフラーが装着されていたのですが、キャタライザーを追加しました。

今回はTRUSTサクションKITを取付してEVCの配管をはずしてブースト表示のみをさせたのでした。

強化アクチュエーター+サクション+CPUなので立ち上がりのブーストが鋭く1.6キロ位掛かります。

従って、ブーストカットが入らないよう引き上げました。

台風が来ており気圧が低く(990hp)馬力は出ないかな?と思いましたが、一発で

驚きのパワー&トルク94.9kg/mですもん!
 

SPEC
TRUST サクションKIT・キャタライザー
HKS 強化アクチェーター
マインズ マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerE-4
ブースト圧1.60→1.00Kg/cm2
644.9PS 94.9Kg

パワーチェックグラフ
−富山高岡発 フライホイールハウジングがヤバかったR35−


富山県M様R35は2008モデル2000キロ走行で既に当社でブーストUP仕様にして下さっております。

今回、フライホイールハウジング交換とTRUSTサクションKITを装着してのリセッティングを行いました。

フライホイールハウジングのスラスト方向のガタはマジでヤバかったです。

エンジン的には抜群でしてタイヤさえ新しければ、640ps確実でした。

回していても手応えが有りました。

(フロントは2010年式、リアが2007年式の製造タイヤでした。)
 

SPEC
TRUST サクションKIT・キャタライザー・マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-1
ブースト圧1.44→0.99Kg/cm2
634.1PS 89.8Kg

パワーチェックグラフ
堺発〜2014モデルR35,キャタ+CPUチューンの実力


大阪府S様R35は、2014年モデル、4000キロ走行の新車です。

BBS-RIDホイールも装着して下さいました。

マフラーは純正のままで、キャタライザーを交換してメインとミッションのコンピューターチューンを行いました。

高回転で今ひとつ抜けていないような感じでしたが、しっかりパワー&トルクUP致しました。

やはり新しい車なので、クラッチ調整時の油圧の掛かり方等、完璧でした。

マフラー交換したら、もっと綺麗なグラフになるでしょう!
 

SPEC
TRUST キャタライザー
日産 純正マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2014ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2014モデル改 VerE-4
クラッチ調整
ブースト圧1.43→1.01Kg/cm2
641.5PS 88.4Kg

パワーチェックグラフ
-兵庫丹波発 サクションKIT+新データ入力で完璧R35-


兵庫県M様R35は2008モデルで3万キロ程走行で相当前にコンピューターチューンさせて頂いております。

今回TRUSTのサクションKITを装着してメイン、ミッションのコンピューターデータを一新しました。

素晴しい状態になりました。

キャタは変更されてるのですが、マフラーはノーマルのままの割には煮詰まりました。

ローンチ時のロギングデータも完璧です。

現在21インチのヨコハマタイヤが装着されていますが、今度のRH9セントラルゼロヨンを走る予定で楽しみです。
 

SPEC
TRUST サクションKIT
SARD キャタライザー前期
日産 純正マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-2
クラッチ調整
ブースト圧1.43→0.98Kg/cm2
619.7PS 89.2Kg

パワーチェックグラフ
-大阪高槻発 購入後すぐにコンピューターチューンR35-


大阪府K様R35は、排気系とブローオフバブルが装着されたR35を購入され、すぐコンピューターチューンの

ため当社に持ち込まれました。

ブローオフバルブは大気開放になっていたので、サクションに戻すようお伝えしました。

SARDの後期キャタライザーとフジツボマフラーが装着されていました。

いつものデータより6000rpm以降で点火タイミングを下げないとノッキングがでました。

もうちょっと抜けが悪いのでしょうね。

エンジン的には、5万キロ近く走ってますがいたって元気でした。

バッチリパワーUPいたしました。
 

SPEC
SARD 後期キャタライザー
フジツボ マフラー
BLITZ ブローオフバルブ開放
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-2
クラッチ調整
ブースト圧1.43→0.94Kg/cm2
626.7PS 92.1Kg

パワーチェックグラフ
-富山氷見発 購入後すぐ一気チューニングR35-


富山県T様R35は2008モデル3万キロ走行のフルノーマル車で、購入後すぐに一気

チューニングして下さいました。

BBSアルミホイル+新ダンロップタイヤ、BLITZ車高調、キャタ、マフラー、サクションとメイン、ミッションの

コンピューターチューンです。

サクションKITを取付すると、下から一気にトルクが立ち上がるのでなかなかグリップしてくれませんが、

良い結果でした。ローンチコントロールシステムをロッキングしてもとても良い状態です。
 

SPEC
TRUST サクションKIT・キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-2
クラッチ調整
ブースト圧1.43→0.99Kg/cm2
637.1PS 90.4Kg

パワーチェックグラフ
−奈良橿原発 マフラー交換+CPUリセッティングでパワーUP−35−


奈良県A様R35は、前回コンピューターチューンさせて頂いたのですが、第2ストレートパイプの太鼓が悪いの

か?マフラーが悪いのか?今イチパワーが出ませんでした。

余りにも音量が大きかったので音量切替バルブ付きのイノテックマフラーに変更してリセッティングいたしました。

スイッチで音量切替が出来るので便利です。

バッチリ、パワーUPしました。

RH9のステアリングも交換して下さいました。黒カーボン赤ステッチで今でも

根強い人気のあるステアリングです。
 

SPEC
TRUST 第一キャタライザー
不明 第二キャタライザー
IPF イノテックマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-2
ブースト圧1.43→0.95Kg/cm2
622.7PS 89.6Kg

パワーチェックグラフ
-大阪河内長野発 15万キロ走行R35チューニングは!?-


大阪府I様R35は15万キロ走り込んだ強者です。

ミッションのシフトフォークが折れてしまい、予防調節強化プランと

同時に修理して、キャタライザー取付コンピューターチューンを行って下さいました。

今迄の経験で、走行距離が増えてくると、ノッキングは出易くなるのですが、この車もそうでした。

エンジン的には問題なく無理せず、この馬力にしておきました。

充分でしょう!
 

