R35 GTR情報 VOL20
現在ページはVOL20です。
VOL1 VOL2 VOL3 VOL4 VOL5 VOL6 VOL7 VOL8 VOL9 VOL10
VOL11 VOL12 VOL13 VOL14 VOL15 VOL16 VOL17 VOL18 VOL19 VOL20
VOL21 VOL22 VOL23 VOL24 VOL25
各ページに情報が満載しています・・・
―神戸発 自動車屋さんのR35をCPUチューンいたしました−


兵庫県Kブレイン様のR35をコンピューターチューンさせて頂きました。

これで2台目です。

いつも通り590psを目標に頑張りましたが、タイヤがアドバンレーシングで

極寒だったので、ブーストの立ち上がりと立ち上がってからがグリップして

おらず、もうちょっとが出ませんでした。

次回、排気系チューンがお勧めですよ。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
クラッチ調整
ブースト圧1.41→0.97Kg/cm2
585.7PS 87.0Kg

パワーチェックグラフ
―桑名発 MTソレノイドバルブ清掃、タイヤ交換、CPUチューンR35−


三重県M様R35は2008モデル29000キロ程走行のフルノーマルです。

ダンロップタイヤ交換と共にエアセンサーバルブも新品交換しました。

ソレノイドのカスは多かったですが、削れは少なかったです。

クラッチ調整時もMT油圧の掛かり方も正常でした。

パワーもトルクも普通に充分出ました。

次回、排気系チューンがお勧めですよ。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.41→0.95Kg/cm2
599.7PS 86.2Kg

パワーチェックグラフ
―川崎発 トラブルはありませんが、予防調整強化プランR35−



神奈川県H様R35はフルノーマルの時から当社でチューニングして下さっており

これと言ったトラブルはありませんが、ミッションO/H予防調整強化プランを行って下さいました。

関東はこの冬、雪のためR35のCリングを飛ばした方がいらっしゃるので、その影響もあるのでしょうか!?

初めからコンピューターデータはローンチコントロール対応にしていましたの

で、新方式のデータを入力しておきました。

もう少し、暖かくなってタイヤ温度も路面温度も上がったらバンバンローンチを、やってみたいですね。


(オリジナル)

ミッションO/H予防調整強化プラン一式

ソレノイドバルブ清掃プラン

強化Cリング組み込み

クラッチプレートクリアランス調整

油圧UP調整、スプリング交換

フィルター清掃

モティーズMTオイル交換一式含む

脱着組立工賃

以上合計\400,000(税別)

―京都発 着実ステップR35のお勧めブーストUP仕様−


京都府H様R35は2008モデルで新車購入時から、当社で改造して下さっております。

ポルシェetc他の車もあるため、いつも乗っている訳ではありませんが

今回、ブレーキパット交換、タイヤ交換、RH9マフラー取付けしてCPUリセッティングいたしました。

出過ぎる位、パワーUPしました。

H様も次は何をしようかな?と楽しそうでした。
 

SPEC
SARD キャタライザー前期
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.45→1.00Kg/cm2
627.4PS 88.8Kg

パワーチェックグラフ
―東大阪発 ノーマルENG+TD-06・20Gポン付けR35の実力ー


大阪府N様R35 2008モデルにTRUST TD06SH 20G-8cm2タービンKITを装着いたしました。

37000キロ走行でエンジンはフルノーマル、インタークーラもレギュ

レーターも純正のままです。

ブースト圧は低めで無理はしてませんが、しっかり目標通りのパワーになりました。

しかしこの車は、ノックリタードしやすい性質でした。

インタークーラをTRUSTのタイプ29にすれば790ps位になるでしょう。

次回、DCTオイルクーラー装着がお勧めですね。
 

SPEC
TRUST TD06SH-20Gタービンキット
SARD 900ccインジェクター・275L燃料ポンプ×2
アミューズ チタンマフラー
トップシークレット インタークーラーパイプ
BLITZ D-SBCidV
オリジナル メインCPUプログラム
ブースト圧1.63→1.57Kg/cm2
769.5PS 95.7Kg

パワーチェックグラフ
―福知山発 TRUSTサクションパイプで一気パワーUPR35−


京都府W様R35は、既に当社で排気系+CPUチューンやフルエアロetc行って下さっております。

今回TRUSTのサクションKITを装着して、下からのピックUPを狙いました。

一発で大幅パワーUPしました。

インジェクター開弁率の関係でドンドン高回転側のブースト圧を下げて

います。それでも出てしまうのです。

現在これでギリギリセーフです(苦笑)

CPUデータの進化でR35のコンピューターチューンは、パワーを抑える

時代になってきました。
 

SPEC
TRUST サクションKIT・キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ブースト圧1.44→0.93Kg/cm2
647.1PS 90.7Kg

パワーチェックグラフ
―大阪発 2011モデルR35をメンテナンス+キャタ+CPUチューン−


大阪府O様R35は2011モデル・フルノーマルで1万キロ未満の車でした。

MTソレノイドバルブ清掃プランとキャタライザー交換、CPUチューン、

その他4灯ポジション化、ブレーキ4灯化etcを一気に行いました。

ソレノイドバルブは汚れておらず、カスは普通でした。

パワーもトルクも充分に出ました。

バンク1、バンク2のエアフロ電圧も均等です。

点火時期も余裕があり、最大3°の自動進角がされてました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ポジション4灯化・ブレーキ4灯化キット
ブースト圧1.45→0.98Kg/cm2
637.2PS 86.6Kg

パワーチェックグラフ
―鳴門発 TRUSTサクションで強烈ブーストUP仕様−


徳島県O様R35は2008モデルで既に当社で排気系+CPUチューンしてくださってます。

今回、TRUSTのサクションKITを装着して新データでセッティングしました。

エアフロ電圧はバンク1.2共に高値で綺麗に上昇しております。

インジェクター開弁率も一杯一杯です。

ですから、ブースト圧を立ち上がりにドバッツと上げて高回転では今迄よりも下げる方向にしております。

とにかく、立ち上がりが凄いですよ。

当社にてキャタライザー、CPUをチューニングされている場合、

TRUST サクションキット \115,000→\97,750
取付工賃                 \40,000
データ入力費               \10,000

