ZN6 FT86チューニング情報 VOL.1
現在ページはVOL.1です。
VOL1 VOL2
86・BRZ INFORMATION 


交通タイムズ社より「86・BRZマガジン」が発売されました。

先日行われた、タカスサーキットでの走行会の模様や

その後京都店で開催された、RH9加盟11ショップによる

86・BRZのCPUチューニンバトルなどが紹介されています。

今回、この86・BRZマガジンの発売に合わせて

当社も2ページを使って、86・BRZオーナーの方のために

分かりやすくチューニング全般の記事的広告を掲載しています。

一人でも多くのオーナーの方にチューニングの楽しさを知って頂く為

分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けました。

その広告の内容を一部抜粋してご紹介いたします。

 車 検 整 備 一 式 


メンテナンスや車検の依頼が非常に多いのもフェニックスパワーの特徴です。

多少なりともチューニングを行っている愛車を、チューニング知識の乏しいディーラーや

一般整備工場に預けるのは非常に心配なもの。

整備後の、配線やパイピングの戻し間違い等は決して少ない話ではありません。

フェニックスパワーでは、一般整備から高度なチューニングに至るまで

経験豊富なスタッフが作業にあたるためとても安心です。

また、「中古の改造車を購入したものの仕様がよく判らない。」と言った場合にも

車輌に合わせたチェック作業を行いますので、お気軽にご相談ください。

86/BRZ車検整備費用一覧 (店舗により検査代行費が異なります。)
項目 福井店 京都店
 自賠責保険 継続24ヶ月 27,840円 27,840円
 重量税 24,600円 24,600円
 印紙代  1,800円  1,800円
 法定24ヶ月点検 20,000円 20,000円
 予備検査 15,000円 15,000円
 チューニング保守点検・調整 15,000円 15,000円
 検査代行費 30,000円 20,000円
 消費税  6,400円  5,600円
 合計 (税込) 140,640円 129,840円


コンピューターチューンの優位性 


86/BRZのフルノーマル車に乗って始めて感じたのは、アクセルレスポンスがとても悪いことでした。


昔の車はアクセルを踏むとワイヤーで引っ張られスロットルが開く仕組みで、1対1の関係が成立しておりました。

現代の車はアクセルを踏むと信号がコンピュータに入り、コンピュータから電子スロットルに信号が入ります。

日産の場合は、アクセル何%に対してスロットル何%という2Dマップがあり、これを同調させれば

1対1の関係にチューニングされます。

しかし86/BRZのコンピュータはこんなシンプルな制御ではなく、デザイヤードトルク to スロットルアングル値を

ワイドオープンスロットルトルク・スレッシュホールド値で割ったパーセンテージに

とある係数を足したパーセンテージが、アクセルペダル to デザイヤードトルク値に反映され

カリキュレーテッドトルクマップに監視されつつスロットル開度を決定するという

複雑な制御になっているのです。

当社では1コマ1コマを計算して1対1の理想形となるマップを造り上げました。

しかし、これはあくまで計算値の1対1なので、ここに人間が踏んで「気持ちいい!」と感じる味付けをするのが

おもしろさの秘訣なのです。


当社が使用するECU-TEK編集ソフトですと特別マップが作成されており、アクセル開度に対して

それぞれの車速に応じてスロットルの開け方を微調整できるマップが存在します。

ここをしっかり造り上げると乗って楽しい86/BRZに変身してくれます。

他にも、ノーマルカーですから燃料は濃く点火時期が甘かったり、基準バルタイがインテーク125、

エキゾースト135に対して無意味なタイミングになっている場合が多く

これらを最適化していくことで軽く回ってくれるエンジンに変身してくれます。

またブレーキを踏んでシフトダウンする際、自動的に回転を上げギアを入れ易くさせるオートプリッピング機能や

アクセルを踏みっぱなしのままシフトUPさせられるフラットフットシフト、静止状態から1速に入れ

アクセルベタ踏みのままゼロヨンスタートさせるローンチコントロール等の機能も必要に応じて入力しています。

フルノーマルの時からコンピュータチューンするも良し、排気系チューンと同時にコンピュータチューンするもよし、

86/BRZのチューニングは、まずはコンピュータチューンからをお勧めいたします。

オリジナル アプリケーションCPUデータVer 8−4

160,000

 

税込み価格

172,800

 

 

−京都 久御山発 86MTのスーパーチャージャーをダイナパックセッティング−


京都府U様86 6MT、HKSスーパーチャージャーのダイナパックセッティングを行いました。

先日行った6AT車のデータを基にして一から煮詰めました。

クリーナーBOXが純正だったのでVQマップは改造せずにセッティングできました。

この車もスーパーチャージャー吸気側ガスケット拡大してブーストを上げてますが

燃料系は純正のままです。

全域パワーUPしたと思いますので、鈴鹿で良いタイムをお出し下さい。

こちらはミッション車なので5速計測しました。

ファイナルは同じ4.1ですが、ATは4速が1.0.

MT車は5速が1.0だからです。

SPEC

HKS スーパーチャージャーKIT、インタークーラー
コンプレッサークーラー
パワークラフト ステンレスEXマニ
TRUST オイルクーラーKIT
SARD キャタライザー
オリジナル 60Φジョイントパイプ、Z6デパーチャーマフラー
アプリケーションCPUデータ Ver 8−4
ワイドレンジ圧力センサー
ブースト圧 0.58 → 0.76kg/cm2時
290.2ps    33.7kgm

パワーチェックグラフ

−愛媛 新居浜発 オートマ86にHKS SC装着セッティング−


愛媛県 I 様86は6ATでコンピューター以外の吸排気系は全てチューニングしてあり

今回、HKSのスーパーチャージャーKITを装着してCPUセッティングを行いました。

第2触媒は上手く加工してありました。

BLITZのムキ出しクリーナーになっておりエアフロメーターが刺さるところにアダプターがかませてあり

これはセッティングが大変だなぁ〜と思いました。

ある程度合わせてから最終VQマップを改造して合わせてみました。

ダイナパックでビッチリ合わせましたが予想以上に出ました。

スーパーチャージャー吸気側ガスケットは拡大して、パワーUP出来るようにしました。

燃料計は純正のままです。

SPEC

HKS スーパーチャージャーKIT、インタークーラー、
オイルクーラーKIT、コンプレッサークーラー
パワークラフト ステンレスEXマニホールド
ボーラ 第1キャタライザー
TRUST ジョイントパイプ
Rマジック 第2キャタライザー+純正消音器
フジツボ マフラー
BLITZ クリーナーKIT
オリジナル アプリケーションCPUデータ Ver 8−4
ワイドレンジ圧力センサー
ブースト圧 0.53 → 0.79kg/cm2時
288.1ps  32.9kgm

パワーチェックグラフ

−石川 小松発 オートマ86にBLITZターボKITでトルクUP−


石川県Y様ZN6トヨタ86は6ATの7800`走行の新車です。

購入後にすぐにタイヤ&ホイールや足、コンピュータチューンをして下さり

今回、BLITZのボルトONターボKITに進んで下さりました。

直近に6MT車で造ったデータをベースにセッティングを始めましたが

やはりMTとATでは違いますねぇ〜。

少しの違いではありません・・・。

300psを超すようなパワーは出ませんでしたが

トルクNo.1の数値でした。

ATですから逆にいいですよね。

SPEC

BLITZ B06−380RタービンKIT、インタークーラー、圧力センサー
第1キャタライザー、クリーナー、サクション
オイルクーラーKIT、ATクーラーKIT
オリジナル デパーチャーZ6マフラー、60Φジョイントパイプ
トヨタ 純正第2触媒
オリジナル アプリケーションCPUデータ ver8-4
ブースト圧 0.62 → 0.39kg/cm2時
278ps  34.7kgm

パワーチェックグラフ
−滋賀 彦根発 サクション+マフラー86をCPUチューン−


滋賀県 I 様トヨタ86は足回りやタイヤホイールetcを

すべて当社で改造して下さっている以前の車からの常連様です。

今回、サクションパイプ、オリジナルZ6マフラーを装着して

コンピューターデータを最新化いたしました。

極暑の中、しっかりと出ました。

現在のデータはドンドンと進化しております。

86・BRZオーナーの方は是非コンピューターチューンにお進みください。

車検は問題ないですよ!

