R35 GTR情報 VOL11
現在ページはVOL11です。
VOL1 VOL2 VOL3 VOL4 VOL5 VOL6 VOL7 VOL8 VOL9 VOL10
VOL11 VOL12 VOL13 VOL14 VOL15 VOL16 VOL17 VOL18 VOL19 VOL20
VOL21 VOL22 VOL23 VOL24 VOL25
各ページに情報が満載しています・・・
京都発~フルノーマルのR35のCPUをバージョンUP


京都府T様のR35は、2008年モデルで走行19200キロで当社のメインCPUプログラム ミッションCPUプログラム

を入力して527馬力で走っておられましたが、友人のS様がECU-TEKベースのデータを入力して

580馬力強を発生し「これは、凄いぞ!お前もやれ!」と言われて今回バージョンUP致しました。

T様曰く、「Sを出し抜いてマフラー交換したろかな!?」・・・御待ちしております。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム ECU-TEKベース
ミッションCPUプログラム スペックV改
クラッチ調整
ブースト圧1.38→0.90Kg/cm2
589.1PS 82.7Kg

パワーチェックグラフ
ブリヂストン・ダンロップのタイヤ大量入荷


ブリヂストンのRE070R-1とダンロップのGT600は大量入荷しました。

今回の販売価格は

BS RE070R-1 F255/40/20 R285-35-20の4本セット=220000(税別)

DL GT600   F255/40/20 R285-35-20の4本セット=260000(税別)

となっており、

BS 残り3SET  DL 残り6SET  (2011-10-12現在)

尚、組み換えバランス工賃は 4×7000円=\28000(税別)

無くなる場合は一気に売れてしまうのでお早めにご注文下さい。
 

大阪発~フルノーマルR35にCPUのみチューニング


大阪府M様のR35は2008年モデルで走行は27000キロ程です。

今回メインCPUとミッションCPUのチューニングを行いました。

外見は全くのフルノーマルだけど、いざ走るとブーストUP仕様とタメを張れるほどに変身致します。

事情があって見た目ノーマルで乗っておられる方に超お勧めです。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム
ミッションCPUプログラム スペックV改
クラッチ調整
ブースト圧1.38→0.94Kg/cm2
588.5PS 81.7Kg

パワーチェックグラフ
新潟発~ディーズモータースポーツさんでR35のCPUチューン


エンジンオイルメーカー”リキモリ”の荒川氏の紹介で、新潟県長岡市にある”ディーズモーターシポーツ”さん

と言う、ポルシェの専門店からR35のコンピューターチューン依頼を受け、出張取り付けをして来ました。

フルノーマル車対応でお勧めしているECU-TEKベースのデータは車上でなければ書き換えが出来ません。

今回、メインCPUプログラム・ミッションCPUプログラム・クラッチ調整を行ってきました。

最終確認を代表の須藤氏に試乗してもらった所、

「立ち上がりのトルク感が凄いですね〜これならお客様も喜びます」と嬉しそうでした。

オリジナル メインCPUプログラム ECU-TEKベース  \173000
      データ入力費             \ 10000
      ミッションCPUプログラム スペックV改 \ 60000
      クラッチ調整             \  5000

税込総合計                    \260400
 

CLUB-RH9主催R35ミッションO/H講習会


先日、長野県小諸市にあるNEKOコーポレーション(金子謙二代表)にてRH9メンバー25社28名が集まり、

R35ミッションのオーバーホール予防、調整、強化プランを学習しました。

石川TMワークスとフェニックスパワーからMTが持ち込まれ、金子代表が実戦指導し、過去経験あるメンバー

からの補足説明も入り、非常に中身の濃い勉強会となりました。

R35のミッション本体は、クラッイ部パート、ミッションギアパート、デフ部パートに大別され、

このMTオーバーホール 予防 調整 強化プランは、クラッチ部パートを徹底的に分解して

ミッションギアパートは大事な部分だけを見直す作業です。

作業内容

1・ソレノイドバルブのカス清掃
2・Cリングを強化品に交換
3・6速ソレノイド保護キャップ
4・クラッチ部のクリアランスに対してプレートを入れる×2
5・プルケースオイルシールの確認×2
6・オイルポンプ部のメタルガスケットのビニール部を一部削除する
7・オイル通路の穴を一箇所拡大する
8・油圧をUPする為のシム増し×2
9・ストレーナーの汚れを洗浄×2
10・オイルポンプガイドの出っ張りを確認

*・ETS部に不具合がある場合は、別途ETSオーバーホールも可能です。

11・ミッションオイル交換

上記メニューにMT脱着工賃を含め税込420000円で行っています。

こういったお客様にお勧めです。

1・走行距離が5万キロに近づいてきた方
2・サーキット走行をされる方
3・静止状態から発進する際にグォングォンよ動き出す車

走行距離が増えると必ずクラッチディスクが減るのでこのメニューを行わないと悪い症状は治りません。

いずれ必ず行わなければいけなくなるので、悪くなってしまう前に予防、調整、強化を行いましょう!

フェニックスパワーでは、MT分解の為に専用工具を多数取り揃えて、万全の体制で作業しております。
 

岐阜発~薬師寺モータースで取材を受けたR35


岐阜県H様のR35は2008年モデルのフルノーマルで走行は31000キロ。

今回はエンジンオイル交換、デフオイル交換、ミッションソレノイドバルブ清掃プラン、そしてメインCPU

ミッションCPUのプログラム変更を一気に行いました。

丁度、この日はテレビ番組「薬師寺モータース」のロケ日だったので、この模様を収録して頂きました。

ミッションのカスは過去トップレベルに付着しており、もう少しでヤバイ状況でした。

パワーチェックでは、まずスピードリミッターのみ解除して計測・・・こちら 503.5馬力 67.3キロトルク

その後、チューンドデータを入れて計測・・・こちら 585.5馬力 84.5キロトルク

比較馬力は・・・こちら

なんと82馬力ものパワーUPに成功しました。

フルノーマルのR35が580馬力!

事情があって見た目は改造できない方には是非お勧めですよ。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム
ミッションCPUプログラム
クラッチ調整
ミッションソレノイドバルブ清掃プラン
リキモリ エンジンオイル
オメガ フロント・リア・デフオイル
ブースト圧1.38→0.93Kg/cm2
585.5PS 84.5Kg

パワーチェックグラフ
藤原R35がDRAGマシーンと対決富士GTRミィーティング


9月18日(日)富士スピードウェイにてGTRミィーティングのメインイベントにて、神戸エンドレスのDRAG32GTRと

当社最高速SPEC藤原R35GTRがゼロヨン風の加速競争テストが行われました。

メインストレートのADVANアーチからパナソニックアーチまでの約500m区間での勝負でした。

当然負けると思っていましたが、そこそこ食らいつけるだろう・・・と考えていました。

し・・・しかし32GTRの軽いDRAGマシーンのドラッグスリックタイヤの瞬発力は予想以上でした。

こちらは、1速は何とかグリップして加速しましたが、2速に入れたら4輪スリップしてしまい前に進みませんでした

3速からグリップを取り戻し追撃を始めましたが、少ししか追いつきませんでした。

あれを抜き返そうとしたら後400mは必要でした。

今更ながらRB26の底力を知りました・・・(苦笑)