税別合計                \147,750円
 

SPEC
TRUST サクションパイプ・キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.50→0.97Kg/cm2
644.7PS 91.8Kg

パワーチェックグラフ
―名古屋リバティーウォーク様R35をコンピューターセッティング−


愛知県リバティーウォーク様R35、2008モデル(デモカー的存在ながら、なんとユーザーカー)を

アライメント修正とコンピューターセッティングいたしました。

このスーパーワイドボディー315/35-20のSタイヤ装着の怪物君は、当シャーシダイナモでは一杯一杯!

Sタイヤですからサイドウォールが柔らかく、カーンと回していくと空を飛ぶように

浮き出し、怖いのなんのって・・・正に恐怖のパワーチェックでした。

完璧な計測は出来ませんでしたが、インジェクター開弁率、エアフロ電圧から、当然640psになっているでしょう!

以前、リバティウォーク様がアメリカへ送った1台目の仕様と同じようにTRUSTサクショ

ン+イノテック、フルマフラーなので、設定ブーストを1.2に落としました。

これでも限界キリギリのパワーとなっております。
 

SPEC
TRUST タイプ29インタークーラー・70φサクションフルキット
イノテック フルマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
クラッチ調整
アライメント修正
ブースト圧1.32→0.97Kg/cm2
593.4PS 85.9Kg

パワーチェックグラフ
―大阪摂津発 Ver8データで威力発揮R35−


大阪府A様R35は2008モデル、33000キロ程度走行のフルノーマル車で、

今回、キャタ、マフラーを交換してメイン、ミッションのコンピューターチューンを行いました。

Ver8のCPUデーターも煮詰まりまして620ps目標でしたが、一発で決まりました。

回していても軽くて「これは行ける!」と確信しました。

インジェクター開弁率もエアフロ電圧も高値安定でした。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
クラッチ調整
ブースト圧1.45→0.95Kg/cm2
628.0PS 89.9Kg

パワーチェックグラフ
―西宮発 K様2008モデルR35が、鈴鹿で2分18秒3樹立!



兵庫県K様R35、2008モデル ブーストUP仕様が、K様ドライブでナント

2分18秒3を叩き出しました。

この時のSPECは

(トップシークレット)サクションパイプ カーボントラック

(TRUST) キャタライザー、DCTオイルクーラー

(RH9)  チタンマフラー、前後400パイブレーキローター

(オリジナル)メインCPUプログラム 2013モデル改Ver8

(オリジナル)ミッションCPUプログラム 2013モデル改 ローンチ無し

(オリジナル)ミッションO/H予防調整強化プラン

(NEKO) ETSコントローラー、フロントアッパーアーム

(トップライン)アラゴスタ3WAY車高調KITオリジナル減衰力 F20K R16K

(エンドレス)ブレーキパッド CCR=G、スイベルRブレーキホース、DOT4ブレーキオイル

(オートセレクト)フロントリップスポイラー

(アメリカ) フロントカナード

(エスプリ) GTウィング

(リキモリ) エンジンオイル 5W-50

(モティーズ)ミッションオイル

(RAY'S) VOLKレーシング G2 F:10.0J R:11.0J

(ダンロップ)GT600ユーズド F/R共 285/35-20 

たったこれだけの仕様です。

ちなみにトランクとGTウィングは藤原R35から拝借したのですが、これでどのコーナーも

恐怖心無く突っ込んで攻めれたようです。

先日、A/Fセンサーがトラブり、スロットル前のパイピングを何度も取り外した為、抜け

くせが付いてしまい、今回もシュポンと抜けてしまいました。

従ってBESTアタックという訳ではなくパイピングを変更し新タイヤでトライすれば2分16

秒台を出せる!と言っておられました。

御本人のドライビング能力は相当高いのでしょう。

それと車そのものの戦闘力が高くないと、こんなタイムはまぐれでも出ません。

しかし同時に、これ位のSPECは全てのお客様に提供出来ますし、皆が出せるタイムなん

だと実証出来ました。

プロが乗ったら、一体何秒出るんでしょうね?!

今回、判った事はR35は、GTウィングを装着すればいきなり3秒縮まると言う事!

コンピューターデータも超大切ですが、空力も大事なんですねぇ〜。
 

629.9PS 89.2Kg

パワーチェックグラフ
―浜松発 サクションパイプ交換で640ps、R35−


静岡県K様R35は2008モデル44000キロ程走行で、当社でお勧めブーストUPを

して下さっておりますが、今回マフラーをRH9にし、トップシークレットの

サクションパイプに交換してパワーUPを狙いました。

やはり、640psをサクッと出してくれました。

2000〜3000rpmのブーストの立ち上がりが鋭くシュパーンとブーストが掛かり

とてもトルクフルです。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.44→1.00Kg/cm2
641.3PS 89.9Kg

パワーチェックグラフ
―東大阪発 当社4灯ポジション化KIT+2014テールランプ−


大阪府N様2008モデルR35に2014モデルテールランプを装着いたしました。

既に、当社の4灯ポジション化KITが装着されていたので併用してみました。

 写真左から  ポジション OFF 時

       ポジション ON 時

       ブレーキ  ON 時 です。

 とても綺麗ですよ。

バンパーも脱着しての作業ですから、リアサイドマーカーも同時作業すると

工賃が浮きます。

                                     (工賃)

(日産) 2014モデル リアテールランプASSYx2  \136,400−   \50,000−  

(オリジナル)4灯ポジション化KI            \24,000−   \10,000−

(オリジナル)リアサイドマーカー            \30,000−   NC

*リアサイドマーカーの色は沢山在りますので、ご指定下さい。

                (合計)              \250,400−(税別)
 

