R35 GTR情報 VOL19
現在ページはVOL19です。
VOL1 VOL2 VOL3 VOL4 VOL5 VOL6 VOL7 VOL8 VOL9 VOL10
VOL11 VOL12 VOL13 VOL14 VOL15 VOL16 VOL17 VOL18 VOL19 VOL20
VOL21 VOL22 VOL23 VOL24 VOL25
各ページに情報が満載しています・・・
−和歌山橋本発 サーキット遊びにハマってしまったR35−


和歌山県Y様R35は2008モデルで、以前、当社でエアロパーツ、リアウイングetcを

取り付けして、鈴鹿サーキットへお連れした事があります。

それ以来、鈴鹿の魅力にドップリハマってしまい、今回ホールド性の高いRECARO

SP/GT2を装着されました。

Y様は75才で、余りにもポジションが低くなると前方が見えなくなるとの事なので

工夫して高目のポジションに設定しました。

そして、メイン、ミッションのコンピューターチューンも行いました。

6万キロ以上走りこんでいますが、バッチリ出ました。

これで、タイムUPは確実だと思われます。

「年も年だし血圧も高いけど、鈴鹿は死ぬまで走ります!」と、おっしゃる姿に

人生の生き甲斐って、人を若返らせるんだなぁ〜って感じました。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
クラッチ調整
ブースト圧1.39→0.93Kg/cm2
597.7PS 86.6Kg

パワーチェックグラフ
−福井店 利川チーフメカニックがR35チューンを開始しました−


うちの利川メカニックは、この業界歴30年で、当社でも20年以上働いている人材です。

今迄、数多くのワークスカーのエンジンを組み上げてきた職人です。

当社のメカニック達の師匠であり、多くを語りませんが静かにコツコツ正確な仕事を

してくれる人間です。

先日、R35を購入し、休みを利用してコツコツと分解組み立てして、ブーストUP仕様

に仕上げました。

「R35は、もうボクに任して!」と言っていたので、とても安心ですね。

ソレノイドバルブ清掃プランを行い、クラッチ調整を行った所、7,5キロの油圧が

掛かっていたので、このミッションは大丈夫です。

ロギングデータを見ると、インジェクター開弁は98%なので、実際は620ps出ているでしょう。

これは速い!バッチリです!と喜んでいましたが、その時の顔はお客様のようでした(笑)
 

SPEC
TRUST キャタライザー・マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.44→0.95Kg/cm2
610.9PS 86.9Kg

パワーチェックグラフ
−北九州発 購入後すぐにMT&CPUチューンR35−


福岡県J様R35は、フェリーで京都店に来られました。

「とても楽だった」とおっしゃっておられました。

キャタとマフラーは交換されている車で、ぎくしゃくしているのと、

いずれタービン交換はする予定なので、ミッションO/H予防調整強化

プランとメイン、ミッションのCPUデータ入力を行いました。

なんと、クラッチディスクの1枚のプレートがはがれておりました。

NEKOコーポレーションで、問題の無い中古を1枚、手配してもらい

うまく組み立てられました。

キャタライザーはSARDの後期型静音タイプで、マフラーが関東のショップ

オリジジナルで、ブーストのタレが大きく、今ひとつでした。

ノーマルと同じ抜けでしたもん・・・

しかし、試乗したJ様は大喜びで「これは良い!とてもスムーズでトル

クフルです」すぐにキャタとマフラーをお考え下さるそうでした。

遠い所を有難うございました。
 

SPEC
SARD キャタライザー後期
他SHOP オリジナルマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
ミッションO/H予防調整強化プラン
ブースト圧1.45→0.91Kg/cm2
600.5PS 87.0Kg

パワーチェックグラフ
−藤原R35を新データでセッティング−


藤原氏のR35を、ナルドで最高速トライした時とは違う、新しいバージョンでセッティングを行いました。

頑丈なフックを2枚掛けして振られないように工夫しました。

R'sミーティングのゼロヨンアトラクションで披露するために煮詰めました。

ブーストは初め1、70位で5500rpm以降は1、75で安定してました。

空燃比系も凄く安定してましたし、今までで最高の出来です。

ひょっとすると、1000ps以上出るかも知れません。
 

 
JUN 4.0Lカスタムキット・272度カム・サージタンク・大径スロットルボディー
TRUST TD-06SH25G-10タービンキット・タイプ29インタークーラー・パイピングデリバリーパイプ
オリジナル 1200ccインジェクター・メインCPUプログラム 2010ベース改・ミッションCPUプログラム2010モデル改・燃料ポンプ電源ライン改・90φエアフロパイプ
トップシークレット マフラータイプT
BLITZ D-SBCiカラー
SARD 275L燃料ポンプ×2・レギュレター
−東大阪発 2011モデル フルノーマルR35も好結果−


大阪府S様R35は2011モデル フルノーマルで19000キロ程走行です。

今回、MTソレノイドバルブ清掃プランと、メイン、ミッションのコンピューターチューンを行いました。

2011モデルにも2013モデルベースのデータを入力しました。

点火時期に余裕がある部分は、自動進角してくれるので高性能になります。

例えば、4人乗車で上り坂をフル加速した時etcは進角してくれませんので、とても安心です。

ソレノイドバルブのカスは多めでしたが、汚れは大した事ありませんでした。

RH9ステアリングも購入して下さいました。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
RH9 赤カーボン艶有り赤ステッチステアリング
ブースト圧1.43→0.98Kg/cm2
611.9PS 84.2Kg

パワーチェックグラフ
−彦根発 MTソレノイドバルブ清掃+CPUチューンR35−


滋賀県K様R35は2008モデルで46000キロ程走り込んだフルノーマルです。

今回、MTソレノイドバルブ清掃プランとメイン、ミッションのコンピューターチューンを行いました。

さすがに、ソレノイドバルブ周辺は結構汚れておりましたが、カスは少なく、シャフトの

削れも少ししかありませんでした。

いつも、高回転は回してない!とおっしゃっていましたので、たまにはカチ回して下さい!