SPEC

BLITZ サクションパイプ
オリジナル デパーチャーZ6マフラー
アプリケーションCPUデータ ver8−4
APEX 置き換えフィルター
205.9ps  22.2kgm

パワーチェックグラフ

−三国メカの86ターボをリセッティングいたしました−


福井店店長の三国メカの86を、ECU-TEK最新データでリセッティングいたしました。

前に行ったBLITZターボKIT装着車とデータが似てきました。

吸入空気温度が50℃まで上昇する暑い日でしたが

充分なパワー&トルク、そしてスムーズな乗り味に進化させることに成功いたしました。

SPEC

TRUST T-518ZタービンKIT、インタークーラー、第1キャタライザー
ステンレスEXマニ
BLITZ オイルクーラー、SBC-iカラー、ニュルマフラー
オリジナル 60Φジョイントパイプ、アメリカ製圧力センサー
アプリケーションCPUデータ ver8-3
SARD 第2キャタライザー
OS技研 ストリートマスターシングルメタルクラッチ
ブースト圧  0.73 → 0.57kg/cm2
321.4ps  34.3kgm

パワーチェックグラフ

−福井発 BLITZターボKIT86を最新データでリセッティング−


福井県S様86は既にBLITZターボKITが装着されている常連様ですが

ECU-TEK編集ソフトが以前のバージョンでセッティングしたものでした。

今回RH9壮行会がタカスサーキットであるため

最新バージョンでリセッティングを行いました。

ノッキングを判断するロギングデータが

ノックコレクションとイグニッションコレクションの2つの項目になり

とてもセッティングが楽になりました。

ノッキングが出ない安全なデータになりました。

SPEC

BLITZ B06-380RタービンKIT、第1キャタライザー、インタークーラー
オイルクーラー、圧力センサー、SBC-iD
オリジナル アプリケーションCPUデータ ver8-3
60Φジョイントパイプ、デパーチャーZ6マフラー
SARD 第2キャタライザー
エクセディ シングルメタルクラッチ
 ブースト圧  0.62 → 0.52KG/cm2
320.5ps  34.3kgm

パワーチェックグラフ

−福井 敦賀発 HKSスーパーチャージャー86を最新データでリセッティング−


福井県M様86は、既にHKSスーパーチャージャーKITが装着されており

今回、RH9走行会に参加するため、最新データでリセッティング致しました。

排気系はマフラーのみで抜けはつらいですが

充分なパワー&トルクになってくれました。

EXマニ、キャタと交換していくのが楽しみですねぇ〜。

SPEC

HKS スーパーチャージャーKIT、450tインジェクター
インタークーラー、オイルクーラー、大径リストラクター
オリジナル アメリカ製圧力センサー、デパーチャーZ6マフラー
アプリケーションCPUデータ ver8-3
OS技研 ストリートマスターシングルメタルクラッチ
ブースト圧  0.68 → 0.84kg/cm2
311.0ps  34.9kgm

パワーチェックグラフ

−大津発 テールマフラーのみの86がCPUチューンで好結果−


滋賀県O様86は4万キロ程の走行で

TRDのマフラーのみ装着されたライトチューンです。

今回コンピュータチューンを行いましたが

200ps位をメドにしておりましたが、ドンと出て驚きました。

データの進化が少しずつ86の持っている潜在能力を

発揮してくれているようです。 

SPEC

オリジナル アプリケーションCPUデータ ver8-3
TRD テール部マフラー
211.9ps  22.8kgm

パワーチェックデータ

−石川 小松発〜6ATの86NAライトチューンで苦戦−


石川県Y様は以前Z33で当社でチューニングして下さり

今回トヨタの86の6ATを購入!

早速ファーストステップを行って下さいました。

当社オリジナルデパーチャーマフラーとサクション、フィルター、CPUチューンです。

3500〜4000rpmの谷間をなくすように頑張りましたが  

中々苦労しました。

試乗後Y様は

『動いた途端、アクセルのツキが良くなってるし、3500〜4000の谷間も改善されてます!!』

との事。

コンピューターチューンの甲斐がありました。

アルミホイール・タイヤのセットもご購入下さいました。

SPEC

APEX 置き換えフィルター
BLITZ サクションパイプ
オリジナル デパーチャーZ6マフラー
アプリケーションCPUデータ
188.0PS 20.5kgm

パワーチェックグラフ

福井発〜不等長ステンEXマニで性能UPなるか?86

福井県F様86は6MT、28000キロの走行で

既に当社でマフラー、サクションパイプ、CPUチューンはして下さっております。

今回F様の要望でBORLA製の不等長EXマニを装着して

CPUリセッティングいたしました。

他にも、ブレーキローターやパッドも交換して下さいました。

触媒やジョイントパイプは純正のままですが

ボクサー風のドロドロ〜ン音は少し出てました。

コンピュータのデータも最新にして、中々の結果となりました。

空燃比のラインもバッチリです。

SPEC

BLITZ サクションパイプ、マフラー
BORLA 不等長EXマニ
トヨタ 純正触媒
APEX フィルター
オリジナル アプリケーションCPUデータ ver8−3
209.2PS 22.2kgm

パワーチェックグラフ

金沢発〜マフラー交換の新車86をCPUチューン


石川S様ZN6トヨタ86は、まだ3000キロ走行の6MTで、マフラーのみ交換済みです。

新しいver8の基準データを入力して回してみましたが、実際のノッキングかどうか判別が微妙なノッキングリタードが多く、今一つパワーが出ませんでした。

そのため、点火マップを何度も作り変え点火を下げたらノッキングリタードが無くなりました。

排気音が静かで抜けていない感じです。これでは純正と変わらない排気効率のようです。

同時にオイルクーラーを装着下さいました。

今後、排気効率のいいキャタライザー・EXマニホールドを装着していきたいですね。

SPEC

フジツボ マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータver8.1
199.1PS 21.8kgm

パワーチェックグラフ
北海道中標津発〜マフラー交換で新データリセッティング86ターボ


北海道Y様トヨタ86は2年前にエンジンをローコンプ化したボルトオンターボ仕様のマシンです。

今回、音量切り替えバルブ付きのワンオフチタンマフラーを装着したので完全に新しくデータを作りなおしました。

ECU-TEKソフトのバージョンがドンドン進化しているからでもあります。

そして丁度ダイナパックも納品されたのでこちらのテストも兼ねました。

この86ターボは450ccインジェクター、80φ加圧式エアフロメーター、ローコンプ鍛造ピストン、T620Zタービン仕様6速AT車なのでセッティングがとにかく大変でした。

目標空燃比マップ、エアフロVQマップ、インジェクター係数と3方向からの燃調合わせが必要で、とても苦労しました。

また、そこに始動時噴射、始動後噴射、アイドル回転数、ポート・直噴インジェクター割合、そしてバルブタイミングのIN・EXと複雑に絡み合い苦しみました。

何とか今までよりも乗り味が格段に向上しました。
 

SPEC

C,P 鍛造ピストン
キャレロ H断面コンロッド
TRUST T620Zタービンキット(T518Zベース)・インタークーラー・オイルクーラー・ATクーラー・ステンレスEXマニ・第1キャタライザー
オリジナル アメリカ450ccポートインジェクター・大容量フューエルポンプ・大容量圧力センサー・ワンオフ80φチタンマフラー・アプリケーションCPU ver8.1
BLITZ SBC-iD
402.57PS 50.34Kg
 
京都宇治発〜マフラー交換のみ86をコンピューターチューン


京都府F様トヨタ86は当社デパーチャーZ6マフラーに交換した6MT車で、今回コンピューターチューン致しました。

何問題も無く普通に高性能化してくれました。

86・BRZのコンピューターチューンは又新しいソフトに更新され、Ver8に進化しました。
 

SPEC

オリジナル デパーチャーZ6マフラー・アプリケーションCPUデータ
202.7PS 22.2Kg

パワーチェックグラフ
京都宇治発〜サクション+フル排気交換86をコンピューターチューン


京都府H様トヨタ86はHKSのEXマニ、キャタライザー、マフラーがフルセットになった車検対応品に交換されており、今回BLITZのサクションパイプとコンピューターチューンを行いました。

215PS程を目安に頑張りましたが、全く抜けません。まるでノーマルと変わらないように感じました。

音も静かで新しい車検基準に対応しているからでしょうか。

パワフルさが無く、回していても重く感じました。これでも相当頑張ったのですが・・・(汗)

SPEC

BLITZ サクションパイプ
HKS EXマニホールド・キャタライザー・マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ
205.9PS 22.5Kg

パワーチェックグラフ
― 福井勝山発〜ノーマル排気に近い86でボルトONターボ好結果 ―


福井県 W様 86は、前回NAでのコンピューターチューンをして下さり、

今回はTRUST ボルトONターボKITを装着して下さいました。

うちのデモカーとの違いは、ジョイントパイプ、第2触媒、中間パイプが純正のままで、

テールのみマフラー交換の仕様です。

290〜300PSを目標に煮詰め、予定通りに仕上がりました。

音が静かなのにパワフルなので、気持ち悪いくらいです(笑)。

この車もフル排気チューンすれば320PSになるでしょう!