―名古屋発 凄いエアロのR35をCPUチューンして未計測−


愛知県の最新気鋭エアロメーカー、リバティーウォーク様R35をコン

ピューターチューンいたしました。

TRUSTのサクションKIT、タイプ29インタークーラーは付いていますが

純正触媒なので600ps位を目指しました。

しかし、御覧のような車幅でして、何度も全開計測する事は怖くて不可能でした。

インジェクター開弁率、エアフロ電圧からすると605ps位は出ていそうです。

ブローオフバルブが大気開放になっていたので、それはサクションに

戻して下さるようにお伝えしました。

まぁ〜しかし、凄いエアロで大迫力!内装もしっかりコーディネイト

されていました。
 

SPEC
TRUST タイプ29インタークーラー・70φサクションパイプ
リバティウォーク マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
クラッチ調整
ブースト圧1.42→0.95Kg/cm2
未計測

パワーチェックグラフ
―千葉発 壁田R35はスリップで完全に測れませんでした−


千葉県壁田氏R35をECU-TEK社からの新しいパラメータを使って再セッティングしてみました。

空燃比は狙い通りに決まるようになりました・・・が、スリップして完全には測れません。

7500rpm回しているのですが、そのラインまで届きません。

立ち上がりトルクが強烈なんでしょうね。

1300ccのインジェクターをイニシャル3.0キロで駆動させ91%の開弁ですから

実際は、結構出ているのかも知れません。

ヘッドはチューニングしてないのですが、充分でしょうね。

いずれ、藤原氏R35と対決させてみたいです。

このENGは、私共も壁田氏も相当チビリながらセッティングしました(苦笑)
 

ブースト圧1.65→1.65Kg/cm2
916.7PS 112.4Kg

パワーチェックグラフ
―静岡県御前崎発 エボXからフルノーマルR35をコンピューターチューン−


静岡県Y様は以前、当社でセッティングしたエボXのブーストUP仕様に乗って

おられたのですが、この度R35を購入され、早速コンピューターチューンにお越し下さいました。

ローンチコントロールを使って遊びたいとの事なので、うまくコントロール

出来ているVer7データを入力しておきました。

近いうちにMTソレノイドバルブ清掃プランとキャタ交換をお考えのようで

その時、Ver8を入力する事になりました。

車が変わっても指名して下さるのは、光栄で有り難いものですね。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
クラッチ調整
ブースト圧1.40→0.94Kg/cm2
590.6PS 85.1Kg

パワーチェックグラフ
―兵庫明石発 フルノーマルR35にソレノイド清掃+CPUチューン−


兵庫県M様R35は15000キロしか走っていないフルノーマル2008モデルで

今回、ソレノイドバルブ清掃プランとメイン、ミッションのコンピューターチューンを行ってくださいました。

フルノーマル車に初めてVer8のデータを投入いたしました。

パワー的には何の問題も無くサァーッと一発で決まりました。

パワーグラフも綺麗です。

制御方式をガラリと変更したローンチコントロールの設定は苦労しました。

大切なミッションを壊してはいけないので、当社ワークスカーで完全テスト

してから再入力する事になりました。

ちなみに、ローリングローンチコントロールという新しい遊びのアイテムも増えました。

これは巡行走行中、スイッチONで走りながらブーストを貯めて一気にロケット

スタートするシステムです。

これも、テストしてから発表します。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 新ローンチ有り
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.43→0.97Kg/cm2
590.8PS 82.9Kg

パワーチェックグラフ
―尼崎発 マフラー交換+メイン、ミッション バージョンUP R35−


兵庫県N様R35は、キャタ交換+CPUチューンは既にお済ですが、今回RH9マフラーと

メイン、ミッションCPUのバージョンUPを行って下さいました。

35000キロ程走ってますが、一発で決まりました。

メインCPUプログラムは新しいVer8データでして、新システムのローンチコントロ

ールが組み込まれています。

モニター画面は、スタート前、既にブースト圧が0.5キロ近く掛かっている状態です。

今迄より更に凄いスタートが出来るようになりそうです。

一応、実走テストは当社ワークスカーで行ってからのGOサインといたします。

次回、サクションパイプ交換を予定しております。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver8
ミッションCPUプログラム2013モデル改 新ローンチ有り
クラッチ調整
ブースト圧1.43→0.99Kg/cm2
624.3PS 86.3Kg

パワーチェックグラフ
-横浜発 34Rから35Rに乗り換え速攻チューン-


神奈川県T様は、BNR34フルチューンを当社で行って下さった常連様で、

今回、R35を購入して速攻チューンして下さいました。

35000キロ程走っていますが、何の問題も無く一発で決まりました。

ただし、今まで高回転を回してなかった車のように感じました。

T様は「じゃあ今からガンガン回してやりますか!」と嬉しそうでした。

インジェクター開弁率も100%ですし、クラッチ調整時の油圧もしっかり

掛かってましたので、程度の良い車でした。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
クラッチ調整
ブースト圧1.47→0.96Kg/cm2
625.7PS 89.0Kg

パワーチェックグラフ
―吹田発 2008モデルR35はサクション交換が効果大でした−


大阪府O様R35は2008モデル25000キロ程の走行で、既に当社でキャタ、マフラー

CPU,そしてミッションO/H予防調整強化プランを行って下さっております。

今回、サクションパイプを交換してCPUリセッティングを行いました。

一発でその効果の大きさが判りました。

御覧のようにパイプ径が純正45パイに対して、トップシークレットサクションパイプ

は、60パイになります。

パワーの出方も、2011〜2013モデルと同等になりました。

改めてこれはお勧めパーツだと確信いたしました。

ちなみに費用は・・・

(トップシークレット)サクションパイプ   \72,000−

           取付工賃        \30,000−

           CPUデータ変更    \10,000−

           合計         \112,000−

           税込み        \117、600−

 *当社のコンピューターチューンがされている場合です。
 

SPEC
SARD 前期キャタライザー
RH9 チタンマフラー
トップシークレット サクションパイプ
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションO/H予防調整強化プラン
ブースト圧1.48→1.01Kg/cm2
643.7PS 88.3Kg

