R35 GTR情報 VOL9
現在ページはVOL9です。
VOL1 VOL2 VOL3 VOL4 VOL5 VOL6 VOL7 VOL8 VOL9 VOL10
VOL11 VOL12 VOL13 VOL14 VOL15 VOL16 VOL17 VOL18 VOL19 VOL20
VOL21 VOL22 VOL23 VOL24 VOL25
各ページに情報が満載しています・・・
R35GTRの弱点が発生した!


兵庫県のH様のR35は、色々なサーキットで楽しんでおられるのですが、先日岡山国際サーキットでついにブレーキローターが悲鳴をあげました。

写真のようにクラックが入りまくっています。

RH9の大径400mmローターを前後装着しましたが、このローターは強力に効くだけでなく、副産効果として

5mmホイールタイヤがフェンダー外側に出るようになります。

もう少し、外に出したいなぁ〜と思っている方は丁度良いですね。

次に、MTソレノイドバルブ洗浄を行ったところ、1・2速用のバルブに引っ掛かりがありました。

そこで分解したところ、クラッチディスクのカスが噛み込んでいたのです。

写真のようにバルブに傷が入っていました・・・(メス側も傷が入っています。)

早期発見だから大事には至りませんでしたが、これを放っておいたら確実にMTブローしていたでしょう。

やはり定期的にソレノイドバルブの洗浄は行った方が良いと確信出来ました。

1万キロ走行についてMTオイルの交換
2万キロ走行についてMTソレノイドバルブの洗浄

これがBESTではないでしょうか!
 

BLITZの車高調キットは良いのか?


大阪府のN様のR35にBLITZの新車高調「ダンパーZZR」を装着致しました。

当初はアラゴスタ3WAYを入れる予定でしたが、当社のエアロパーツも入れる事でこのダンパーを入れる事になりました。

N様も鈴鹿サーキット走行会を控えているので「駄目なら次に考えましょう!」と言う事でした。

しかし、相当に良かったです。

これで3年位もつような耐久性があれば、超合格商品だと思います。

BLITZ R35用ダンパーZZR  \168000→\142800 取り付け一式\60000 アライメント\50000

合計\265440(税込)でお買い求めが可能です。
 

R35-GTR鈴鹿サーキットのタイムアタックの結果


京都府のJ様のR35サーキット仕様車で鈴鹿サーキットのタイムアタックを行いました。

OPT誌が12月末に発売するR35-GTR専用本での取材で、ドライバーは山田英二氏!

しかし、一般走行枠での僅かな時間を使ったのでたった1周のタイムアタックでした・・・どんなタイムが出るか!

タイヤも使いまくっているブリヂストンタイヤ・・・タイムは2分18秒3.

車検対応でこのタイムなら上出来でしょう。

山田英二氏曰く、

「リアのGTウィングが効いている割にはフロントのダウンホースが足りないので、アンダーです。
これを煮詰めれば、まだまだコーナーで踏んでいけるので、タイムが縮まりますよ・・・」

ダンロップのNEWタイヤにしてフロントのアンダーを対策すれば、更にタイムが縮まるような感じです。

それにしてもプロドライバーと言うのは凄いタイムを出すんですね!
 

R35-GTRの純正コンロッドは曲がっていたか?


奈良県のF様のR35-GTRをJUNの4.0L化にするに伴い、エンジン内部をばらしてみました。

最高速度が300キロオーバーを何度も叩き出している車でしたが、純正コンロッドが問題ありそうな感じはありませんでした。

シクネスゲージを当ててみると1本だけ100分の1近くの数字が出ましたが、正確な検査に出して見ないと

わからない程度で、誤差だと感じられます。

しっかりとセッティングが取れている車両であれば。770馬力クラスのパワーでも問題が無いと言う事です。

ちなみにピストントップの燃焼状態も非常に良かったです。
 

R35-GTR純正ブリヂストンタイヤ R2が入荷!
 


BSのR35-GTR純正タイヤR-2が入荷して来ました。

左の写真がフロント255-40-20で右写真が285-35-20です。

共に、左が従来のR1タイプで、右がR2タイプです・・・どのような性能差があるかは未走行なので判りませんが

まず1発目は岐阜県のH様のR35-GTRに装着です・・・H様走行フィーリング等御知らせ頂けると有りがたいです
 

R35GTRブーストアップ・・・ノーマルマフラーで好結果!