SPEC

TRUST T-518ZタービンKIT、インタークーラー、ステンレスEXマニ、第1キャタライザー
オリジナル アプリケーションCPUデータ
アメリカ ブーストセンサー
BLITZ SBC-id
kuhl テール部マフラー
OS技研 ストリートマスタークラッチ
ブースト圧0.79kg→0.64kg
295.6PS 33.7Kg

パワーチェックグラフ
― 大阪堺発〜フルノーマル86を一気チューニング ―


大阪府 O様 86は、19000キロ程走行の6MTフルノーマル車でして、今回、サーキット走りを楽しむために、

タイヤホイール、足回り、フル排気、コンピューターチューンを一気に行って下さいました。

APEXのEXマニホールド、60Φジョイントパイプ、キャタライザーのSET品と

当社デパーチャーZ6マフラーのフル排気システムです。

思惑通りのパワー&トルクになってくれました。

今後はサクションパイプ、オイルクーラーetcがお勧めですね。

車高もしっかり合わせてアライメント調整し、格好良くなりました。

SPEC

APEX 置き換えフィルター、EXマニキャタSET
オリジナル デパーチャーZ6マフラー、アプリケーションCPUデータ
トップライン アラゴスタ タイプS車高調KIT
RAY'S TE37SL 9.5J-18インチ×4
ダンロップ ディレッツァZUスタースペック 255/35-18×4
213.7PS 22.9Kg

パワーチェックグラフ
― 福井発〜BRITZ86用試作ターボKITを取付セッティング ―


福井県 S様 ZN6は、当社で順調にNAチューンのステップUPを重ね、今回、

BLITZが東京オートサロンで展示していた、86・BRZ用のボルトONターボKITを装着してくださる事になりました。

タービンは、B06-380R。圧力センサーは、BLITZが用意したアメリカ製。

うちのデモカーと同じ、ノーマルインジェクター、ノーマルポンプのままの仕様です。

TRUSTのKITと比べると、低いブースト圧で同じようなパワーになりました。

ただし、エアフロ電圧が、4.96Vになっているので、限界です。

エアフロメーターが刺さるパイプの径を変更すれば、もっと出せるかもしれません。

圧力センサーは、CPUデータの設定値を算出するのに苦労しました。

86・BRZをターボ化する際、どちらのKITにするか?

TRUST、BLITZ両社の出来は良いので悩みますね。

SPEC

BLITZ ボルトONターボKIT、インタークーラー、圧力センサー、第1キャタライザー、SBC-iD、オイルクーラー
SARD 第2キャタライザー
オリジナル 60Φジョイントパイプ、デパーチャーZ6マフラー、アプリケーションCPUデータ
ブースト圧0.50kg→0.54kg
204.7PS 22.2Kg

パワーチェックグラフ
― 兵庫伊丹発〜NAチューンベースが完了の86をCPUチューン ―


兵庫県 Y様 86は、吸・排気がしっかりパーツ交換されておりました。

今回コンピューターチューンをさせていただきましたが、一発で決まりました。

2.1L化された、長谷川86のグラフ比較してみても、ピークのパワーやトルク値はほとんど変わりません。

ノーマルエンジンとしては、充分な結果だと思われます。

SPEC

BLITZ 置き換えフィルター、サクションパイプ
HKS EXマニホールド、キャタライザー、オイルクーラー
東名 ジョイントパイプ
柿本 マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ
216.5PS 22.9kg

パワーチェックグラフ
― 京都八幡発〜ド新車86をマフラー+CPUチューン ―


京都府 H様 ZN6は、まだ700キロしか走っていない新車で、まずは、当社デパーチャーマフラーと

APEXフィルター、そしてコンピューターチューンをして下さいました。

コンピューター品番は変わっておらず、ZA1JA02Aのままでした。

普通にパワーアップしてくれました。

今後、更なる排気系チューンで、まだまだ良くなる事でしょう。

R35も購入されたとのことで、ダブルチューニングが始まりそうです。

 

SPEC

APEX 置き換えマフラー
オリジナル デパーチャーZ6マフラー
アプリケーションCPUデータ ver.7-3
200.2PS 22.2kg

パワーチェックグラフ
大阪都島発 オートマ86にTRUSTターボKITボルトON


大阪府 H様 ZN6トヨタ86は、6AT車で、既に当社でオリジナルマフラーとコンピューターチューンを

して下さっております。

今回、TRUSTのターボKITを装着しセッティングいたしました。

触媒やジョイントパイプは純正のままです。

予想通りのパワー&トルクになってくれました。

パワーカーブもトルクカーブも見事です。

AT車はハイギヤードなので、これくらいのパワーで丁度良い感じだと思えました。
 

SPEC
TRUST T517Zタービンキット・インタークーラー・オイルクーラー・EXマニ
オリジナル デパーチャーZ6マフラー・アプリケーションCPUデータ・アメリカ製圧力センサー
トヨタ 純正触媒
ブースト圧0.54kg→0.51kg
284.7PS 31.4Kg

パワーチェックグラフ
−京都久御山発 86 スーパーチャージャーで鈴鹿に挑む−


京都府U様トヨタ86は、フルノーマル時から当社でチューニングして下さり

フル排気チューンで鈴鹿を走りまくっておられました。

同じ86のライバルがスーパーチャージャー化して付いて行けなくなったので、

こちらもスーパーチャージャーを取付けいたしました。

インジェクターが純正だとHKSのSCキットのエアリストリクターは39パイの小径

サイズなのですが、以前ターボ車で純正インジェクターのセッティングを行った

際、320PS位出せましたので、42.5パイに拡大してセッティングしました。

相当走る方で、1度ヘッドGKを抜かした事もあるので、点火タイミングも燃料も

充分、余裕を持てましたが、それでも290PSを超えてきました。

これでライバルをブッちぎって下さい!!
 

SPEC
HKS スーパーチャージャーKIT・インタークーラー・コンプレッサークーラー
オリジナル ワイドレンジ圧力サンサー・アプリケーションCPUデータ・60φジョイントパイプ
TRUST マフラー・オイルクーラー
オートファクトリー ステンレスEXマニ
SARD キャタライザー
292.8馬力 35.1キロ

パワーチェックグラフ
−京都宇治発 フルノーマル86のコンピューターチューン−


京都府H様86は9000キロ走行のフルノーマル6MTで、当社に来店され

「これから改造していきたけど何からすれは?」と相談され、まずはコンピューターチューンする事になりました。

データを入力して回してみると何かおかしい???

165PSしか出ませんでした。

色々、検証したらバルタイが動いていない事が判明!オイルは純正オイルを使用されており、

5000キロ未交換でした。

多分、油圧が無くてバルタイを動かせない時があったのでしょう。

純正オイルは粘度が低いので、早いサイクルで交換しましょう。

パワーUPしたり、激しい走りをされる方は0W40位の能力の高いオイルをお勧めします。
 

SPEC
オリジナル アプリケーションCPUデータ
202.8馬力 22.4キロ

パワーチェックグラフ
−大阪河内長野発 クスコ製スーパーチャージャー86のセッティング−


大阪府Y様86は他店でクスコ製スーパーチャージャーKITを装着しサーキットを

楽しんでいれおられたのですが、うちのお客様の86(NAチューン)と変わらない

走りだったため、不満を感じていたようです。

そんな時エンジンブローして、新しいエンジンに乗せ変えたので、コンピューターセッティングを依頼されました。

以前、セッティングしたHKSのスーパーチャージャーは、高回転型でピークトルクは

5200〜5600rpmで発生していましたが、このクスコ製は3500〜4000rpmでピークでした。

従って、立ち上がってすぐ燃料が多く入り、ショートサーキットやワイディングロード、

ジムカーナなんかに適したKITだと思えました。

それにしても、86BRZはサーキットを多用すると、コイルが痛むのが早いですね。

熱に弱いんですかね?!
 