藤原R35のゴール地点での終速は258キロ・・・もし周回しながらの最高速トライをするとしたら、

最終コーナーを立ち上がって80キロなら330キロ位は出るように思いました。

藤原さんと相談して一度挑戦しようか検討中です。
 

和歌山発~R35お勧めブーストUP仕様にステップUP


和歌山県T様のR35は、今迄排気系ノーマルのままコンピューターチューンを行って下さいました。

今回、お勧めブーストUP仕様にステップUP致しました。

90キロのトルクが発生したので素晴らしい立ち上がりです。

走行距離も少なくとても品の良い仕上がりです。

次回は、足回りに進まれるようです。

トップシークレットのボンネットダンパーも装着致しました。
 

SPEC
SARD キャタライザー後期
TRUST マフラー新
BLITZ D-SBCidV
オリジナル メインCPUプログラム
ミッションCPUプログラム スペックV改
クラッチ調整
ブースト圧1.40→0.93Kg/cm2
601.5PS 90.4Kg

パワーチェックグラフ
大阪発~一気にチューニングを行ったR35


大阪府T様のR35はフルノーマルでご来店くださり一気にチューニングを行って下さいました。

足は、トップラインの特注アラゴスタ3WAYで F18キロ R12キロをチョイス。

キャタライザーはSARD、マフラーはAPEXの黄金セットです。

車高を車検対応の高さに設定して格好良く決めました。
 


RECAROシートも装着して、スポーツ走行にも対応出来るようにし、ブーストコントローラーで

ブースト圧を制御するので、NEKOソフトベースのオリジナルCPUデータで決めました。

走行が6000キロ程度でとても程度の良い車で一発でビシッとパワーが出ました。
 

SPEC
SARD キャタライザー
APEX マフラー
BLITZ D-SBCidV
オリジナル メインCPUプログラム
ミッションCPUプログラム スペックV改
クラッチ調整
ブースト圧1.32→0.94Kg/cm2
617.6PS 89.4Kg

パワーチェックグラフ
京都発~2009年モデルR35のお勧めブーストUP


京都府F様のR35は2009年モデルで、過去中々600馬力オーバーしない年式です。

タービンの品番を調べると、2008年モデルと品番が違っておりました。

なんとかして600馬力を出そうと必死で調整してきましたが、本日はとても暑く熱ダレの為、これが限界でした。

しかし、実際乗ってみると速いんですけどね・・・

RECAROシート等、数多くのお買い物をして頂き本当に有難うございました。

次回はタービン交換をされるようです。
 

SPEC
SARD キャタライザー
トップシークレット チタンVer2マフラー
BLITZ D-SBCidV
オリジナル メインCPUプログラム
ミッションCPUプログラム スペックV改
ブースト圧1.40→0.94Kg/cm2
594.7PS 88.5Kg

パワーチェックグラフ
和歌山発~2011年モデルの排気系+タービン交換R35


和歌山県M様のR35は、2011年モデルで以前当社で排気系ノーマルのままで、ブーストUPを行い、

590,6馬力 81,7キロの性能でした。

その後、セントラルサーキットでゼロヨンを計測したら11秒2を叩き出し、気を良くしたM様はタービン交換に踏み切りました。

音が大きいのがNGなので触媒やマフラーは純正のままです。

タービンはトップシークレットのBB700をチョイスして、BLITZの強化アクチェーターにしました。

しかし、こんなに出るのですね〜驚きました。

排気系をフルチューンすれば、700馬力オーバーは確実でしょう。

静かで速い・・・完全車検対応・・・恐れ入りました。
 

SPEC
トップシークレット BB700タービン・80パイサクションパイプ
HKS 870ccインジェクター
BLITZ D-SBCidV・強化アクチェーター
オリジナル メインCPUプログラム
ミッションCPUプログラム スペックV改
クラッチ調整
日産 純正触媒・純正マフラー
ブースト圧1.70→1.31Kg/cm2
690.4PS 95.5Kg

パワーチェックグラフ
東京発~お勧めブーストUP仕様に進化したR35


東京都N様は、以前当社でノーマルマフラーでのブーストUP仕様にしていたのですが、

今回フルブーストUPに進化させてセッティングしました。

5万キロを突破していますし、鈴鹿サーキットをガンガン走っているので経年変化でパワーが出辛いかなぁ〜

と思いましたが、とても暑い中、しっかりと600馬力を超えました。

今からミッションを降ろしてミッションO/H、調整、強化プランを行います。
 

SPEC
HKS キゥヤタライザー
EVC/マフラー
オリジナル メインCPUプログラム
ミッションCPUプログラム スペックV改
クラッチ調整
ブースト圧1.33→0.91Kg/cm2
602.7PS 91.6Kg

パワーチェックグラフ
広島発~キャタライザーのみのR35が又も好結果


広島県O様のR35は、SARDの後期キャタライザーに交換されているだけの車ですが、

今回、メインCPUとミッションCPUをチューン致しました。

メインはECU-TEKソフトをベースにしたデータで素晴らしい走りに変身致しました。

この車も簡単にパワーが600馬力をオーバーして、トルクも90キロ台に到着しました。

遠い広島より有難うございました。
 

SPEC
SARD キャタライザー後期
オリジナル ECU-TEKベースメインCPUプログラム
オリジナル ミッションCPUプログラム スペックV改
オリジナル クラッチ調整
ブースト圧1.40→0.98Kg/cm2
617.1PS 90.0Kg

パワーチェックグラフ
藤原R35をゼロヨンインプレッション


天気が良くなくて(台風の影響で)雨が降ったり、晴れたりの繰り返しでゼロヨンを行うタイミングが取れませんでした。

しかし、時間も押してきたので絵撮りとスタートだけでも行おうとなり、今度は井入選手がドライバーで

ゼロヨンを挑戦して頂きました。

スタート地点のウエットはひどかったので、スリップしまくりでしょう・・・途中も水溜りがあるので

「軽く流してください」とお伝えしましたが、井入選手は抜群のアクセルワークでうまい具合にスタートを

決めてくれました・・・3速位でアクセルを抜いておりました。

後で聞いたら「余りのトルクの凄さとパワフルさとウエットの路面にビビって屁が出てもうたわ」と笑っておられました。

いやぁ〜あれだけ踏めるのは凄い!

これも、OPT誌で紹介される予定ですが、後日もう一度晴れの日にテストしよう!となりました。

サーキットとゼロヨンの模様は車載カメラで撮影致しましたので、OPT発売日に当社HPにUP致します。

ご期待下さい。
 

藤原R35をセントラルサーキットでインプレッション


OPTION誌の大掛かりな取材がセントラルサーキットで行われました。

ドライバーは谷口信輝選手と井入宏之選手!