パワーチェックグラフ
-千葉発 K様R35をリニューアルセッティング-


千葉県K様R35は

(TRUST) 4,3L、TD-06SH・20G-10cm2JUN272°カム、TRUSTサージタンク

(JUN) 272°カム

(SARD) 900ccI/J

(HKS) 265L/Hポンプ

のサーキット仕様で880ps位だったのですが、当社の2012モデル開発

3号車ノーマル排気量+TD-06SH25G-10cm2仕様が、結構下から効いていたのと、

フライホイールハウジングにガタが出ていたので、東京オートサロンも近い事だし、

ドーンとリニューアルいたしました。

タービンはスピードボックス社で大容量化し、1300tI/J、295L/Hフューエルポンプ、

90Φエアフロパイプ化してのCPUセッティングです。

低いブーストは何ら問題ないのですが、1.4キロを超えてくると空燃比に乱れが出るのです。

これは開発3号車と全く同じ症状でした。

これで開発3号車が持っている固有のトラブルではなく、2013ベースのCPUデータの問題でもないことが

判ったのでした。

大量の空気が入っており、それを完全にコントロール出来ないのでしょう。

さっそく、ECU-TEK社にTP燃料補正マップも追加するようにお願いしました。

これですべて解決できるものと思われます。

ちなみにこのグラフは完璧ではありませんが、一応900PSにしておいたものです。

次回は950PSをしっかり出しましょう!
 

SPEC
TRUST 4.3Lキット・サージタンク・TD-06SHタービンキット・タイプ29インタークーラー・専用パイピング・DCTオイルクーラー
スピードBOX TD-06SH 20G改25Gタービン
JUN IN/EX272カム
オリジナル 1300ccインジェクター
SARD レギュレター・295L燃料ポンプ
日産 2014モデルフライホイール
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
ミッションO/H予防調整強化プラン
90φエアフロパイプ化
アミューズ 90φチタンマフラー
ブースト圧1.63→1.60Kg/cm2
903.0PS 109.2Kg

パワーチェックグラフ
―名古屋発2011モデルがキャタ+CPUで好結果−


愛知県M様R35は2011モデル11000キロ程走行で、既にメインとミッションの

コンピューターチューンはされております。

今回、キャタライザー取付けとメインCPUのリセッティングを行いました。

2013ベースのデータを入力しましたが、やはり素晴らしい性能に変身しました。

1〜3度、自動進角してくれる位、点火時期には余裕を持たせてあります。

同時に、マイナー後用、リアアンダーサイドステップやボンネットダン

パーを装着して下さいました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2012モデル改 ローンチ無し
ブースト圧1.44→1.01Kg/cm2
640.0PS 88.3Kg

パワーチェックグラフ
―奈良発 ギアが入らなくなったR35ミッションを修理−


奈良県S様R35は、2008モデルのほぼノーマル車で、ミッションの油圧が

掛からなくなり、ギアに入らなくなったため積載車で引き取りに行って修理を開始しました。

トラブルコードは、クラッチプレッシャーセンサーAとBが出ておりました。

この部品が壊れたのは、これで2回目です。

前回はNEKOコーポレーションで売ってもらったものですが、もうありません。

それで、オーストラリアから良く似た商品を引いて試してみました・・・と言う

よりは、もうこれしか手段が無いのでチャレンジでした。

この部品はミッションオイルポンプに付いているセンサーで、当然ここまで

バラすのですからミッションO/H予防調整強化プランも同時に行いました。

修理後、ミッションを載せてENG始動させた所、四駆のチェックが点灯しっ放しになりました。

ギアにも入りませんし油圧も上がりません。

それで、このプレッシャーセンサーのレンジと傾きが違うと考え、NEKO金子氏、ECU-TEK荒君の

協力を得て、ミッションデータのクラッチプレッシャーセンサーA,Bのデータと変更してみました。

これで、直りました。この部品はホントに手に入らないので、お先真っ暗だったのですが、もうOK!になりました。

快挙です!!
 

―神戸発 又もミャンマー行きのR35をCPUチューン−


兵庫県ワールドナビ自動車様の依頼でミャンマーへ送るR35GTR2008モデル

フルノーマルのコンピューターチューンをいたしました。

現地で1番のガソリンオクタン価が95らしいので、こちらのレギュラーと

ハイオクを半々にブレンドしてセッティングいたしました。

前回と同じような性能となりました。

しかし、ミャンマーは景気が良いのでしょうかね。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
クラッチ調整
ブースト圧1.44→0.95Kg/cm2
568.5PS 82.5Kg

パワーチェックグラフ
―浜松発 吸、排気チューンR35をCPUチューン−


静岡県N様R35は2008モデル52000キロ程を走り込んでおり、キャタ、マフラー、

サクションパイプが交換されております。

今回コンピュターチューンさせて頂きましたが、SARDの後期型キャタライザー

なので、もうちょっとが出ませんでした。

インジェクター開弁が98%あるので620〜630ps位出てもおかしくないのですが、残念でした。

計測するとすぐにクラッチ温度上昇のフューエルセーブモードに入ってしまう

ので、ミッションオイル交換をお勧めし、実行してもらいました(3万キロしてなかったようです)

排気系を見直せば、630psは出そうでした。
 

SPEC
HKS プレミアムサクションパイプ・フィルター・SQVブローオフ
SARD 後期キャタライザー
マインズ マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
クラッチ調整
ブースト圧1.44→1.00Kg/cm2
605.0PS 85.0Kg

