R35 GTR情報 VOL2
現在ページはVOL2です。

VOL1 VOL2 VOL3 VOL4 VOL5 VOL6 VOL7 VOL8 VOL9 VOL10
VOL11 VOL12 VOL13 VOL14 VOL15 VOL16 VOL17 VOL18 VOL19 VOL20
VOL21 VOL22 VOL23 VOL24 VOL25
R35 GTR
 
トップライン社製アラゴスタ車高調KITの別タンク式3WAYタイプの調整方法です。
 
 
我々が減衰力を合わせていく時はまず、タイヤのエアー圧を均一化してから、4輪それぞれの車高をピッタリと合わせます。この時は、第一前提として車検対応の最低地上高をクリアーする事です。
次に、縮みのハイスピード、ロースピード、そして伸び側全てを柔らかい状態にしてから走りながら、少しずつ固くしていきます。
工業地帯のデコボコ路面をそれなりに走れるようにしてから、特に高速道路etcでのギャップを飛び越した時の挙動を参考にして、縮みハイスピードと伸びを合わせ込みます。
これは、最高速を得意とする当店ならではの味付けを行います。
次にサーキットetcのコーナーでの走行を調整する時は、縮みのロースピードを最強にしてから始めます。次に、登りコーナーと下りコーナーでのアンダー、オーバーを見極めて、フロント、リアの車高を5mm単位で上げ下げして決めていく訳です。
この様に3WAY車高調は、バランスを取る事が結構難しいので、よお〜く判ったSHOPで取付及びアライメントを行わなければいけません。短絡的に"安い店"を選んでしまうと、付けただけで終わってしまい、未調整(全てがだいたいまん中位)で渡されますので御注意下さい。
せっかく高価な商品を購入した以上は、BESTの調整を行いましょう。
 
 
R35 GTR
 
R35GTRの車高調テストを行っております。
合言葉は、"純正よりも乗り心地が良く、それでいてサーキットを走っても好タイムを出せる足!!"
トップライン社スタッフ2名と当社スタッフ4名で、色々な組み合わせをテストしております。
基本的には別タンク式3WAYタイプで、縮み側(バンプ)は完全独立制御で、ハイスピード調整とロースピード調整がそれぞれ12段、11段出来ます。
又、伸び側(リバウンド)は、20段調整が出来、LANA製直巻スプリングのレートを何通りも試しております。
でこぼこストリート走行テスト・ハイウェイギャップ走行テスト・サーキット走行テスト(セントラル、仙台)を繰り返して素晴しいKITに仕上げます。御期待下さい。
 
 
R35 GTR
 
京都府T様は、タイヤの目が減ってきたので新タイヤへの交換を考え出した所、インターネットオークションで、新品に近いタイヤとブラックエディション用アルミホイールのSETを発見!!思わず購入して装着した所、エアセンサーバルブのチェックランプが点灯!!日産に行ってもチェックランプが消せなかったので、うちにいらしたのでした。調べてみると、北米仕様のタイヤホイールでした。
しっかり消去して、更にトランスMTCPUもRH9プログラムを購入下さったので、スペックV改を入力してお渡ししました。タイヤ交換も慎重に!!
 
 
R35 GTR
 
R35GTRのブレーキ系テストを開始しました。
まずは、エンドレス製のNEWブランドW-003!!
初期製動が欲しい方、ここ一発のタイムが欲しい方、向きの新パットです。これが、純正のブレーキローターに対してどれ位の攻撃性があるのか??をテストする予定です。
 
エンドレスW-003 R35GTR専用
フロント 45,000円(税別) (RCP117W003)
リア 34,000円(税別) (RCP118W003)

もうすぐRH9から、純正ローターよりも"安くて高性能"を合言葉に製作されているブレーキローターのテストも始まります。御期待下さい。
 
 
R35 GTR
 
フェニックスパワーでは、R35GTRの純正ダンロップ、ブリジストンタイヤを海外からエアー便で輸入販売する事になりました。通常国内では、割引が無いため、

(例、ダンロップの場合)
フロント 255/40-20 定価   88,000円
リア 285/35-20 定価 107,000円
4本1SET 390,000円
脱着工賃 40,000円