一発目に当社藤原R35を谷口選手ドライブでインプレッションが開始されました。

一応雨は降っておりませんでしたが、路面は所々ウエットです。

この車はあくまでもストリートカーなので特別サーキットで速くなるような事はしておりません。

しかし、走行後の谷口選手のコメントは「これは、凄い!」を連発。

最大級の賛辞を頂き、かえってこちらが恐縮してしまいました・・・とにかくトルクが凄いらしいです。

キャンバー角度は付いていませんし、LSDも入っていないのでサーキットでタイムを出そうとするなら、

この辺りを煮詰めればまだまだタイムUPするでしょう・・・

しかし、動力性能としては、超一級である事が判ったのでとても良かったです。

詳しくは、9月26日発売のオプション誌の特集で紹介される予定です。
 

兵庫発~R35ダンロップタイヤ交換+リア4灯フルKIT化


兵庫県Y様のR35は、当社でお勧めブーストUP一式や、ミッションソレノイド清掃プラン、車検、ブレーキ等

既に終えられたマシーンで、今回ダンロップの新GT600タイヤを4本装着しました。

今までのダンロップタイヤはSP600と言う銘柄でしたが、新しくなりました。

今回、入荷は全て販売終了しましたが、次回直ぐに入荷するようなので価格も少しだけ安くなるかも知れません

当社オリジナルのポジション4灯化KITとブレーキ4灯化KITもセットで購入される方が増えております。

パルス制御なので夜間とても綺麗に光るのが特長です。

オリジナル  ポジション4灯化KIT  \24000  取り付け\10000

オリジナル  ブレーキ4灯化KIT   \50000  取り付け\40000

両方SETで取り付けの場合は\10000の値引きがあります!
 

千葉発~オリジナルBBS+ソレノイド清掃+DCTクーラー装着


千葉県K様のR35は2010年モデルで既に当社でブーストUP一式を行っております。

今回、12月に発売を予定しているオリジナルBBSのLM DSK-P(ダイヤモンドシルバーポリッシュ)の

初期製作品を装着致しました。

そしてTRUSTのDCTオイルクーラーも同時装着して、ミッションソレノイドバルブの清掃も行いました。

凄く格好良くなりました・・・次回はタービン交換をお考えのようです。

オリジナル BBS LM DSK-P  \561600円  脱着バランス一式  \28000

税込総合計  \619080円 大幅割引となっております。

TRUST  DCTオイルクーラー  \225000→\191250円
TRUST  ウォッシャータンク   \13800
モティーズ  ミッションオイル 13L  \49400
オリジナル  ソレノイドバルブ清掃&エアー抜き  \60000
日産    対策品   \1000
日産    オイルパッキン  \2100
一式取り付け  クラッチ調整 オイル交換  \90000→\80000

税込総合計  \417427円
 

兵庫発~ミッションソレノイド清掃+CPUチューン2008年R35


兵庫県M様のR35は2008年モデルで走行は11000キロ。

今回、ミッションソレノイドバルブ清掃プランを行いに来て下さったのですが、ついでにCPUもやってしまおう!

と追加作業致しました。

ソレノイドのカスは少な目で問題ありませんでした。

ブーストの立ち上がった所で、スリップしているのでしょうか?

だけどトルクは他より出ておりました。

タイヤがアドバンスポーツの21インチでお洒落でしたよ・・・
 

SPEC
オリジナル ECU-TEKベースメインCPUプログラム
オリジナル スペックV改ミッションCPUプログラム
オリジナル クラッチ調整
オリジナル ミッションソレノイド清掃プラン
ブースト圧1.35→0.92Kg/cm2
579.5PS 82.9Kg

パワーチェックグラフ
東京発~2011年モデルR35新車から一気にチューニング


東京都O様のR35は納車されたばかりの2011年モデルで東京から京都に持ってきただけの走行距離です。

まず、BLITZの車高調KITで車高を落とし、当社が12月頃に発売を予定しているオリジナルBBS LMゴールド

ポリッシュ改(ピアスボルトがダイヤモンドクリアーでオフセットがツライチサイズ)の1SETだけ初期製作して

商品を装着しました。

タイヤはまだ殆ど新品なのでそのまま再利用しました。

マフラーはアミューズ製のチタンでSARDのキャタライザーも装着しました。

この車高でギリギリ車検対応の高さです。
 


ブーストコントローラーを装着してメインとミッションのCPUチューンも行いました。

ブーストコントローラーを付けたのでNEKOソフトベースで製作しました。

でもECU-TEKソフトで得た技術をこちらに反映させました。

2011年モデルでも結構チューニングさせて頂きましたが、2008年モデルと同じように高性能になりますね。
 

SPEC
SARD キャタライザー
アミューズ チタンマフラー
BLITZ D-SBCidV
オリジナル メインCPUプログラム・ミッションCPUプログラム・クラッチ調整・
アライメント・BBS LM GP改
ブースト圧1.36→0.97Kg/cm2
609.4PS 86.3Kg

パワーチェックグラフ
奈良発~2008年モデルR35 5000キロ走行にキャタ+CPU


奈良県N様のR35は、まだ走行が5000キロ程度で他にも沢山の車をお持ちの方です。

今回、R35にSARDのマイナー後キャタライザーとエクテクベースのコンピューターチューンを致しました。

とても綺麗なパワーグラフで満足しています。

これで、マフラーも交換すれば、610馬力位になるんでしょうね・・・
 

SPEC
SARD キャタライザーマイナー後
オリジナル ECU-TEKベースメインCPUプログラム・ミッションCPUプログラム スペックV改・クラッチ調整
ブースト圧1.35→0.95Kg/cm2
599.2PS 84.8Kg

パワーチェックグラフ
京都発~キャタライザー交換のみで驚きのパワー発生


京都発O様のR35は、キャタライザーの交換とミッションソレノイドバルブ清掃プランを行っただけの仕様で、

今回、メインCPUとミッションCPUをチューニング致しました。

ECU-TEKソフトを駆使して相当熟成しているので、それなりのパワーは出るだろうと思っておりましたが

強烈に出ました!

当たりエンジンなのか?データが素晴らしいのか?キャタライザーの交換なのか?・・・

いずれにせよ、私共もO様も喜びより驚きました。
 

SPEC
オリジナル メインCPUデータ ECU-TEKベース・ミッションCPUデータ スペックV改・クラッチ調整
SARD キャタライザー
ブースト圧1.40→0.95Kg/cm2
624.8PS 87.6Kg

パワーチェックグラフ
名古屋発~ノーマル車対応ECU-TEKデータ完熟


愛知県M様のR35GTRは15000キロ走行のノーマル車で第二触媒がHKSに変わっているだけの仕様です。

ECU-TEK(エクテク)ソフトを使った場合、ブーストコントローラーを使わなくても

ブースト圧を上げる事が出来るのが有利です。(CPUデータで調整するのは難しいのですが・・・)

ノーマル車対応のデータとしては、世界でも最強だろうと自分では思っております。
 

SPEC
HKS 第二ストレートパイプ
オリジナル メインCPUデータ(ECU-TEKベース)・ミッションCPUデータ スペックV改・クラッチ調整
ブースト圧1.35→0.92Kg/cm2
584.2PS 86.0Kg

パワーチェックグラフ
釧路発~2009年モデルR35のMTオーバーホール+CPUチューン


北海道O様のR35は2009年モデルで、キャタライザーとマフラーのみ交換されていました、CPUはノーマルでした

今回はフェリーでお越しになり、1泊2日でミッションオーバーホール保護、予防強化メニューとメインCPU、

ミッションCPUチューンを行いました。

ブーストコントローラーは付けない仕様なので、ECU-TEKソフトを目一杯活用してブーストコントロールしました。

ようやくイメージ通りのブースト圧になってきました。

立ち上がりはブーストコントローラーを使用する場合と変わらない鋭さです・・・速いですよ!