パワーチェックグラフ
−京都発 2013モデルR35のCPUチューンは凄いです−


京都府M様R35は2013モデル8000キロ程走行のフルノーマル車です。

和歌山県M様のご紹介で、タービン交換の相談で御来店されたのですが、

当社の2013モデル開発4号車に試乗してもらった所、これで十分!となり作業させて頂きました。

時々、サーキット走行を楽しまれるようでDCTオイルクーラ・キャタ・

マフラー・CPU・そしてアルミホール・3WAY車高調のオーダーです。

それにしても2013モデルR35のコンピューターチューンはすさまじく

640psを簡単に超えてしまいます。

我ながら凄いと感じています。
 

SPEC
TRUST キャタライザー・DCTオイルクーラー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
ブースト圧1.47→1.03Kg/cm2
647.3PS 88.4Kg

パワーチェックグラフ
―岐阜羽島発 5000キロ走行の2008、R35をCPUチューン−


岐阜県M様R35は2008モデル、フルノーマルですが、まだ5000キロ程しか走行していません。

今回、メイン、ミッションのコンピューターチューンを行いました。

クラッチ調整時に6.8キロの油圧だったので、ミッションオイルがシャバシャバに

なり、酸化しているのでしょうか?まだ一度も交換していないらしいので、

MTソレノイドバルブ清掃プランをお勧めいたしました。

パワーとトルクは普通にバシッと出ました。
 

SPEC

オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
クラッチ調整
ブースト圧1.43→0.97Kg/cm2
588.9PS 82.7Kg

パワーチェックグラフ
―堺発 コーティング屋さんの依頼で車屋さんのR35をチューニングー


大阪府の車屋さんのR35、2008モデル、フルノーマル17000キロ走行を、MTソレノイド

バルブ清掃プランとコンピューターチューンいたしました。

ソレノイドのカスは少な目で、シャフトの削れはありました。

ガソリン残量が少なくてグラフのラインの乱れはありますが、問題ありません。

チタニウムゴールドのボディーがピカピカでして、さすがコーティングのプロやなぁと

感じました(アートプロさん)
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.43→0.96Kg/cm2
591.0PS 84.2Kg

パワーチェックグラフ
―宝塚発 R35、ご来店後 即決でCPUチューンー


兵庫県S様R35は2008モデルフルノーマル28000キロ走行でした。

リミッターカットの相談で御来店され、即決でコンピューターチューンを

行って下さいました。

普通にパワー&トルクいたしました。

純正のMTデータは09リプロが入ってました。

クラッチ調整時のMT油圧は7.0キロ丁度でした。

ソレノイドバルブ清掃プランがお勧めですね。

キャタライザーやマフラーetc排気系チューンも御興味がありそうでした。

次回、お待ちしております。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
クラッチ調整
ブースト圧1.43→0.97Kg/cm2
594.1PS 84.0Kg

パワーチェックグラフ
―大阪発 ミャンマーへ輸出のR35をブレンドガソリンでCPUチューンー


大阪府ワールドナビ様の依頼でミャンマーの一般ユーザーへ送るR35フルノーマル

5000キロ走行をコンピューターチューンいたししました。

調査した所、ミャンマーで売られている一番のガソリンのオクタン価は95との事

なので、こちらのハイオクとレギュラーを半分半分でブレンドしてセッティング

いたしました。

点火時期は下げる訳ですから、排気温度が上がりますので、燃料は少し濃い目に

しました。

インジェクター開弁率は96%で567psですから狙い通りとなりました。

現地で楽しく乗ってもらいたいですね。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
クラッチ調整
ブースト圧1.40→0.96Kg/cm2
567.6PS 81.1Kg

パワーチェックグラフ
―2014年モデルR35が納車されましたー


2014年モデルR35が納車されました。

ヘッドライトがLEDになり、リアテールランプはポジション時、リング状に光り、

ブレーキを踏むと全灯になりました。

ヘッドライトは稲妻のようなラインが浮かび上がります。

リアもイカリングみたいで外車っぽいです。

早速、メインとミッションのコンピューターデータを吸い出しました。

メインCPU品番は 62B2A

ミッション品番は 62B1AEAでした。

エンジンのプレートには「オオヤマ ツネミ」技師の名前。

今から解析を始めて、出来るだけ早くコンピューターチューンが出来るように準備致します。

そして、2008年〜2013年モデルにフィードバック出来るように研究します・・・ご期待ください。
 

―岡山県苫田発 2008少走行R35のキャタ+CPUチューン−


岡山県K様R35は2008モデルフルノーマルで、まだ17000キロしか走っておりません。

当初、コンピューターチューンを行う予定でお起こしになったのですが、キャタラ

イザー付きR35のサウンドを聴いて、ついでに交換となりました。

ミッションCPUは0.9対策データが入っていましたが13モデル改ローンチ対応を入力しました。

普通にパワー&レスポンスUPしましたが、今迄余りブン回していなかったエンジンに思えました。

回していれば、更に上が回るようになるでしょう!