と伝えました。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.36→0.91Kg/cm2
593.9PS 82.9Kg

パワーチェックグラフ
−名古屋発 サクションKIT+ストレートマフラーセッティングは難しかった−


愛知県R社様が新しくコンセプトカーを造るにあたり、当社でパワーUPを担当

させて頂きました。

ナンバーは外してありアメリカのSEMAショーでデビューさせるようです。

TRUSTのフルサクションKITと第1、第2触媒を外してストレート化したパイプ

とマフラー、そしてタイプ29インタークーラでのセッティングです。

マップを読む場所が、触媒付きとは全然違っており1,4キロのブーストを掛ける

とインジェクターがオーバーフローしてしまい、フルサクションKITとコンピュ

ーターのVQマップに結構なズレがあった事が重なり、手こずりました。

頑張った結果、低いブースト圧ですが高馬力を絞り出しました。良かったです。

以外と難しくて大変でした。

あと、TRUSTのブローオフバルブが性能をUPしておりました。

これならサージンクは極力減るでしょう。

ようやく、純正に対応出来るブローオフバルブが初めて世に出てきました。
 

SPEC
TRUST タイプ29インタークーラー・パイピングキット・ブローオフバルブKIT・第一・第二ストレートパイプ・マフラー・70φサクションパイプ
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ブースト圧1.22→0.89Kg/cm2
637.3PS 87.5Kg

パワーチェックグラフ
−名古屋発 バトルに負けて即コンピューターチューンR35−


愛知県K様R35は、同じ名古屋のN様R35からの紹介でお越しくださいました。

先日、高速で外車に負けたらしく決意されたようです((笑)

クラッチ調整している時の油圧の掛かりが6,8キロと少し低めでしたので、

MTソレノイドバルブ清掃プランを強くお勧めしておきました。

排気系チューンも、興味がおありのようなので是非お待ちしております。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
クラッチ調整
ブースト圧1.37→0.91Kg/cm2
593.3PS 81.8Kg

パワーチェックグラフ
−大宮発 2013モデルR35は、やっぱり出る!!−


埼玉県S様R35は2013モデルで8000キロ程の走行です。

RH9マフラー、TRUSTキャタライザーで、MTソレノイドバルブ清掃プランも行いました。

カスは少なかったですし、汚れも無かったです。

パワーも、やはり640ps位出るんですネェ〜。

ちなみに、インジェクター開弁率は98%。

2011モデル以降のR35は、当社のローンチコントロール無しのミッションCPUプログラム

でも、ローンチコントロールは普通通り使えます。(65,000円)

ローンチコントロール対応のミッションCPUプログラムにすると、Rモードだけでなく

OFFモードやニュートラルモードでも使えるようになります。(85,000円)
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver6
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.47→0.98Kg/cm2
640.7PS 88.5Kg

パワーチェックグラフ
−千葉県 4300ccR35のトルクは凄かった!!−


千葉県K様R35の慣らしが終了し、セッティングを開始いたしました。

現在の仕様は

(TRUST) 4,3L-KIT・TD06SH 20G10cm2タービンKIT・タイプ29インタークーラー
     パイピング改・大容量サージタンク・DCTオイルクーラー

(JUN)  燃料室のみボア径合わせ
     IN,EX共272°カム・バルブスプリング

(SARD) 900cc1/J、275L/Hフューエルポンプ

(BLITZ) SBC-iD

(オリジナル)メインCPUプログラム2010モデル改Ver5
     ミッションCPUプログラム 2012モデル改
     O/H予防調整強化プラン
     フューエルポンプ電源ライン改

(アミューズ)チタンマフラー

と、なっております。

どうもブロックをボアアップして打ち込むライナーとピストン、ピストンリングの

相性が悪いようで、ノッキングは出ていないのにノックリタードしてしまう傾向が

ありました。

それと、未だ経験した事の無いENG負荷になり頭を悩ませました。

全く、無理していませんがエアフロ電圧5V全開、インジェクター96%となりました。

タービン的にも一杯でしょう!

しかし、これでもズーっとグリップしてくれておりません。

まるでブーストUPのように下から効いて凄いトルクでした。
 

ブースト圧1.60→1.49Kg/cm2
868.9PS 110.7Kg

パワーチェックグラフ
−京都発 ミッションO/H予防調整強化プラン+LEDメーラーランプ−


京都府T様R35は、6万キロ近く走り込んだので、ミッションO/H予防調整強化プランを

行い、Cリングの強化、油圧UP、クラッチディスクのクリアランス調整、ソレノイド

バルブの清掃etcを行いました。

クラッチ調整時の油圧は、しっかり8Kg掛かっていました。

メーターのLEDランプは、初めてバイオレットを使ってみました。

インフォメーション窓口はホワイトに対して、マイナー後っぽい仕上がりです。

走りこんできて年月が経ち、どうせプラマイ0に戻すならプラス幾つかにするために

元に戻してプラスアルファー注入!!

正に改造ですね。

オリジナル ミッションO/H予防調整強化プラン一式   \400000

オリジナル メーターLEDランプ打ち変え   \140000 工賃\30000
 

−枚方発 2009モデルR35にGT800取付け−


大阪府T様R35は2009モデルで、HKS GT800タービンKITを装着しました。

このKITは850,000円まで安くなったようです。

ブローオフバルブはKITのタイプRZでは無く、純正を利用しています。

結構走り込んでいるので、出来るだけ低いブースト圧でパワーが出るよう

煮詰めました。

完全車検対応ですが、綺麗なパワーグラフでバッチリ出ましたネェ〜。
 

SPEC
HKS GT800タービンキット
TRUST タイプ29インタークーラー・パイピング・80φエアフロパイプ・キャタライザー・マフラー・DCTオイルクーラー
BLITZ D-SBCidV
SARD 900ccインケクター・275L燃料ポンプ×2
オリジナル メインCPUプログラム 2010ボデル改
ミッションCPUプログラム
ブースト圧1.60→1.49Kg/cm2
793.3PS 93.9Kg

パワーチェックグラフ
−所沢発 キャタ+CPUチューンで目標達成R35−


埼玉県A様R35は、2008モデルで44000キロ程走っており、CPUもブースト

コントローラーも付いておりました。

キャタライザーは第1触媒が純正のままのタイプなので、その辺の効果

を説明したら、TRUSTのキャタに交換する事になりました。

A様は600psオーバーは欲しい!との事でしたが620psをクリアーしました。

元々付いていたEVCの設定も変更しました。

ローンチ機能も付いて良い走りになったと思います。

遠い所を有難うございました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
マインズ マフラー
HKS EVC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
ブースト圧1.41→0.99Kg/cm2
623.6PS 89.5Kg

パワーチェックグラフ
−金沢発 ガンガン回して復活したR35のCPUチューン−


石川県I様R35は、2009モデル22000キロ程走行のフルノーマルで、4,5日前に

納車されたばかりでした。

さっそく、メイン、ミッションのCPUデータを入力し、一発目、回してみた所、

とても重く感じ558psしか出ませんでした。

???となり、データを微調整してガンガン回しました。

純正触媒とマフラーにススが詰まっていると思ったからです。

案の定、熱ダレしながらも通常パワーに復帰しました。

余りにも回さないでいると、こういう現象になるんですネェ〜。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
クラッチ調整
ブースト圧1.38→0.89Kg/cm2
587.3PS 83.4Kg

パワーチェックグラフ
−広島発 2012モデルR35ノーマル触媒でも大幅パワーUP−


広島県M様R35は2012モデル6000キロ程走行で、1年前にノーマル時、コンピューター

チューンいたしました。

今回、MTソレノイドバルブ清掃プランとRH9チタンマフラーを装着してCPUデータを

最新にしました。

純正触媒のままですが、凄くパワーUPしました。

現在、私共が使っているVer5オリジナルデータは相当、煮詰まっている!と確信しました。
 

SPEC
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2013ベース改 Ver5
ミッションCPUプログラム2012ベース改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.43→0.97Kg/cm2
633.1PS 87.6Kg

