R35 GTR情報 VOL29
現在ページはVOL29です。2018年9月〜
VOL1 VOL2 VOL3 VOL4 VOL5 VOL6 VOL7 VOL8 VOL9 VOL10
VOL11 VOL12 VOL13 VOL14 VOL15 VOL16 VOL17 VOL18 VOL19 VOL20
VOL21 VOL22 VOL23 VOL24

VOL25

VOL26 VOL27 VOL28 VOL29
-徳島・板野発 第一触媒純正で第二以降はフル排気R35チューン-


徳島県T様R35は第一触媒が純正で、第二以降がパワークラフト製フルマフラーを装着されていました。

今回、ブレーキローター・パッドの交換と、DCTオイルクーラーを装着させて頂きました。

更に、メイン・ミッションCPUも行いました。

セッティングでは、今迄相当回していなかったのでしょうか、第一触媒で相当詰まっていました。

エンジン負荷値が通常値とは程遠く、ブースト圧も上がりにくかったです。

第一触媒がストレート形状の、TRUSTキャタライザーに交換するのが一番の改善策だと思いました。

(オーナーズボイス)

第一触媒が抜けていないと聞いていたので、少々不安でしたが、

いざ乗ってみると低速からの吹け上りも良く、アクセルが軽く感じられる程でした。

全体的にパワーアップしていて、ミッションデータの変更の恩恵も感じられ、凄く乗り易くなりました。

すぐに次のステップアップを予約しました。楽しみです!

 

SPEC

パワークラフト ストレートセンターパイプ バルブ付90Φマフラー
オリジナル メインCPUプログラム2010改ver13-6
ミッションCPUプログラム2013改verN-3
TRUST DCTオイルクーラー
RH9 ブレーキローター
エンドレス MX72ブレーキパッド

ブースト圧 1.34 → 0.96kg/㎠  時

608.06PS 85.07kgm

パワーチェックグラフ

 
-大阪発 車屋さんからの依頼でR35チューン-


大阪府Nオート様からのご依頼で2008モデル2800キロ走行フルノーマル車のチューニングをさせて頂きました。

キャタライザー+マフラー交換+ソレノイドバルブ清掃プランとメイン・ミッションCPUチューンを一気に行いました。

ソレノイドバルブは対策キャップが付いておらず、シャフトが少し削れていましたが問題ない状態でした。

セッティングに関しては、すんなりパワー・トルクアップが決まりました。

汚れていたエアフィルターも交換して、これで万全になりました。

(オーナーズボイス)

Nオート社長様によりますと…

全域においてパワーアップして驚いています。

フェニックスパワーにお願いいて、お客様も私も良かったとすごく喜んでいます。

また次のステップアップの際には宜しくお願いします。

 

SPEC

TRUST キャタライザー
RH9 90Φチタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム2013改ver13.6
ミッションCPUプログラム2013改verN.3
ソレノイドバルブ清掃プラン

ブースト圧 1.50 → 0.87kg/㎠  時

628.82PS 95.92kgm

パワーチェックグラフ

 
-愛知・名古屋発 DCTクーラー+キャタライザー+CPUチューンR35-


愛知県O様R35は2008モデル2900キロ走行でマフラーのみ交換されていました。

今回、DCTオイルクーラーとキャタライザーを取付してのセッティングをさせて頂きました。

ソレノイドバルブ清掃プランとミッションデータは既に他店で行っておられるようでした。

一応心配だったので、アクセル・スロットル学習やクラッチ学習も行って完璧を目指しました。

マフラーは音が静かな80Φのモノだったので抜けが悪く今一つでした。

頑張ってパワーもトルクもしっかり出せるようにセッティングしました。

(オーナーズボイス)

(物静かな方で、多くは語って頂けなかったのですが)

”立ち上がりのトルクが凄く、別物になりました!”と喜ばれておりました。

 

SPEC

TRUST キャタライザー
KurlRacimg 80Φマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010改ver13-6
他SHOP ミッションデータ

ブースト圧 1.48 → 0.87kg/㎠  時

624.61PS 97.98kgm

パワーチェックグラフ

 
-広島・呉発 MT強化プラン+CPUチューンR35-


広島県A様R35は2008モデルフルノーマルで、ミッションの不具合が発生したとの事で、

引き取りに伺いました。

GR6ミッション予防調整強化プランを行い、クラッチ圧センサーA/Bも交換致しました。

またCPUチューンも購入して頂いたので、ダイナパックでセッティングしていきましたが、

何故か左右のサクションパイプホースバンドが緩々になっていました。

エンジンまでトラブるところで危ないところでした。発見できて良かったです!

(オーナーズボイス)

一般道のギクシャク感は無くなり、新車みたいな別物になった感じです。

高速道路に上がり、なんだこの安心感は…!と驚きました。

もっと早くにフェニックスパワーに出しておけばよかった…と後悔しました。

思い起こせば、R35を購入する際にミッションが弱いと知り決めかねていた頃、

フェニックスパワーのHPにたどり着き色々情報を知って買う決断が出来ました。

 

SPEC

オリジナル メインCPUプログラム2010改ver13-6
ミッションCPUプログラム2013改verN-3
GR6ミッションO/H予防調整強化プラン一式

ブースト圧 1.46 → 0.95kg/㎠  時

611.94PS 88.19kgm

パワーチェックグラフ

 
-愛知・新城発 若きR35オーナー、2週連続でチューニング-


愛知県O様R35は2008モデルフルノーマル、30000キロ走行です。

O様は某大手メーカー勤務の若きR35乗りです。

まず、RH9マフラーに交換してのCPUチューンを行いました。

セッティングし始めてすぐに、”これは今まで全然回していないエンジンやなぁ〜”と感じるくらい重かったです。

気温が高いのも有りましたが、590PS弱しか出ずもう一つな結果でした。

O様には第一触媒が詰まっているのでキャタライザー交換が効果的ですよ…とお勧めいたしました。

(オーナーズボイス)

アクセル踏んですぐに違いが分かりました。

純正触媒が抜けてなく、パワーが出ていないと言われショックでしたが、いざ乗ってみて強烈なパワーと

トルクに驚きました。

 

SPEC

RH9 90Φチタンマフラー
オリジナル アプリケーションCPU2010改ver12-10
ミッションCPU2013改verN-3

ブースト圧 1.36 → 0.86kg/㎠  時

587.93PS 85.27kgm

パワーチェックグラフ

 


その1週間後、キャタライザー交換と、リセッティングを行いました。

ブレーキローターも減っていたので、ローターとパッドの交換、フルード・エア抜きも行いました。

今度は思い通りのパワー・トルクにセッティングすることが出来ましたよ!

(オーナーズボイス)

正直、キャタライザー交換でこれだけの効果があるとは思いませんでした。

全域でパワーUPが体感で来て、正にステップUPした…って感じです!

 

追加SPEC

TRUST キャタライザー
RH9 フロント390Φブレーキローター
エンドレス MX72ブレーキパッド

ブースト圧 1.45 → 0.87kg/㎠  時

631.90PS 95.57kgm

パワーチェックグラフ

 
R35 GTR情報 VOL29
現在ページはVOL29です。
VOL1 VOL2 VOL3 VOL4 VOL5 VOL6 VOL7 VOL8 VOL9 VOL10
VOL11 VOL12 VOL13 VOL14 VOL15 VOL16 VOL17 VOL18 VOL19 VOL20
VOL21 VOL22 VOL23 VOL24 VOL25 VOL26 VOL27 VOL28 VOL29