SPEC
TRUST キャタライザー
日産 ノーマルマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-2
ミッションO/H予防調整強化プラン
ブースト圧1.44→0.94Kg/cm2
609.9PS 87.5Kg

パワーチェックグラフ
-東大阪発 ノーマルENGながら怪物パワー・トルク発生R35-


大阪府S様 R35は2012モデルで、クルノーマル時から全て当社でチューニングして下さっております。

今回ノーマルENGのままでタービン交換を行いました。

840PSを目標に煮詰めていきましたが、やっぱり上で滑るのです。

6500rpmから上はグリップしません。何度繰り返すと今度はクラッチ温度上昇のフューエルセーブが

入ってしまいます。

これもうちょっとブーストを上げてグリップしてくれたら870PS位出ちゃうかもしれませんね、恐れ入りました。

しかし、コンロッドが心配なのでこれ以上のパワーは出さないでおきましょう。
 

SPEC
TRUST TD06SHタービンキット・タイプ29インタークーラー・大容量サージタンク・専用パイピング・DCTオイルクーラー・キャタライザー
RH9 チタンマフラー
SARD 900ccインジェクター・295L燃料ポンプ
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerE-4
ブースト圧1.66→1.53Kg/cm2
834.1PS 99.9Kg

パワーチェックグラフ
−大阪北区発 仕上がりの素晴らしいR35リセッティング−


大阪府J様R35は、外観、内装、駆動系、足回り、排気系etc全てトータルに

チューニングして下さっている非常に完成度の高いR35です。

今回、キャタライザーをTRUSTに変更して最新データでリセッティングしました。

5200rpm〜6000rpmはグリップしていません。

ローンチ設定も最新にしました。

天井にエアコンスイッチ、Iパットをセンターに入れたりと手の加わったマシンです。

リアシートもRECAROに合わせてあります。

前後、CUP付きアラゴスタ、フルエアロ、BBS、大技、小技ミックスされています。
 

SPEC
TRUST インタークーラーパイプ・キャタライザー
APEX マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-2
ミッションO/H予防調整強化プラン
ブースト圧1.41→0.97Kg/cm2
618.7PS 89.0Kg

パワーチェックグラフ
−神戸発 イノテックマフラー+CPUリセッティングR35−


兵庫県M様R35は、相当以前に排気フル+CPUチューンを行って下さったのですが

イメージチェンジするため、イノテックマフラーに変更してメインもミッションもデータを一新しました。

特に、古いMTデーが入っていたので相当良くなったでしょう!!

昔にやられたお客様もサクションパイプを交換するとか、排気系を見直したりすれば

データも一新されて更に乗り味が変わりますので、是非お考え下さい!

M様は、アラゴスタCUP付車高調etcも装着して下さいました。

この車、ミッションは何もやっていないのですが、クラッチ調整時の油圧の掛かり方が凄く良かったです!
 

SPEC
イノテック 90φフルマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-2
クラッチ調整
ブースト圧1.39→0.90Kg/cm2
611.9PS 91.7Kg

パワーチェックグラフ
−和歌山紀ノ川発 3台目R35をコンピューターチューン−


和歌山県T様は兄弟で3台のR35をお持ちで、今回は、一番走りこんでおられる

2008モデルのコンピューターチューンをさせて頂きました。

データ入力後のクラッチ調整では、ミッション油圧が6-8キロだったので少し低いです。

オイル交換をお勧めしておきました。

その他は何の問題も無く決まりました。

第1触媒が付いている場合は、第2をストレートにしても音は大きくなるのですが

性能的には大して変わりません。

やっぱりTRUSTキャタにする方が良いでしょうね。
 

SPEC
日産 純正第一触媒
不明 チタンストレート
不明 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-2
クラッチ調整
ブースト圧1.40→0.93Kg/cm2
608.7PS 88.0Kg

パワーチェックグラフ
−大垣発 2010モデルR35をお勧めブーストUP!−


岐阜県N様R35は2010モデルで、以前フルノーマル時にコンピューターチューンはさせて頂きました。

今回、キャタ、マフラー、サクションKITを取り付けして、最新データにバージョンUPリセッティングいたしました。

気圧が低く、1000hpa切っていたのでパワーは出ませんでしたが

ロギングデータ上は何の問題もありませんでした。

あと、日頃あまり乗らないのでしょうか?!

タイヤの空気圧がすごく低くなっているR35がとても多いです。

私共ではセッティング時、必ず合わせておりますが、たまには皆様もチェックして下さい。

アルミホイールとタイヤのオーダーも頂きました。有難うございます。
 

SPEC
TRUST サクションKIT・キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerE-4
クラッチ調整
ブースト圧1.43→0.98Kg/cm2
620.2PS 90.4Kg

パワーチェックグラフ
−高知発 コンピューター+メンテ+タイヤ交換 R35−


高知県N様R35は13000キロ程走行の車でTRUSTのキャタライザーは装着されておりました。

今回、ヨコハマのアドバンスポーツタイヤ交換、オイル交換、そして、コンピューターチューンをいたしました。

何度か回していくうちにタイヤも熱をもってグリップしてくれました。

ローンチコントロールのスタート時ロギングデータもすごく良い状態です。

遠い所を有難うございました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-2
クラッチ調整
ブースト圧1.43→0.98Kg/cm2
620.0PS 89.0Kg

パワーチェックグラフ
−和歌山発 イノテックフルマフラーで620psの筈が・・・R35−


和歌山県I様R35は、フルノーマル時、当社でコンピューターチューンして下さり

今回、イノテックのフルマフラーを取り付けしてリセッティングをいたしました。

他にもポルシェをお持ちですが、外車スポーツカーをお持ちの方は、R35にイノテック

マフラーを装着される方が多いです。

タイヤがピレリーP-ZEROだったので、あらかじめタイヤグリッパーを塗ってトライしましたが、

やはり500rpmを超えてからグリップしませんでした。

グラフは前輪車速と後輪車速の差です。

ズーッと7〜8キロの差が出てしまっています。

エアフロ電圧、インジェクター開弁率からは620ps位は間違いなく出ている数値でした。

乗り心地も求められているので、次は2014モデルダンロップが良いですね。
 

SPEC
IPF イノテックフルマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerE-4
ブースト圧1.45→0.96Kg/cm2
608.5PS 90.8Kg

パワーチェックグラフ
−名古屋発 オリジナルフルエアロでハイセンス演出R5−


愛知県S様R35はフルノーマル時から当社でチューニングして下さっている常連様です。

既にお勧めブーストUP+サクションの640psスペックでBBS-RIDも装着して下さっています。

今回、当社のフロントマスクシステムタイプU、サイドステップシステム、リアアンダーシステムを

装着して下さいました。

ガンメタのボディーにマッチして、とてもハイセンスな格好良いR35に変身いたしました。

現在はノーマル車高ですが、次回はCUP付きアラゴスタ車高調KITを狙っているようです。


商品代   塗装代  工賃                   

(オリジナル)フロントマスクシステムタイプU  318,000  53,000  60,000

(日産)   ディライト                      72,000           10,000

(日産)   オイルクーラーダクト             6,720                 NC

(オリジナル)サイドステップシステム       168,000  53,000  30,000

(オリジナル)リア、アンダーシステム       148,000  38,000  30,000

(オリジナル)ブレーキ4灯化KIT            50,000           40,000

(オリジナル)リアサイドマーカー ホワイトライト    30,000           30,000

小計                                   816,720  144,000  210,000

     合計                   ¥1,170,720(税別)
 