パワーチェックグラフ
−豊田発 2008モデルR35 ソレノイド清掃プラン+CPUチューン−


愛知県T様R35は2008モデルでSARDの後期キャタライザーが装着されておりました。

今回、MTソレノイドバルブ清掃プランとメイン、ミッションのCPUチューンを

入力いたしました。

ソレノイドのシャフトが1箇所、大きく削られておりました。ヤバかったです。

静かめの後期キャタライザーですが充分にパワーUPいたしました。

MTデータはローンチコントロール対応にしました。
 

SPEC
SARD 後期キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.46→0.93Kg/cm2
614.8PS 88.5Kg

パワーチェックグラフ
−大阪南河内発 2回目のMTソレノイド清掃プラン−


大阪府T様R35は、当社のお勧めチューニングを既に施行され、MTソレノイドバルブ

清掃プランも行なって下さってます。

その後、15,000キロ走って、MTオイル交換を行い、更に15,000キロ走って、今回の

2回目のMTソレノイドバルブ清掃プランを行いました。

御覧の通り、新車のように綺麗なバルブです。

発生するカスも相当 減っているようです。

私共は、お客様のミッショントラブル発生率が極端に少ないのは、この清掃が効いて

いるのだと確信しております。

以前、MTオイル交換だけしていた9万キロ走行のフルノーマルR35が、いよいよチュー

ニングを開始しようとしてソレノイドを分解したら、カスによりバルブがキズだらけに

なっておりステージ4の手が付けられない状態だった事があります。

すぐさま元に戻して、日産へ行ってもらい保証で新品交換した経緯があります。

もう、保証も切れている車が多いでしょう。

一部の何も解っていない人達は、”こんな清掃は意味が無い”と言っているようですが

とんでも無い話です。

これによりMTトブルが全て回避出来る訳ではありませんが、相当、安全になる事は間違い

ありません。

無駄な出費を無くすためにも必ず行なって下さい!
 

−川口発 2011モデルR35がビックリパワー発生!!−


埼玉県A様R35は2011モデル11000キロ程走行のフルノーマル車で、今回、

キャタ、マフラー交換とメイン、ミッションのCPUチューンを行いました。

入力したデータは2013モデル改の、当社開発4号車と同じです。

素晴らしいパワー&トルクになりました。

遠い所を有難うございました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2013モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ブースト圧1.43→0.98Kg/cm2
639.4PS 89.7Kg

パワーチェックグラフ
−京都発 ミッションブローを修理+CPUチューンで復活R35−


京都府K様R35は2008モデル5万キロちょい走行のフルノーマル車だったのですが

ミッションから異音がしたため分解した所、Cリングが割れておりました。

ミッションO/H予防調整プランを行い、メイン、ミッションのコンピューターチ

ユーンも同時に行う事になりました。

もうこれで安心して乗れるでしょう。

Cリング割れは、当社では3台目。400台以上のお客様で1%未満の確率です。

そして、フルノーマルでもなる!という事ですね。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションO/H予防調整強化プラン
ブースト圧1.35→0.90Kg/cm2
589.6PS 84.2Kg

パワーチェックグラフ
−八尾発 フルノーマルR35をソレノイド清掃+CPUチューン−


大阪府S様R35は2008モデル6000キロ程走行のフルノーマル車です。

富山県の友人M様と共にR35購入計画を立て、同時期に購入し、同時期にチューニングを

開始しました。

さすが6000キロ程なので、ソレノイドは綺麗でキズも削れもありませんでした。

パワーもトルクもしっかり出ましたが、S様の自宅の関係でキャタライザー交換を

ためらっておられました。

マフラー音が大きいと困る場合もありますものねえ。

LEDコーションランプは取付けして下さいました。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.36→0.91Kg/cm2
598.8PS 82.6Kg

パワーチェックグラフ
−佐世保発 ソレノイド+キャタ+CPUチューンR35−


長崎県M様R35は2008モデル28000キロ程走行のフルノーマル車で、今回、MTソレノイドバルブ

清掃プラン、キャタライザー取付け、メイン、ミッションのコンピューターチューンを一気に

行いました。

ソレノイドは結構、汚れておりましたが、バルブのキズやシャフトの削れは全くありませんでした。

クラッチ調整時の油圧も7,5キロ、ビシッと掛かっていました。

パワーもしっかり出ました。素晴らしいラインです。

遠い所を有難うございました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013ベース改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.44→0.96Kg/cm2
614.4PS 87.2Kg

パワーチェックグラフ
−松山発 新車のような2008−R35を一気にチューニング−


愛媛県N様R35は、今治のSHOP様からの依頼でMTソレノイドバルブ清掃プラン、キャタ、

マフラー、CPUを一気にチューニングさせて頂きました。

この車なんと3000キロ程しか走ってなく、ソレノイドの周辺はカスはありましたが、超綺麗でした。

クラッチ調整時のミッション油圧も7,5キロビッシリ!!何の問題もない車でした。

パワーグラフもバッチリ!

遠い所を有難うございました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010ベース改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013ベース改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.46→0.97Kg/cm2
615.4PS 89.8Kg

パワーチェックグラフ
−各務ケ原発 2010モデルR35をキャタ+CPUチューン−


岐阜県G様R35は2010モデル19000キロ走行のフルノーマル車です。

今回、キャタライザーを取り付けして、メイン、ミッションのコンピューターチューンを

行なって下さいました。

一発でバシッとパワー&トルクUPいたしました。

次回、MTソレノイドバルブ清掃プランをお勧めいたします。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2010モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
クラッチ調整
ブースト圧1.44→0.96Kg/cm2
621.8PS 88.2Kg

パワーチェックグラフ
−広島発 2013ノーマルR35をコンピューターチューン−


広島県M様R35は2013モデル6000キロ程走行の新車です。

今回、メイン、ミッションのコンピューターチューンを行いました。

ちなみにエンジンの組立者ネームは、うちの開発4号車と同じ人でした。

普通にしっかりとパワー&トルクUPいたしました。

遠い所を有難うございました。

ちなみに2011,2012,2013モデルに入力しているデータは1速から6速まで、しっかりと

グリップするようにブースト圧を変えております。

全てを公表していませんが、かなりのハイテクでよ。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2013モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
クラッチ調整
ブースト圧1.42→0.99Kg/cm2
609.1PS 85.7Kg

パワーチェックグラフ
−豊明発 フルノーマルR35をソレノイド清掃+CPUチューン−


愛知県O様R35は2008モデルフルノーマル15000キロ走行で、今回、MTソレノイドバルブ清掃プランと

メイン、ミッションのCPUチューンを行なって下さいました。

ソレノイドのキズはありましたが、大した事はなく、カスは普通でシャフトの削れも少なかったです。

クラッチ調整時のMT油圧が7,5キロ、ビシッと掛かっていたので全く問題の無い車だと思います。

次回、キャタライザーやマフラーetc排気系チューンを行うと、もっと良くなりますよ!
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.37→0.91Kg/cm2
591.2PS 82.9Kg