合計430,000円 税込合計451,500円

となりますが

4本1SET 273,000円〜312,000円
脱着工賃 40,000円
313,000円〜352,000円
税込合計328,650円〜369,600円
となります。価格に変動があるのは、その時の為替によ
ります。国内だととても高く、海外から仕入れすると安い
!!というのは一体どおなっとるんでしょうか?!(苦笑)
日本人はナメられているのでしょうかねぇ??
 
R35 GTR
 
和歌山県O様のR35GTRです。
メインCPUをRH9プログラムに、ミッションCPUをRH9MTプログラム、スペックV改に入力いたしました。試乗後、
"速くなった"とニンマリされていました。次回はタイヤ交換をお考えのようでした。お待ちいたしております。
 
R35 GTR
 
先日お伝えしたナビゲーションのバージョンUPの件ですが、どうも、ナビのバージョンUPとミッションCPUのバージョンUPを日産が同時に行ってしまうようなのです。
従って、ナビによるスピードリミッターでは無かったのでご安心下さい。ナビのバージョンUPの際は充分注意して下さい。
 
タイプ1 タイプ2
 
さてTRUSTからサクションKITが新発売されました。
通常クリーナー位置にSETされるのがタイプTで、グリル内部に位置するのがタイプUです。
今から同時テストも敢行いたしますので御期待下さい。

  サクションKIT TYPE-1   100,800円(税込)
            TYPE-2   120,750円(税込)
 
R35 GTR
 
R35GTRも発売からもうすぐ丸2年を迎えようとしています。新しい道路も増えてきたので、純正のナビゲーションのバージョンUPを行いたい所です。
ところが、このナビゲーションVerUPを行うと、更に別のスピードリミッターが入るようなのです。トランスミッションの問題が解決したら今度はナビですか??…(苦笑)
皆様、充分御注意下さい。又も下らない費用が掛かってしまうので…。
 
 
R35 GTR
 
大阪府N様R35GTRです。MTコンピューターをRH9のスペックV改データに入力いたしました。
作業中は興味津々で、仲辻メカから解説を受けながら見学されておりました。
「あ〜やっぱ全然違いますワ〜、メチャクイックになって楽しいです」と喜ばれておりました。
2007/12〜2008/8迄のGTRに乗ってる方は、特に後期モデルのMT-CPUデータに興味を持っておられます。
USA仕様改とスペックV仕様改、アナタはどちらにしますか?!価格は63,000円(税込)で違いがしっかり体感出来ますよ。
 
R35 GTR
神奈川県Y様R35-GTRです。
RH9プログラム+RH9MTプログラムお買い上げ頂きました。MTはスペックV改を入力しました。又ピレリーP-ZEROタイヤも4本お買い上げ頂きました。

最近35GTRのピレリータイヤ購入が増えています。皆様「クッションが優しくなった」「音が静かになった」「雨の日も怖くなくなった」etcお誉めの言葉をもらいます。
値段も安く、凄く長持ちしますので是非お考え下さい!!

シフトダウンもシフトUPもクイックになったしアクセルレスポンスも良くなったし”いいですよ〜。”とお誉めの言葉を頂きました。
 
R35 GTR
 
R35GTRのミッションコンピューターチューンが流行しつつあります。マイナー前のデータには、スピードリミッターは入っておらず、マイナー後データにはスピードリミッターが入っているのです。
日産から直接各ユーザーに電話が入り、「2009年モデルのデータを入力しますよ」と誘われる場合もあり、入力してもらうとスピードリミッターが190km/h程で別に入ってしまいます。
我々が行っているミッションコンピューターチューンは2通りありまして、

☆2009年USA仕様改       60,000円(税別)
☆2009年スペックV仕様改    60,000円(税別)