−京都発 事故修理後、苦労したR35セッティング−


京都府K様R35は2008モデルで、まだ1万キロちょいしか走っておりませんが、

既に当社でコンピューターチューンはして下さっております。

フロント回りを事故ったので、バンパーやヘッドライトetcを2014モデルに変更し、インタークーラーを

TRUSTタイプ29サクションをHKSに修理屋さんで変更したようです。

そのリセッティングを行ったのですが、殆どのチェックランプが付いた状態でひとつひとつクリアーして行きました。

ヨーセンサーやGセンサーも点検修理しました。

なぜかアイドリングまでおかしくなっており、すべての学習もやり直しました。

これで万全になり、パワー測定しましたがグリップしませんでした。

タイヤがBSで2008年のままでしたので、これでは出ません。

エアフロ電圧から判断すると620ps以上出れると考えられます。

又、サクションKITのタービンの吸口部分は交換されてなかったので、これを換えれば640psですね。
 

SPEC
TRUST タイプ29インタークーラー・専用パイピング
イノテック フルマフラー
HKS サクションKIT
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 NerN-2
クラッチ調整
ブースト圧1.40→0.90Kg/cm2
609..9PS 91.9Kg

パワーチェックグラフ
−長岡発 2011モデルR35にTRUSTサクションセッティング−


新潟県O様R35は2011モデルで、既に2年ほど前 当社で排気チューン+コンピューター

チューンをして下さっております。

今回、O様の依頼でTRUSTサクションKITを装着してリセッティングいたしました。

タイヤがBSだったので一発目は滑って630PSだったのですが、タイヤグリッパーを塗ったら

グリップしてくれました。

インジェクター開弁率は、この仕様で、この暑さでは95〜97%位になります。

冬の寒い時だと100〜105%位となります。

ちなみに2011モデル以降のサクション径は50φ

TRUSTサクションは53φです。

SPEC
TRUST 70φサクションパイプ・マフラー
SARD キャタライザー後期
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver8-5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-E-4
クラッチ調整
ブースト圧1.42→0.98Kg/cm2
646.9PS 91.9Kg

パワーチェックグラフ
−大阪吹田発 2014モデルR35を排気+CPUチューン−


大阪府N様R35は2014モデル新車で、キャタライザー、マフラーを装着して

メイン、ミッションのコンピューターチューンを行いました。

何の問題も無く、一発でピシャリと決まりました。

エアフロ電圧も点火タイミングの余裕もインジェクター開弁も思惑通りです。

又、ローンチコントロール設定も前回の仙台ゼロヨンをベースに、更に煮詰めたストリート用です。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2014ベース改 Ver8-5
ミッションCPUプログラム2014モデル改 VerE-4
クラッチ調整
ブースト圧1.42→0.98Kg/cm2
648.4PS 91.7Kg

パワーチェックグラフ
-奈良御所発 R35ノーマルENG+タービン交換で祝 840PS-


奈良県K様R35は2011モデルで二スモコンピューターのみの仕様だったのですが、

一気にタービン交換、ホイールタイヤ、ブレーキパット交換..etcを行って下さいました。

SARDから295L/Hフューエルポンプが発売されて以来、1.5キロ以上のブーストを掛けても

燃圧ドロップしなくなったのでつじつまの合うセッティングが出来るようになりました。

シャーシダイナモで回していても、「これはパワーが出てる!」と実感出来る力強さでした。

何の無理もしてないのに840ps!! 凄いです。

全てのパーツがバランスされていての好結果でしょう。

この先、このパーツ構成でお客様にタービン交換をお勧めしていこうと思いました。

これで車検対応!!音も静か!!

ノックリタードは皆無で、それどころか、1〜3°の自動進角するくらいの余裕を持たしております。
 

SPEC
TRUST TD06-SH20Gタービンキット・タイプ29インタークーラー・専用インタークーラーパイプ・キャタライザー・80φサクションパイプ
SARD 900ccインジェクター・295L燃料ポンプ×2
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver8-5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-N-2
BLITZ D-SBCidV
ブースト圧1.69→1.55Kg/cm2
844.6PS 101.2Kg

パワーチェックグラフ
-姫路発 ショップ様から依頼のR35をCPU+ソレノイドチューン-


兵庫県K様からの依頼を受け、キャタ、マフラー、サクションパイプが交換されているR35を

メイン、ミッションのCPUチューンとソレノイドパルブ清掃プランを行いました。

清掃終了後のクラッチ調整では、ビツッと、7.5キロの油圧が掛かっており完璧でした。

セッティングしてると、負圧の領域ですらノッキングリタードしていました。

実際はノッキングしてないのですが、ノックセンサーがノッキングと判断して点火を下げ、

燃料を少し増やすのです。

当社の場合、ノッキングの感度レベル、範囲指定、気筒別調整を全て純正のままにしていますので、

しっかりメンテナンスさえしていれば99.99%壊れないのですが、気持ちの良いものではありません。

シャ熱板のビビリ音を拾ってる感じがしたのでお伝えしました。

ノックリタードしてるのに630ps!これも640psの能力車でした。
 

SPEC
TRUST サクションKIT・キャタライザー・ステンレスマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-N-2
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.42→0.97Kg/cm2
630.7PS 90.1Kg

パワーチェックグラフ
-大阪門真発 2014モデルR35フルノーマルをCPUチューン-


大阪府 K様R35は、2台目のR35で、以前の2008モデルも当社でフルブーストUP仕様にして下さっておりました。

今回のR35は納車後1300キロ近く慣らして運転をしてフルノーマルのままでコンピュータチューンいたしました。

普通にでました・・・グラフは点火タイミングに余裕があるので3000rpm以上で1〜3°

自動進角させているロギングです。

次回はキャタライザー、マフラーを交換する予定です。

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2014ベース改 Ver8-5
ミッションCPUプログラム2014モデル改 Ver-E-4
ブースト圧1.42→1.01Kg/cm2
628.4PS 87.6Kg

パワーチェックグラフ
-中標別発 エンジン強化+タービン交換で800PSオーバーR35-


北海道O様R35は2009モデルで、ブーストUPの時からフェリーで送ってくださり、

当社でチューニングして下さっております。

今回エンジン内部を強化してタービン交換でパワーUPを狙いました。

排気量はノーマルですが、カムシャフトを交換しております。

キャタライザーはお持ちですが、サーキットやゼロヨン走行する時のため第2ストレートを装着しました。

840PSを目指したのですが、5200rpm から滑り始め、6400rpmからは滑る度合いが大きくなり、

満足な計測が出来ませんでした。

エアフロ電圧やインジェクター開弁率から考えると、840〜850PS出てると思われます。

中間から上は薄くパワフルです。いつも遠い所を有難うございます。
 

SPEC
HKS 鍛造ピストン・H断面コンロッドステップU
TRUST TD06-SH20Gツインターボキット・タイプ29インタークーラー・大容量サージタンク・専用インタークーラーパイプ・DCTオイルクーラー・第二ストレートパイプ・ステンレスマフラー
JUN IN/EX272度カム10.8mmリフト・強化バルブSP
SARD 900ccインジェクター・295L燃料ポンプ×2
BLITZ D-SBCidV
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-E-4
ミッションO/H予防調整強化プラン
ブースト圧1.74→1.50Kg/cm2
816.8PS 105.9Kg