SPEC
クスコ スーパーチャージャーKIT・圧力センサー・小径プーリー
不明 ステンEXマニ
オリジナル 60φジョイントパイプ・アプリケーションCPUデータ
BLITZ 中間パイプ
不明 チタンマフラー
231.1馬力 27.4キロ

パワーチェックグラフ
−三國メカの86-2号車ターボでセッティングしました−


当社三國メカニックのZN6,TRUSTボルトONターボKITのコンピューターセッティングを行いました。

前回の1号車の事のデータをベースに燃料を薄めてみました。

バルタイや点火時期も調整し、ブーストも0.1キロ上げてみましたが、燃料的には持ちました。

とても良い感じです。
 

SPEC
TRUST T517Zターボキット・インタークーラー・EXマニ・オイルクーラー
BLITZ D-SBCiカラー・ニュルマフラー
オリジナル 60φジョイントパイプ・アプリケーションCPUデータ
SARD キャタライザー
OS技研 ストリートマスターシングルクラッチ
ブースト0.72kg→0.60kg
319.2馬力 35.4キロ

パワーチェックグラフ
−福井勝山発 テールマフラーのみ86のCPUチューン−


福井県W様トヨタ86はテールマフラー交換のみの仕様で、今回コンピューターチューンいたしました。

ノーマルと変わらない仕様ですが、5速全開、203ps!とても良い結果だと思います。

オートグリップ、ローンチコントロール、フラットシフトetc、遊び心満点のカスタムマップも追加いたしました。

次回の排気系チューンが楽しみですね。
 

SPEC
クルー テール部マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ
203.8馬力 22.1キロ

パワーチェックグラフ
-福井敦賀発 HKS新SCを即効チューン-


福井県M様トヨタ86は、当社オリジナルマフラーとコンピューターチューンを

して下さっていたのですが、HKSから新しく発売された300PS対応スーパーチャージャーKITを取付し、

付属されているフラッシュエディターは使わずに、私共のデーターで煮詰めてみました。

400ccクラスのインジェクター・インタークーラー・コンプレッサー用オイルクーラーetcのフルセットですが、

安価なKITになっています。

300PS位をメドにセッティングを開始しましたが、一発で315PSが出ました。

マフラーのみの排気系をフルに変えるとどれ位になるのでしようか!?
 

SPEC
HKS スーパーチャージャーキット・インタークーラー・オイルクーラー・ コンプレッサーオイルクーラー・インジェクター・
オリジナル ワイドレンジ圧力センサー・アプリケーションCPUデータ・デパーチャーZ6マフラー
315.0馬力 34.8キロ

パワーチェックグラフ
-愛知安城発 フルノーマル86に新SCを取付-


愛知県O様トヨタ86はフルノーマル状態でHKSのGTスーパーチャージィKITを取付

フラッシュエディターでのセッティングをする事になりました。

400ccクラスインジェクターやインタークーラーを装着です。

まず、フラッシュエディターでHKSのつるしデーター測定してみました。

265PSだったので、排気フルノーマルなのでこんなもんでしょう!

もうちょっと煮詰めようとしましたが、圧力センサーは純正のままでバッチリにするのは難しいと判断しました。

(2PSだけ上がりました)

O様も次回は、排気系+メインCPUチューンの方向でステップUPしていく事になりました。
 

SPEC
HKS スーパーチャージャーキット・インタークーラー・オイルクーラー・
コンプレッサーオイルクーラー・インジェクター・フラッシュエディータ
267.2馬力 30.2キロ

パワーチェックグラフ
名古屋発〜純正マフラーでも好結果の新86チューン


愛知県M様トヨタ86は、オイルクーラーのみ装着されたフルノーマルで8000キロほどしか走っていません。

音が大きくなるのは困るので、純正マフラーのまま、APEXのEXマニ・ジョイントパイプ・キャタライザーの

SETとフィルター、そしてHKSのクリーナーBOXに導かれるインテークエアダクトを

装着して、コンピューターチューンを致しました。

205馬力位を目処にしてましたが、一発でドカンと出て驚きました。

このEXマニ、キャタのセットは相当良いですね!

マフラーを当社のデパーチャーにしてテストしたくなりました。
 

SPEC
APEX フィルター・EXマニ&キャタセット
HKS インテークエアダクト
オリジナル アプリケーションCPUデータ
217.4馬力 22.7キロ

パワーチェックグラフ
-福井発 EXマニ+60パイジョイントパイプ交換で激変86-


福井県S様86は、当社で順調にステップUPを重ねて下さり、今回EXマニホールドと60パイジョイントパイプを

交換してCPUリセッティングいたしました。

CPUデーターは最新のJA02Aベースー改です。

215PS位を目標に行った所、思惑通りに仕上がりました。

S様も激変した!と喜んでおりました。
 

SPEC
BLITZ サクションパイプ
オートファクトリー ステンレスEXマニホールド
オリジナル 60φジョイントパイプ・デパーチャーZ6マフラー・アプリケーションCPUデータ
APEX 置換えフィルター
214.9馬力 22.7キロ

パワーチェックグラフ
-福井発 三国メカの86ボルトONターボセッティング-


当社三国メカニックの86にTRUSTのボルトONターボKITを装着しました。

もちろんエンジンはノーマルでのポン付けです。

インジェクターもフューエルポンプも純正のままで、マフラーもNA用です。

ブーストコントローラーも装着したので、燃料が足りそうなブースト圧まで掛けてみました。

86もターボ化してこれ位のパワーとトルクが出れば、相当な戦闘力が身に付きます。

又、ターボ用マフラーにすれば、それだけで320PS位出そうです。

費用対効果で考えると素晴らしい内容だと、自信を持ってお勧めいたします。

86やBRZにお乗りの方は試乗OKですので、お問い合わせ下さい。
 

SPEC
TRUST T517Zターボキット・インタークーラー・EXマニホールド・オイルクーラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ・60φジョイントパイプ
SARD キャタライザー
BLITZ マフラー・D-SBCiカラー
OS技研 ストリートマスターシングルクラッチ
ブースト0.68kg→0.53kg
305.4馬力 34.1キロ

パワーチェックグラフ
-京都発 サーキット仕様86を最新データでリセッティング-


京都府U様86は殆ど鈴鹿サーキットで走るための車になっております。

当初CPU品番がZAIJA00Aをベースに改造してましたが、ポートインジェクターのカラーが抜けたため

ZAIJAO1Aの対策データをベースに改造しておりました。

しかし又、抜けました・・・踏み返しでの立ち上がりノッキングが原因じゃないか!?

と言われてましたが、違ったようですね。

今では高回転でのシフトダウンを連発すると、負圧で引っ張られて抜けると言われてるようです。

今回新車用のZAIJO2Aが出てたので、これをベースに大幅改造・・・といいますか全く新しく造ってみました。

先日同じような仕様のBRZでは好結果になったので、同じデータをいれて回してみましたが、

良くありませんでした。

SPEC的に違うのは、サクションパイプ・フィルター・クリーナーBOXの先端取入れ口の3点。

これにより大きく燃調、点火時期が変わっちゃうのでしょうか!?・・・結局、全然違うデータになりました。
 

SPEC
オートファクトリー ステンレスEXマニ
オリジナル 60φジョイントパイプ・アプリケーションCPUデータ
SARD キャタライザー
TRUST マフラー・オイルクーラー
213.6馬力 22.7キロ

パワーチェックグラフ
-大阪都島発 オートマ86をマフラー+CPUチューン-


大阪府H様トヨタ86は6AT車で、最近チェックランプが付いたためトヨタで最新のリプロデータを入れたようです。

余りにも遅いので、ボルトONターボも考えているそうで相談に来られました。

まずは、フルノーマルなので、当社デパーチャーZ6マフラーとコンピューターチューンをやる事になりました。

しかしノッキングが止まらない・・・・おかしいと思いH様に聞いたら、レギュラーガソリンを入れてるとの事。

とにかくガソリンをいったん無くしてからハイオクを満タンにしての再セッティングとなりました。

途中、もがいている時に新発見もありまして、充分なパワーUPとなりました。

これからも必ずハイオクガソリンを入れて下さい・・・

最近若い方で、ハイオク仕様の車にレギュラーを入れてる人が多いです。御注意ください。
 

SPEC
オリジナル デパーチャーZN6マフラー・アプリケーションCPUデータ
200.0馬力 22.6キロ

パワーチェックグラフ
-姫路発 長谷川86を新データでリセッティング-


兵庫県H様86を最新データで煮詰めてみました。

7000rpm以上で回りが悪くなる報告を受けていたので、特に注意しました。ロギングデータで

新しいパラメータが増えたので、セッティングがちょっと楽になりました。

ピークパワーは変わりませんがトルクUPしたようです・・・秋頃又、タイムアタックしてみたいですね。
 

SPEC
APEX フィルター
HKS サクションパイプ・オイルクーラー
オートファクトリー ステンレスEXマニ
オリジナル 60φジョイントパイプ・デパーチャーZN6マフラー・アプリケーションCPUデータ
SARD キャタライザー
ORC レーシングクラッチ
214.2馬力 22.9キロ