兵庫県のK様のR35-GTRはNISMOのレンタルコンピューターなる物で走っておられましたが、解約してチューニングを一気に開始されました。

まず、ダンロップの新タイヤに交換して、MTソレノイドバルブ清掃プラン・・・4万キロを超えてる為Rプラグに交換

立ち上がりを良くする為にトップシークレット製のサクションパイプ、そして音の大きいのは困るとの事で

ノーマルマフラーでのお勧めブーストアップを行いました。

ちなみに、SARDキャタライザーは数ヶ月前に加藤社長にお願して、もう少し音量が1〜2dB下がるように造って

の要望どおりマイナーチェンジされました。

絞りは入れず、太鼓を大きくして4000rpm時の音量を下げるように努力したみたいですね。

さて、ノーマルマフラーですが、しっかりとパワー&トルクが発生しました。
 

SPEC
トップシークレット サクションパイプ
SARD キャタライザー マイナー後
日産 純正マフラー
NGK Rプラグ
BLITZ SBC-idV
オリジナル アプリケーションCPUプログラム・ミッションプログラム スペックV改
クラッチ調整・MTソレノイドバルブ洗浄
モーティーズ MTオイル
ブースト圧 1.25kg→0.96Kg
586.1馬力 83.3kgトルク


パワーチェックグラフ
R35-GTRエンジン内部チューンにいよいよ着手


奈良県のF様のR35-GTRは、ノーマルENGながらサージタンク付きのTD-06SHツインターボ仕様で、

何の問題も無く走っているのですが、どうしてもENGチューンしたい!・・・と言う事で

どうせやるのなら4.0Lチューンにしよう・・・となったのです。

F様「ピストンやコンロッドが心配やし換えましょうか!」

エチゼン屋「全然大丈夫ですよ〜壊れるわけ無いし」

F様「でもコンロッド曲がってるの見たいし・・・」

エチゼン屋「曲がってる訳無いですよ」

F様「・・・う〜ん、でも見たいなぁ〜」

このようなやり取りがあって、どうせやるならJUNの4.0Lにしてカムも交換!・・・と言う仕様に決定しました。

「パワーはもう充分やから低ブーストで800馬力!」これをコンセプトに製作を始める事になりました。

東京オートサロンでお披露目になるでしょう・・・途中経過もお伝えしますのでお楽しみに!
 

エンドレス製モノコックブレーキは効くのか!


京都府のJ様のR35にエンドレス製モノコック前後ブレーキキットを装着しました。

前後とも、同じ大きさのキャリパーでしたが、ピストン径が違っていました。

驚いたのがブレーキパットの厚み!・・・まるで厚焼きたまご級の厚さでとてつもない耐久性が有ると思います。

試乗後、J様曰く、「これは、効く!」後はサーキットで確認テストを行う事になりました。

それにしても高い商品をお買い上げ頂きまして有難うございました。

このKITは、フロント・リア共にローター径は387mm×34mmで正式名称はレーシングMONO6システムインチUP

前後KITです。

エンドレス レーシングMONO6 KIT \1410000→\1269000
  取り付け工賃 \100000
  スーパーDOT4オイル \3800
  ブレーキエア抜き \8000
    \1449840(税込)
クラッチ調整は誰がやっても同じではありません。


愛知県のK様のR35niミッションプログラム スペックV改を入力してクラッチ調整を行いました。

K様は既にマインズ社のメインCPUプログラムやマフラー、その他エアロパーツも装着されていました。

さて、クラッチ調整ですが、ディーラーでもSHOPでもどこで行っても同じ!と思われている方が多いようです。

手順として、クラッチ学習消去→クラッチ学習→クラッチA容量調整→クラッチB容量調整→クラッチAタッチポイン

ト調整→クラッチBタッチポイント調整→と進めていくのですが、消去と学習は誰がやっても同じですが

そこから先の作業は設定者の経験が問われる分野となります。

当社のメカニックは200台以上の試乗経験がある為、その車の現状及びドライバーの乗り方を踏まえて調整します。

たかだか、5000円の作業ですが大事な作業と考えておりますので安心してお任せ下さい。
 

増えてきたタイヤ交換と車検の相談


大阪府のH様のR35は、殆ど通勤でしか使用しておらず、走行が5万キロで、今回2回目のタイヤ新品交換です。

2万5千キロで1回の割合なので、そんなに悪くは無いのですがもう少し良くなれば・・・との思いで

ピレリータイヤにしてみました・・・3万キロ位持ってくれると万歳でしょうか?

さて、ようやくブリヂストンやダンロップの純正タイヤも入荷されてきてタイヤ交換が今迄以上に増えてきました。

そして、車検の問合せ相談も増えてきました。

共に普通に安価に・・・が可能ですのでお任せ下さい。
 

開発1号車(タービン交換車両)の車検終了


当社ワークスカーR35開発1号車の車検を行いました。

TD-06SH 20Gツインターボ仕様ですが、拍子抜けする程、一発で車検が取得出来ました。

当社の車検は、写真のように最低地上高の確認、排ガステスターの確認、音量測定の確認等を中心に

整備を行い直接陸運事務所に持ち込みます。

R35-GTRの場合の費用

自動車重量税 \40000(税込)
自賠責保険24ヶ月 \22470(税込)
印紙代 \1800(税込)
法定点検24ヶ月 \30000
チューニング点検 \20000
予備検査 \15000
車検検査代行 \20000
合計 \153520(税込)


基本的には、この価格で行えますので安心してR35の車検をお任せ下さい。

勿論他車もOKです。

福井店では、車検検査代行費が10500円UPになります。

又、車検を通す為の作業が必要な場合は、別途費用が掛かりますのでご了承下さい。
 

オリジナルエアロボディーカラー別塗装代金決定!