春にはMTソレノイド清掃やマフラー交換をお考えのようです。

お待ちしております。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
クラッチ調整
ブースト圧1.44→0.99Kg/cm2
610.3PS 85.7Kg

パワーチェックグラフ
―豊田発 まずはミッションCPUプログラムからチューニング開始R35−


愛知県Y様R35は2008モデル48000キロ程の走行で、これからチューニングするに

当たって、まずは静止状態からの動き出しがグォングォンと不快なミッション

CPUから手を入れる事になりました。

当店では通常の65000円のMTプログラム(クラッチ調整含む)とECU-TEKベースで

ローンチコントロールにも対応する85000円のMTプログラム(クラッチ調整含む)が有ります。

今迄は、ローンチコントロールを使うか使わないか?でお客様が選択していたのですが

1・ECU-TEK編集ソフトの内容が新しくなりMTコンピューターチューンの将来性が向上した事。

2・新しい年式のR35が発売され、新年式の改造データを入力する際、15000円

 (クラッチ調整含む)でヴァージョンUP出来る事。

 通常方式だと25000円(クラッチ調整含む)掛かる事。

3.作業時間が通常方式だと80分位掛かるのが、ECU-TEKだと20分位で終了する事。

これらの理由で出来るだけECU-TEKベースでのミッションCPUプログラムをお勧めするようにいたしました。

フェニックスパワーでは、この先更に、ミッションCPUのデータ分析に力を入れ

皆様にご満足して頂ける素晴らしいCPUデータを作成してまいります。

尚、Y様R35は2009モデルの日産のリプロデータが入っていました。

クラッチ学習時の油圧は7Kだったので、問題有りません。

次は、MTソレノイドバルブ清掃プランをお勧めいたします。
 

―盛岡発 年に1度必ずバージョンUPのR35メンテ−


岩手県M様R35は、毎年1回御来店もしくは陸送で運んで頂き、コンピューター

データのバージョンUPやオイル交換etcメンテナンスを行って下さいます。

今回は、RH9マフラーに交換してのリセッティングでした。

昨年、メインもミッションもECU-TEKベースに変更しており、今年はメイン

10,000円、ミッション10,000円、クラッチ調整5,000円でのバージョンUPです。

インジェクター開弁は、99%なので実際は630psを超えると思われます。

来年は、タービン交換をお考えのようなので、期待しております。
 

SPEC
SARD キャタライザー前期
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
クラッチ調整
ブースト圧1.45→0.92Kg/cm2
625.7PS 87.8Kg

パワーチェックグラフ
―鳴門発 マフラー交換+新データでタイヤ交換R35ー


徳島県O様R35は2008モデル19000キロ程の走行で、既に当社でキャタ+CPU+

MTソレノイドバルブ清掃は行っております。

今回、RH9マフラーに交換して新データを入力しましたが、タイヤの目が無く

スリップしておりました。

インジェクション開弁率は98〜99%噴射しているのでバッチリです。

その後、新品ダンロップタイヤに交換して下さいました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.45→0.94Kg/cm2
632.6PS 88.5Kg

パワーチェックグラフ
―名古屋発 2009spec-Vの実力やいかに?!−


愛知県N様R35は2009モデルスペックVで6000キロ程走行のノーマルカーです。

今回、友人と来店され、その場でキャタライザーとコンピューターチューンをして下さいました。

以外とスペックVのコンピューターチューンは初めてです。

特別これと行言って内容の違うパラメーターは有りませんでした。

ただ、タービンが大きので、ブースト圧を低く設定しました。

630ps位を目処に行いましたが640psをクリアーしました。

インジェクター開弁率は102%でした。一杯一杯ですね。

あと、このスペックVのローンチコントロールシステムは制御方式が変わっていました。

これは難しかったです。

もうちょっと煮詰める必要があると思われます。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム JF03A改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
クラッチ調整

642.8PS 87.6Kg

パワーチェックグラフ
−新宿発 ブーストUPのR35を当社お勧めブーストUPに変身−


東京都S様R35は2008モデル17000キロ程走行で、第1キャタは純正で、第2キャタと

マフラーが交換、ブーストコントローラーが装着されておりました。

まずはメインCPUとミッションCPUのデータ変更を行いましたが、第2キャタの抜け

が最悪で純正と変わらない性能に思えました。

S様に説明したら「すぐ変えて下さい!」との事でTRUSTキャタに変更し、再セッティングいたしました。

インジェクター開弁率は97%〜98%なので問題無いのですが、ブースト圧がちょっと

他車と比べると低かったですね。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
マインズ マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
クラッチ調整
ブースト圧1.35→0.95Kg/cm2
620.4PS 88.0Kg

パワーチェックグラフ
―大阪発 GT800/R35 低ブーストで好結果ー


大阪府T様R35は、今迄 当社のお勧めブーストUPで楽しんでおられましたが

更なるパワーUPを目指しGT800タービン交換にして下さいました。

インタークーラーは純正で、DCTオイルクーラーもまだなので、無理せず

低いブーストで出来るだけの高性能になるよう煮詰めました。

目標通りのパワーとなりました。

R35のノーマルENGでのタービン交換は1,5キロ以内で制御するのが一番安全です。
 

SPEC
HKS GT800タービンキット・SQVブローオフバルブ
TRUST 80φサクションパイプ・クリーナーキット
SARD 900ccインジェクター・前期キャタライザー・275L燃料ポンプ
マインズ チタンマフラー80φ
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2012モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.50→1.38Kg/cm2
766.4PS 92.2Kg

パワーチェックグラフ
―大阪八尾発 排気系+DCTオイルクーラー装着R35ステップUPー


大阪府S様R35は半年前程にフルノーマルでのコンピューターチューンと

MTソレノイドバルブ清掃をして下さいました。

今回、マフラー、キャタライザーを交換し、DCTオイルクーラー装着、

ブレーキパッド、ブレーキホースetcも交換して下さいました。

やはり一気にパワーUPいたしました。

1/J開弁率は99%でバッチリです。

ミッション油温も本当に上がらなくなりました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー・DCTオイルクーラー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.47→0.99Kg/cm2
631.2PS 87.1Kg

パワーチェックグラフ
―岐阜県各務原発 2010モデルR35お勧めブーストUP―


岐阜県G様R35は2010モデルで、4〜5か月前にキャタ+CPUチューンを行って下さいました。

今回、RH9チタンマフラーに交換してリセッテイングいたしました。

以前より11ps程パワーUPいたしました。

インジェクター開弁率も98%で何の問題もありませんでした。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ブースト圧1.45→1.01Kg/cm2
632.2PS 86.0Kg