パワーチェックグラフ
-福井発 サクション、マフラーのみ86ATをCPUチューン-


福井県K様のトヨタ86は6ATで、マプラーとサクションパイプのみのトライ仕様です。

対策データをベースに新データで煮詰めましたが、さすがにAT車はMTのようにはパワーUPしませんでした。

ギアがハイギアードすぎて、5.6速で全開が掛かってノックリタードし易いのです・・・仕方無いですね。

EXマニやキャタ交換して抜けを良くしていくべきなのでしょうね。
 

SPEC
BLITZ サクションパイプ
オリジナル デパーチャーZNマフラー・アプリケーションCPUデータ
185.4馬力 20.6キロ

パワーチェックグラフ
-豊田発新対策データーで鈴鹿サーキットを攻める86-


愛知県I様86は鈴鹿サーキットにめざめてしまい、今回新対策データを入力してセッティングいたしました。

長時間踏み続けても大丈夫なように点火タイミングには充分余裕を持たせました。

これで良いタイムが出る事を願っております。
 

SPEC
BLITZ サクションパイプ・置換えフィルター
オートファクトリー EXマニホールド
オリジナル 60φジョイントパイプ・アプリケーションCPUデータ
アミューズ フルストレートチタンマフラー
HKS オイルクーラー
215.3馬力 23.0キロ

パワーチェックグラフ
―福井発 サクション+マフラー+CPUチューンで好結果86−


福井県I様ZN6はAPEXマフラーとサクションパイプのみの仕様でコンピューターチューンとオイルクーラー

を装着をいたいました。

I様の希望でオートグリップやフラットフットシフト機能は入れませんでした。

タイプGでタイヤ外径も小さかったので、5速計測りしてみましたが、何の問題もなく

通常通りのパワートルクになりました。

タコ足でキャタ交換が楽しみですね。
 

SPEC
BLITZ サクションパイプ
APEX マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ
TRUST オイルクーラー
206.9馬力 22.7キロ

パワーチェックグラフ
−福井発 新Ver7データでパワーUPの86−


福井県S様ZN6トヨタ86は既に当社でデパーチャーマフラー、サクションパイプ+

コンピューターチューンされており、CPUデータのバージョンUPを行いました。

今迄、Ver5のデータで190psだったのですが、今回、Ver8データを入力して204ps

となりました。CPUデータの進化です。

だいぶ、86、BRZのCPUの動きが判ってきました。

お任せ下さい!ローントコントロール、オートブリップetc遊び心満載のSPLデータとなっております。
 

SPEC
BLITZ フィルター・サクションパイプ
オリジナル アプリケーションCPUデータ
204.7馬力 22.2キロ

パワーチェックグラフ

-大阪発 エアロ屋さんから依頼された86ターボをセッティング-


凄いフルエアロの86です。

ほとんどのパーツは取り付けられた状態でセッティングだけ丸投げされました(苦笑)

ピストンはレガシーターボ用を加工組込されており、ポートインジェクターは700tの大容量。

しかし、エアフロパイプ径は70Φのまま。

“触媒も純正のままなので300PS位しか狙えませんよ?”とお伝えしたら、”250〜260PSで充分です!

と言われました。

エアフロ電圧が5V一杯になる位をめどに合わせました。

ただ、純正触媒のためか、ブーストはかかってもすぐタレる傾向でした。

ここまでやってあるので、あとは80Φエアフロパイプにして、キャタライザー交換して、もっとハイブーストを

掛けたいですねぇ。

ロギングデータはブースト圧の推移グラフです。
 

ブースト0.94kg→0.62kg
310.8馬力 34.9キロ

パワーチェックグラフ

―福井敦賀発 マフラー+CPUにみで長好結果−


福井県M様ZN6トヨタ86に、当社オリジナルDEPARTURE Z6マフラーと
コンピューターチューンをさせて頂きました。

この車、センサー感度が敏感で、すぐにアドバンスマルチプライヤーが下がる傾向がありました。

しかし、徐々に回し続けて1.0に戻った後は200psを連発しました。

マフラー交換だけで、このパワーですから相当なものです。

正に辺りエンジンでしょうか!?
 
SPEC
オリジナル デパーチャーマフラー
アプリケーションCPUデータ

203.0馬力 22.2キロ

パワーチェックグラフ

―福井発 真紅の86を吸排気+CPUチューン−


福井県H様86に、フィルター、サクション、マフラーを交換して

コンピューターチューンいたしました。

タコ足、ジョイント部、キャタライザーは純正なので、パワー的には

これ位でしょうか?!

懸案事項のアクセル−スロットル関連ですが、正月明けには対策パラメ

ーターが登場しそうですので、テストしてうまく行ったら報告します。

最近ちょっと86、BRZのコンピュターチューンが増えてきましたね。

嬉しい限りです。
 
SPEC
APEX フィルター
BLITZ サクションパイプ・マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ

195.5馬力 21.0キロ

パワーチェックグラフ

―北海道中標津発 86ターボをシステム変更しました−


北海道Y様トヨタ86は昨年末にピストンとコンロッドを組み込み、ターボ化して

暫く乗って貰っておりました。

7月に十勝スピードウェイで走らせてみた所、コーナーでガス欠症状が出ました。

街中で乗っている分には何ら問題無いのですが、次にサーキットを走る時はコレ

クター式にしなきゃ駄目だね。と考えておりました。

今回、筑波サーキットを走る事になり、足回り一式し、コレクタータンク式に

して片寄り防止し、コンピューターセッティングもやり直しました。

走ってみないと判りませんが、うまく決まったと思います。
 
SPEC
CP ノーマルボア径鍛造ピストン
キャレロ H断面コンロッド
TRUST T620Zタービンキット・ステンレスEXマニ・キャタライザー・インタークーラー・オイルクーラー・ATクーラー・インフォメーションタッチ
オリジナル アメリカ450ccポート用インジェクター・大容量燃料ポンプ・コレクタータンク一式・大容量圧力センサー・80φワンオフマフラー・アプリケーションCPUデータ
BLITZ D-SBCidV
トップライン アラゴスタ車高調F10kg/R12Kg

ブースト1.45kg→1.31kg
410.9馬力 45.1キロ

パワーチェックグラフ

−姫路発 長谷川86を第2段CPUチューン開始−


兵庫県長谷川様のトヨタ86を1年間振りにコンピューターリセッティングいたしました。

狙いはズバリ、パワーグラフの表面積UPです。

数日前に作ったデータで岡山国際サーキトを走ってもらった所、「下は

今迄よりも良くなったが、7000rpm以降は弱くなった感じ。ほんのちょっと

アクセルを踏んだ所でおかしな時がたまにあった」と言う評価だったので

7000rpm以上の煮詰めとアクセル/スロットルマップを変更してみました。

今迄で1番 自信のあるデータが出来ました。

又、テストしてもらって再吟味したいですネ。
 
SPEC
APEX フィルター
BLITZ サクションパイプ
オートファクトリー EXマニ改
オリジナル 60φジョイントパイプ・デパーチャーZ6マフラー・アプリケーションCPUデータ
SARD キャタライザー
HKS オイルクーラー
ORC レーシングクラッチ

215.1馬力 23.1キロ

パワーチェックグラフ

−ワークス86をボルトONターボ仕様にしました−

当社トヨタ86に、TRUSTのT-518ZボルトONターボKIT等を装着し、コンピューター

データを煮詰めました。

このKITは

 ・T-518Z-10cm2 アクチュエーター付きタービン

 ・ステンレスEXマニホールド   ・ステンレスフロントパイプ

 ・第1キャタライザー      ・エアクリーナー

 ・2層インタークーラー     ・インタークーラーパイピング

 ・70パイサクションパイプ エアフロ台座付き
 
この他、同時に装着したパーツは

 ・エンジンオイルクーラー    ・アメリカ製圧力センサー

 ・オートマオイルクーラー    ・耐熱用バンテージ

 ・オリジナル60パイジョイントパイプ

 ・オリジナルデパーチャーZ&マフラー

 ・SARD 第2キャタライザー        等々です。
 

エンジン本体はノーマルで、インジェクターやフューエルポンプも純正のままです。

元々、86、BRZのオートマ車は、非力な上にハイギヤード過ぎて、なかなか加速して

くれませんでした。

そこで、低予算で一気にパワーUPさせるにはボルトONターボが1番かな?!と考えました。

2000rpm過ぎから過給が始まり、分厚いトルクでグイグイ加速してくれるようになりました。

これ位のパワーとトルクがあれば、ファイナルギアを変更する必要も無いでしょう!