当社オリジナルエアロR35-GTR用のエアロパーツを塗装する際のボディー別の価格表が決まりました。

価格表

ブラック
(2コートソリッド)
フロントバンパー \48000×消費税
サイドスポイラー \48000×消費税
リアアンダースポイラー \34000×消費税
ガンメタ・レッド・
チタニウムゴールド
(2コートパール・メタリック)
フロントバンパー \53000×消費税
サイドスポイラー \53600×消費税
リアアンダースポイラー \38000×消費税
ホワイト
(3コートパール)
フロントバンパー \57600×消費税
サイドスポイラー \57600×消費税
リアアンダースポイラー \40000×消費税
シルバー
(3コートパール
スペシャル)
フロントバンパー \69120×消費税
サイドスポイラー \69120×消費税
リアアンダースポイラー \48000×消費税

 

商品代(税抜き価格です)

フロントマスクシステム 4点セット \380000 ¥60000工賃
サイドステップシステム 4点セット \200000 \30000工賃
リアアンダーシステム 2点セット \185000 \30000工賃
フルキット \765000→\700000 \120000

例えば、ボディーカラーがホワイトの場合、フルキット装着で
フルキット \700000 工賃\120000 塗装\155200で合計1023960円(税込)になります。
 

JUNのGTサージタンクを実戦テスト


奈良県のF様のR35はタービン交換されてから、来年の1月で、丸々1年が経過いたします。

今回、JUNの試作GTサージタンクを装着して、CPUデータのリセッティングを行ったのですが、正直パワーは変わりませんでした・・・

但し、立ち上がりが低回転から良くなったのは好結果でした。

次回は、カムシャフトを交換する予定なので、これからもっとトルクUPするでしょう・・・

(パワーは80mmサイズエアフロ径で800ccクラスのインジェクターだと800馬力が限界なので)

それにしてもトップシークレットのオイルキャッチタンクと相まってGTサージタンクは、とても綺麗で

ENGルームが輝きますね・・・
 

TD06タービン交換お見積り


当社、お勧めブーストUP仕様(SARDキャタライイザー・高性能マフラー・ブーストコントローラー・オリジナルメインCPUプログラム・ミッションCPUプログラム)が装着されている場合・・・
 

メーカー 商品名 販売価格→割引 工賃
TRUST TD-06SHツインターボKIT \980000→\882000 \340000 *1
TRUST タイプ29フルキットインタークーラー \370000→\314500 \75000 *2
TRUST ウォッシャータンク \13800 \5000
HKS 860ccインジェクター×6本 \120000 \30000
SARD 265L燃料ポンプ×2 \56000 \40000
オリジナル メインCPUプログラムデータ変更差額 \80000 \10000 *3
RH9 クール9クーラント \7000 \5000
リキモリ パワステオイル \6000 NC
  エアコンガス入替え \7000 \3000
       
    \1994300(税抜き) \2094015(税込)


*1 ENG脱着やターボキットの取り付け、耐熱処理やアライメント修正等も含まれます。
*2 バンパー脱着やインタークーラーの取り付け、エアフロL/Rの配線加工等も含まれます。
*3 スロットル学習や吸入空気量学習等初期操作が含まれます。

この仕様で、ブースト圧、1.65キロ、多少スリップしながらでも740〜770馬力を発生致します。

ウエストゲートを大気開放すれば更に〜30馬力程度上がります。

取り付け日数は約1WeeK程度です。

可能であれば、TRUST製のDCTオイルクーラーキットの取付や走行が2万キロを超えている場合は、NGKの

Rプラグの取付をお勧め致します。

シンプル is ベスト!

たったこれだけのパーツ構成で、素晴らしい高性能が手に入ります。

メインコンピューターのみの完全制御を実現!・・・車検対応です。
 

R35ミッションソレノイド洗浄お得なプラン


日産純正のミッションオイルは、1L当り5800円もしてしまって少々高すぎると感じていました。

最近、オベロン社が展開するモーティズオイルのR35-GTR、CZ4Aランエボ用が使えるとの情報をキャッチ・・・

テストしてみた所、充分にイケる事が判明!・・・これからは、このミッションオイルを使う事に致します。

又、ソレノイドバルブ洗浄に関しても、技術力UPと時間短縮が可能になった為、お得なプランを設定いたしました

皆様、是非ご利用下さい。
 

オベロン モーティズミッションオイル 10L \38000
  オイル交換 \5000
オリジナル ソレノイドバルブ洗浄 \60000
日産 MTオイルパンパッキン \2100
オリジナル クラッチ調整 \5000
  総合計(税込) \115605
トップシークレットチタンマフラーType-2でブーストUP