当社ワークスカーはUSA改を入力し、デモカー並に仕上げているお客様の車にはスペックV改を入力し共に実走テストを行っております。
シフトダウン時のショックが減り、それでいて強くエンジンブレーキが掛かる感じに仕上がっており、グッドフィーリングです。興味のある方はお問い合わせ下さい。
 
R35 GTR
 
ここ最近の車に関しまして、エアクリーナーの交換は、エアフロメーターが正確に空気流量を測定出来なくなるのでお止め下さい!!と何度もお伝えしてきました。
しかし今回我々が使用するCPU編集ソフトには、クリーナーやサクションパイプを変更した際に、しっかりと補正するマップがいくつか存在いたしました。
このポイントを集中テストしてバッチリ合わせ込む事に成功しました。これで従来通りのパワーとトルクが得られ、それがより低回転寄りで発生するように向上しました。吸気音も良くなりました。クリーナーを装着して、パワーダウンしてしまったユーザー様にお勧めのデータです。
 
SPEC
(トップシークレット) サクション、クリーナーKIT、マフラー
(BLITZ) SBC-iD、ブローオフバルブ
(SARD) キャタライザー
(オリジナル) RH9プログラムコンピューターデータ改

ブースト圧 1.35→0.90kg/p時
615.9ps 93.5kgm
パワーチェックグラフ画像

 
R35 GTR
 
奈良県F様のR35-GTRにBBS-LM20インチ+ピレリーP-ZEROのSETを組み込みました。やっぱりガンメタボディにDBK-Pカラーはメチャ合いますネェ。格好良いです。
うちのお客様方の多くは、純正タイヤを購入するのではなく、ピレリータイヤをチョイスする方が増えています。皆様おっしゃるのは「サーキット走る訳じゃないので、これで充分!!てか、音は静かだし、雨の日に強いし、それなりにグリップするし、何よりこの価格は嬉しいよネ。」
 
ちなみに、P-ZERO4本お買い上げの場合は、
255/40-20インチ 70,000円×2本=140,000円
285/35-20インチ 84,000円×2本=168,000円
純正アルミから純正タイヤをはずして、P-ZEROに組み替える工賃
10,000円×4本=40,000円
合計348,000円の所 
→271,000円(税別)
 

R35GTR用
  BBS-LM    DSK-P   G-P
            (シルバー)  (ゴールド)

(F)9.5J+40

161,000円×2=322,000円

(R)10.5J+20

167,000円×2=334,000円

P-ZEROタイヤとSETすると
新品空気圧センサー4ヶ使用して  6,920円×4ヶ=27,680円
合計1,031,680円の所 
→790,680円(税別)
                
830,214円(税込)

※地方発送いたしますのでお問合せ下さい。 
送料は4本で4,000円でお引き受けいたします。
R35GTR、タイヤホイール組込実績全国トップ
レベルの当社にお任せ下さい。
 

 
2009年8月25日 IN京都
 
CLUB-RH9の大型プロジェクト、"R35GTR用コンピューターデータ 全店同一データを全店一斉発売”のための技術講習会が、グランビィア京都ホテル、フェニックスパワー京都店で行なわれました。
〜PM14:00までは、CPU編集ソフトの使い方、及びデータ作成
〜PM20:00までは、データ入力後のパワーチェック及び、走行フィーリングチェック、トランスMTコンピューターの改造作業、データ入力等の実技が行なわれました。
 
グランビィア京都ホテルでの講習会 フェニックスパワー京都での実技会
 
このプロジェクトの目的は
日本中のR35ユーザーに、お近くのRH9加盟店でのデータ入れ替えを即日可能とし、1人でも多くの方々に正しいコンピューターを提供し、楽しいチューニングライフを送って頂くためです。