釧路からだとフェリー乗り場の苫小牧までも凄く遠いのに有難うございました。

ちなみにアルミホイールは地元で当店オリジナルBBSを購入して下さっておりました。
 

SPEC
オリジナル メインCPUプログラム・ミッションCPUプログラムスペックV改・ミッションオーバーホール保護・予防・強化プラン
TRUST マフラー
SARD キャタライザー
ブースト圧1.34→0.99Kg/cm2
589.1PS 87.5Kg

パワーチェックグラフ
奈良発~オートサロン授賞車が860馬力突入!


奈良県F様のR35をバージョンUP致しました。

今までは、HKSの860ccインジェクター(実際は800ccしか出ていない)を使っていたのですが、

アメリカ製の873ccに変更いたしました。

コンピューターソフトは、NEKOソフトとECU-TEKソフトの良い所をうまく使ってテストを始めました。

近い将来、触媒付きストリート仕様マップと触媒ストレートサーキット仕様マップをスイッチひとつでコントロール

する予定です。

又、エアフロ電圧がカバー出来る領域はLジェトロ制御して、5V全開領域はDジェトロ制御致します。

今回はまず触媒ストレートにしてデータ作成しました。

拍子抜けするほど簡単にパワー&トルクが発生致しました・・・正直まだ余裕があります。

ちょっと計画を修正しなければなりません・・・(苦笑)
 

SPEC
JUN 4.0LカスタムKIT・IN272・EX272カム・大径スロットルボディ・大容量GTサージタンク
TRUST TD-&SH20Gタービンキット・フィューエルデリバリーパイプ・タイプ6インタークーラー・DCTミッションオイルクーラー・80パイエアフロパイプ
SARD 大容量燃料ポンプ×2・特注ストレートパイプ
BLITZ D-SBCidV
トップシークレット タイプTマフラー
オリジナル 873ccインジェクター・メインCPUプログラム・ミッションCPUプログラム・ミッションO/H予防・調整・強化プラン
ブースト圧1.58→1.50Kg/cm2
864.6PS 107.0Kg

パワーチェックグラフ
兵庫発~MTソレノイド清掃プラン+ECU-TEKコンピューター


兵庫県N様のR35を当社お勧めのMTソレノイドバルブ清掃プランとECU-TEKソフトを使ったコンピューター

チューンを行いました。

走行は25000キロでしたが、結構カスが付着しておりました。

ミッションCPUはスペックV改を入力して、メインCPUは、ECU-TEKベースのデータを入力して

パワー&トルクUP致しました。

元々、他SHOPのCPUデータを入れていたようですが、全域で良くなったと思います。
 

ブースト圧1.33→0.93Kg/cm2
582.2PS 79.2Kg

パワーチェックグラフ
R35GTRミッション内部について・・・重要


フェニックスパワーでは、当社でコンピューターチューン以上のチューニングをされた方で、ミッションを壊した人は

おりません・・・業界の七不思議と言われる位何故なんだろう?・・・運がいいのか?・・・と思っておりました。

発売以来3年半が経過して私共のお客様の傾向、他SHOPの傾向、そしてR35のオーソリティ

NEKOコーポレーションでの傾向を総括していくと、興味深い答えが出てきたのです。

結構車を飛ばしている人はミッションが壊れなく、飛ばさない人ほど壊しているのです。

ミッションが壊れる時の主なパーツは、

1.オイルシール 2.Cリング 3.フィルター 4.ソレノイドバルブ  です・・・
 


4のソレノイドバルブについては、私共がお勧めしているMTソレノイドバルブ清掃プランで予防できますので

今回は1〜3のパーツについてお話し致します。

ミッション内部のクラッチ部分は、大きなカゴ状の中に入っており、飛ばす人ほど、この大カゴが揺れて

多少のガタが生じます。

その時のクリアランスのお陰でオイルシールがめくれないと言う効果が出るのです。

しかし、走行が5万キロを超えてくるとクラッチディスクが少し減ってきて、5〜6ミリのクリアランスになってしまい

今度は広過ぎてオイルシールがめくれる現象が生じます。

私共が良く行っている作業で「クラッチ調整」があります。

2007年12月〜2008年4月までのMTコンピューターは、走行が増えてクラッチディスクが減っても

何もしてくれないので静止状態から動き出す時にグォングォンと不快な動きになります。

ですから、クラッチ調整を1万キロに1回ずつ行わないといけません。

しかし、2008年5月からの車は、MTコンピューターの中にスピードリミッターが追加されてしまいましたが

自動的にクラッチ調整を行ってくれるプログラムも追加されました。

ですから、当社でスペックV改や2010年モデル改、2011年モデル改のMTコンピュータープログラムを入力

された方は、基本的にクラッチ調整は不要となります。

診断機でのクラッチ調整とは、クラッチディスクが減ってしまって出来たクリアランスに対して、油圧を掛ける

タイミングを早くしてレスポンスを確保しているのです。

クリアランスを狭くしてくれるのではありませんので注意して下さい。

1.オイルシールのトラブルを予防する為に・・・

広がってしまったクラッチディスクのクリアランスを狭くする事は出来ないので、NEKO社製のプレートを入れて

クリアランスを基準値に戻します。

このMTは、4リッタータービン交換780馬力のR35で、標準値が2.0mmに対して3.2mmになっていました。

ですから、1.2mmのスペーサーを入れて基準値に戻しました。
 


クラッチシステムは、1・3・5速側と2・4・6速側に分かれており、それぞれに6枚ずつのクラッチディスクと

7枚ずつのプレートで構成されています。

ですから、今回は1.2mmのスペーサーが2枚必要でした。(スペーサーは1枚\4000円)