パワーチェックグラフ
-ローンチスタートが決まらず大苦戦の開発3号車-


2014年7月7日 仙台ハイランド・・・当社ワークスR35 2012モデル開発3号車は、純正タイヤでの

ゼロヨン9秒台を目指して仙台ハイランドに挑戦いたしました。(昨年10秒16)

タイムは9秒97を出し、最低目標はクリアー出来たのですが、ローンチ設定が決まらず、

スートールスタートの連発でとても恥ずかしかったです。

スタートが決まれば9秒7、いや旨く行くと9秒5位まで出そうだったので時間の限りデーター変更して

トライしましたが、スタートが旨く決まると4駆エラーが出てしまい、3連以上は吹けなくなってしまうのです。

リアのバネレートを昨年同様12Kに落としていくべきでした。

トラクションが掛からず苦戦しました。

昨年と違い、コンピューターセッティングはバッチリ決まって速かったので、とても残念でした。

時間がある時に、ロギングデータを再検証して、ローンチ設定を煮詰めて

年内に、再挑戦して9秒5を目指してみます。

このR35は、SBC-iカラーにて、車速に応じて、ブースト圧を変えております。

ミッション内部は全くのノーマルです。

エンジンやミッションを壊さない事が第一前提で、その次に良いタイムを出す為の技術研究を目的とした車です。

今回ガソリンは、通常ガソリンに15%純トリオールを配合しました。

これは、パワー目的ではなく、ノックリタードを無くす為です。

ブースト圧は、1.7キロ、インジェクター開弁率は97〜98%になっており、シャーシダイナモでの計測は不可能です。

キャタライザーを戻せば、車検に通る、凄い車です。
 

SPEC
HKS タイプT鍛造ピストン
JUN キャレロH断面コンロッド・IN/EX272度10.8mmリフトカム・強化バルブSP
TRUST TD-06SH25G-10cmタービン・大容量サージタンク・タイプ29インタークーラー・DCTオイルクーラー・第二ストレートパイプ・ステンレスマフラー・1200ccインジェクター
SARD 295L燃料ポンプ×2・レギュレター
BLITZ D-SBCiカラー
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver8-5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-E-4
トップライン アラゴスタ3WAY車高調KIT F18K R14K サーキット仕様
オリジナル アルコンブレーキキット
BBS RI-D SP
ダンロップ GT600 2013モデル 走行10000キロ 但しサーキット片減り
オリジナル フロントマスクシステム・サイドステップシステム・リアアンダースポイラー・カーボンデュフィューザー
-ブーストUP 仕様でゼロヨン10秒95の快挙達成-


2014年7月7日仙台ハイランド・・・当社ワークスR35 2014モデル開発5号車は、純正タイヤのライトチューンで

ゼロヨン10秒95の好タイムを叩き出しました。

ローンチコントロールのスタート回転数は、3000rpm。

上.下400rpmずつはオートクルーズスイッチで200rpm刻みで上げ下げ出来るよう設定。

目標マニホールド圧に対して、点火リタードを設定して自動修正を実現。

スタート時は、車速に応じてクラッチに掛けるトルク値を制限して、ミッショントラブルを予防しています。

又、リアタイヤがスリップしてフロントとの車速差が生じた場合は、その車速に応じて

点火をリタードさせてグリップを取り戻す工夫をしております。

勿論、各ギアに応じてブースト圧を変えて、グリップさせています。

非常に高度なテクニックが必要とされるシステムに挑戦しているのですが、

ブーストUP仕様なら完璧コントロールが出来るようになりました。

お客様の車にもストリートゼロヨン用か、仙台ゼロヨン用のローンチシステムを入力していきます。

フェニックスパワーの新ローンチシステムをお楽しみ下さい。
 

SPEC
TRUST キャタライザー・DCTオイルクーラー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2014ベース改 Ver8-5
ミッションCPUプログラム2014モデル改 Ver-E-4
トップライン アラゴスタ3WAY車高調KIT F16K R12K ストリート仕様
オリジナル アルコンブレーキキット
BBS RI-D MB
ダンロップ GT600 2014純正タイヤ 4500Km走行
オリジナル フロントマスクシステム・サイドステップシステム・リアアンダースポイラー・カーボンデュフィューザー
RECARO SR7
ブースト圧1.40→0.97 640馬力仕様
バージョンNISMOと標準車のタイヤの違いについて

2014年モデルVer-NISMO R35に装着されているタイヤは・・・幅が広い!

の情報でしたが、検証したところ、全く同じで285mmでした。

ちなみに

2013年モデル ダンロップ R35標準車用 285-35-20
2014年モデル ダンロップ R35標準車用 285-35-20
2014年モデル ダンロップ R35Ver-NISMO用 285-35-20

溝のパターンは全く違っており、Ver-NISMO用は浅いですね。

2014標準車タイヤのサイドウォールは、柔らかくなっており

乗り味が格段にソフトになっております。

-鳥取県 米子発2012モデル35が排気チューンで更にパワーUP-


鳥取県K様は先日ノーマル排気でコンピューターチューンして下さったのですが、

タイミング良く2012対応のキャタライザーが発売されたので、RH9マフラーと共に取付、

CPUリセッティングを行いました。やっぱり凄い高性能に変身します。

自信を持ってお勧め出来るシステムです。

いつも遠い所を有難うございます。
 

SPEC
TRUST 後期型キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-4
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ner-N-2
ブースト圧1.40→1.00Kg/cm2
645.8PS 91.0Kg

パワーチェックグラフ
-宝塚発 他店チューンR35をコンピューターチューンでパワートルクUP-


兵庫県H様R35は、他SHOPでチューニングされた車を購入されギクシャク感があつたため、

当社でミッションとメインのコンピューターチューンをする事になりました。

現状では596PS.80kgmでしたが、6000rpmで一発大きな1ッキングが入ってました。

うちのデーターを入力してパワーとトルクを大きく上げておきました。

特にエアフロ電圧は結構素晴しい!そしてブースト圧のタレも少ない・・・

ひょっとすると強化アクチュエーターが入ってるのでしょうか!?とても乗り易くなって

喜ばれておりました。
 

SPEC
HKS プレミアムサクションKIT・キャタライザー・EVC・純正強化アクチェーター?
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-4
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-N-2
クラッチ調整
ブースト圧1.44→1.13Kg/cm2
624.4PS 90.4Kg