パワーチェックグラフ
−福知山発 9万キロ走行のR35はどう変化しているか!?−


京都府S様R35は2008モデルで走行が9万キロを突破しております。

初期の頃から当社でコンピューターチューンして下さり、ECU-TEKソフトを導入した際に

ファーストテストをしたのも、この車です。

今回、キャタライザーを交換し、コンピューターデータのヴァージョンUPをいたしました。

ロギングデータでは、インジェクター開弁率は96%、エアフロ電圧も高く、615psは確実に

出ていると思います。

しかし、ピレリータイヤだったので立ち上がりからズーッとスリップしながら回ってました。

7000rpmでようやくグリップを取り戻している感じでした。

あと、走行距離が増えてくると、ノッキングが少し出易くなっているようです。

点火マップを少々改善しました。

それと、純正クリーナーのフィルターがご覧の汚れです。

定期的に新品交換いたしましょう。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2010モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2012モデル改 ローンチ無し
日産 フィルター
ブースト圧1.43→0.95Kg/cm2
591.7PS 85.7Kg

パワーチェックグラフ
−和歌山伊都発 元に戻って感激のR35お勧めチューンー


和歌山県B様R35は、つい先日、キャタ交換、メイン、ミッションCPUチューン

MTソレノイドバルブ清掃プランetc を一気に行なってくださったのですが

なぜかちょっとパワーが足りませんでした。

しかし、B様にとっては相当良い走りに変身してくれたので、気を良くされて

マフラーもすぐに交換となりました。

これでようやく本来のパワー&トルクに戻った感じです。

やっぱり、高回転をバンバン回してやらないと、この車は回らない特性に

なっちゃうのかも知れませんね。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.36→0.92Kg/cm2
628.6PS 87.7Kg

パワーチェックグラフ
−枚方発 インタークーラ交換+新データで大幅パワーUPのR35−


大阪府T様R35は2009モデルで15万キロ程走り抜いたので、つい先日、新品エンジンに

ピストン、コンロッドを組み込みBB700タービンを装着しました。

今回、TRUSTのタイプ29インタークーラーに変更し2010ベースの新データを作成して

セッティングいたしました。

BB700Uタービンの能力を最大限、発生させてしまいました。

T様も我々もとても驚きました。

新データは1200psクラスのフルチューンでも完璧なセッティングが可能です。

安心してお任せ下さい。
 

SPEC
HKS 鍛造ピストン・H断面コンロッド
TRUST 80φサクションKIT改・タイプ29インタークーラー・強化アクチェーター・キャタライザー・マフラー
トップシークレット BB700Uタービン
SARD 900ccインジェクター・275L燃料ポンプ×2
BLITZ D-SBCidV
オリジナル メインCPUプログラム 2010モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2012モデル改 ローンチ無し
ブースト圧1.66→1.43Kg/cm2
803.7PS 93.9Kg

パワーチェックグラフ
−佐野発 フルノーマルR35をメンテナンス一式+CPUチューン−


栃木県O様R35は10000キロ走行の2008モデルフルノーマル車で、今回、MTソレノイドバルブ清掃

プランとオイル交換フル一式、ポップUPキャンセラーそしてメイン、ミッションのコンピューター

チューンをさせて頂きました。

ソレノイドのカスは普通でダメージは全くありませんでした。

この日は、湿度が異常に高くもうちょっとパワーが出ませんでしたが585〜590ps位だと思います。

遠い所を有難うございました。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ有り
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.38→0.91Kg/cm2
581.0PS 82.6Kg

パワーチェックグラフ
−高岡発 納車3日後、即攻チューンR35−


富山県M様R35は2008モデル12000キロ走行のフルノーマルで、納車3日後に、即攻チューンを

開始いたしました。

MTソレノイドバルブ清掃プランとキャタライザー交換、そしてメイン、ミッションのコン

ピューターチューンと正にツボを押されたチューニングです。

この日は、湿度が異常に高く、目標パワーは出ませんでしたが、インジェクター開弁率から

615ps位は出ているでしょう。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2010モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ無し
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.45→0.96Kg/cm2
609.5PS 86.7Kg

パワーチェックグラフ
−大阪発 ミッションO/HからCPUチューンへステップアップR35−


大阪府O様R35は2008モデルで、先日、ミッションO/H予防調整強化プランと新ミッションデータを

入力してくださいました。

今回は、キャタライザー、マフラーを交換してメインコンピューターをチューンして下さいました。

一気にパワー&トルクアップいたしました。

これで、不安なく乗れる安心のR35になったと思います。

それにしても、最近RH9のチタンマフラーが良く売れております。
 

SPEC
SARD キャタライザー前期
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2012モデル改
ミッションO/H予防調整強化プラン
ブースト圧1.45→0.94Kg/cm2
622.2PS 88.7Kg

パワーチェックグラフ
−R35モデル開発4号車が初の640ps超え!!−


当社ワークス4号車2013モデル コードネーム”GT-悪”にキャタライザー、マフラー、

DOCオイルクーラーを装着し、データも排気チューンに合わせて作成し、パワー計測してみました。

驚きの640psオーバーとなりました。

インジェクター開弁率99%で正に使い切りといった感じです。

写真のグラフは点火の進角、遅角のロギングデータで1°や2°の進角をしてくれている

状態です。ノックリタードはしておりませんので、超安心です。

これで、2011モデル、2012モデル、2013モデル用のフルノーマル専用データ、排気

チューン用データが、完成しました。

自信を持ってお勧め出来る逸品です。
 

SPEC
TRUST キャタライザー・DCTオイルクーラー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2013モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改
ブースト圧1.47→1.01Kg/cm2
644.1PS 90.7Kg

パワーチェックグラフ
−神戸発 ニスモCPUから当社CPUチューンに変更R35−


兵庫県H様R35は2008モデルでズーッとニスモのレンタルコンピューターチューンだったのですが

当社のCPUチューンに試乗して驚かれニスモへ返却してコンピューターチューンいたしました。

同時にTRUSTのキャタライザーも装着いたしました。

H様の要望でDレンジに入れて静止している時、ブレーキを踏まなくても止まっているように

クラッチ調整時のポイント値を変更しておきました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2010モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改
クラッチ調整
ブースト圧1.46→0.95Kg/cm2
627.9PS 88.3Kg