広島県M様のR35-GTRは2009年モデルで、今回新発売されたトップシークレット製のチタンマフラータイプ2を

使い、お勧めブーストアップ仕様に致しました。

このマフラーは、排気バルブを駆使して、サイレントモードと通常モードに音量が切り替わります。

SARDキャタライザーとのSETで、サイレントモードだと94.6dBですから、車検に何ら問題がありません。

ちなみに通常モードだと99.3dB(後方右側計測)でした。

テールエンドパイプは、ARC製を使いました。

サイレントモードは、乾いたサウンドが楽しめ、通常モードでは力強いパワーもトルクも充分に出ました。
 

SPEC

SARD キャタライザー
トップシークレット チタンマフラー タイプ2
ARC チタンテールフィニッシャー
BLITZ SBC-idV
オリジナル メインCPUプログラム
オリジナル ミッションCPUプログラム スペックV改
オリジナル クラッチ調整
ブースト圧 1.34kg→0.94Kg
611.1馬力 89.2kgトルク


パワーチェックグラフ
R35用バージョンUPしたソフトで新データ作成


大阪府のN様のR35に当社のお勧めブーストUPを取付しました。

丁度、コンピューター編集ソフトもバージョンUPされたので、新データ作成入力しました。

真新しいのは、静止状態で空ぶかししても4500rpm位でスロットルが閉じてしまう、通称「ガレージリミッター」を

キャンセルして7500rpmまで回るようにしました。

ここ最近、VR38DETTエンジンのコンロッドが曲がると自動車専門誌等で言われておりますが、

当店でチューニングした数多くのR35は只の1台も壊れた事はありません。

750〜800馬力クラスのタービン交換でさえ、何とも無いのにブーストUPの600馬力では、コンロッド等

曲がりません・・・安心してチューニングして下さい。
 

SPEC
SARD キャタライザー
マインズ チタンマフラー
BLITZ SBC-idV
オリジナル メインCPUプログラム
オリジナル ミッションCPUプログラムースペックV改
オリジナル クラッチ調整
ブースト圧 1.33kg→0.95Kg
612.1馬力 87.6kgトルク


パワーチェックグラフ
R35GTR専用特注サージタンク完成


当社がJUNオートメカニックに対して製作を依頼していた、GTサージタンクがようやく完成致しました。

約2倍の空気容量を確保して、ポート内部体積も容量UPさせ、ファンネル化して高効率を目指しました。

後日、テストしますが、確実にトルクUP、パワーUPが見込める商品です。

この商品は、完全ワンオフモデルなので約70万円の販売価格となりますが、JUNでは近い将来量産モデルを

計画しており、何とか、50万円位の商品をリリースさせるみたいです。
 

バシッと出たブーストUPGTR-R35


大阪府のT様のR35-GTRは、もう痺れを切らしてチューニングに踏み込みました。

お勧めブーストUP一式を行い、超好結果が出ました・・・

試乗後、T様は車が軽くなった!・・・と満面の笑みでした。

意外と・・・(と言っては失礼ですが)マインズのマフラーは抜けが良く、驚きました。
 

SPEC
SARD キャタライザー
マインズ マフラー
BLITZ SBC-idV
オリジナル メインCPUプログラム
オリジナル ミッションCPUプログラム
ブースト圧 1.33kg→0.99Kg
621.0馬力 88.9kgトルク


パワーチェックグラフ
HKSのMTオイルパンを導入


京都府のJ様のR35に当社オリジナルエアロ3点セットを取付いたしました。

開口部が大きくなり水温がグッと下がりました・・・それに引きづられENGオイルも下がったので喜びました。

さて、MTソレノイドバルブ洗浄をした所、過去最高の汚れでした・・・MTオイルをしっかり交換していても

J様の場合、月に1回サーキットでハード走行をする為でしょう・・・

しっかり洗浄して、新品オイルにして、オイルパンをHKSの新製品を装着してみました。

この商品だと、純正オイルパンよりも最後までオイルが抜けるようになっています。

更に強度をUPする為に、MTそのもののひずみが減るので、内部のガタも出にくくなるとの事です。

果たして、その効果が出てくるのかじっくりテストしてみる予定です。
 

香港から依頼されたCPUデータの作成


香港のチューニングショップから、R35-GTRタービン交換車のCPUデータ作成依頼を受けました。

TRUSTのTD-06SHタービンKITで性能表の無い750ccインジェクターが装着されており、

それではまともなデータは作れないのでお断りしたのですが、インジェクターを新しく購入すると言うので引き受けました。

我々が、良く使っているアメリカ製の900ccを使おうと思ったのですが、納期が掛かる為、新発売されたばかりの

HKS860ccインジェクターを取り寄せました。

無効噴射時間と吐出量から机上の計算でデータを作成しようと考えたのですが初めて使うインジェクターなので

当社デモカーに装着して、実戦データ作成となりました。

(とても面倒だけど、後々調子が悪いので香港に来てくれ!と言われるのも嫌なので・・・)