パワーチェックグラフ
-長岡発 2012モデルフルノーマルR35をコンピューターチューン-


新潟県T様R35は2012モデルフルノーマルで、まだ9000キロしか走っておりません。

今回コンピューターチューンさせて頂ました。同じフルノーマルであっても、2011以降のモデルが

2008、2009モデルよりもパワーが出るのは、サクションパイプの径が違うからです。

ちなみに2008は44パイ、2012は50パイあるのです。

従って多くの空気を吸い込みパワーUPいたします。次回排気系チューンをお勧めしておきました。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver8-4
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-N-2 ローンチ有り
クラッチ調整
ブースト圧1.40→0.98Kg/cm2
614.2PS 85.6Kg

パワーチェックグラフ
-八王子発 新車からフルノーマルだったR35をCPU+ソレノイドチューン-


東京都M様R35は2008モデルフルノーマルで、まだ17000キロしか走っておりません。

今回MTソレノイドバルブ清掃プランとコンピューターチューンをさせて頂きました。

ミッションオイルの汚れはヒドかったですが、キズもなく、削れもありませんでした。

シャシーダイナモで回してみてすぐ感じたのは、回してないな!でした。

この先、ガンガン回していれば、もっと立ち上がりも良くなり、高回転もカーンと回るようになるでしょう。

次回、排気系チューンをお勧めしておきました。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-4
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver−N-2 ローンチ有り
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.38→0.92Kg/cm2
591.9PS 81.9Kg

パワーチェックグラフ
-京都発 純正スピーカーブローR35皆様御注意です-


京都府K様R35は、当社でコンピューターチューン、ミッションO/H予防調整強化プランフライホイール

ハウジング交通etc色々やって下さっており、8万キロちょい走り込んでおられます。

「何かスピーカーからビビリ音がするからチェックして!」と頼まれ、パネルをはずしてみたら見事に

スピーカーが破れておりました。

この車はプレミアムエディションのボーススピーカーシステムでした。実は以外と、

このスピーカーブローは多いです。

皆様ちょっと注意して御確認ください。ちなみに純正スピーカは、1ヶ6000円程作業工賃は10000円です。
 

-鳥取米子発 2012モデルR35をまずは足+CPUチューン-


鳥取県K様R35は2012モデルフルノーマルで、以前は2008モデルを当社でお勧めブーストUPやBBSホイール

eecをお買い上げ頂いておりました。

今回の2012モデルは、まずアラゴスタの3WAY車高調KITでスプリングをハイパコ製に変更(F16K.R10K)し、

フロントはカップ付きにして瞬間車高上昇を可能にしました。

TRUSTからもうすぐにDBA-R35用のキャタライザーが発売されるとの事で、排気系はその時に、

まずはフルノーマルでのコンピューターチューンを行いました。

一発でバシッと出ました。

足は乗り心地を重視したストリート仕様となっております。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver8-4
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-E-4 ローンチ有り
クラッチ調整
ブースト圧1.43→0.99Kg/cm2
626.7PS 87.8Kg

パワーチェックグラフ
-奈良橿原発 タイヤと第2キャタが?のR35を出来る限りセッティング-


奈良県A様R35は2008モデルで走行な少ない程度の良い車です。

第2触媒部とマフラーが交換されていたので、第1触媒をストレート化しました。

しかしどうも第2キャタの太鼓の中身が絞られているように思えました。

それとタイヤがグリップしませんでした。

2008年の2週目に製造されたタイヤなのでグリップ力は格段に落ちます。

タイヤグリッパーを塗ってがんばりました。

ロギングデーター上は何の問題もありませんので、良い走りに変身です。

第2キャタもTRUSTにしてタイヤ交換すれば全て解決してスパンと620PSとなるでしょう。
 

SPEC
TRUST 第1ストレートパイプ・旧マフラー
不明 第2キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-3
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-N-2 ローンチ有り
クラッチ調整
ブースト圧1.43→0.92Kg/cm2
603.0PS 87.5Kg

パワーチェックグラフ
-徳島発 素晴しい完成度のR35タービン交換発進-


徳島県M様R35は新車購入時から当社で改造して下さっている常連様で今回タービン交換する事になりました。

キャタライザーがSARDの後期型静音タイプなので、750PSをクリアーするか心配でした。

タービン交換した同じような仕様ですと、今迄は1.5〜1.6キロを目度にしてましたが、SARDから新発売された

295L/Hポンプですと、ビースト圧を多少上げれました。

予想を越える790PSを発生してくれました。

TRUSTやSASD前期キャタなら800PS以上は確実です!

足はアラゴスタ3WAYカップ付き、ブレーキはオリジナルアルコン、オリジナルフルエアロで、GTウイング付きで

素晴しい完成度を誇るR35です。

エンジンはノーマルですが、まだ2万キロちょいしか走ってなくて、まだまだいけます。

岡山国際サーキットで楽しく走りたいみたいです。
 

SPEC
TRUST TD-06タービンキット・大容量サージタンク・タイプ29インタークーラー・専用インタークーラーパイプ・DCTオイルクーラー・80φサクションKIT
SARD 後期キャタライザー・900ccインジェクター・295L燃料ポンプ×2
アミューズ チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-3
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-E-4 ローンチ有り
ミッションO/H予防調整強化プラン
ブースト圧1.69→1.54Kg/cm2
790.2PS 98.5Kg

パワーチェックグラフ
-金沢発 後期型純正サクション装着でCPUリセッティングR35-


石川県N様R35は2008モデルでキャタ・マフラーを交換して既に当社で、コンピューターチューン

して下さっております。

今回、後期型のサクションパイプを手に入れたようで、交換してのCPUデータバージョンCPを行いました。

とても綺麗なパワーグラフになりました。

これでローンチコントロールも対応になり、N様ホクホク笑顔になっておられました。

次回、DCTオイルクーラーや予防調整強化プランをお考えのようです。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
APEX マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-3
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-E-4
日産 後期型サクションパイプ
ブースト圧1.40→0.95Kg/cm2
635.3PS 90.2Kg

パワーチェックグラフ
-2014モデルR35をステップUPしました-


当社R35-GTR2014モデル開発5号車をステップUPいたしました。

TRUSTキャタライザー、RH9マフラーを装着してコンピューターのバージョンUP、TRUSTのDCTオイルクーラーも

装着いたしました。

ローンチコントロールシステムも最新化いたしました。

仙台でおこなわれるRH9ゼロヨンフェスタに走らせる予定です。

簡単ブーストUPで10秒8位を狙います!