考え方として
まずは、完全フルノーマル車にピッタリとマッチするデータを創り上げ、そこから徐々にステップUP(クリーナー、サクションチューン、インジェクター、ポンプチューン、タービン交換チューン、エンジンチューン)を繰り返し、その都度適正データを発表していく事となっております。RH9の顔ぶれを見ればお判りでしょうが、この面子でしたら、いきなりのタービン交換やエンジンチューンなんか簡単な事なのです。それよりもあえて差の出にくい、フルノーマル車での性能UPをまずは目指した訳です。

価格は
2008年8月までの前期型に関しましては、
(商品名) RH9-プログラム 168,000円
データ入力費 10,000円

合計

178,000円(税別)

それ以降の後期型、もしくはスペックVに関しましては、
トランスミッションCPUのチューニングも必要になってくるので
(商品名) RH9-プログラム 168,000円
  データ入力費 10,000円
(商品名) RH9-MTプログラム(データ入力含む) 60,000円
 

合計

238,000円(税別)

尚、前期型であっても、日産ディーラーで後期型用ミッションデータを入力されてしまった場合は、RH9-MTプログラム(60,000円)も必要となりますので御注意下さい。
RH9-プログラムデータ作成 RH9-MTプログラムデータ作成及び本体改造
 

検証1.車工房ディサイド所有のフルノーマルGTRのパワーチェック
512.9ps 68.6kgm
パワーチェックグラフ画像
※この車はとても優秀な結果でした。

検証2.RH9-プログラムを入力して再度パワーチェック
             550.4ps 71.9kgm
           
パワーチェックグラフ画像
         
なんと37.5psのパワーUP
      3.3kgmのトルクUPを果たしました。
検証3.パワーグラフのみの比較です。
                比較グラフ画像
検証4.トルクグラフのみの比較です。
                比較グラフ画像
        (赤色がフルノーマル・緑色がRH9-プログラム)
 


以上のように全域で向上している事がお判りでしょう。
フィーリングチェックを行って下さった稲田大二郎氏も、
「アクセルレスポンスがリニアになったし、立ち上がりが
全然違うネ!!これならすぐにマフラー変えたくなっちゃうよな」
又、車工房ディサイド小笠原代表も
「もう全然違います。エンジンが変わったみたいに軽くなりました」


検証5.その後、
(BLITZ)SBC-iD、マフラー (SARD)キャタライザーが装着されたフェニックスパワーのGTRに同一データを入力してパワーチェック
         
なんと 613.8ps 96.1kgm
            パワーチェックグラフ画像
というオバケパワー&トルクを発生。見事、排気系がチューニングされてもRH9-プログラムのままで、ここまで結果が付いて来る事を証明。
正に、世界最強のデータと言えるでしょう!!
もちろん、オートクルーズも140km/hに設定されており使い道も広がりました。
 
R35GTR
 
京都府T様R35GTRにアプリケーションCPUデータVer3を入力しました。今迄は、Ver1のみで楽しんでおられたのですが、しびれを切らしたのでしょう。パワー、トルク、レスポンス全てが向上し、素晴しい乗り味に変身しました。フルノーマルで、CPUデータのみの変更でも凄く良くなるんですネェ〜。
 

SPEC

  フルノーマル
(オリジナル) アプリケーションCPUデータVer3

546.9ps 73.2kgm
パワーチェックグラフ画像

 
R35GTR
 
奈良県F様のR35GTRも準ワークスカーのように仕上げられた車です。お客様の希望で、クリーナーとサクションパイプも変更してみました。
やはり、立ち上がりスピードは早くなっているのですが、高回転でエアフロメーターが正確に空気の量を読めなくなっているのでしょうか?!10ps程パワーが足りないようです。次回、クリーナーを変えた場合のエアフロの補正を行うマップを突き止めて、テストしてみます。
今回のテストは、ホント予想通りでした。
 
SPEC
(SARD) キャタライザー
(BLITZ) SBC-iD、ブローオフバルブ×2
(トップシークレット) マフラー、サクションクリーナーKIT
(オリジナル) アプリケーションCPUデータVer3