結果は、実戦テストを行い良かったです・・・吐出量は800ccしか無かったし、無効噴射時間も鈍かった・・・

ちなみにブースト圧は1.65→1.56キロで100%噴射で770馬力(スリップしているので実際は800馬力)

後は、香港のガソリンオクタン価に合わせて点火マップを調整。

これで香港でも壊れない速いR35が登場するでしょう。

だけど、TD06−SHツイン仕様ならやはり900ccクラスのインジェクターを入れた方が良いですね。
 

フルメンテナンスを行ったR35GTR


大阪府のH様のR35-GTRは、走行距離が5万キロに達しましてフルメンテナンス作業を行いました。

メーカー

商品名

数量 価格 工賃
リキモリ エンジンオイル 6L×L=3400 \20400 NC
BLITZ オイルエレメント   \2000 \2000
オメガ フロントデフオイル 1L×L=5800 \5800 \2000
オメガ リアデフオイル 2L×L=5800 \11600 \3000
日産 ミッションオイル 10L×L=5800 \58000 \5000
  税込総合計     \115290

他にもブリヂストンのタイヤ総入れ替え致しました。

ちなみにミッションオイルは相当汚れていました。

又フライホイールハウジングもカタコト鳴り出しているので近い将来交換した方が良いでしょう。

こう云った油脂類の交換は気分的にも安心できますので是非お考え下さい。

当社は交換した時の走行距離やデータをシールで貼り管理しており次回の目安も御知らせできます。
 

一気に行ったR35-GTRチューニング発進!


兵庫県のK様のR35は、走行が3万キロ近くになっており、静止状態から発進する際に”グォングォン”と動き出し

とても乗り辛く、MTの心配もあったので一気にチューニングを行いました。

MTソレノイドバルブ洗浄では、過去トップクラスの汚れとカスが付着!

綺麗に掃除してMTオイルを新品にしてクラッチ調整を行いました。

ブーストUPは、お勧めパーツで固めて一新!

タイヤもダンロップの新品を前後装着しました。

NEWタイヤなので、ググッと負荷を掛けずに計測しました。

余りの大変身にK様は驚かれたでしょう!
 

SPEC
SARD キャタライザー
APEX マフラー
オリジナル メインCPUプログラム・MT-CPUプログラム スペックV改・クラッチ調整・MTソレノイドバルブ洗浄
BLITZ SBC-idV
NGK Rプラグ
ブースト圧 1.28kg→0.95Kg
604.1馬力 91.2kgトルク


パワーチェックグラフ
新方式のパワーチェック計測方法を始めます


R35-GTRのパワーチエックする際に、今までは上記左側写真のようなセット方法で計測しておりました。

しかし、ここ最近データも煮詰まってきたし、サクションパイプの交換や強化アクチェーター取り付けetcと

チューニング内容も少しずつ濃くなって来たにも関わらずパワーが出ない時があったのです。

スリップしているのは判るのですがR35-GTRの場合リア側に、しっかりとフックさせる箇所が無いので困っていたのです。

そんな時、エアロパーツの開発の為、リアバンパー下側が外れていた開発2号車をチェツクしたところ

凄くいいフック箇所を発見!

試しに、パワーチェックしたところ、一気に610馬力オーバー(ちなみに前回は580馬力以上が出なかった車)

おお〜これだ!と大喜びしました。

これで、今まで少々パワーが出なかったお客様の車も全てビッチリ出るでしょう!

但し、この計測には弱点があります。

1つは、強烈な負荷が掛かるので、連続2回目の計測はクラッチ温度上昇の警告が付いて回らなくなります。

これは、MT油温の問題でなく、クラッチ本体の温度の問題でしょう。

2つ目は、バンパー下部を取り外さなければいけないので、別途作業工賃が10000円必要になります。

次回、時間を見つけてタービン交換車を計測してみます。

多分800馬力オーバー出るでしょう。
 

計測不能だった九州最強のR35-GTR


福岡県のO様のR35-GTRは、当社からパーツを買ってくださったり、地元で購入した場合は取付の注意点を

聞いてくれるなど、積極的に当社と関わって下さるお客様でした。

しかし、パーツを付ければ付けるほど、パワーダウンしてくる感じだったらしいです。

それは、当然CPUがノーマルのままだったからでしょう。

今回、北九州からフェリーで大阪まで渡り、当社にご来店されました。

行ったメニューは、MTソレノイドバルブ洗浄、MTオイル交換、メインCPUプログラム・ミッションCPUプログラム、

そして、ブーストコントローラー調整です。

残念ながら、4000rpm以降は、ズッ〜とシャーシダイナモで、スリップしてしまい、正確なパワーが測定出来ませんでした。

データロガーでは、エアフロ電圧4.96V、インジェクター開弁率98%、A/F11.0と完璧でした。

間違いなく610馬力以上、90kg以上のトルクが発生しているでしょう。

強化アクチェーターが付いていると、立ち上がりが鋭くなるんですね・・・
 

SPEC
TRUST インタークーラーパイピング・ブローオフバルブ
BLITZ マフラー・SBC-iカラー・強化アクチェーター・サクションパイプ
SARD キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム・MT-CPUプログラム スペックV改、MTソレノイド洗浄
ブースト圧 1.34kg→1.02Kg
予想馬力 610〜615馬力 
予想トルク   95〜96Kg
やはり必要だったMTオイルクーラー!