ちなみにクラッチディスクが全部無くなってしまったらどうなるんだ?・・・と不安に思う方も居るでしょうが、

30〜40万キロ走っても大丈夫だと思いますのでご安心下さい。

2・Cリングのトラブルを予防する為にも・・・

北国、特に北海道のお客様が壊しているようです。

雪道や雨道でスリップした時に、いきなりグリップを取り戻す時があります・・・この時に割れてしまうようなのです

しかし、このCリングは強化品としてNEKO社が\20000円で製作しているので、これに交換すれば安心です。
 


3・フィルターのトラブルを予防する為に・・・

ミッションオイルポンプを分解していくと、小さな黒いフィルターが2個あり、内の1個が非常に汚れており危険です

そのフィルターに行く途中にメタルプレートが挟まっており、その穴が0.5mm位しかありません。

当社では、ここを1mmに拡大して油量を増やす計画をしております。

余談ですが、オイルポンプのソレノイドバルブに厚めのシムを入れて油圧を上げる事も出来ます。

サーキット走行をされる方や、タービン交換等のハイパワー車の方にはお勧めです。

クラッチシステムは、6枚のディスクと7枚のプレートで構成されており、クラッチカバーはありません。

油圧を上げるという事は、このカバーの強度を上げるのと同じ原理です。

この作業では20%程の油圧UPを行っております。

又、先程のメタルプレートにビニール系ガスケットが付着されているのですが、ここのいち部分が抜ける事も

ありますので、しっかりとチェック致します。
 


以上これらのミッションO/H予防、調整、強化プランメニューは、総額税込\420000で行っております。

作業時間は1泊2日。全て込みの価格です。

ミッション脱着・分解・清掃・プレート2枚・シム2個・強化Cリング・ミッションオイル10L・ソレノイドバルブ清掃・調整

走行が増えてきた方は、このメニューをお考え下さい。

壊れてしまうと非常に高額な出費となりますが、この予防&強化をやっておくと、とても安心です。

とにかくミッションを壊さない為には、

1・ミッションオイルをマメに交換する
2・ミッションソレノイドバルブ清掃プランを行う。
3・ある程度飛ばす。
4・ミッションO/H予防・調整・強化プランを行う

をお勧め致します。

ちなみに4のミッションO/H・予防・調整・強化プランを行えば 1と2の作業も含まれます。

今回、NEKOコーポレーション金子社長には大変お世話になりました・・・有難うございました。
 

大阪発~ボンネットポップアップ修理完了


以前、お伝えした大阪府のN様のR35ですが、一旦ポップアップが上がってしまった場合は、本体を取り外し

ポップアップキャンセラーをはめ込み、空いてしまった穴をカーボンパネル等でふたをします。

そして、ドアミラーの調整つまみ裏にある、ポップアップコンピューターを取り外して、NEKOコーポレーションにて

修理して貰います・・・(新品購入は高いです。)

こうすれば、ポップアップのチェックランプも消えます。

こんなになったしまったら困る!・・・と言う方の為にあらかじめポップアアップキャンセラーを装着して

本体を外してカーボンパネルでフタをするプランも用意しております。

ポップアップキャンセルプラン一式  税込21000円
 

豊橋発~6000キロ走行のR35のCPUチューン


愛知県のK様のR35は走行が6000キロ台の程度の良いR35で、今回ミッションソレノイドの清掃プランと

ECU-TEKベースのコンピューターチューンを行いました。

その他は全てノーマルです。

まずは、スピードリミッターをカットしてパワー計測・・・グラフはこちら

515馬力の好結果ですが、ロギングデータを観るとノックリタードが所々で発生して最大マイナス2度。

次にデータ変更してパワー計測・・・グラフはこちら

やはり580馬力をオーバーしてノッキングリタードはゼロです。

パワーUPしてもエンジンの負担は減る!

正に理想的なチューニングデータと言えるでしょう。

オリジナル ECU-TEKベースメインCPUプログラム  \173000 入力費 \10000

オリジナル ミッションCPUプログラム スペックV改 \60000 クラッチ調整 \5000

税込総合計 \260400円
 

582.4PS 78.1Kg

パワーチェックグラフ
京都発~フルノーマルR35が580馬力の快挙


京都府のS様のR35は、走行が58000キロを超えておりますが、今迄当社のメインCPU、ミッションCPU

チューンで楽しまれておりました。

今回、イギリスのECU-TEK社のCPU編集ソフトを導入するに辺り、テストさせて頂く事になりました。

まず、スピードリミッターをカットしたのみのデータを入力してパワーチェック・・・グラフ

その後、新ソフトを駆使して調整を繰り返して、ブースト1.2キロでのパワーチェック・・・グラフ

更にブーストを上げて、ノッキングリタードが無いようにブースト1.3キロでのパワーチェック・・・グラフ

素晴らしいパワーが出ました。

今迄使っていたRH9ソフトでも目標ブースト圧マップがあり、1.0キロ以上のブースとが上がるように

調整していましたが上がりませんでした。

他にも、ブースト関連のマップが多数ありまして、それらを調整する事でブーストを上げる事に成功しました。

しかし、まだイメージ通りのブースト圧の安定に至っていないようなので更に研究を重ねます。

オリジナル ECU-TEKベースメインCPUプログラム(初回ライセンス料金含む)\173000
データ入力費 \10000

税込総合計 \192150円

当社でコンピューターチューンを行っている方でステップUPをご希望の場合は、

ECU-TEK初回ライセンス料金 \45000
CPU差額 \5000
データ入力費 \10000

税込総合計\63000

特に、フルノーマル車でCPUチューンのみのお客様にお勧めです。
 

ファーストステップで色々と改造したR35


愛知県のN様のR35を色々と改造致しました。

当社お勧めのMTソレノイド洗浄プランと同時にTRUSTのDCTミッションオイルクーラーも装着しました。

これに当社オリジナルエアロのフロントマスクシステムも入れたのでミッション油温は完璧に抑える事が可能になります。

高速道路を走った時に水温やエンジン油温までも低く安定するのでN様は喜ばれるでしょう。

その他、ポジション4灯化、ブレーキ4灯化、そしてリアサイドマーカーも装着しました。

有難うございます。
 

大阪発~ボンネットが全体にポコンと上がってしまったR35


大阪府のN様のR35GTRがバンパー下部をぼんのちょっとすってしまった時、ボンネットが全体にポコンと

上がってしまいました。

余りにも格好悪くて乗っていられないので持ち込まれました。

私共も初めて見ました・・・こんなになっちゃうのですね。

次回、ボンネットポップアップキャンセラーを取り付けして修理いたします。
 

R35GTR用新しいCPUチューンに着手しております。


フェニックスパワーでは、R35GTRの新しい可能性を広げる為に、新規のCPUチューンに着手しております。

ブーストコントロール
クルーズコントロールスイッチとナビゲーションディスプレーシステムを利用してドライバーが運転中にブースト圧のレベルを変更できるようにしております。
(調整値は私共が設定致します。)

マップスイッチ
ロードモードとレースモードの2つのセッティングデータを任意に切り替えるシステムを盛り込みました。
低燃費走行用と高出力走行用に分別したり、ノーマルガソリンとレースガソリンを分別したりお客様と相談して使用します。

スピードデンシティエアフロメーターを使ってのセッティングだけでなく(Lジェトロ方式)圧力センサーでのDジェトロセッティングも出来るようにしました。

ギア別ブースト&レブリミット
各ギア別のブースト圧設定とレブリミット回転数を設定できるようにしました。

ワイドレンジブーストリミット
圧力センサーのスケールを増やして2.0kg以上のハイブーストでもリミッターが入らないようにしました。

ブーストスパイク防止
ギアシフト中に起こるブーストスパイクを抑えられるようにセーフティ機能を盛り込みました。

ビジュワルノックワーニング
ノッキングによる点火リタードが発生した場合にチェックエンジンランプを点灯させるようにしました。

 