しかし、20sの重りを合計9ヶと人間4人で計測するのですが、5000rpmを過ぎてピークパワーが出る所で

滑っちゃうんですよねぇ〜・・・まぁ実際は640PSが出てると思います。
 

SPEC
TRUST キャタライザー・DCTオイルクーラー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2014ベース改 Ver8-3
ミッションCPUプログラム2014モデル改 Ver-E-4 ローンチ有り
ブースト圧1.42→0.95Kg/cm2
633.8PS 90.1Kg

パワーチェックグラフ
-東大阪発 購入後すぐにお勧めブーストUPで、好結果R35-


大阪府S様R35は2012モデルで、購入後すぐに当社に持ち込まれ、お勧めブーストUP一式を取付いたしました。

コンピューターは薄く進化しておりまして、インジェクター開弁率とブースト圧をバランスさせて高出力、

高トルクを実現されております。

又、ローンチコントロールシステムも最新式にして、鋭くしなやかにスタートして、ミッションの負担を

減らしています・・・これは薄いですよ。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver8-3
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-E-4 ローンチ有り
ブースト圧1.42→0.99Kg/cm2
647.8PS 92.1Kg

パワーチェックグラフ
-金沢発 2012タービン交換R35を完璧セッティング-


石川県H様R35はモデルで、スピードBOX製タービンKIT、etc殆どフルに装着されているのですが、

排気はノーマルでした。

今回キャタ、マフラーを交換してフルセッティングいたしました。

ミッションCPUは2013ベースのローンチ対応にして、メインCPUも2013ベースで最新式としました。

ブーストが立ち上がってから4000〜6000までブーツとスリップするためまともに計測できませんでした。

そこで、丁度入荷された20sのコーラント箱を8ヶと人間4人を重しにして何とか測れました。

もっとブーストを掛ければもっと出そうです。この車は早いと思います。
 

SPEC
スピードBOX ハイフロータービン
TRUST タイプ29インタークーラー・サージタンク・80φサクションKIT・専用インタークーラーパイプ・DCTオイルクーラー・キャタライザー・
SARD 900ccインジェクター・275L燃料ポンプ
RH9 チタンマフラー
BLITZ D-SBCidV
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-3
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-E-4 ローンチ有り
ブースト圧1.52→1.31Kg/cm2
752.9PS 92.0Kg

パワーチェックグラフ
-豊橋発 5万キロ走行でも抜群新データR35-


愛知県S様R35は、2008モデル49000キロ程走り込んでおられ、既に当社でコンピューターチューンを

されております。

今回、キャタライザー、マフラーを交換して車検一式、そしてブレーキパットの交換を行いました。

当社のミッションCPUは、VerEタイプもVerNタイプも共に、ローンチコントロールが対応になりました。

又、既にCPUチューンされてる方も15000円でローンチ対応にバージョンUP出来るようになりました。

相当レベルの高いローンチシステムですし、2013モデルベースの新データになりますから、とてもお勧めです。

この車もバッチリになりました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-3
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-N-2 ローンチ有り
クラッチ調整
ブースト圧1.43→0.93Kg/cm2
622.5PS 91.1Kg

パワーチェックグラフ
-富山発 フルノーマルR35をソレノイド清掃+CPUチューン-


富山県S様R35は2008モデルフルノーマルで、今回MTソレノイドバルブ清掃プランとメイン、ミッションの

コンピューターチューンを行いました。

ソレノイドの中は汚れもなく、シャフト削れもなくカスも少な目でした。

但しクラッチ調整時の油圧の掛かり方は少し低かったです。

エンジンの吹け上がり方は良かったです。

軽く回っていきましたので、パワーもトルクもしっかりできました。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-3
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-E-4
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.39→0.94Kg/cm2
596.1PS 85.1Kg

パワーチェックグラフ
-高岡発 マフラー交換+CPUセッティングで性能UPのR35-


富山県M様R35は既に当社で、キャタ交換+コンピューターチューンして下さっております。

同じ会社の社長様がステップUPされたのでマフラーも交換してのリセッティングとなりました。

普通にパワー&トルクUPいたしました・・・新データは良いですね。

同時にBBS-LMの特注ブラックも購入して下さいました。

次はサクションKITや足回りをお考えのようです。
 

SPEC
TRUST キャタライザー・マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-2
ミッションCPUプログラム2012モデル改 Ver-N-1
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.45→0.96Kg/cm2
618.7PS 89.1Kg

パワーチェックグラフ
-奈良生駒発2SETのホイールでイメチェンR35-


奈良県O様R35は購入当初から発売したばかりのBBS、LM DBK-Pを装着して下さっていたのですが、

イメージチェンジするために、RAY'S製VOLKレーシングTE37ウルトラの特注カラー(ブラック)を

装着して下さいました。

当社は特約店になっておりますので、とのような特注カラーも受付出来ます。

とてもスパルタンで格好良くなりました。

RAY's  VOLK TE37ウルトラ 特注カラー ダイアモンドブラック 

F:10.0J-20 T=105,000円×2 \147,000
R:11.0J-20 T=109,000円×2 \152,600
特注カラー 3,000円×4    \12,000
組み換え工賃 7,000円×4  \28,000

合計\339,600円+消費税
 

-和歌山伊都発、ミッション強化+サクション交換R35-


和歌山県B様R345はフルノーマルの時からお越し下さっており、既ににお勧めブーストUP仕様には

して下さっております。

今回何の問題も無いのですが、ミッションO/H予防調整強化プランとサクションパイプを交換しての

リセッティングを行いました。

高回転でブースト圧をグイグイ下げないといけない位でした。

立ち上がりでタイヤがグリップしなくて大変でした。
 

SPEC
TRUST キャタライザー・サクションKIT
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver5 Ver8.2
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-N-1 ローンチ無し
ミッションO/H予防調整強化プラン
ブースト圧1.43→0.94Kg/cm2
629.9PS 88.9Kg

パワーチェックグラフ
-和歌山発、納車されてすぐソレノイド清掃+CPUチューンR35-


和歌山県I様はポルシェにも乗っていますが今回R35を購入され、納車されてすぐ当社に持ち込まれました。

まずはMTソレノイドバルブ清掃プランとメインミッションのコンピューターチューンです。

ソレノイドバルブはキズ無く、汚れも少なかったですが、シャフトの削れはありました。

パワーも普通に出ました。

次回マフラーもすぐに交換して下さるそうです。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8.2
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-E-4 ローンチ有り
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.40→0.98Kg/cm2
596.8PS 83.9Kg

パワーチェックグラフ
-大阪寝屋川発、フルノーマルR35、CPUチューンで好結果-


大阪府Y様R35は2008モデルフルノーマルで37000キロ程走行されております。

昨年ミッションが不調になり、保証期間内だったため新品ミッションに交換されたそうです。

コンピュターチューンではとても良い結果となりました。

キャタライザーやマフラー交換したくなる車でした。

気になったのはフライホイールハウジングのガタなので、これは新品交換された方が良いでしょう。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8-2
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-E-4
クラッチ調整
ブースト圧1.38→0.92Kg/cm2
603.7PS 85.1Kg

パワーチェックグラフ
-福井発2008モデルタイヤだとパワーが滑ってしまったR35-


福井県U様R35は、2008モデル26000キロ程の走行です。

既に当社でメイン、ミッションのコンピューターチューン、そしてミッションO/H予防調整強化プランを

行っております。

今回マフラーを交換してCPUバージョンUPを行いました。

キャタライザーは事情があって交換出来てません。

シャーシで回した所、ピークトルクが立ち上がる所やピークパワーが発生する所で滑ります。

何度やっても、タイヤグリッパーを塗っても駄目でした。

ふとタイヤを見ると2008年式だったので納得しました。

もう硬化してました。実際は590〜595PS位でしょうか!
 