兵庫県のH様のR35は、当店のお勧めパーツで身を固めつつある610馬力ブーストUP仕様です。

只、ブレーキ系はパットのみでMTオイルクーラーもまだ装着されていません。

今回、GTRミーティングin富士スピードウェイのお客様フリー走行30分枠にエントリーしまして、

10周以上お楽しみになられたそうです。

し・・・しかしMTオイル油温は135度を突破!

ブレーキは途中からおかしくなり、異音が出る始末に!

その後、ブレーキは冷えたら納まりましたが、TRUSTのDCTオイルクーラー装着を決意。

次回の岡山国際サーキット走行会にエントリーするようです。
 

TRUST DCTオイルクーラーキット \225000→\191250(割引)
TRUST ウォッシャータンク \13800
日産 ミッションオイル 13L \75400
オリジナル 取り付け工賃一式 \80000
    \378472(税込)


ちなみに、同時にMTソレノイドバルブ分解洗浄を行うと
 

オリジナル MT内部洗浄 \100000
日産 オイルパッキン \2100
オリジナル クラッチ調整 \5000
    \112455
中古車さんからの依頼でCPUチューン


京都府のF様は、中古車屋を営んでおり、話題のR35-GTRが気になり購入。

どうせ販売するなら、しっかりとコンピューターチューンを済ませた状態にしよう・・・

と当社に、メインCPUプログラムとミッションCPUプログラムを依頼されました。

「走行距離が何キロの時に、○○の店でCPUチューンして、何馬力、何キロのトルクが出ています」

・・・こういったR35-GTRの中古車が、どんどん市場に出てきて欲しいですね。

更に、オイル交換も一式されました。
 

537.8馬力 74.6kgトルク

パワーチェックグラフ
ノーマル排気にブーストコントローラーチューン


和歌山県T様のR35-GTRは、フルノーマルの状態で、コンピューターとブーストコントローラーを取り付けました。

狙いは、静かな音のまま、中間トルクをぐっと太らせる事です。

抜けは悪いですから大幅なパワーUPは望めませんが、3000〜5500rpm位が凄く乗り易くなります。

又、フイルムチューンも行って下さいました。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム
BLITZ D-SBCidV
オリジナル ミッションCPUプログラム スペックV改
オリジナル クラッチ調整
ブースト圧 1.29kg→0.88Kg
559.8馬力 79.8kgトルク


パワーチェックグラフ
オリジナルフルエアロ3点セット装着・・・


当社、開発2号車にオリジナルR35用フルエアロ3点セットを装着致しました。

フロントマスクシステムは、本製品の1歩手前、サイドステップシステムとリアアンダーシステムは、

本製品の2歩手前位の商品です。

我ながら「格好いいなぁ〜」と感心しております。

予想以上におとなしくまとまっていまして、それでいて明らかにノーマル35フォルムとは違うので差別化できます

こだわったのは、出来るだけ多くのフレッシュエアーをインタークーラーに当てることと、

その裏のラジエターにも充分な空気の流れを確保させる事でした。

10月初めには初回ロッドが出来上がる予定ですので、注文の受付を開始致します。
 

最近のR35-GTRのタイヤ状況


広島県のY様R35-GTRがタイヤ交換購入・交換の為にご来店されました。

「意外と早く付いた・・・」と言っておられました。

ブリヂストンでもダンロップでもどちらでも良いですよ・・・との事で在庫のあったダンロップを装着致しました。

次回はコンピューターチューンを行う予定です・・・

コンスタントにR35のタイヤ購入のお客様がいらっして下さいますし、遠方からの注文も多いです。

最近、サーキット遊びをされる方はフロントに285-35-20を装着されるパターンが増えています。

聞くと、やはりコーナーでのグリップが良いようです。
 

R35オリジナルエアロパーツ発売


フロントマスクシステム 4点セット
フロントバンパー部(FRPとカーボンのコンビネーション)
エアダクト部 左右 (カーボン)
ディフューザー部 (カーボン)
商品定価 \380000  取付工賃 60000

サイドステップシステム 4点セット
サイドスポイラー部 左右 (FRP)
アンダーパネル部 左右 (カーボン)
商品定価 未定

リアアンダーシステム 2点セット
リアアンダースポイラー部 (FRP)
リアアンダースカート部 (カーボン)
商品定価 未定

カーボンを多用しているので塗装する際に、この部分は塗らずに・・・この部分は塗る・・・等独自のセンスで

お楽しみ下さい。

当社ホームページにてタイムリィーな報告を行いますのでご覧下さい。
 

R35最強ブレーキシステム発売


alcon Racing モノブロック

F:6ポット 400mmローター×36mm厚 クレセントタイプスリット
R:6ポット 385mmローター×33mm厚 クレセントタイプスリット
R35専用 ブレーキパット及びブレーキホース付属

商品定価 \1380000(税別)
1台分 取り付け工賃 \100000
スーパーDOT4オイル \3800
ブレーキエア抜き \8000
総額税込 \1566390


為替レートの関係で価格が変動致しますのでご注意下さい。

好評予約受付中!