ブースト圧 1.35→0.90kg/p
601.3ps 91.1kgm
パワーチェックグラフ画像

 
R35GTR
 
静岡県のM様R35GTRです。どの店でチューニングするか?4店程の店で悩んだ結果、うちの店を選ばれたようです。大正解だったと思います(笑)。当社デモカーと全く同じ仕様にして、同じ性能にアップしました。35GTRの純正タービンは、610〜620ps限界なのが、ここ最近何台もチューニングしてはっきりしてきましたネ。
 
SPEC
(SARD) キャタライザー
(BLITZ) マフラー、SBC-iD
(オリジナル) アプリケーションCPUデータVer3

ブースト圧 1.35→0.85kg/p
613.2ps 92.0kgm
パワーチェックグラフ画像

 
R35GTR
 
愛知県のO様35GTRは、既に当社のVer2データが入っているのですが、オートスルーズが魅力的!!とVer3データに更新して下さいました。ついでにパワーチェックも行った所、フルノーマルながら仲々の性能を発揮しました。
ただし、CPUのプログラムでは、ブーストが1.0キロになるよう設定しているのですが、やはり排気系の抜けが悪く、瞬間0.9キロしか掛からず、最終0.75キロまでタレていました。
O様も次回は、マフラー、キャタライザー、ブーストコントローラーを装着して一気に600psオーバーを狙うとの事でした。
 
SPEC
フルノーマル

ブースト圧 0.90→0.75kg/p時
539.3ps 73.5kgm
パワーチェックグラフ画像

 
R35GTR
 
大阪府N様R-35GTRのブーストUPです。
第1触媒はノーマルです。やはりVer3データの威力は素晴しく、予想を超える結果にN様大喜びでした。アクセルレスポンスが格段に良くなってるので乗ってて楽しくなりますヨ。
 
SPEC
(5次元) 中間パイプ
(柿本) マフラー
(BLITZ) SBC-iD、ブローオフバルブ
(オリジナル) アプリケーションCPUデータVer3

ブースト圧 1.13→0.85kg/p
584.6ps 84.5kgm
パワーチェックグラフ画像

 
R35GTR
 
兵庫県S様のR35-GTRを当店と同じ様な仕様でブーストUPいたしました。この日は35°以上の猛暑でシャーシダイ室は40°を越えてましたが、見事なパワー&トルクを発生しました。又、うちのデモカーのデータよりも更に、アクセルペタル+スロットルマップや目標空燃比マップを良くしてみました。
試乗後、S様は”全てが確実に速くなっている”と感心されておりました。
 
SPEC
(SARD) キャタライザー
(アミューズ) チタンマフラー
(BLITZ) SBC-iD
(オリジナル) アプリケーションCPUデータ

まず、ブースト圧 1.19→0.92kg/p時
608.3ps 85.8kgm
パワーチェックグラフ画像

次に、ブースト圧 1.31→0.92kg/p時
613.0ps 90.5kgm
パワーチェックグラフ画像

 
R35GTR
 
NEKOコーポレーション製、コンピューター編集ソフトを導入いたしまして、ようやくVer3データが完成いたしました。オリジナルアプリケーションCPUデータの内容が決まりましたのでお知らせいたします。
 
マイナー前モデル
Ver1. スピードリミッター及び回転リミッターの引き上げ
商品価格 100,000円 データ入力費 10,000円
Ver2. 燃料マップ、点火トリミングマップ、バルブタイミングマップ
スロットルマップ+(Ver1データ)

商品価格

128,000円

データ入力費

10,000円
Ver3. 目標ブースト圧マップ、ブーストリミッターカット、TP燃料
リミッタ-カット、オ-トクル-ズ140km/h指定+(Ver2データ)
商品価格 148,000円 データ入力費 10,000円
マイナー後モデル・スペックーVモデル
Ver1. スピードリミッター及び回転リミッターの引き上げ
商品価格 158,000円 データ入力費 10,000円
Ver2. 燃料マップ、点火トリミングマップ、バルブタイミングマップ
スロットルマップ+(Ver1データ)
商品価格 186,000円 データ入力費 10,000円
Ver3. 目標ブースト圧マップ、ブーストリミッターカット、TP燃料
リミッタ-カット、オ-トクル-ズ140km/h指定+(Ver2データ)
商品価格 206,000円 データ入力費 10,000円