パワーチェックグラフ
−寝屋川発 超程度の良い2009ーR35を一気にパワーUP−


大阪府K様R35は2009モデル10000キロ程走行のフルノーマル車で、今回

MTソレノイドバルブ清掃プラン+キャタ、マフラー交換、メイン、ミッションのCPUチューンを行いました。

ソレノイドバルブのカスは少なく、キズも無く、シャフトの削れも全くありませんでした。

シャーシダイナモで回していても「アッ、これは違うぞ!」って感じる位

吹けの良い車になりました。

TRUSTキャタライザーとRH9チタンマフラーの組み合わせは最強か?!と思いました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.47→0.96Kg/cm2
637.5PS 91.0Kg

パワーチェックグラフ
−鳴門発 すぐさまキャタ交換でパワーUPチタニウムR35−


徳島県O様R35は、つい先日、コンピューターチューンして下さったのですが、

気を良くされてか?すぐにキャタライザーのオーダーを頂きました。

メインCPUのデータもバージョンUPして計測したら、しっかりとパワー&トルクUPいたしました。

写真のグラフはCPU上でのトルクアクチャルロギングデータでして、シャーシ

ダイナモのトルクグラフと全く同じとなっておりました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2010モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改
ブースト圧1.45→0.95Kg/cm2
627.8PS 91.3Kg

パワーチェックグラフ
−岸和田発 キャタ交換+2013ベースデータ投入の2012・R35−


大阪府M様R35は2012モデルで、まだ4800キロ程しか走っておりません。

フルノーマル時、コンピューターチューンはしてくださっており、今回、SARDの

キャタライザーを装着して2013モデル改のメインCPUプログラムを入力しました。

写真のグラフはブースト圧の推移グラフです。

1,4キロ掛かって我慢して、最終1,01キロまでタレてくる感じです。
 

SPEC
SARD 前期キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2013モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2012モデル改
ブースト圧1.41→1.01Kg/cm2
624.0PS 88.6Kg

パワーチェックグラフ
−広島発~ソレノイドが間一髪セーフR35をCPUチューンー


広島県A様のR35は2008年モデル41000キロ程走行で、TRUSTのキャタとマフラーが装着されております。

今回、ミッションソレノイドバルブ清掃プランとメイン、ミッションのCPUチューンを行いました。

ソレノイドバルブに強烈なキズが入っておりましたが、指でなぞった時に段つきが無かったので

間一髪セーフでした・・・危ない所でした。

この車にも新しいデータを入れて完璧にしました。

次回、DCTオイルクーラーをお考えのようですが、お待ちしております。

遠い所を有難うございました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー・マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2010モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.46→0.95Kg/cm2
620.8PS 86.6Kg

パワーチェックグラフ
−和歌山伊都発 パワー不足だったR35をキャタ交換でリカバー−


和歌山県B様R35は2008モデルフルノーマルで、MTソレノイドバルブ清掃プランと

メインとミッションのCPUチューンを行ったのですが、何度計測しても560psしか

出なくて???となりました。

ロギングデータを検証してもブースト圧がちょっと低い位で、何も悪い所はありませんでした。

触媒が相当に目詰りしていると思えたのでB様と相談の上、キャタライザー交換をしてみました。

すると、何とか想定内のパワー&トルクに復帰したのです。

あとは、高回転をタマに回していればもっと良くなるでしょう!
 

SPEC
TRUST キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2010モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.42→0.91Kg/cm2
607.0PS 87.4Kg

パワーチェックグラフ
−福井発 キャタ交換+新データでパワーUPのR35−


福井県N様R35は2009モデルで、既に当社のコンピューターチューンがされております。

今回、TRUSTのキャタライザーに交換して2010モデル改の新データVer5を入力いたしました。

やはり、一発でポンと出ました。

RH9の黒カーボン艶有り赤スイッチのステアリングも取り付けいたしました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム 2010モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2012モデル改
ブースト圧1.45→0.95Kg/cm2
625.9PS 87.2Kg

パワーチェックグラフ
−吹田発 フルノーマルR35に新Ver5データ投入−


大阪府H様R35は22000キロ程走行の、フルノーマル2008モデルで、今回、メイン、ミッションの

コンピューターチューンを行いました。

先日、当社の開発1号車(キャタ、マフラー付き)で製作したデータを基に

点火タイミングと燃料マップ、そしてコントロールマップを変更しました。

常時、全く回していないらしいですが回し続ければもっと良くなるでしょう!

次回、フロントマスクシステムに標準を絞っているようでした。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2010モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改
クラッチ調整
ブースト圧1.34→0.93Kg/cm2
584.1PS 82.4Kg

パワーチェックグラフ
−福知山発 R35大幅リニューアル+最新テクノロジー注入−


京都府W様R35は2008モデルで、既に当社でブーストUPされていたのですが、

今回、大幅にパーツ変更し最新マシンにいたしました。

TRUSTのキャタ、RH9のチタンマフラーを装着しましたが、良いサウンドですよ〜。

シャーシで回していても明らかに乗り味が違いました。

車は2008モデルですが、エンジンは2010モデル改で動かし、ミッションは2013

モデル改で連動されております。

凄く良い仕上がりです。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
RH9 チタンマフラー・カーボン艶有り赤ステッチステアリング
オリジナル メインCPUプログラム 2010モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改
クラッチ調整
ブースト圧1.43→0.94Kg/cm2
628.4PS 90.5Kg

パワーチェックグラフ
−開発1号車で新開発Ver5データを煮詰めました−


ECU-TEK社のR35用編集ソフトが大幅バージョンUPしました。

今迄は、ENG負荷が100%までしか枠組みが無かったのですが、200%まで増えた大きなマップとなりました。

これだと、ブースト圧が1,0キロ、1,2キロ、1,4キロとそれぞれのブースト圧に対して

読む場所が変わってくれるので、どんなブースト圧にしてもピッタリの適正値にする事が可能になりました。

又、今迄は4X4のメイン点火マップに対して16X16のトリミングマップ方式(何度マイナス

していくか!?)でしたが、初めから何度の点火時期と任意の数値を入力出来るようになりました。

これにより、理想的な点火推移となり、下から上まで強烈な走りとなりました。

このパワーグラフは滑っていての状態です。

そして、このデータは2010モデル用データ(JW90A)をベースに改造して入力しました。

2007,2008,2009,2010モデルには、この先このデータをプログラミングして皆様に凄い

走りを味わって頂きます。
 

SPEC
SARD キャタライザー前期
TRUST マフラー
オリジナル メインCPUプログラム 2013モデル改 Ver5 ローンチ対応
ミッションCPUプログラム2013モデル改
ブースト圧1.50→0.96Kg/cm2
609.2PS 88.7Kg

パワーチェックグラフ
−開発4号車(2013モデル)にVer5データテスト−


当社2013モデル開発4号車(フルノーマル)に2011,2012,2013モデル用のVer5データを作成しテストしました。

このデータの特長はノッキングリタードは勿論ですが、ノッキングが全く無い領域で

点火を自動進角させて適性化させる最新テクノロジーが注入されました。

写真のノックコレクションで2と出ているのは2度進角させているという事です。

これだとギリギリの点火マップを造る必要が無いので助かりますネェ〜。凄いです!