奈良発~話題のTWSホイール装着R35


奈良県のF様のR35は、東京オートサロンでチューニングカー部門最優秀賞を受賞したマシーンです。

今回、TWS社から発売されたマグネシウム鍛造ホイールとダンロップタイヤの前後を285-35-20を装着しました

ちなみにサイズも前後とも10.5Jで統一しました。

それにしてもホイールのオフセットをオーダー出来るとは言え、1本300000円は凄すぎます。

私共SHOPでも購入するとなると、ビビリ上がります。・・・恐れ入りました。

計算どおりピタリとツライチになりとても格好良く、スパルタンになりました。

高額な商品を有難うございました。

TWS RSSマグ ハイパーガンメタ  T=300000円→240000円×4=\960000
ダンロップ SP600 285-35-20×4本  \290000
マックガード スプラインドライブインストレーションKIT \27000

税込総額 \1340850円
 

R35ワークスカー2台を鈴鹿サーキットでテスト


私共が現在、R35で取り組んでいるテーマは、「ストリート仕様のままでサーキットを走る」です。

1・車高は低くない・・・(車検対応の車高です)
2・音は静か・・・(車検対応のマフラー音量です)
3・フロントタイヤは255・・・(街乗り用なので255でいいかな・・・と)
4・キャンバー角ついていない・・・(街乗りで方減りするのがもったいない)
5・タイヤは新品でない・・・(毎回新品タイヤを買えない)
6・触媒付き・・・(当たり前ですがキャタライザー付です)

上記の仕様でサーキットを走っても凄いタイムは出ません。

しかし、殆どのお客様は、これらの仕様で走っている訳ですから、この仕様で煮詰めたい!と考えております。

さて、今回は開発1号車(赤色)と2号車(白色)を2台、同時テストしました。

ドライバーは前回岡山国際サーキットをテストして下さった加藤雅也選手です。

まずは、1号車と2号車の違いをお知らせいたします。
 

1号車(赤)   2号車(白)
ノーマルエンジン+タービン交換 エンジン仕様 ノーマルエンジンブーストUP
770馬力 パワー 610馬力
約100kg トルク 約90kg
1.6キロ 走行ブースト 1.2キロ
BS RE070-R2 タイヤ DL SP600
8分山 タイヤの目 5分山
アルコンモノブロック ブレーキ T/S ローター エンドレスパット・ホース
RECARO RS-G SK2 シート RECARO スポーツJC
F:22K R:18K バネレート F:16K R:12K 
TRUSTステンレス マフラー APEX ステンレス
TRUST タイプ29 インタークーラー TRUST タイプ6
スペックV改 ミッションCPU 2010年モデル改


本日の鈴鹿サーキットは 気温31度 湿度は凄く高い、風は微風でした。

まず、開発2号車(白)1本目・・・FD3Sに引っ掛かって 2分23秒755

2本目は、足の伸びを固くしてから再トライ・・・130Rでスピンしながら 2分23秒108

開発1号車の(赤)の1本目

タイヤの空気圧がMAX1.8だった・・・2分19秒522

2本目は全くグリップしないので・・・走行中止!

この気温では無理でした・・・もう少し寒くなってから再トライしたいです。

但し、タイヤの特性の違いや、足の減衰セットでの影響等、凄く勉強になりました。

加藤選手の言い訳・・・タラレバを書きますと・・・

2号車(白)この日の条件でも1分20秒は出た!
寒かったら1分18秒はクリア出来そう・・・

1号車(赤)タイヤの空気圧が2.0ちょいあれば、2分18秒台
タイヤがダンロップの新品だったら 2分16秒台
寒くて、ダンロップタイヤが新品だったら 2分14秒台かな?

との事でした。

タービン交換の1号車に関しては、全く踏めなかったらしいです。

持っている馬力の殆どが使えない状況で、コーナーでいかに踏めるようにするかが今後の鍵でしょう。
 

徳島発〜限定BBSホイール+アラゴスタ3WAY装着のR35


徳島県のM様のR35にオリジナルの限定BBSホイールとアラゴスタ3WAY車高調KITを装着しました。

広島のM様はブリヂストンタイヤで徳島県のM様はダンロップタイヤを選びました。

徳島のM様はサーキット走行に興味があるようで、アラゴスタのバネレートをF22k、R18Kにしました。

既に、フルブーストアップ仕様になっているので走行が楽しみです。

次回は、アルコンのモノブロックレーシングKITをお考えのようです。

後、DCTミッションオイルクーラーも欲しいですね。

私共がトップライン社にお願して特注で製作しているアラゴスタ3WAY車高調KITは、高額ですが

コンスタントに売れております。

F22k、R18Kの設定でも街中走行が普通に出来ますし、サーキットを走ると、山田英二氏、井入宏之氏、

加藤雅也氏、皆「これは良い!」と誉めて下さっています。

トップライン アラゴスタ3WAY特注車高調KIT  \620000→\527000(割引中)
取り付け、車高あわせ   \80000
アライメント修正   \50000

税込総合計  \689850円でお買い求めが可能です。
 

静岡発〜東海道快速R35お勧めブーストUP発進


静岡県S様のR35をお勧めブーストUP仕様に致しました。

ミッションCPUが2008年前期の純正品のままなので、次回はスペックV改か2010年改を入れると

シフトUP/DOWNのレスポンスが増して楽しくなります。

ミッションソレノイドプランを行ったのですが、35000キロ走行の割にはカスが少なかったです。

しかし、縦に傷が1本入っており、ギリギリセーフだったように思えます。

やはり、ミッションソレノイドバルブ清掃プランは1日でも早く行う事を強くお勧め致します。
 

SPEC
SARD キャタライザー
APEX マフラー
BLITZ D-SBCidV
オリジナル メインCPUプログラム・クラッチ調整・ミッションソレノイド清掃プラン
ブースト圧1.35→0.91Kg/cm2
601.3PS 89.8Kg

パワーチェックグラフ
開発1号車にアルコンブレーキキット装着


私共が取り寄せているアルコンレーシングモノブロックはアルミホイールを入れるような箱で入荷します。

箱の中も硬化ウレタンで包まれており素晴らしい梱包です。

5月に走行した岡山国際サーキットでは、ほぼ3周でブレーキが怪しくなり4周でヤバイ状態になる事が判明。

当社アルコンを装着してテストを続ける予定です。

ストリートでのテストは何の問題も無く、装着されたお客様は絶賛して下さっております。

価格は高いのですが、高いのには理由があるんだなぁ〜とつくづく感じる商品です。

安心感が違います。

フロント 6ポット 400mmローター×36mm厚 クレセントタイプスリット
リア 6ポット 385mmローター×33mm厚 クレセントタイプスリット
R35専用ブレーキパット及びブレーキホース付属

アルコンレーシングモノブロックKIT   \1380000→\1242000割引中
取り付け工賃    \100000
TRUST スーパーDOT4オイル  \3800
エア抜き  \8000

税込総合計 \1419390円です。
 

広島発〜ブーストアップも一気に行ったトルク型R35完成


広島県M様のR35は、お勧めブーストUP一式とミッションソレノイドバルブ洗浄プラン、

そしてLEDコーションランプも取り付け致しました。

高額な商品をお買い求め頂き、本当に有難うございます。

SARDのマイナー後キャタライザーとTRUSTの新マフラーを組み合わせると本当に静かで

トルクがたっぷり発生致します・・・大人っぽいです!
 

