Z34チューニング情報 VOL7
VOL1 VOL2 VOL3 VOL4 VOL5

VOL6

VOL7      
−奈良・生駒市発 コンピューターの土台はしっかり造り上げました Z34−


奈良県H様Z34は、2013モデルVer-nismo 36000キロ走行で

EXマニ・マフラーetc.排気系チューンはされておりました。

A/FセンサーとO2センサーの間でマフラーガスケットが抜けており、

排気漏れしていました。

こうなると片バンクのみエアを吸って、薄い空熱比と判断されてしまい、

完璧なのに濃くしようとしてしまいます・・・(涙)

H様には事情と説明をして、すぐにでも修理するよう伝えました。

コンピューターデータはしっかり土台を形成したので

あとは漏れが無くなれば学習をやり直してOKでしょう!

<オーナーズボイス>

アクセルレスポンスが良くなり、下から上まで気持ちよく回るようになりました。

全然変わりました。

排気漏れを直して更に良くしたいですね!


 

SPEC

マキシムワークス ステンレスEXマニホールド・フルマフラーSET
オリジナル アプリケーションCPUデータ Ver3.21-2

337.43ps    41.48kgm

パワーチェックグラフ

 
−埼玉・熊谷市発 Z34で友人御R35を追い掛け回す仕様−


埼玉県K様Z34は、2011モデルZ34の7ATで34800キロ走行。

友人のR35タービン交換車を追い掛け回せる仕様にしました。

サウンドも良く、綺麗に高回転まで回ります!

実走してみて「ブレーキが駄目だ」となり、エンドレスのキャリパーKITを

即、注文して下さいました。

<オーナーズボイス>

下から上までもたつく事がなく吹け上がります!

特に、下のトルクがあるので街乗りも高速も楽に走れますね。

足も良いです!高速のジャンクション等、路面の悪い所でもピタッと安定しています。

 

SPEC

マキシムワークス ステンレスEXマニホールド
SARD キャタライザー
フジツボ Y字中間パイプ
サクラム マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータVer3.21-2

350.8ps    38.7kgm

パワーチェックグラフ


 
−和歌山市発 2011モデルZ34 nismoを7年振りセッティング−


和歌山市K様Z34は、2011モデルVer-nismo 7ATで32000キロ走行。

約7年前にキャタライザーを装着して、コンピューターチューンをさせて頂きました。

当時はECU-TEKソフトのZ34用は無かったので、今回入れ替えてリセッティングしました。

ECU-TEKソフトを使ってのZ34コンピューターチューンは、もうばっちり決まります!

この車も一発で決まりました!

<オーナーズボイス>

街中でのレスポンスや加速が良くなり、とても乗り易くなりました。

ただ、マフラーが純正のままなので、良いマフラーに交換したいですね。

でも、出てないんですよねえ〜(泣)

 

SPEC
SARD キャタライザー
オリジナル アプリケーションCPUデータ Ver3.21-3

347.28ps    40.62kgm

パワーチェックグラフ

 
−京都・木津川発 フル排気チューニングのZ34−


京都府T様Z34は2012モデル7AT10000キロ走行で、以前フルノーマルでのCPUチューニングを

させて頂きました。

今回EXマニ、キャタライザー、Y字中間パイプ、マフラーとフル排気交換を行い、CPUリセッティングを行いました。

素晴らしく高性能になりました。大したもんだと思います!

次回、Z34では必須ともいえるオイルクーラー装着をお勧めします!

(オーナーズボイス)

コンピューターのみの時は少しカクカクした出足が有りましたが、それが解消されて非常に乗り易くなりました。

特に3000rpm〜5000rpmのパワー感が楽しいです!

パドルでシフトダウンしていくときのエンジン音も再考に気持ち良く、大変満足しています。

 

SPEC

フジツボ ステンレスEXマニ、Y字中間パイプ
SARD キャタライザー
APEX RSXマフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータver3.21

362.90ps    41.83kgm

パワーチェックグラフ

 

−大阪発 真紅のZ34、マフラー+CPUチューン−


大阪府A様Z34は2012モデル7AT、51000キロ走行のフルノーマルで、今回APEXマフラーとCPUチューンを

させて頂きました。

同時にアラゴスタ車高調、BBSホイール+ADVANsportをセットアップ致しました。

一気にイメチェンできましたね。

現在の当社Z34用CPUデータは完璧と言って差し支えない程煮詰まっています。

このお車もセッティングでは一発で決まりました。

そして格好も良くなりました。

(オーナーズボイス)

低速の出足から高回転まで全域でパワーアップを感じられ、

運転がより楽しくなり、満足しています。

今後のキャタライザーやEXマニ等排気系ステップUPでどれだけ更に良くなるか…と思うととても楽しみです。

 

SPEC

APEXi RSXマフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータver3.1-1
TOP LINE アラゴスタ車高調タイプS
日本BBS RE-V DB F:9.5J-19 R:10.0J-19
YOKOHAMA ADVANsport F:245/40ZR19 R:285/35ZR19

345.03ps    41.90kgm

パワーチェックグラフ

 

−愛知・祖父江発 Z34nismoのCPUチューン−


愛知県W様Z34フェアレディZnismoは2015モデル8400キロ走行で、Xパイプ+マフラー交換されていました。

しかし、このマフラーは以前もセッティングしたことがあり、25PSパワーダウンした経験があります。

今回、キャタライザーを交換してのCPUチューンを行いましたが、やはり高回転で伸びが悪く苦戦しました。

ホントに抜けが悪いマフラーです。

しかし何とか330PSまで出せるよう頑張りました。

アクセルのツキやトルク感は良くなるよう何度もセッティングし、煮詰めました。

元々入っていたデータはEU仕様のものでした。

 

SPEC

SARD キャタライザー
某SHOP Xパイプマフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータver3.21.3


330.26ps    37.74kgm

パワーチェックグラフ

 

 

−福井市発 排気系+コンピュータチューンで完璧Z34−


福井市Y様は、元々神奈川県の方で仕事で福井に来られたようです。

マフラーのみ交換されてましたが、今回EXマニとキャタライザーを子往還しての

コンピュータチューニングを行って下さいました。

サクラムのマフラーは何と言いますか!?ノドの奥からアミノ酸が出てくるような

クォ〜〜ッ のサウンドがタマりません・・・。

マキシマムワークスのEXマニとSARDのキャタライザーも加わり

更に歯切れ良い感性をくすぐる好サウンドでした!

パワーもトルクも文句なし。

128,000キロを走り込んでるとは思えませんでした。

タイヤも購入して下さりました。

 

SPEC

マキシマムワークス ステンレスEXマニホールド
SARD キャタライザー
サクラム マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ ver 3.21−2

360.8ps    40.0kgm

パワーチェックグラフ

 

− 奈良 磯城郡三宅 発 コンバーチブルZ34をコンピュータチューン−

 
奈良県F様Z34は2009モデル7ATコンバーチブルで21000キロ走行、

HKSのキャタライザーとマフラーが交換されております。

今回、コンピュータチューニングをさせて頂きました。

多少ノッキングしやすかったので点火マップを調整しましたが

いつも通りのパワー&トルクで完璧と言えるデータになってくれました。

F様も満足して下さり、お勧めしておいたオイルクーラーKITも即購入して下さりました。

 

SPEC

HKS キャタライザー、マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ ver 3.21−2

343.6ps    40.96kgm

パワーチェックグラフ

 

VOL1 VOL2 VOL3 VOL4 VOL5

VOL6

VOL7