次回は、キャタライザーとマフラーを交換してテストいたします。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム 2013モデル改 Ver5
ミッションCPUプログラム2013モデル改
クラッチ調整
ブースト圧1.43→1.00Kg/cm2
619.3PS 86.5Kg

パワーチェックグラフ
−東大阪発 フルノーマルR35をコンピューターチューン−


大阪府S様R35は、2008モデルで16000キロ走行のフルノーマル車で、今回、

保証も切れた事だし、まずはコンピューターチューンする事になりました。

余り回していない事を心配されてましたが、何の問題もありませんでした。

ただ、クラッチ学習をしている時の振動が非常に大きかったので、早めに

MTソレノイドバルブ清掃プランを行った方が良いと感じました。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム Ver4
ミッションCPUプログラム2013モデル改
クラッチ調整
ブースト圧1.34→0.94Kg/cm2
590.4PS 81.9Kg

パワーチェックグラフ
−姫路発 車屋さんからの依頼でR35をチューニング業販−



兵庫県U自動車様からの依頼で3000キロしか走っていない2008モデルR35をチューニングいたしました。

MTソレノイドバルブ清掃プランとTRUSTのキャタ取付け、KSPの15mmジュラルミンスペーサー

取付とメイン、ミッションのCPUチューンです。

さすが、ソレノイドは全く問題ありませんでした。

パワーも充分に出ました。

車屋さんからの依頼も喜んで引き受けておりますので、ご相談下さい。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム Ver4
ミッションCPUプログラム2013モデル改
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.49→0.99Kg/cm2
634.5PS 90.8Kg

パワーチェックグラフ
−岡崎発 予防調整強化プラン+CPUチューンR35−


愛知県H様R35は2008モデルフルノーマル、29000キロ程走行の車です。

保証も切れた事だし、これから改造するに当たり、不安なミッションを完璧にしておこう!

とミッションO/H予防調整強化プランを行なってCPUチューンいたしました。

Cリング強化、フィルター清掃、オイル通路拡大、クラッチクリアランス調整、ソレノイド

バルブ清掃etcを一気に行い、安心感で満たされたようです。

パワーもしっかり出ました。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム Ver4
ミッションCPUプログラム2013モデル改
ミッションO/H予防調整強化プラン
ブースト圧1.39→0.94Kg/cm2
601.5PS 85.4Kg

パワーチェックグラフ
−世田谷発 R35フルノーマルをコンピューターチューン−


東京都T様R35は2008モデル27000キロ程走行のフルノーマル車で、今回、ローンチコントロール対応

データを入力いたしました。

クラッチ調整をしていて感じたのは、その時の振動(油圧を上げてクリアランスを測っている)が

過去最強でして、これはMTソレノイドバルブ清掃プランをしてもらったほうが良い!でした。

お忙しいし、遠いですが、なんとかお越しこださいませ!
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム Ver4 ローンチコントロール対応
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチコントロール対応
クラッチ調整
ブースト圧1.40→0.94Kg/cm2
604.8PS 84.0Kg

パワーチェックグラフ
−高松発 ローンチ対応CPUチューン+ブレーキ交換R35−


香川県H様R35は2008モデル2008モデルで4万キロ程走っておられます。

今回、ローンチコントロール対応のメイン、ミッションのCPUチューンとエンドレスの

ブレーキパット交換を行いました。

第1触媒は純正で第2のみ5次元のキャタライザーになってますが充分にパワーUPしました。

保証も切れた事だし、チューニングを進めていくつもりだ!とおっしゃられておりました。
 

SPEC
5次元 第2キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム Ver4
ミッションCPUプログラム2013モデル改
クラッチ調整
エンドレス MX72ブレーキパット
ブースト圧1.44→0.94Kg/cm2
616.1PS 91.4Kg

パワーチェックグラフ
−蒲郡発 R35にローンチ対応 メイン、ミッション データ入力−


愛知県O様R35は2008モデル フルノーマルで20000キロ走行です。

今回、メインとミッションのCPUデータを入力いたしました。

写真のようにクラッチ学習をしている時のTMOILPRESは7kg/cm2以上かかっていると問題ありません。

MTオイルがシャバシャバだったり、中のガスケットが抜けてたりすると、ここまで掛かないので、

目安になります。

パワー&トルクは普通に出ました。

次回、キャタライザーetcをお考え下さい!
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム Ver4 ローンチコントロール対応
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチコントロール対応
クラッチ調整
ブースト圧1.44→0.94Kg/cm2
589.4PS 85.7Kg

パワーチェックグラフ
−大阪発 凄く出た!当たりENGのR35−


大阪府O様R35は2008モデル19000キロ程走行のフルノーマルで、今回ブレーキパット交換、

キャタライザー交換、メイン、ミッションのコンピューターチューンを行いました。

余りにも出るので3回計測しましたが、全て630psオーバーでした。

これは当たり!としか言いようがありませんネ。

ブレーキパットはエンドレスのMX72で、ここ最近の定番となりつつあります。

次回は、MTソレノイドバルブ清掃プランをお考え下さい。

エンドレス MX72ブレーキパット前後 T=59000→\53100円 取り付け\20000円

税込総額 \76755円
 

SPEC
TRUST キャタライザー
オリジナル メインCPUプログラム Ver4
ミッションCPUプログラム2013モデル改 ローンチ非対応
クラッチ調整
ブースト圧1.49→0.96Kg/cm2
634.0PS 93.7Kg

パワーチェックグラフ
−熊本発 MTトラブル修理+パワーUPのR35−


熊本県Y様のR35は2008モデルでMT油温が少し上昇するとチェックランプが点灯し

1,3,5速が入らなくなり、当社に持ち込まれました。

トラブルコードでは、MT内部のオイルプレッシャーセンサーで、油温が60°位に

なると5V全開になってしまい、チェクを点灯させているようでした。

この部品はNEKOの金子さんを通じて入手し、解決しました。

当然、予防調整強化プランも同時施工し、ガタのあったフライホイールハウジングも新品交換いたしました。

ミッションCPUのデータは2013モデル改を入力し、SARDキャタライザーも装着し

一気にパワーUPいたしました。
 

SPEC
SARD キャタライザー前期
TRUST マフラー
オリジナル メインCPUプログラム Ver4
ミッションCPUプログラム 2013モデル改
ミッションO/H予防調整強化プラン
日産 フライホイールハウジング2013モデル
ブースト圧1.47→0.95Kg/cm2
613.4PS 91.8Kg

パワーチェックグラフ
−鳴門発 MTソレノイド清掃+CPUチューン渦潮R35−


徳島県O様R35はチタニウムゴールドの2008モデル フルチューンで、今回MTソレノイドバルブ

清掃プランとメイン、ミッションのCPUチューンをして下さいました。

ソレノイドバルブのカスはそれなりでしたが、シャフトの削れもバルブのキズも無く、とても

程度が良かったです。

この車にも、2013モデル改新MTプログラムを入力しました。

次回、キャタライザーの交換がお勧めです。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム Ver4
ミッションCPUプログラム 2013モデル改
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.40→0.93Kg/cm2
591.2PS 81.5Kg