SPEC
SARD キャタライザー
TRUST マフラー
BLITZ D-SBCidV
オリジナル メインCPUプログラム・ミッションCPUプログラムスペックV改・クラッチ調整・ミッションソレノイド清掃プラン
トップシークレット LEDコーションランプ
ブースト圧1.38→0.93Kg/cm2
602.2PS 89.9Kg

パワーチェックグラフ
広島発〜限定BBSホイール+アラゴスタカップ装着


広島県M様のR35GTRに当社が限定発売した、オリジナルBBSアルミホイールと特注アラゴスタ3WAY車高調

を装着して、しっかりとアライメント修正も行いました。

さすがにホイールのリムは深く、ピタッとツライチに収まり格好良くなりました。

ちなみにM様が選択したアラゴスタ3WAYのバネレートはF16Kg・R12Kgのストリート+ちょっとサーキット仕様です
 

ワークス開発1号車に新レカロ装着しました。


当社ワークスR35開発1号車にRECAROの新フルバケットシートを装着しました。

サーキット走行のテストを時々行うのと、たまに乗ってもらう加藤雅也選手(デカトゥ)が190cm以上であるので、

ローポジション化しなければならなかったのです。

このRS-G SK2は只今、サイドプロテクターがプレゼントされております。

シート本体もそんなに高くないので、サーキットを走る時の為に1脚勝っておくのもいいかも・・・ですね。

RECARO RS-G SK2  114000円
RECARO ローポジションフレーム 18000円
RECARO サイドアダプター 6000円
RECARO サイドプロテクター サービス

税込総合計 \144900円

取付はサービス

カラーはブラック/ブラック・ブラック/レッド・ブラック/ブルー・ブラック/シルバー

この車両に装着はブラック/シルバーです。

新潟発〜快速日本海R35号発進!


新潟県S様のR35をお勧めブーストアップ仕様に致しました。

6万キロ以上走っていますが何ら問題ありませんでした。

タイヤ空気圧が少ないチェックランプが付いていたのでタイヤエア圧も調整しておきました。

ミッションソレノイドバルブのカスは多めに付着していましたが、傷はありませんでした。

当社の開発2号車に試乗して頂いたところ、アラゴスタ車高調が気に入ったようでした。

次回御待ちしております。
 

SPEC
SARD キャタライザー
TRUST マフラー
BLITZ D-SBCidV
オリジナル メインCPUプログラム・ミッションCPUプログラムスペックV改・クラッチ調整・ミッションソレノイド清掃プラン
トップシークレット ボンネットダンパー
ブースト圧1.33→0.94Kg/cm2
615.7PS 88.1Kg

パワーチェックグラフ
大阪発〜CPU+メンテナンス+タイヤ交換のR35


大阪府T様のR35を色々と改造致しました。

タイヤの目が無くて、ワイヤーが出ていたので危なかったですね。

デフオイルやミッションオイルも新品交換され、これで、一安心です。

メインCPUもミッションCPUもデータ入力してしっかりパワー&トルクが出ました。
 

SPEC

オリジナル

メインCPUプログラム・ミッションCPUプログラム・スペックV改・クラッチ調整

539.6PS 72.9Kg

パワーチェックグラフ

パワーチェック動画
兵庫発〜良く売れているトップシークレット製リアウィング装着


4月と5月は、R35の車検とタイヤ交換とミッションソレノイドバルブ清掃プランのオンパレードでして、

週に4〜5台ずつ作業が入っておりました。

余りに多過ぎてホームページでご紹介できなかった事をお詫びいたします。

兵庫県のM様のGTRも車検を受けるついでにトップシークレット製のリアウィングも同時装着致しました。

コンスタントに良く売れている商品でして、格好良くなりますよね。

トップシークレット リアウィング FRPタイプ 140000円→\126000 塗装\43000 取付\30000

税込総合計 \208950円にてお買い求めが可能です。

フラップ部がカーボンのタイプもあります。

カーボンタイプの場合は、塗装代金が少しお安くなります。

M様はミッションソレノイドバルブ清掃プランも行いましたが、バルブ本体に少し傷が入っておりました。

ギリギリセーフでした!
 

オリジナルR35用BBSホイール入荷しました


車高を下げたR35GTR用にツライチになるように計算されたオリジナルBBSホイール

LM-DBK-P フロント9.5J×20(+25) リア10.5J×20(+5)が入荷されました。

栃木県S様・千葉県K様・埼玉県T様・東京都K様・北海道K様・徳島県M様・富山県M様・神奈川県O様・広島県M様・福岡県O様

お買い上げ有難うございました。

当社のワークスカーにも装着する予定でしたが、余りに早く売れてしまったので少し困惑しております。

DBK-P(ディスクがガンメタ)では無く、DSK-P(シルバーポリッシュ色)で、同じサイズを数台分、年末に向けて

製作してみようか?と考えております。(ご希望が多いようでしたら)

リムの深さが今までより1.5cm程深くなり、更に格好良くなりました。
 

ワークスR35開発1号車をプロドライバーがテスト


先日、我々CLUB-RH9西日本ブロック走行会は晴天となり、私自身が開発1号車(赤色、ノーマルENG、TD06SHツインターボ仕様)

をドライブする予定だったのですが、ひょっこり加藤雅也プロドライバー(通称デカトォー)が遊びに来られたので、

急遽乗ってもらう事になりました。

タイヤはブリヂストンのR2と呼ばれる新作で、キャタライザー付きの音も静かな完全車検対応車です。

コースインして3周の走行を終えて戻って来たところ、クラッチ温度上昇の警告が出ており、

「ブレーキもフカフカになりつつあります」との事で走行を中止しました。

岡山サーキットは、もてぎサーキットと並び、日本で1番ブレーキが厳しいらしいです。

しかし、加藤ドライバーは、大興奮しており、「こんな速い車、びっくりした」を連発。

この時のタイムは1分42秒380だったのですが、

「この車真剣にアタックしたら一体何秒出るんだろう?寒い時だったら1分39秒出ますよ・・・

32〜34GTRの800馬力は仕様も何度も乗ったけどこいつの方が速い!あぁ〜35が欲しくなってしまった!」

と大興奮は治まりませんでした。(笑)

この時の映像はユーチューブにも放映されている筈ですので一度お探し下さい。

こちらが動画です。

加藤ドライバーは背が高く(190cm以上)シートポジションが合わなかったので、

次回はローポジ化して、鈴鹿で一回走ってもらおうと考えております。

ブースト1.5キロ時770馬力・・・
 

SPEC

TRUST TD06SHツインターボキット・タイプ2インタークーラー・DCTオイルクーラー・新マフラー
HKS 860ccインジェクター・
SARD 265L燃料ポンプ×2・キャタライザー
BLITZ D-SBCidV
オリジナル メインCPUデータ・ミッションCPUデータ
トップライン アラゴスタ3WAY車高調
RH9 400mmブレーキローター
エンドレス W-003ブレーキパット・ブレーキホース
滋賀発〜R35ガソリン満タンで再調整


滋賀県のN様のR35は、以前ガソリン残量がEラインの時にパワーチェックとなり、グラフのラインが乱れてました

N様がもう一度やって下さい!・・・との事で再調整しました・・・イメージ通りになりましたね(笑)