奈良県のF様のR35-GTRに装着しましたが、強力なストッピングパワーと

強大な安心感がR35を包み込みます。

価格以上の性能と感じました。
 

オリジナルアラゴスタ車高調装着


兵庫県のH様のR35-GTRにオリジナルのアラゴスタ3WAY車高調KITを装着致しました。

H様は岡山国際サーキットがホームグランドで、それに合わせてF22K、R18Kのバネレートを選択しました。

9月19日のR'sミィーティング2010富士スピードウェイにも参加するようで、ついでにエンドレスのブレーキパットも

装着しました。富士が終わったらブレーキローター交換をお考えのようです。

オリジナル アラゴスタ3WAY車高調KIT 定価\620000→\527000
取り付け 減衰合わせ、車高合わせ一式 \80000
アライメント調整 \50000

総合計 \689850
 

オリジナルフロントバンパー本製品入荷


ようやくR35-GTR用オリジナルフロントバンパースポイラーが入荷してきました・・・

フロントバンパーと左右エアダクトとディフィューザーの4点セットです。

バンパーと左右ダクトはFRPとウェットカーボンのハイブリッドタイプでデュフィューザーはオールウェットカーボン

もう直ぐ・・・カラーリングして写真を公開致します・・・

19日のR'sミィーティング2010in富士スピードウェイには間に合わせますのでお楽しみに!
 

今1番人気のお勧めブーストUP仕様
メーカー 商品 定価 販売価格 作業工賃 備考
SARD キャタライザー \320000 \272000 \30000  
BLITZ マフラー \280000 \238000 \20000 トルク重視
APEX マフラー \285000 \238000 パワー重視
TRUST マフラー \360000 \306000 軽量重視
BLITZ SBC-idV \59800 \50830 \35000  
オリジナル メインCPU \168000 \168000 \10000  
オリジナル MT−CPU \60000 \60000 \5000 クラッチ調整込み
  BLITZマフラーの場合 \933271 税込
  APEXマフラーの場合 \937734 税込
  TRUSTマフラーの場合 \1004671 税込


立ち上がりレスポンスを更に良くしたい場合、トップシークレット製サクションパイプ\72000 工賃\30000を装着

すると更に良くなります。
 

商品名 オリジナルメインCPUプログラム \168000 入力費\10000

フルノーマル車対応
ノーマル触媒+マフラー交換車対応
キャタライザー交換+ノーマルマフラー車対応
ノーマル触媒+ノーマルマフラー+ブーストコントローラー車対応
ノーマル触媒+マフラー交換+ブーストコントローラー車対応
キャタライザー交換+ノーマルマフラー+ブーストコントローラー車対応
キャタライザー交換+マフラー交換+ブーストコントローラー車対応

その他クリーナー交換、インジェクター大容量化、タービン交換等仕様に応じてデータ製作致します。

サービス・・・この価格には現車セッティング及びパワーチェックが含まれています。

測定結果は全てお客様に公表お渡ししています。

商品名 オリジナルミッションCPUプログラム \60000 クラッチ調整費 \5000

スペックVプログラム改
2010JAPANモデルプログラム改
2010 USAモデルプログラム改

ミッションオイル交換と同時にされると素晴らしい効果が発生いたします。

MTオイル交換費用は10L×5800円=\58000+工賃\5000で合計\63000(税別)となります。
 

TRUST試作キャタライザーと試作マフラーをテスト開始


TRUSTの試作キャタライザーの特長は、SARD製と同じく、第1をストレートとして、第2にキャタライザーを2個

サイレンサー(消音器)が大型化されております。

そのサイレンサーから出るパイプ径は90パイ・・・これは抜けそうな予感がします。

TRUST試作マフラーの特長は、APEX製と同じようなレイアウトで中間パイプが90パイ!