パワーチェックグラフ
−徳島板野発 MTソレノイド+キャタ+CPUチューンR35−


徳島県T様R35は2008モデル7000キロ程走行のフルノーマルカーです。

今回、MTソレノイドバルブ清掃プランと、キャタライザー取付、メインとミッションのCPUチューンを行いました。

ソレノイドバルブのカスは多めですが、キズも無くシャフトの削れもありませんでした。

この車も2013モデル改のMTデータを入力しました。

時折、むむ??と感じた時、タイヤエア圧をチェックしてみて、少ない時は足しております。

特にBSタイヤの場合はダンロップより高目じゃないと乗り心地が悪いようです。

この車も少なかったです。
 

SPEC
SARD キャタライザー前期特注
オリジナル メインCPUプログラム Ver4
ミッションCPUプログラム 2013モデル改
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.50→0.96Kg/cm2
614.8PS 91.1Kg

パワーチェックグラフ
−海津発 ホワイトLEDで大変身R35−


岐阜県K様のR35は2008モデルフルノーマルで、今回メーター回りのイルミネーションを

出来る限りホワイトLEDに打ち替え、新挑戦でドアパネルも打ち替えに成功いたしました。

2011モデル以降っぽくなって、とても良い感じです。

又、メインとミッションのコンピューターチューンも行いました。

ローンチコントロール対応です。

次回はMTソレノイドバルブ清掃プランをお考え下さい。


(オリジナル)LEDイルミネーションフルSET     140,000    30,000

(オリジナル)ドアパネルイルミネーション左、右  10,000(一括作業時の価格です)15,000
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム Ver4
ミッションCPUプログラム 2012モデル改
クラッチ調整
ブースト圧1.41→0.94Kg/cm2
585.1PS 84.7Kg

パワーチェックグラフ
−姫路発 世界初、2013モデル改MTデータ+ローンチ対応に成功−


兵庫県Y様R35は2008モデル フルノーマルの走行45000キロ程の車です。

今回、メインとミッションのコンピューターチューンする事になり、初めて2013モデル

MTデータの改造版を入力し、大成功いたしました。

ローンチコントロールにも成功いたしました。

しかし、まだMTソレノイドバルブ清掃プランを施行していないので、これをお早めにお願いします。

2013ベース改は、負圧域は更にマイルドになり、正圧域はシャープに変身していますよ。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム Ver4
ミッションCPUプログラム 2013改
クラッチ調整
ブースト圧1.40→0.94Kg/cm2
597.4PS 87.5Kg

パワーチェックグラフ
−札幌発 キャタ交換されたR35をコンピューターチューン−


北海道Y様R35は2008モデル19000キロ程走行で、TRUSTのキャタライザーが装着されております。

お仕事柄お忙しいので、出張データー入力サービスいたしました。


 関西空港ー新千歳空港 JAL 往復&JRタワーホテル日航1泊宿泊のパック代金…\33,900

 JR京都ーJR関空 特急はるか往復・・・\6,560

 JR新千歳ーJR札幌 エアポート往復・・・\2,680

 合計               \43,140-


JR京都駅を基点として、格安パックを探して\43,140の交通費をY様から頂きました。

ちなみに作業終了後、Y様から走りが激変した事の喜びのメールを頂いておりました。

有難うございました。


(オリジナル)メインCPUプログラム・・・・・\183,000

(オリジナル)ミッションCPUプログラム・・・¥65,000
   (クラッチ調整含む)

   合計(税込)・・・・・・・・・・・・・¥260,400−

本日Y様よりメールを頂きましたのでご紹介いたします。

Y様御丁寧なメール本当に有難うございます。

又のステップUP御待ちしております!
 

2013年4月22日に横山代表に来札頂き、CPUチューンして貰いました。

27日に日産〇stageの担当者やメカニックにも車を運転してもらいましたが、

「すごく早くなった。」

「ミッションの切り替えのマナーが良い。」

「早すぎて危ない。」

「RSターボをチューンアップした時みたいな懐かしい吹け上がり。」

「34GT-R Zチューンより加速が良い。」等、

いい年をした オジサン達が会社の事も忘れて喜んでいる様にチューンアップした

甲斐があったと思いました。

車好きには会社の縛りも関係ないみたいですね。

今後はソレノイドバルブの清掃とトラストマフラーへの交換のために貯金していくことにします。

この度は大変有り難うございました。
 

−南河内発 着実にステプUPを重ねる河内R35−


大阪府T様R35はアルミタイヤ、ホイールをご購入下さり、MTソレノイドバルブ清掃プランも

行なって下さり、今回コンピューターチューンに進んで下さいました。

SARDの前期型キャタライザーの抜けの良さも手伝い620ps仕様になりました。

次なるステップUPは何でしょうか?
 

SPEC
SARD キャタライザー前期
5次元 80φマフラー
オリジナル メインCPUプログラム
ミッションCPUプログラム
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.49→0.96Kg/cm2
622.2PS 92.3Kg

パワーチェックグラフ
−那須塩原発 MTソレノイドバルブ清掃+CPUリセッティングR35−


栃木県T様R35は2007モデルで、昨年のR'sミーティングの時に出張データー入力サービスを行った車です。

今回、MTソレノイドバルブ清掃プランを行い、メインCPUのデーターは最新Verを入力してあげました。

ソレノイドはカスは多く少しキズもありましたがシャフトの削れも無く問題ありませんでした

遠い所を有難うございました。
 

SPEC
SARD キャタライザー後期
アミューズ チタンマフラー80φ
オリジナル メインCPUプログラム
ミッションCPUプログラム
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.49→0.95Kg/cm2
612.6PS 90.9Kg

パワーチェックグラフ
−釧路発 フェリーで搬送R35をパワーUPチューン−


北海道M様R35は2008モデルで25000キロ程の走行です。

キャタライザーとマフラーは装着されており、今回、オイル交換、MTソレノイドバルブ清掃プラン

メインとミッションのコンピューターチューンを行いました。

北海道の苫小牧東港から福井県の敦賀港を結ぶ定期便フェリーがあるため、北海道の皆様はこの

フェリーを利用して当社でチューニングして下さっております。

パワーグラフは綺麗でパワーもトルクもしっかり出ました。

<R35の場合>

  苫小牧東←→敦賀のフェリー無人往復費・・・\54,900円
               (往復割引)

  福井店←→敦賀港の引取り、持ち込み費・・・\14,300円

  合計(税込)・・・・・・・・・・・・・・・\72,660円
 

SPEC
SARD キャタライザー
APEX マフラー
オリジナル メインCPUプログラム
ミッションCPUプログラム
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.49→0.96Kg/cm2
617.5PS 93.0Kg