私共のお願として、パワーチェックする時は、ガソリン満タンで。

燃料ポンプを交換する時には、ガソリン超少なめで着て頂けると幸せです。

N様のR35は純正触媒+TRUSTの新マフラーなので、静かでパワーもそこそこあって良いですよ。
 

SPEC
TRUST 新マフラー
BLITZ D-SBCidV
オリジナル メインCPUプログラム・ミッションCPUプログラム スペックV改・
クラッチ調整
ブースト圧1.29→0.88Kg/cm2
573.8PS 86.0Kg

パワーチェックグラフ
オリジナルエアロパーツがお安くなりました・・・
画像クリック拡大


オリジナルエアロ35GTR用がお陰様で絶賛発売になり、この度お買い求めしやすいように価格をお安くしました

更なる販売を御願すると共に、過去に付きましてお買い求め頂きました方々に御礼申し上げます。

フロントマスクシステム4点セット  \298000  取り付け  \60000
サイドステップ4点セット       \168000  取り付け  \30000
リアアンダーシステム4点セット   \148000  取り付け  \30000

フルキット価格       \614000→\580000  取り付け\120000

上記は消費税抜きとなります。

エアロパーツを塗装する際の色別価格表

ブラック(2コートソリッド)  
フロント \48000
サイド  \48000
リア   \34000

ガンメタ・レッド・チタニウムゴールド(2コートパールメタリック)
フロント \53000
サイド  \53000
リア   \38000

ホワイト(3コートパール)
フロント \57600
サイド  \57600
リア   \40000

シルバー(3コートパールスペシャル)
フロント \69120
サイド  \69120
リア   \48000

例えば、ボディーカラーがホワイトの場合は、フルキット装着で

フルキット価格 \580000 工賃\120000 塗装\155200で

税込総合計\897960円となります。

写真のようにサイドステップシステムとリアアンダーシステムは、特注でオールカーボン仕様も出来ます。

ご相談下さい。
 

京都発お寺さん仲間で競い合うR35が増えました


京都府T様のR35は、同じお寺さん仲間のS様の影響でR35を購入され、3年経ったのでチューニングを始めました。

まずは、メインCPUとミッションCPUからです。

クラッチ調整も行い、乗り易くなりました。

次回は、タイヤ交換とフル4灯化KITへと進む予定です。
 

527.0PS 71.2Kg

パワーチェックグラフ
茨城発NISMOコンピューターでブーストアップしたR35


茨城県のK様のR35は、東京オートサロンでBBSアルミホイールとブリヂストンタイヤを購入して下さいました。

今回、既に装着されているニスモのメインCPUとミッションCPUのままで、排気系+ブーストUPを行ってみました

K様とは事前の打ち合わせで、余りにもパワーやトルクが出なかったり、ノッキングが多く発生して

危険と判断したら、当社CPUに変更する予定でした。

まず、ブーストセンサーが変わっており、我々のデータロガーには、おかしな数値が表示されていました。

次に、空燃比が、激濃い状態で、5000rpm付近でA/Fが10.2位で、バルタイもうまく振っていませんでした。

レブリミットも7000rpmでスロットルが閉じてしまいますし、ブースト圧も1.1kg以上掛かると、

フューエルカットが入ってしまいました。

しかし、ノックリタードも無く、これなら壊れることなく安心して乗れると考えられます。

NISMOのコンピューターが入っていて、もう少しパワーUPしたい・・・とお考えの方は、こちらのメニューをお考え下さい。
 

SPEC
NISMO メインCPU・ミッションCPU
SARD キャタライザー
TRUST マフラー
BLITZ D-SBCidV
ブースト圧1.09→0.95Kg/cm2
574.7PS 78.9Kg

パワーチェックグラフ
奈良発ヘッドライトチューンを追加したR35


奈良県のO様もヘッドライトチューンのお勧めプランを行いました・・・やはり相当明るくなって安心です。

これらのパーツは完全なKITでは無く、取り付けも相当に手間で難しいので、私共のようなプロSHOPでの取り付けをお勧め致します。

又、ベロフのパーツは只今キャンペーン中ですので、この価格でお買い求め出来ます。

お早目の取り付けをお考え下さい。

BLLOF HID GT7000 D-MultiタイプSフルキット   \95000
BLLOF GT7000バルブキット HU           \50000
BLLOF D2変換出力ハーネスキット           \4800
上記取り付け                        \50000

キャンペーン価格  \200000(税込)

 

R35ミッション保護・冷却プランキャンペーン


暑い夏が近づいて来ました・・・ミッションオイルの油温が上がります。

粘度が下がります・・・オイルが汚れます・・・非常に悪い事なのでしっかりと保護・冷却を行いましょう!

TRUSTのミッションオイルクーラーを装着して、油量を増やして、ソレノイドバルブを清掃して対策品も装着するプランです。

これで、一気にミッションの不安を減らす事が可能です。

 

TRUST DCTオイルクーラー 定価\225000→ \191250
TRUST ウォッシャータンク   \13800
モティーズ ミッションオイル13L   \49400
オリジナル ソレノイドバルブ清掃エア抜き   \60000
日産 対策品   \1000
日産 オイルパッキン   \2100
  バンパー脱着・クーラー取り付け・
クラッチ調整・オイル交換
\90000→ \80000
     
  合計   \397550
  税込総合計   \417427
京都発コルベットからR35に乗り換えて第1ステップ完了


京都府のF様は、コルベットC6に乗っている常連さんで色々と当社にてチューニングして下さったのですが、

余りにも多く訪れるR35GTRに触発され、とうとうR35に買い換えてしまったのです。

第1ステップとしてミッションソレノイドバルブ清掃プラン、各種オイル交換、アルミホイール交換、足回り交換、

アライメント修正、コンピューターチューンを行いました。

次回は、マフラー、キャタライザー、ブーストコントローラーのお勧めブーストUP仕様に進む予定です。

この車、特に静止状態からの発進でグォングォンがひどかったので、見違えるような乗り味になりました。

ボディー下部も同色に塗装しましたので、格好も良くなりました。

BLITZ R35ダンパーZZR  \168000→\142800円  取り付け一式 \60000 アライメント \50000

税込総合計 \265440円 キャンペーン中!


RAY's ボルクレーシングG12 F:\104500→\73150×2=\146300
                   R:\109500→\76650×2=\153300
組込バランス一式        \28000 1台分

税込総合計 \327600円 キャンペーン中!


カラーがフォーミュラーシルバーなので1本8000円高いです。

 

SPEC
リキモリ エンジンオイル
RAYS ボルクR G12フォーミュラーシルバー
BLITZ ZZRダンパー
オリジナル メインCPUプログラム・ミッションCPUプログラムースペックV改
クラッチ調整・ミッションソレノイド清掃プラン
ブースト圧0.86→0.80Kg/cm2
524.4PS 69.0Kg

パワーチェックグラフ
R35 GTR情報 VOL11
現在ページはVOL11です。
VOL1 VOL2 VOL3 VOL4 VOL5 VOL6 VOL7 VOL8 VOL9 VOL10
VOL11 VOL12 VOL13 VOL14 VOL15 VOL16 VOL17 VOL18 VOL19 VOL20
VOL21 VOL22 VOL23 VOL24 VOL25