パワーチェックグラフ
―広島安芸高田発 R35にBBS-R10マットブラック装着ー


広島県I様の2013モデルR35トラックパックにBBSから新発売された

RIDジュラルミンのマットブラックを装着いたしました。

スパルタンですネェ〜。

引き締まるレーシーさです。

このホイールは航空機用JIS A-7000系超超ジュラルミンを使用した

世界初の鍛造ホイールです。

軽くて強くて耐久性もあります。

ネックは価格…です。

(BBS) RI-D マットブラック 10,0J-20 2x211,000x割引…\337,000−

(BBS) RI-D マットブラック 11,0J-20 2x217,000x割引…\347,200−

組み換えバランス        4x7,000…\28,000−

  合計      ¥748,440−(税5%込み)
 

−東京三鷹発 2011モデルR35をフルバージョンUP−


東京都O様は2011モデルR35を購入後すぐ当社でブーストUP仕様にして下さいました。

当時はまだブーストコントローラーを使ってのブーストUPでした。

今回、最新式の2013モデル改Ver7データや2013ミッションデータを入力しました。

ブーストコントローラーは外すのはもったいないので、そのまま再利用しました。

以前は、606PSだったのが、グッとパワー&トクルUPいたしました。

いつも遠い所を有難うございます。
 

SPEC
SARD キャタライザー前期
アミューズ チタンマフラー
BLITZ D-SBCidV
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
クラッチ調整
ブースト圧1.46→0.97Kg/cm2
630.5PS 89.3Kg

パワーチェックグラフ
−岐阜安八発 R35お勧めブーストUPは、やはり凄い!−


岐阜県I様R35は2008モデル16000キロ程走行のフルノーマル車です。

今回、キャタ、マフラー、CPUのお勧めブーストUP仕様にして下さいました。

タイヤが珍しくヨコハマのADVANスポーツでした。

やっぱりVer7データは素晴らしく見事なパワー&トルクになりました。

TRUSTのキャタ、RH9のマフラーはなくてはならないアイテムだなぁ〜と

感じております。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
クラッチ調整
ブースト圧1.44→0.97Kg/cm2
636.5PS 88.8Kg

パワーチェックグラフ
−茨城稲敷発 ノーマルENG+TD−06SHで好結果R35−


茨城県K様R35は2008モデルで5万キロ程走り込んでおり初期の段階からズーッと

当社でチューニングして下さっている常連さんです。

今回、パワーUPさせるべくTD-06SHタービンKITを装着しました。

サージタンクは結晶塗装し、インタークーラーはタイプ29としました。

今までどおりの燃料マップなのに薄くなりノックリタードも多かったので苦戦しました。

しかし、ブーストUPと変わらない回転でトルクが盛り上がり、それでいて高回転

までパワーUPしているので、とても乗り易いと思います。

TRUSTサージタンクを装着すると、皆セッティングで苦労するんですよねぇ〜(苦笑)
 

SPEC
TRUST TD-06SH 20Gタービンキット・60φブーストメーター・タイプ29インタークーラー・サージタンク・専用パイピング・マフラー
SARD 900ccインジェクター・275L燃料ポンプ・前期キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
ミッションO/H予防調整強化プラン
ブースト圧1.53→1.60Kg/cm2
799.2PS 95.9Kg

パワーチェックグラフ
−広島安芸高田発 2013ーR35でオバケオパワー発生!−


広島県I様R35は2013モデル26000キロ走行で、キャタとマフラーは装着されておりました。

しかし、ENGチェックが点灯し、学習もヒドイ事になっておりました。

メインとミッションのコンピューターチューンをいたしましたが、凄い

パワーが出ました。

インジェクター開弁率は6000rpmから100%を超えておりました。

ちょっとブースト圧を下げなきゃいけない位です。

トラックバックというモデルなのですが、「当たり」でしたね。

ミッションCPUプログラムは完全ローンチコントロール対応としました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー・マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
ブースト圧1.44→1.06Kg/cm2
649.5PS 86.7Kg

パワーチェックグラフ
−愛知蒲郡発 キャタ交換で大幅パワーUP、しかしミッションが・・・−


愛知県O様R35は2008モデル26000キロ程の走行で、当社でメイン、ミッションの

コンピューターチューンを行ってあります。

今回、キャタライザーを取付けしてメインCPUのバージョンUPを行いました。

一発目から好結果でしたが、少し滑っているようなので再度トライした所、

クラッチ温度上昇インフォメーションが出て吹けなくなりました。

O様に聞いたら、まだ1度もミッションオイルを交換してないとの事なので

翌週、MTソレノイドバルブ清掃プランを行う事になりました。

パワー的には640PS近く出そうな感じでした!
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2012モデル改 ローンチ有り
ブースト圧1.43→0.96Kg/cm2
628.4PS 87.9Kg

パワーチェックグラフ
−東京小平発 さっそくステップUPで好結果R35−


東京都K様R35は2008モデルで51000キロ程走りこんでおられます。

先日のR'sミーティングでフルノーマル時、メイン、ミッションのコンピュタチューンを行いました。

今回さっそく、MTソレノイドバルブ清掃プランとキャタライザー交換して下さいました。

ソレノイドバルブにキズのような物は付いてましたが、段はないのでOKでした。

カスも少なく、シャフトの削れも無かったです。

パワーは充分出ました。

この車もノッキングの出やすい車でした。

やっぱり走行距離とか乗り方で、ボディーに振動が出てノッキングと勘違いして拾っちゃう

のかなぁ〜!?(実際ノックは出ていませんのでご安心下さい。)
 

SPEC
TRUST キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.40→0.95Kg/cm2
630.5PS 88.4Kg