とても戦闘力のある86に変身してくれました。

お勧めです!

ブースト圧は0,51キロ掛かって、最終0,45キロ位です。

                    商品代   販売価格   取付工賃

(TRUST) T518ZタービンKIT        500,000 → 450,000   90,000

(TRUST) エンジンオイルクーラー     84,000 →  71、400   30,000

(RH9)  オイル 7LX2,700円              18,900

(BLITZ) エレメント                  2,000   

(TRUST) 汎用オートマオイルクーラー   40,000 →  34,000   45,000

(リキモリ) ATオイル 1L補充                3,000

(TRUST) 各部バンテージ巻               15,000    10,000

(オリジナル)60パイジョイントパイプ      43,000 →  38,700     10,000

(オリジナル)デパーチャーZ6マフラー     138,000 → 124,200    10,000

(SARD) 第2キャタライザー       118,000 → 100,300     3,000

(オリジナル)アメリカ製圧力センサー            20,000

(オリジナル)アプリケーションCPUデータ          150,000    10,000

(オリジナル)スペシャルA/Fセッティング           80,000

         合計               \1,315,500(税別)



フルノーマルから、この仕様にした場合の目安です。

例えば当社のマフラーとCPUが装着されている場合は

     アプリケーションCPU    150,000

     デパーチャーZ6マフラー   124,200

              工賃        10,000

   合計       284,200円を差し引き

            \1,031,300〔税別)となります。


*マニュアル車の場合は、オートマオイルクーラー系は不要となり、強化クラッチが

必要となります。

*当社オリジナル・デパーチャーZ6マフラーは、当初からターボ化する事も前提に

開発しているので、NAでもターボでも、とても抜けが良い超高性能仕様です。
 

294.2馬力 30.6キロ

パワーチェックグラフ

−対策データの新アプリケーションCPUデータが完成しました−

(写真は直噴インジェクター、プラスティクの白いカラー(右)・カラーが吹き抜けて焼けたインジェクターと問題の無いインジェクター(左))

トヨタ86、スバルBRZが発売されて以来、多くの人達がサーキット走行を楽しむように

なったのですが、直噴インジェクターのカラーが吹っ飛ぶトラブルが多発したようです。

それも色々な車に出る、というより決まって同じ車に出るようでした。

トヨタとスバルの見解としては、高回転(6000〜8000rpm)で、アクセルを離した後

直ぐに再度踏み返した際のノッキングが原因と考えたようです。

コンピューターデータ上でもTransient Ignition Retard(加速点火リタード補正)

というパラメータが大きく変更されておりました(他にも数箇所、変更有り)

私共のお客様でも一人だけ2回もこのトラブルが起きた事がありましたので、ここ最近

ズーッと新データを煮詰めておりました。

時間が掛かったのは、今迄のデータよりも馬力が少し出なくなったからです。

ただし3000〜4000rpmのトルクの谷間を、ほぼ無くす事に成功しました。

街乗りでも体感出来る位、良くなりました。

燃料ショートターム(補正)もロングターム(学習)もほぼゼロのままで行けてる

完璧に近いデータになりました。


(オリジナル) アプリケーションCPUデータ対策でーた改   \150,000

         データ入力                 \10,000

         合計(税込み)              \168,000

−福井発 ほぼノーマルの86をコンピューターチューン−


福井県S様ZN6 トヨタ86は2ヶ月前に購入されたばかりの新車で、既にタイヤホイール

車高調KITを取り付けさして下さいました。

今回、サクションパイプ、フィルターを交換してコンピューターチューンいたしました。

アクセルレスポンスが良くなり4000rpm付近の落ち込みも減ってトルクフルになったでしょう。

次回、排気系チューンをお考え下さい。
 
SPEC
BLITZ サクションパイプ・置換えフィルター
オリジナル アプリケーションCPUデータ

198.5馬力 20.9キロ

パワーチェックグラフ

−京都発 若さを保つ、サーキット遊びの86−


京都府U様86は6MTで、今迄マフラーとコンピューターはチューンされておりましたが

今回、EXマニ、中間ジョイント、キャタライザーと排気系をフルにチューニングして

下さり、CPUもリセッティングいたしました。

御年配の方ですが、たまにサーキット遊びをするだけあって、若々しく燃えてらっしゃいます。

サックションパイプを換えれば210ps代に乗りそうですネ。
 
SPEC
オートファクトリー EXマニホールド
オリジナル 60φ中間ジョイントパイプ
SARD キャタライザー
TRUST マフラー・オイルクーラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ

209.5馬力 21.6キロ

パワーチェックグラフ

−彦根発 フィルター交換のみの86をコンピューターチューン−


滋賀県I様ZN6トヨタ86は、まずは足回りタイヤホイールを交換して、今回、APEXの純正交換

クリーナーフィルターを取り付けして、排気はノーマルのままでCPUチューンいたしました。

シャーシダイナモを回していて感じたのは空気が多く取り入れられてマップの読む場所が違うな!でした。

(特に立ち上がり)

そこで、燃料マップと点火マップを煮詰めて合わせました。

良いパワーが出ました。
 
SPEC
APEX フィルター
オリジナル アプリケーションCPUデータ

193.9馬力 20.6キロ

パワーチェックグラフ

−中標津発 初の86AT車、ENG+ターボチューン−


北海道 Y様のトヨタ86は6AT車で、エンジンを分解しローコンプピストンとH断面コンロットを

入れて、圧縮比を9、0まで下げました。

ポート用インジェクターは450ccサイズとし、フューエルポンプも大容量化しました。

タービンはTRUSTにお願いして400PSが可能なT-620Zとしました。

エアフロは吸い込み式にするか押し込み式にするか迷いましたが、まずは70パイサイズのままで

押し込み式にしました。

これは、吹き返しによるエンストを防ぐためです。

しかし、ブースト1,0キロでエアフロ電圧が5Vとなり、それ以上のブーストは新設のDジェトロマップ

に移動するようにしました。

しかし、どうも6500rpmになるとATのが滑る現象が出ました。

そこでエアフロパイプを80パイにして全域Lジェトロ制御にした所、ATの滑り現象がなくなったので

この仕様に決定しました。

350〜400psが目標でしたが、400psオーバーとなりました。

この車は始動直後、触媒を熱くするため点火タイミングを15°くらい下げるのですが(排ガス対策

のため)この時の燃調、アイドリングが不安定になり、難しかったです。

あと、ATの場合、ギア比がとてもハイギアードで5速7400rpmで280キロ位出てしまいます。

6速で回せば320キロ出せるギア比でしょうが、ちょっとこの車には合ってないかな!?

しかし、86のATとは思えないパワー&トルクとなりました。

ATを制御したのでMTは簡単にできます。

ターボ化をお考えの方はご相談下さい。

メインCPUのみで完全制御しているので完璧です。
 
SPEC
C.P 鍛造ノーマルボアローコンプピストン
キャレロ H断面コンロッド
TRUST T620Zタービン・ステンレスEXマニ・キャタライザー・インタークーラー・オイルクーラー・ATクーラー・インフォメーションタッチ
オリジナル アメリカ450ccポート用インジェクター・大容量燃料ポンプ・大容量圧力センサー・80φワンオフマフラー・アプリケーションCPUデータ
BLITZ D-SBCidV・ZZRダンパー
RAY's TE37SL 9.5J×18
エンドレス フロント6P リア4P システムブレーキキット
ダンロップ ディレッツァZU 255-35-18
イングス フロントバンパー・サイドステップ・リアバンパー・フロントフェンダー・リアスポイラー・カーボンボンネット