今迄に当社オリジナルアプリケーションCPUデータのVer1とVer2を御購入頂きましたお客様には、商品代の差額とデータ入力費のみで、バージョンUPいたします。

※このグラフは、Ver3データを入力してテストした結果です。ブースト圧は瞬間的に1.35キロまで上げて、最終0.90キロまで下がる設定です。パワー的にはタービン容量が一杯一杯まで仕事していると思われますし、ポンプ容量、インジェクター容量も足りています。しかし、このトルク92.7kgmというのは余りにも凄すぎる!!世界最強データが完成したと思っております。又、高速クルージングも140kmまでオートクルーズが可能になりました。

ブースト圧 1.35→0.90kg/p時
616.8ps 92.7kgm
パワーチェックグラフ画像

 

強化アクチュエーター不要です。
フューエルポンプの交換、不要です。
右記のメニューたったこれだけで劇的
な変化をもたらします。
作業時間は約半日!!
税込947,940円で出来る真の
GT-600Rプランです。

SPEC

(SARD) キャタライザー 320,000円
(BLITZ) ニュルC-Tiマフラー 280,000円
  SBC-iD 59,800円
(オリジナル) アプリケーションCPUデータVer3 168,000円
  一式取付工賃 95,000円
    922,800円
    (税込)968,940円
ご覧のように、ブーストコントローラーで使用しているブルーホース以外は全くのフルノーマル!!
クリーナー&サクションetc見た目も中身もフルノーマルです・・・
お客様の好みでオートクルーズ時の
車速設定を変更できます。
基本は140Km/hです。
BLITZ製 Nur C-TIマフラー
(オールステン・テール部チタン)は
福井店・京都店共に展示してます。
即日取り付けOKとなります。
R35GTR
 
BLITZ製新作R35GTR用ステンレスマフラー(テール部のみチタン)が入荷しました。
BLITZからのテスト移頼です。近日中に結果報告いたしますので、お楽しみに!!

 

BLITZ R35用マフラー 商品代 取付工賃
ステンレスタイプ 280,000円(税別) 20,000円(税別)
オールチタンタイプ 450,000円(税別) 20,000円(税別)

※チタンマフラーは受注生産なので
  オーダー後10日程掛かります。

 
R35GTR
 
リアサイドマーカーが新発売されました。
カラーは、白色と赤色の設定が有り、選べます。青色etcの特注色を御希望の場合は御問い合わせ下さい。
ちなみに写真の白色タイプは、薄紫色に見えて、とても格好良いですヨ。
 
商品定価 30,000円(税別)
取付工賃 30,000円(税別)
 
R35GTR
 
SARDキャタライザー装着テストを行いました。
常連様は元より、初めてのお客様からも数多くの問い合わせを頂いており、注目度の高さを感じました。
うちのワークスカーの現仕様は…
 
SPEC
マフラー (BLITZ) 試作チタンマフラー
キャタライザー (SARD) スーパーキャタライザー
ブーストコントローラー (BLITZ) SBC-iD
CPU (オリジナル) アプリケーションCPUデータVer2

のみでして、マフラーが既に付いている事を前提に計算しますと…
    商品代 取付工賃
(オリジナル) アプリケーションCPUデータVer2 128,000 10,000
(SARD) キャタライザー 320,000 30,000
(BLITZ) SBC-iD 59,800 35,000
    合計 582,800円
    税込合計 611,940円