写真のように太鼓の手前、分離するポイントがAPEX製は4分割・・・

TRUSTは3分割で、内2個はそのまま左右に分れ、内1個は暫くして更に左右に分れる形状になっています。

これは、音量の問題、トルクの出方、パワーの出方を各メーカーなりに考えて造られた・・・と言えるでしょう。

後日、テストレポートを報告致します。

良いパーツがドシドシ発売されて活気付いて良いですね。
 

R35-GTR純正タイヤ続々入荷中


ダンロップ・ブリジストンのR35-GTR純正タイヤが大量入荷中です・・・

そして、円高の影響で少しお安く成りました・・・又2本ずつの購入も可能になりましたのでご注文下さい。

ブリジストンタイヤ F255-40-20 R:285-35-20 4本セット  \230,000(税別)

ダンロップタイヤ F255-40-20 R:285-35-20 4本セット  \250,000(税別)

ブリジストンタイヤ F255-40-20 2本のみ \105800(税別)

ブリジストンタイヤ F285-35-20 2本のみ \128800(税別)

ダンロップタイヤ F255-40-20 2本のみ \115000(税別)

ダンロップタイヤ F285-35-20 2本のみ \140000(税別)

尚、当社にてタイヤ購入して頂いた場合は組み替え工賃は\10000→\7000とさせて頂きます。


お早めに!

オリジナルエアロのサイドステップ・リアアンダースポイラー

画像クリックで拡大します


吟味に吟味を重ねた末に、ようやくR35-GTRのサイドステップとリアアンダースポイラーのマスター型が完成!

両方ともに下部のでっぱり部分はカーボン製品となり、その他はFRP製です。

リアアンダーのマフラーテール周辺部分もカーボン製となります。

FRPとカーボンのコンビネーションで、価格と性能とデザインを高次元でバランス出来るように

一生懸命製作しております・・・今しばらくお待ち下さい。
 

フロントタイヤ交換とCPUチューン


広島県のF様のR35は、ディーラーでタイヤ交換しようとしたら、余りの価格の高さに驚き当社に来店されました

朝7:00に出発したら、3時間掛からなかった・・・と喜んでおられました。

道中フェラーリに煽られたみたいで、ついでにCPUチューンも決意!

ついでに地元の特産品”梨”も頂きました・・・ご馳走様でした

帰りは自信満々で帰れた事でしょう!

オリジナル メインCPUプログラム  \168000 入力費 \10000
オリジナル ミッションCPUプログラム \60000 クラッチ調整 \5000

税込総合計 \255250です。
 

537.5馬力 72.2kgトルク

パワーチェックグラフ
お勧めブーストUP仕様、又1台完成


愛知県のT様のR35-GTRは、某メーカーの第二ストレートパイプが入っており、SARDキャタライザーに変更

して、ブーストコントローラーを装着してCPUデータ変更をしました。

写真でもお判りのように、ストレートパイプと言っても60mmサイズしかないので、SARDキャタライザーの方が

余程抜けると思います。

この日もシャーシダイナモ近辺の温度は45度!

とんでもない暑さの中での計測でしたがトルクが96キロも出ました。

ちなみに、T様はとてもお若い、35歳のオーナーでした。
 

SPEC
SARD キャタライザー
アミューズ チタンマフラー
BLITZ SBC-idV
オリジナル アプリケーションCPUデータ
ブースト圧 1.33kg→0.90Kg
609.4馬力 96.4kgトルク


パワーチェックグラフ
マフラーノーマルのブーストUPチューン


滋賀県のS様のR35は、第1触媒がSARDストレートに、第2触媒はアミューズキャタライザーに変更され

マフラーはノーマルでした。

これにブーストコントローラーを取付してCPUデータを変更致しました。

やはり立ち上がりから6000rpm位までは良いのですが、それ以降は抜けが悪いように感じました。

ノックリタード無しで、A/Fは11.0でピタッと決まっています。

次回は、マフラー交換で610馬力を狙いましょう!
 

SPEC
SARD 第1ストレートパイプ
アミューズ キャタライザー
日産 ノーマルマフラー
BLITZ SBC-idV
オリジナル メインCPUプログラム
ブースト圧 1.25kg→0.91Kg
575.2馬力 85.0kgトルク


パワーチェックグラフ
BBS-LM+ピレリーP-ZERO装着


大阪府のO様のR35-GTRにBBS-LM DSK-PとピレリーP-ZEROのセットを導入しました。

グリップ力は劣りますが、乗り心地を重視、雨の日の走行を良くしたい方には、ピッタリのタイヤです。

やはりBBSは足元が輝きますね〜

その他、ENGオイルやMT等のオイル交換も行って下さいました。

BBS LM DSK-P F9.5J×20  定価\167000→\125250×2本=\250500
            R10.5J×20 定価\173000→\129750×2本=\259500
ピレリー P-ZERO F255-40-20 R285-35-20 4本セット =\201600
日産 エアセンサーバルブ  6920円×4=\27680
組込セットアップ 調整 \20000

総合計 \797244

となります。

R35 GTR情報 VOL9
現在ページはVOL9です。
VOL1 VOL2 VOL3 VOL4 VOL5 VOL6 VOL7 VOL8 VOL9 VOL10
VOL11 VOL12 VOL13 VOL14 VOL15 VOL16 VOL17 VOL18 VOL19 VOL20
VOL21 VOL22 VOL23 VOL24 VOL25