パワーチェックグラフ
−富山発 フルノーマルR35をコンピューターチューン−


富山県S様R35は60000キロ近く走っているフルノーマル2008モデルで、今回、メイン、ミッションの

コンピューターチューンとMTソレノイドの清掃プランをいたしました。

回していて感じたのは「余り、高回転を使っていないな」でした。

一発目の計測で576psだったのと、回している時の手応えで「排気系にススが溜まっているゾ」と

思い、何度か回し続けて、通常パワーと通常トルクに戻しました。

北陸は、冬の間、飛ばせないからでしょうね。

次回、キャタライザー交換もお考えのようでした。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム
ミッションCPUプログラム
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.43→0.92Kg/cm2
585.1PS 85.7Kg

パワーチェックグラフ
−宇和島発 ソレノイド清掃+CPUチューンR35フルノーマル−


愛媛県H様R35は2008モデルフルノーマルで20000キロ程の走行です。

今回、大阪での仕事のついでに寄って頂き、MTソレノイドバルブ清掃プランとメインと

ミッションのCPUチューンを行いました。

ソレノイドの汚れはひどく、カスも多く、バルブは2ケ所キズがありました。

シャフトの削れは少なかったです。

相当、グォングォンがひどかったようで、これでスムーズに乗れるでしょう。

遠い所を有難うございました。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム
ミッションCPUプログラム
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.39→0.95Kg/cm2
592.3PS 83.9Kg

パワーチェックグラフ
−芽野発 キャタライザー交換でパワーUPのR35−


長野県H様R35は2008モデルで、以前アミューズのキャタ、マフラーの状態でコンピューターチューン

いたしました。

今回、TRUSUのキャタライザーに交換してデーターも最新バージョンを入力してリセッティングいたしました。

80パイサイズの細い方のマフラーでしたが、ちゃんと出ました。

同時に車検整備一式もさせて頂きました。

いつも遠い所を有難うございます。
 

SPEC
TRUST キャタライザー
アミューズ 80φチタンマフラー
オリジナル メインCPUプログラム
ミッションCPUプログラム
ブースト圧1.51→0.95Kg/cm2
616.5PS 93.8Kg

パワーチェックグラフ
−大阪発 エンジン強化+BB700Uに一新チューンR35−


大阪府T様のR35は2009モデルで、奥様と各地の温泉旅行へ行かれるのが趣味なようで

13万キロ以上 走られております。

今回、エンジンも強化してタービン交換する事になり、新品ブロックに鍛造ピストン

H断面コンロッドを入れて強化しました。

インジェクターはSARD製900cc、ポンプもSARDの275L/Hの定番でTRUSTのDOCオイルクーラーも

装着しました。

まだ、完全に当たりは完全に出ておりませんが、右肩上がりのパワーラインとなりました。

上まで速いです。
 

SPEC
HKS 鍛造ピストン・H断面コンロッド
トップシークレット BB700Uタービン
TRUST 強化アクチェーター・80φサクションKIT改・キャタライザー・マフラー・DCTオイルクーラー
SARD 900ccインジェクター・275L燃料ポンプ
BLITZ D-SBCidV
オリジナル メインCPUプログラム
ミッションCPUプログラム
ブースト圧1.69→1.53Kg/cm2
751.8PS 89.0Kg

パワーチェックグラフ
−大阪発 2012モデルR35をコンピューターチューン−


大阪府K様R35は2012モデルフルノーマルで、まだ2400キロ程しか走っておりません。

キャタもマフラーも交換しちゃおうか?悩まれたようですが、まずはメインとミッションの

コンピューターチューンを行なって下さいました。

バッチリ、パワ&トルクUPいたしました。

次回、キャタ、マフラーをお考え下さい!
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム
ミッションCPUプログラム
クラッチ調整
ブースト圧1.43→1.00Kg/cm2
617.3PS 87.0Kg

パワーチェックグラフ
−岡山発 2012モデルR35にBB700タービン交換−


岡山県M様R35は2012モデルで既に当社でコンピューターチューンは行なっており

今回、BB700Uタービン交換とソレノイドバルブ清掃プランを行いました。

キャタライザーの抜けが悪かったのとDCTオイルクーラーが未装着なので、連続で

シャーシダイナモを回すと、クラッチ温度上昇のセーフティモードに入ってしまい苦労しました。

キャタの抜けが悪く、マフラーが少し細いためトルクは出ますが、パワーがもうちょっとでしたね。

ここを変更すれば、もっと下からドカンと立ち上がるでしょう!
 

SPEC
TRUST 80φサクションパイプKIT改・強化アクチェーター
トップシークレット BB700Uタービン
SARD 900ccインジェクター・275L燃料ポンプ
某ショップ キャタライザー
マインズ 80φマフラー
BLITZ D-SBCidV
オリジナル メインCPUプログラム
ミッションCPUプログラム
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
日産 純正インタークーラー
ブースト圧1.75→1.55Kg/cm2
750.0PS 95.3Kg

パワーチェックグラフ
−札幌発 フルノーマルR35をお勧めブーストUPへ一気−


北海道O様R35は2008モデルフルノーマルで8900キロの走行です。

今回、陸送会社を使って車両を送って下さいました。

キャタライザー、マフラーを取付けして、メインとミッションのCPUチューンを行いました。

インジェクター開弁率が102%でノッキングリタード皆無の完璧にパワー&トルクが出ているマシンに

変身いたしました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー・マフラー
オリジナル メインCPUプログラム
ミッションCPUプログラム
クラッチ調整
ブースト圧1.50→0.99Kg/cm2
620.4PS 92.2Kg

パワーチェックグラフ
−川崎発 ソレノイド清掃+オイルパン+一気のパワーUPのR35−


神奈川県S様R35は2008モデルフルノーマルで、今回、MTソレノイドバルブ清掃プラン一式に

TRUSTのオイルパンを装着して、キャタライザー交換、そしてメインとミッションのコンピュ

ーターチューンを行いました。

ソレノイドバルブに少しキズが入ってしまいましたが問題ありませんでした。

このTRUSTのオイルパンは、効果があるのでしょうか!?検証したいですネ。

インジェクター開弁率は98%!

しっかりパワー&トルクしました。

遠い所を有難うございました。
 

SPEC
TRUST キャタライザー・MTオイルパン
オリジナル メインCPUプログラム
ミッションCPUプログラム
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
ブースト圧1.50→0.96Kg/cm2
619.7PS 91.5Kg

パワーチェックグラフ
R35 GTR情報 VOL19
現在ページはVOL19です。
VOL1 VOL2 VOL3 VOL4 VOL5 VOL6 VOL7 VOL8 VOL9 VOL10
VOL11 VOL12 VOL13 VOL14 VOL15 VOL16 VOL17 VOL18 VOL19 VOL20
VOL21 VOL22 VOL23 VOL24 VOL25