ブースト1.39kg→1.19kg
415.4馬力 46.1キロ

パワーチェックグラフ

−長谷川86の全SPEC公開−


長谷川86サーキットSPEC号はノーマルENG・NAチューン・国産ラジアルタイヤ・無軽量の

キーワードを満たし鈴鹿サーキット岡山国際サーキットにて最高タイムを樹立するマシンです。

誰が乗っても良く曲がり速く走れて楽しい86・BRZ造りの参考にして頂けたら幸いです。

=吸排気=
                  
商品代 取付工賃

(APEX) 純正交換フィルター          4200  1000

(オートファクトリ )EXマニホールド         140000  20000

耐熱バンテージ巻                    12000  10000

(オリジナル) 60パイジョイントパイプ        43000   5000

(SARD)  キャタライザー      118000→100300   3000

(APEX)  RSXマフラー        128000→108800   8000

(BLITZ  サクションパイプ         15000   5000
 
(オリジナル)アプリケーションCPUデーター  150000  10000

(JUN)  2mmOSスロットルボディー       42000  10000


=駆動系=

(ORC) レーシングクラッチ   156000→140400   5000

ミッション脱着                                 40000

(ATS) カーボンLSD2way45°V  175000→157500  25000

サイドベアリング、オイルシール                 8220

(オートファクトリー ) 4,5ファイナルギアset      43730  40000

デフ脱着                                       25000

(リキモリ) ミッションオイル75w90       9000

(モティーズ)デフオイルM409 80w250    9000


=足回り系=

(TOP LINE) アラゴスタ車高調整KIT
   フェニックスオリジナルF10kgR12kg  
330000→280500  32000

   車高合わせ                                8000

(クスコ) リア、ピロラテラルリンク                43000  10000

(オリジナル) 3Dアライメント修正                  30000

(エンドレス)レーシングMONO4&4KIT 998000→848300 80000

(TRUST) スーパーDOT4オイル、エア抜き             3800   8000


=冷却系=

(TRUST) オイルクーラー          73000→62050  45000

フロントバンパー脱着                           15000

(リキモリ) エンジンオイル0w40         20400

(BLITZ) オイルエレメント                2000


=エアロ系=
            塗装
(イングス)フロント・サイド゙、リアマットガード3SET
        FRPタイプ 174000 →156600 60000 95000

(イングス) フロントFRPフェンダー 58000 →52200 30000 40000

(イングス) カーボンボンネット 128000 →115200 15000 30000
            (クリアー)
(イングス) Zパワーウィング1400mm 138000 →124200 20000 20000
            (クリアー)
   *同時作業か単品作業により、取付工賃、塗装代は変わりますのでご相談下さい。
    リアウイングは純正スポイラーが装着されている場合と無い場合でも異なります。


この他、アルミホイール、タイヤ、シートを加えれば、全く同じタイムが出るマシンとなります。

コンピューターセッティングやアライメント修正等、独自のノウハウも有りますので、当社にて

チューニングして下さる事をお勧めします。
 

−豊田発 サーキット遊びを追求する86 コンピューターチューン−


愛知県I様の86は6MT車の排気系フルチューンで、サーキットに何十回も行っているらしいです。

しかし、チェックランプが点灯するので今回、コンピューターチューンを行いました。

CPV品番は、対策されているJA00Aでした。

これでタイムUP出来るといいですね。
 

SPEC
BLITZ サクションパイプ・置換えフィルター
オートファクトリー EXマニホールド
オリジナル 60φジョイントパイプ・アプリケーションCPUデータ
アミューズ フルストレートチタンマフラー
HKS オイルクーラー

212.8馬力 22.8キロ

パワーチェックグラフ

−イングス社のデモカーのデーター変更いたしました−


イングス社のデモカーは6AT車で、今迄はマフラー交換のみだったのですが、5次元のタコ足を

装着したので、コンピュターリセッティングいたしました。

イングス生野さんからは、試乗後、下から中間が良くなりました。

谷間が無くなりました。と報告を受けました。

触媒やクリーナーフィルターを交換していけば200psはオーバーしていくでしょう。
 

SPEC
5次元 EXマイホールド・マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ

197.7馬力 21.8キロ

パワーチェックグラフ

稲沢発~86の6AT車をCPU+排気系フルチューン


愛知県H様ZN6は、通勤ちょい乗り仕様で購入されたのですが、友人に誘われ鈴鹿サーキットへ行ったのが

始まりで、チューニングに着手してしまったようです。

既にそこそこのパーツは装着されていましたが、今回当社でEXマニ・キャタライザー・クリーナー、

そしてコンピューターチューンをして下さりました。

AT車でも、ここまでフルにチューニングされた方は初めてです。

パワーもトルクもしっかり出ました・・・AT車用のCPUデータもこれから更に煮詰めて行きます。

鈴鹿で良いタイムが出るように楽しんで下さい。
 

SPEC

オートファクトリー EXマニホールド
オリジナル 60φ中間ジョイントパイプ・アプリケーションCPUデータ
SARD キャタライザー
フジツボ マフラー
APEX クリーナーフィルター
HKS オイルクーラー
プレジャー サクションパイプ

211.7馬力 23.0キロ

パワーチェックグラフ

−フルノーマル車のCPUのデーターを一から造り直しましたー


ワークスカーの6AT車をフルノーマルの戻して、もう一度、一からCPUデーターを造り直してみました。

先日の筑波サーキットで長谷川様86を走らせてみて気になった事が幾つかあったからです。

ノッキングリタードが入る、入らないのギリギリのラインを攻めまくってみました。

何十回もトライして188ps〜193psが出るようになり190psのデーターで落ち着きました。

フルノーマルの175psから約15psのパワーUPです。

手応えバッチリになりましたよ!


(オリジナル)アプリケーションCPUデーター(フルノーマル車専用データー)150、00

       データー入力費                      10,000

       合計(税込)                      ¥168,000
 

190.4馬力 21.4キロ

パワーチェックグラフ

−オリジナル LEDメーターイルミネーション発売のお知らせー


トヨタ86、スバルBRZのメーターは昼は光らず、夜、白く光ります。

そこで私共はリレー変更、LEDカラー変更で

 @ 昼も白く光らせ、夜は純正のまま。

 A 昼は光らせず、夜は違うカラーで光らせる。

 B 昼も夜も違うカラーで光らせる。

   の3種類を開発しました。

 @ は 30,000円(税別)

 A は 40,000円(税別)

 B は 50,000円(税別)

  で、全て脱着工賃は15,000円(税別)となります。

  Bですと総額、68,250(税込)になる訳です。

LEDカラーは、レッド、オレンジ、グリーン、濃ブルー、淡ブルーです。

*写真は淡ブルーです。

当社で作業取付される場合は、あらかじめ御予約をお願いします。

作業時間約2時間程度です。
 

−ZN6トヨタ86 ZC6スバルBRZ チューニング情報−


−オリジナル60パイ ジョイントパイプ発売のお知らせ−

EXマニホールドと触媒を繋ぐ純正のジョイントパイプは、内径が50パイしかなく、もうちょっと太い商品が

欲しいなぁ〜と思っておりました。

しかし、各メーカーから仲々 発売されません。

そこで型を製作してオリジナルで製作いたしました。

手作り品なので少々高いですが、性能は抜群です。

バンテージを巻いた状態で出荷いたします。



(オリジナル) 60パイ ジョイントパイプ   43,000

        取付工賃           10,000

        合計(税込)        \55,650ー

*常時、何本か造ってあるので、即 発送可能です!
 

−愛知発 SHOP様の86をCPUチューンしました−


愛知県のチューニングSHPO様の86をコンピューターチューンいたしました。

タコ足、キャタライザー、テールマフラーとフィルターが換えられている仕様ですが、タコ足にA/Fセンサー用

アタッチメントが付いていなかったため、チェックランプP0031、P0134が点灯しっ放しでしたし、ロキングの

際、空燃比が表示されなくて困りました。

データー上で2つのコードのチェックランプが付かないようにして、ノッキングに注意してセッティングしました。

筑波サーキットでホットバージョンの取材があるらしいので良い結果が出る事を祈っております。

パワーも充分 出ましたがトルクが結構 良かったです。
 
SPEC
TRD 置換えフィルター
オートリファイン EXマニホールド
SARD キャタライザー
サンライズ ワンオフステンマフラー
トヨタ 純正ジョイントパイプ
純正中間パイプ
オリジナル アプリケーションCPUデータ

213.8馬力 23.2キロ

パワーチェックグラフ

−筑波サーキットで最終回 逆転勝ち 1分4秒983−


2012,12,07 筑波サーキット、REVスピードアタックにおいて、私共は大きなミスを犯しました。

@ エンジンオイル選択ミス

A タイヤ空気圧設定ミス

B 車高調整ミス

C コンピューターデーター設定ミス

@は、リキモリの0W30を入れたみたいですが、サーキット走行をする場合シャバシャバすぎてマフラーから

白煙が出て焦りました。

トラスト社が0W40を持っていたので使用した所、全く出なくなりました。

これは仲辻メカのミスでした。

Aは、ローパワーNA車のサーキットアタックは初めての経験でして、過去のハイパワーターボ車での経験を

元に、低いエア圧からスタートしたのですが、仲々 圧が上昇せずベストなエア圧での走行が出来ませんで

した。

これは横山のミスでした。

Bは、車高を低くしすぎて、谷口プロから曲がらない!との指摘を受けました。

前後共、車高を上げて減衰力を弱くする方向で何とか良い方向に向かっていきました。

これは仲辻メカのミスでした。

Cは、走行中「急に何度か車が重くなり満足に走らなくなる」との指摘を受け、トラブルコードの消去etcを

行いましたが、1本目、2本目共に駄目でロギングデーターを検証した所、点火タイミングが26°も下がって

いる箇所がいくつもありました。

???となり、よくよく考えたらオートフラットシフトが悪さをしているのではないか?と思い谷口プロに

横山「全開中、クラッチなんか踏んだりしてないですよね?」

谷口「いやっ、クラッチをもむ時があるので、ちょっと踏む時はありますよ」

これで、データー上のオートフラット機能を解除して最後の3本目に掛けました!