SPEC
APEX マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2012モデル改 Ver-N-1
ミッションO/H予防調整強化プラン
ブースト圧1.37→0.91Kg/cm2
583.0PS 83.0Kg

パワーチェックグラフ
―神戸発 サーキット走行のためストレートパイプでR35セッティング−


兵庫県M様R35は、サーキット遊びをするために、ストレートパイプに変更して、更にサクションKITも

装着してメインもミッションもCPUバージョンUPいたしました。

タイヤの空気圧が少なすぎる車が目立ちます。

特にブリジストンの場合は、温感で2.6キロ位になるようセットしましょう。

クラッチ調整をした時のミッション油圧は7.5キロ掛かっていたので、ミッションはバッチリでした。

この車の場合、インジェクター開弁率が簡単にブッチぎってしまうので、高回転でグッとブーストが下がるように

しましたが、根本的に抜けが良いため、これ以上下がりませんでした。

セッティング終了後、M様とローンチコントロールを試してみましたが、見事に決まりました。

「ダーン」とか「ゴゴッ」っと言った衝撃は全く無く、ニューッとスタートしていきました。

M様はびっくりしてました(笑)
 

SPEC
TRUST サクションKIT
トップシークレット ストレートパイプ
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-E-4 ローンチ有り
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.44→0.95Kg/cm2
640.7PS 89.0Kg

パワーチェックグラフ
―福井発 マフラー+サクション交換でパワーUP R35−


福井県N様R35は2008モデルで、既に当社にてキャタ+CPUチューンはされております。

今回、マフラーとサクションパイプを交換してリセッティングいたしました。

ホイールもBBS RIDに交換したのですが、タイヤがブリジストンのS-001で、これは

グリップしないだろうと思い、タイヤグリッパーを塗って対策しましたが、やはりグリップしなくて大変でした。

何度も、回してタイヤを発熱させて重りを乗せてなんとかなりました。

そのため、トルクはグッと良くなりました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー・サクションKIT
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2012モデル改 Ver-N-1 ローンチ無し
ブースト圧1.43→0.94Kg/cm2
638.2PS 92.2Kg

パワーチェックグラフ
-尼崎発、大好評TRUSTサクション+リセッティングR35-


兵庫県N様R35は、既に当社でお勧めブーストUP仕様にして下さっております。

今回、TRUSTサクションキットを取り付けしてコンピューターデータのリセッティングを行いました。

この仕様にすると、今までより低速からブーストが立ち上がります。

お客様が良く口にするのは、「素早く目標スピードになるので燃費が良くなったみたい!」との事です。

回転ごとにブースト圧を微調整して、インジェクター開弁率を制御しています。

その他、ブレーキローター・パット・等を御購入頂きました。
 

SPEC
TRUST 70φサクションKIT・キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-E-4 ローンチ有り
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.42→1.00Kg/cm2
637.5PS 91.3Kg

パワーチェックグラフ
-神戸発少しタービンが弱っている?かも知れないR35-


兵庫県H様R35は、フルノーマル時から当社で改造して下さっている常連様です。

今迄キャタ交換+CPVチェーンだったのですが、今回マフラー交換サクションパイプ交換を行い

CPUリセッティングを行いました。

エアフロ電圧的には640PS近く出てもおかしくないのですが、他の車と較べるとちょっとブースト圧が

低いように思いました。

元々高速全開される方なので仕方ないのかも知れません。

今度条件の良い時に再度計測してみたいものですね。
 

SPEC
トップシークレット サクションパイプ
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2012モデル改 Ver-N-1 ローンチ無し
ブースト圧1.43→0.94Kg/cm2
622.1PS 89.6Kg

パワーチェックグラフ
-滋賀甲賀発2013モデルR35はやっぱり薄い!-


滋賀県S様R35は2013モデル7000キロ程の走行で今回、キャタ、マフラー、コンピュ−ターチューンをさせて

頂きました。

ミッションデータはVer-N2でOBD〜書き込みローンチコントロールも当社スタート方式で使えるようになりました。

(65000円)

やはり2013モデルは薄いですね。

キャタ、マフラー、CPUのみでこんはに性能UPするのです・・・超、速いです。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-N-2
クラッチ調整
ブースト圧1.45→0.99Kg/cm2
643.9PS 91.6Kg

パワーチェックグラフ
-熊本発 レギュレター/FCDをはずしてリニュアルR35-


熊本県S様R35は先日お車を購入されたばかりで元々GT600KITが装着されているようでした。

今回当社では、FCDやレギュレターを取り外しソレノイドバルブ清掃プランを行いコンピューターチューン

いたしました。

EVCも付いていたのでオールクリアして設定し直しました。

これで相当激変するでしょう。ソレノイドバルブはカスも削れも少なめでした。

遠い所を有難うございました。
 

SPEC
HKS インタークーラーパイプ・SQV・旧EVC、マフラー
不明 ストレートパイプ
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-E-4 ローンチ有り
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.47→1.10Kg/cm2
617.3PS 88.9Kg

パワーチェックグラフ
-所沢発ミッションブローから復活!+パワーUP−R35-


埼玉県K様R35は、フルノーマルの時から当社で改造して下さっているのですが、関東を襲った大雪の時、

ミッションが動かなくなり、引き取りに行って修理を始めました。

Cリングが割れるのは冬、雪国では多く見られます。オイルパンをめくったらCリングの残りが出てきました。

周辺も削れてしまった部分があるのでNEKOコーポレーションが持っているパーツを使って修理させて

頂きました。

ミッションの予防調整強化プランが完了し、ついでにTRUSTのサクションも装着してミッション、メインCPUの

バージョンUPも行いました。とても綺麗なパワーグラフとなりました。
 

SPEC
TRUST サクションKIT・キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 Ver-E-4 ローンチ有り
ミッションO/H予防調整強化プラン
ブースト圧1.43→0.95Kg/cm2
637.1PS 90.0Kg

パワーチェックグラフ
―三重伊賀発 キャタ交換で性能UP−R35 しかしミッションが−


三重県N様R35は、フルノーマル時、当社でコンピューターチューンとMTソレノイドバルブ清掃プランを

行って下さいました。

知人からマフラーを譲り受け、今回キャタライザーを取り付けしてCPUデータのバージョンUPを行いました。

しっかりと良い感じになったのですが、計測を繰り返そうとするとクラッチ温度上昇の警告が出て

フューエルセーブモードに入ってしまいました。

これはミッションオイルの粘度低下やミッションそのものが弱っていると起こり易いです。

たまにサーキット走行をするようなので、DCTオイルクーラーの装着をお勧めしておきました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
エンドレス チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerE-4 ローンチ有り
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.45→0.97Kg/cm2
614.9PS 88.9Kg