パワーチェックグラフ
−いわき発 フライホイールハウジング交換+CPUチューンR35−


福島県N様R35は62000キロ以上走りこんでおられ、他社のメインCPU、ミッション

CPU、ブーストコントローラーが装着されておりました。

ブーストコントローラーを取り外し、メイン、ミッションのデータを書き替え

ガタの大きかったフライホイールハウジングを交換しました。

クラッチ学習時のミッション油圧は正常でした。

パワーもトククもバッチリ出ましたが、ちょっとノッキングの出やすい車でした。

走行距離が増えてくるとノックが出るんですねぇ(本物のノッキングかは微妙です)

排気系チューンを行い、抜けを良くしてやるのが良いと思われます。

遠い所を有難うございました。

タイヤのエア圧調整(これが結構狂ってる事が多い)アクセル学習、スロットル

学習、吸入空気量学習、全てやっておきました。
 

SPEC
K&N フィルター
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
クラッチ調整
ブースト圧1.40→0.93Kg/cm2
607.7PS 85.6Kg

パワーチェックグラフ
−川崎発 ブレーキ+キャタ+マフラー+CPUバージョンUP R35−


神奈川県H様R35は、昨年フルノーマル時に当社でローンチコントロール対応の

コンピューターチューンをして下さいました。

今回、RH9ブレーキローター、ENDLESSブレーキパッドそしてTRUSTのキャタ、RH9

マフラーを装着して、リセッティングいたしました。

通常この場合のCPUバージョンUPは、

 メインCPU  →\10,000円

 ミッションCPU→\15,000円(元々ローンチ対応データが入力されている場合)

が必要なのですが、当社でステップUPして下さる方にはサービスで行っております。

ちなみに2008モデル過去最高性能になりました。

たった、これだけのパーツ点数で、物凄いパワーとトルクに変身しました。

1つ1つのパーツが超優秀な証でしょう!
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
RH9 ブレーキローター
エンドレス MX72ブレーキパット
ブースト圧1.45→0.98Kg/cm2
642.0PS 87.2Kg

パワーチェックグラフ
−松本発 ノックセンサー敏感すぎて後ちょっとのR35−


長野県N様R35は、以前、車検、ソレノイド清掃、CPUチューンをさせて頂きましたが

今回はキャタライザー、マフラーを交換してCPUリセッティングいたしました。

この車はどうも、ノッキングは出ていないのにノッキングとしてノックリタード

してしまう傾向がありました。

R35は、ノッキングを感知するゾーン指定。全体的なノッキングのレベル。

各気筒別のノッキング許容値マップがあり、それを変更すればパッと馬力は上がる

のですが、当社では一切行っておりません(壁田R35 4,3Lのみ変更)

あとちょっとが出ていない車は、結構これが多いのです。

このあたりの話はN様にお伝えしておきました。

トラブっている訳では無く、安心安全な証しでもあります。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2012モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.43→0.92Kg/cm2
625.5PS 88.8Kg

パワーチェックグラフ
−大垣発 フルノーマルR35をコンピューターチューン−


岐阜県S様R35は2008モデルフルノーマルで27000キロ程走行です。

今回、メイン、ミッションのコンピューターチューンを行いました。

クラッチ調整をした時の油圧が6,8キロとちょっとだけ低かったです。

MTオイルの交換時期か、MTソレノイドバルブ清掃プランを行うと良いと思いました。

パワー的に何の問題も有りません。完璧です!
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
クラッチ調整
ブースト圧1.39→0.92Kg/cm2
592.6PS 83.0Kg

パワーチェックグラフ
−大阪高槻発 一気に超ステップUPフルエアロR35−


大阪府N様R35は、以前 コンピューターチューン、BBSアルミ+ダンロップタイヤ

MTソレノイドバルブ清掃、RH9ステアリングetcのチューニングを行って下さった

のですが、今回、当社フルエアロ一式や排気系、コンピューターバージョンUP

LEDコーションランプ、エンドレスモノブロック ブレーキetcを一気に行って下さいました。

凄く、格好良くなりました。

パワーもトルクもバッチリです。

Ver7のコンピューターデータは最高レベルに達した!と自負しております。
 

SPEC
SARD 後期キャタライザー静音タイプ
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.41→0.98Kg/cm2
630.1PS 85.9Kg

パワーチェックグラフ
−京都発 フルノーマルR35にローンチコントロール付CPUチューン−


京都府O様R35は2008モデルフルノーマルで、今回、メインとミッションのコンピューター

チューンを行いました。

CPUデータはVer7に進化し、ローンチコントロールは、今迄のようにドカーンとスタート

するのではなく、ムニューッとスムーズにスタード出来るようになりました。

先日の仙台ハイランドで4台のR35を徹底テスト出来たからです。

まるで、負荷がかからないようなスタートですので、壊れる事は無いと思われます。

とても楽しいアイテムですので、是非 活用して下さい。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
クラッチ調整
ブースト圧1.37→0.93Kg/cm2
596.0PS 82.9Kg

パワーチェックグラフ
−神戸発〜購入後即MTソレノイド+CPUチューンR35−


兵庫県M様R35は1週間前に購入されたばかりで、すぐさまマフラー、CPU、ソレノ

イドバルブ清掃プランを行って下さいました。

ソレノイドのカスは多めで、少しキズもありましたが、問題の無いレベルでした。

インジェクター開弁は98%あるのですが、キャタの抜けが悪く、立ち上がりはいい

けど、上で抜けない感じでした(充分に速いですが・・・)

先日、仙台ハイランドで煮詰めたローンチコントロールの威力は凄いですよ!
 

SPEC
RH9 チタンマフラー
某社 キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver7
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.45→0.95Kg/cm2
606.2PS 83.8Kg

パワーチェックグラフ
R35 GTR情報 VOL20
現在ページはVOL20です。
VOL1 VOL2 VOL3 VOL4 VOL5 VOL6 VOL7 VOL8 VOL9 VOL10
VOL11 VOL12 VOL13 VOL14 VOL15 VOL16 VOL17 VOL18 VOL19 VOL20
VOL21 VOL22 VOL23 VOL24 VOL25