ブースト圧 1.11→0.88kg/p
607.4ps 84.2kgm
パワーチェックグラフ画像

 
−総評−
吸気側がフルノーマルであっても、CPUのデータがしっかり造り込まれていれば、こんな低いブースト圧でも簡単に600psが出てしまいます。強化アクチュエーターetc全く不要である事を立証しました。
R35のCPUフル解折も出来ましたので、次回は、マップの格子組み換え、及びフューエルカットを防止させて、ブースト圧1.4kg/p位を予定しております。

 
ノーマル触媒の時は550psだったので、一気に50ps以上パワーUPいたしました。下からビンビンでサウンドもようやくチューニングカーぽくなりました。
この仕様メチャお勧めです!!

 

 
R35GTR
 
当社ワークスカーにSARDキャタライザーを装着しました。音が素晴しい!!たまたま居合わせた35Rのお客様も「この音を皆が欲しがってるんや!!」と絶賛。
ゲロゲロでもなく、ボオーッでもなくファーンファーンと吹け上がるサウンドは、正にフェラーリっぽく、素適でした。興味のある方は、京都店にお越し下さい。
実際に聴いて下さると、シビれますヨ。

 

R35GTR SARDキャタライザー情報

 
ようやく、当店が待ち望んでいた、 35GTR用キャタライザーが新発売、入荷しました。
第一触媒左右が無く、、第二触媒左右のみとなったSARD製キャタライザーです。
(勿論、車検も通ります。)

価格はフルセットで、336,000円(税込)。
単品売りだと、フロントパイプ左右が123,900円(税込)。
第二触媒部が220,500円(税込)となります。

後日、当社ワークスカーに装着テストを行い、結果報告致します。
R35
 
滋賀県S様35GTRのブーストUP仕様です。
外車を何台もお持ちの方です。
まずは、基本的なブーストUPで、ここまで性能UPしました。次回は第1キャタライザーやエアロパーツ装着をお考えのようです。

 

SPEC
(アミューズ) チタンマフラー、チタンスポーツキャタライザーSTTi
(BLITZ) SBC-iD
(オリジナル) アプリケーションCPU

ブースト圧 1.11→0.85kg/p時
559.8ps 79.5kgm
パワーチェックグラフ画像

R35
 
奈良県のF様R35-GTRをブーストUPいたしました。
近い将来、フルスペックのブーストUP仕様にするため第一段階のチューニングを行いました。
中間トルクが強烈で、まだ少し滑っている状態ですが、80kgmのトルクを発生しました。

 

SPEC
(トップシークレット) スーパーインダクションKIT、インタークーラーパイピングKIT、チタンマフラー
(BLITZ) SBC-iD、ブローオフバルブ×2
(オリジナル) アプリケーションCPUデータ Ver2

ブースト圧 1.11→0.85kg/p時
557.6ps 80.0kgm
パワーチェックグラフ画像

 
良くお客様から、ブーストコントローラーを取付した方が良いのかどうかを聞かれます。メインCPUのデータでブースト圧を上げる事は出来ますが、しょせん純正のソレノイドバルブなので知れてます。
後付けブーストコントローラーは、ブーストの立ち上がりも速く、安定度もとても高いので出来るだけブーストコントローラーの取付をお勧めいたします。

エアロパーツ取付け工賃 
トップシークレット製エアロの場合(税込)

 
    工賃
フロントディフューザー 210,000円 21,000円
サイドディフューザー 168,000円 31,500円
リアアンダーサイドディフューザー 63,000円 15,750円
フロントリップ下面チタンパネル 21,000円 5,250円


※フルSETでの購入の場合、少々割引が有ります。
フロントディフューザーは、アンダーパネルと
一体化しており、非常に精度の高い商品でした。

VOL1 VOL2 VOL3 VOL4 VOL5 VOL6 VOL7 VOL8 VOL9 VOL10
VOL11 VOL12 VOL13 VOL14 VOL15 VOL16 VOL17 VOL18 VOL19 VOL20
VOL21 VOL22 VOL23 VOL24 VOL25