パワーチェックグラフ
―名古屋発 サクションパイプ交換でパワーUP35、今ブームです−


愛知県S様R35は、既に当社でブーストUP仕様にして下さっております。

今回、TRUSTのサクションKITに交換してコンピューターのバージョンUPリセッティングを行いました。

最近サクションKIT交換のオンパレードで大流行しております。

今迄より低回転からブーストがバシッと掛かり、とてもトルクフルに変身します。

この日は大雨で、湿度が高くあとちょっと出ませんでしたが640psレベルの車でした。

10歳のお孫さんが藤原号の大ファンで「ジィジも藤原R35みたいに改造して

よ!」と言われ困っているようです(笑)
 

SPEC
TRUST キャタライザー・マフラー・70φサクションKIT
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerN-1 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.43→1.01Kg/cm2
634.3PS 90.9Kg

パワーチェックグラフ
―佐賀発 サクション交換でSARD後期キャタで好結果R35ー


佐賀県M様R35は、何度も当社に来て下さっており、既に排気系チューン+CPUチューンはして

下さっております。

今回、トップシークレットのサクションパイプに交換し、ミッションデータはローンチ対応に

変更し、メインデータはバージョンUPいたしました。

SARDの後期型キャタライザー(静音タイプ)が付いているので、620ps位だろうと思ってましたが

630psでました。

45000キロ走り込んでいるので、少しノックリタードが多かったです。

そのため点火マップを下げました。

同時に、クリーナのフィルターとRH9のブレーキローも交換して下さいました。

いつも遠いところを有難うございます。
 

SPEC
SARD 後期キャタライザー
APEX マフラー
トップシークレット サクションパイプ
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerE-4 ローンチ有り
クラッチ調整
ブースト圧1.45→0.99Kg/cm2
616.4PS 88.9Kg

パワーチェックグラフ
2012モデル開発3号車のセッティングが決まりました


苦戦していた2012モデルR35開発3号車のセッティングがようやく納得できるレベルに到達いたしました。

まずフューエルポンプをSARD製新発売295L/Hタイプに交換したことでハイブースト時の燃料不足を補う事

が出来ました。

ポイントポイントで燃調が薄くなったり濃くなったりする部分を自社作成したカスタムマップで補正

する事に成功しました。

但し、純正のブーストセンサーが、1.8キロまでしか読まないので、掛けるブーストは1.8キロ

までとしました。

今シーズンはこの車でゼロヨン9秒台を狙って見ます。

又チャンスがあればサーキットアタックもしてみたいですね。
 

SPEC
HKS タイプT旧型鍛造ピストン・排気量ノーマル
キャレロ H断面コンロッド加工
JUN IN/EX272カム・バルブSP・燃焼室加工
TRUST TD06SH25G-10cmタービンキット・タイプ29インタークーラー・サージタンク・1200ccインジェクター・マフラー・第二ストレートパイプ・DCTオイルクーラー
SARD レギュレター・295L燃料ポンプ×2
BLITZ D-SBCiカラー
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 VerE-4
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
NEKO ファイナルサポート
ブースト圧1.80
922.8PS 109.0Kg

パワーチェックグラフ
2014モデルR35.CPUチューン開始しました


ワークスR35開発5号車2014モデルを使って、フルノーマル時のコンピッターデーターヲ作製いたしました。

燃料や点火マップが沢山増えていたので、どうなった時にどのマップに移行するのか?

調べるのに時間が掛かりました。

どうも、この年式からハイブリット車にする予定だったのでしょうか!?

ハイブリッド用のマップが多数含まれておりました。

(勿論今回は使用されていませんでしたが・・・)

後、7速ギアに対応するマップ構成にもなっていました。

基本的に2013モデルと大差ないパラメータで、いつも通り、1速から6速までギアに応じてブースト圧も

変えてタイヤのグリップを最大限生かすように調整しました。

次回は、キャタライザー、マフラーを変更してデータ作成いたします。

(オリジナル)メインCPUプログラム 2014モデルベース Ver8 \173,000 データ入力費 \10,000

(オリジナル)ミッションCPUプログラム 2014モデルベース Ver N-2 \60,000 クラッチ調整 \5,000
 

ブースト圧1.43→1.01Kg/cm2
612.0PS 86.7Kg

パワーチェックグラフ
宝塚発フルノーマルR35を大阪オートメッセで一気契約


兵庫県O様R35ハ2008モデル10000キロしか走っていないフルノーマル車で、先日の大阪オートメッセで

大きな契約をして下さり今回取付けセッティングさせて頂きました。

MTソレノイドバルブ清掃プランでは、カスも少なく汚れもありませんでしたがシャフトの削れはヤバかったです。

セーフでした。RH9ブレーキローター、エンドレスMX72ブレーキパットも装着しました。

ダンロップ新品タイヤに交換しました。排気系はイノテックの音量調整バルブ付きフルEXシステム

にしてコンピューターチューンいたしました。

5500rpmからズーツト7500rpmまでインジェクター開弁率が100%をキープしております。

とてもうまく調整出来ました。ちなみに音量切替えは、スイッチワンタッチです。
 

SPEC
イノテック フルEXシステム
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.44→0.95Kg/cm2
626.5PS 88.0Kg

パワーチェックグラフ
愛知日進発〜キャタ交換で性能UPの2009モデルR35


愛知県A様R35は、2009年モデルで、既に当社でMTソレノイドバルブ清掃プランとコンピューターチューンを

行った下さっております。

今回、TRUSTキャタライザーを取り付けして新データを入力しました。

素晴らしく良くなりました。

全く無理しておりません・・・ノックリタード皆無です。

車の程度も凄く良かったです。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2012モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.44→0.98Kg/cm2
619.4PS 88.6Kg

パワーチェックグラフ
京都南丹後発〜2013ノーマルR35が綺麗なパワーグラフ


京都府N様R35は、2013モデルで、先日BBS-RIDと新ダンロップタイヤを装着してくださり、

今回ブレーキパット交換とコンピューターチューンをして下さいました。
まだ20歳台の若いオーナーです。

凄く綺麗なパワーグラフになりました。

キャタやマフラーを交換すれば、確実に640馬力スペックになりそうです。

新ローンチシステムを入力しました。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
クラッチ調整
ブースト圧1.44→1.01Kg/cm2
610.9PS 88.7Kg

パワーチェックグラフ
R35 GTR情報 VOL21
現在ページはVOL21です。
VOL1 VOL2 VOL3 VOL4 VOL5 VOL6 VOL7 VOL8 VOL9 VOL10
VOL11 VOL12 VOL13 VOL14 VOL15 VOL16 VOL17 VOL18 VOL19 VOL20
VOL21 VOL22 VOL23 VOL24 VOL25 VOL26 VOL27