これは横山のミスでした。

こうして1本目、1分6秒2、2本目、1分5秒6だったのが、最後の3本目で1分4秒983までタイムを縮める事が

出来たのです。

大変でした。同じ車重で同等タイヤを使ってる86BRZの中では1番タイムを出せました。

バックストレートのトップスピードも166km/hが出ていました。

しかし、気温0°の午前の1本目アタックの時に、新品タイヤで3本目SETUPでアタック出来たら間違いなく

1分4秒5以内のタイムが出せたでしょう!

それが残念で仕方ありません。

谷口プロのコメント

1,コンピューターデーターはトルクがあってパワフルで使い易い。

2,ファイナルギアの選択は90点。違うファイナルも試してみたいネ。

3,ATSのカーボンLSDは抜群!コーナリング中、グッと踏んだ所で、弱オーバーになって曲がっていってくれる。

4,アラゴスタ車高調は煮詰まってきて90点。弱アンダーセッティングで何の問題もないレベルに仕上がった。


次は、鈴鹿を狙います!
 

−姫路発 86のNAチューンで220ps達成!!−


兵庫県H様のトヨタ86の仕様を大幅に変更しました。

REVスピード誌主催の筑波サーキットタイムアタックの車検対応クラスにエントリーするため

市販パーツでビシッと固めて究極を狙ってみました。

210ps位を目標に煮詰めた所、220psまでパワーUPいたしました。

フルノーマルから45psもUPしたのです。

ホント凄いです。レスポンスも素晴らしく乗っても今までとは別物になりました。

今回は、谷口信輝ドライバーが乗ってくれるのでオートグリップetcの特殊機能は使いませんでした。

筑波サーキットでどんなタイムが出るか!?楽しみですネ。
 
SPEC
APEX 置換えフィルター・マフラー
SARD キャタライザー
オリジナル ワノフジョイントパイプ・アプリケーションCPUデータ
HKS オイルクーラー・サクションパイプ
オートファクトリー ファイナルギア・EXマニホールド
JUN 2mmOSスロットルボディ
ORC レーシングクラッチ
ATS カーボンLSD
トップライン アラゴスタ車高調F12kR8k
クスコ ロアアームバー
RECARO RS-GEブラック
レイズ TE37SL 9.5J×4
ダンロップ ディレッツアZ2 255-35-18
エンドレス モノブロックレーシングブレーキシステム
イングス フルエアロ3点セット

220.0馬力 22.9キロ

パワーチェックグラフ

京都発 鈴鹿サーキットで遊ぶために造った86


京都府U様の86は6MTで、鈴鹿サーキットで遊ぶためにチューニングを進めております。

今回ブレーキパッドの交換とコンピューターチューン、マフラー取り付けを行いました。

コンピューターチューンに新しく…

オートブリップ(Z34のシンクロレブコントロールのように自動的にヒール&トゥをしてくれるシステム)

フラットシフト(アクセル踏み放しのままシフトアップできるシステム)

ローンチコントロール(アクセル踏み放しで、クラッチ操作のみでゼロスタートできるシステム)


これらのシステムを新たに追加してみましたが、オートブリップではシフトアップの時まで回転数が上がって

しまうので中止しました・・・次回修正してトライしてみます。

仕様の割には予想以上のパワーになりました。いい感じです。
 

SPEC
APEX マフラー
トヨタ 純正触媒
オリジナル アプリケーションCPUデータ
TRUST オイルクーラー

195.0馬力 21.0キロ

パワーチェックグラフ

ワークスカーにフィルター、マフラーを取り付けしリセッティング開始


当社ワークスカーにアペックスの置き換えフィルターとマフラーを装着してのCPUテストを開始しました。

写真左の白色が純正フィルターで、右がアペックス製です。アペックス製は折りたたみの背がとても高く

”流体は壁面を伝って移動する理論”を地で行っている考えてです。

このフィルターを広げれば面積が相当広くなることでしょう。

地味なパーツですが技術者の考え方に”さすがだな〜”と思える商品です。

さて、6ATで純正触媒仕様ですので、190PSを目標に煮詰めています。

計算値ENG負荷に対して、実質ENG負荷が結構低いのでNAのままでパワー・トルクを上げるのは相当難しい

ですね。
可変カムリフト機構が無く、可変バルタイのみでは7000rpm以上の落ち込みも防げません。

コンピューターチューンでフィーリングは凄く良くなるのでお勧めですが、モアパワーを求める方が増えそうな

気がするので過給器装着を考えています。
 

=速報=

‐86、BRZ用のコンピューターデーター卓上書き込み器、完成−

お客様やSHOP様がご自分でメインコンピューターを取り外して、当社に送って頂ければ、当社でこの卓上書き込み器を

使ってデーター入力し即日 発送する事が可能になりました。

是非、ご利用下さい。
 

−ワークス86にD2ジャパンブレーキKITを装着しました−


当社ワークス86にD2ジャパン製の前後ブレーキKITを装着しました。

フロントは8ポット、356mmX32mm厚、リジットのスリットローター

リアは4ポット、356mmX32mm厚、リジットのスリットローター

前後共ブレーキパットはストリート用でブレーキホース付きです。

今後、サーキット場へ持ち込みテストする予定です。

ビジュアル的には申し分ない格好良さで気に入っております。

要望によりフローティングローターにしたり、レース用ブレーキパットへの変更も多少の価格UPで

出来ますのでご相談下さい。


(D2ジャパン)フロント8ポットKIT  268,000→227,800  工賃 40,000

(D2ジャパン)リア4ポットKIT    268,000→227,800  工賃 40,000

(TRUST) スパーDOT4オイル             3,800      8,000

   合計(税込)                                  \574,770
 

豊橋発 レース仕様86をコンピューターチューン


愛知県M様のトヨタ86はRCベースで、タコ足、ストレートパイプ、ワンオフマフラーetcチューニングされてあり

トヨタ系メーカーのスピードリミッターカットのみのデーターが入力されているようでした。

まず、データーを吸い出し、イギリスに送り、その後データー編集して、入力してセッティングしました。

やはりこの車も200PSがでました。

鈴鹿をメインにレース活動する予定らしいです。

良いタイムを期待しております。

ちなみに既存のデーターは216km/hでリミッターが入るものでした。
 
SPEC
HKS 置換えフィルター・オイルクーラー
オートクラフト EXマニホールド改大径仕様
他SHOP ワンオフマフラー

200.1馬力 20.8キロ

パワーチェックグラフ

ワークス86にイングス エアロパーツ3点SET取付ました。


当社ワークス86に号にイングス社の86,BRZ用エアロパーツ3点SETを取付いたしました。

とても格好良くなり満足しております。

                  定価   販売価格  取付工賃

(イングス)86用3点SET   174,000 → 156、600   60,000

(イングス)BRZ用3点SET  167,000 → 150,300   60,000

*86用には専用ウィンカーが付属されているため7、000円高いです。

塗装代は通常カラーで一式95,000円です。

総額は 86=311,500円 税込\327,180円

   BRZ=305,300円 税込\320,565円
 

姫路発 吸排気チューン86が200ps到達!


兵庫県H様のZN6トヨタ86の第2次セッティングを行いました。

サーキット専用マシンなので触媒をはずして音量調整バルブ付きのワンオフマフラーといたしました。

アクセルとスロットルを関係を近づけ、IN、EXのバルタイも煮詰め、とうとう200psになりました。

フルノーマルの時から25ps程UPいたしました。
 

SPEC

HKS 置換えフィルター・サクションパイプ・オイルクーラーキット
オリジナル ワンオフフロントパイプ・マフラー・アプリケーションCPUデータ

201.4馬力 21.4キロ

パワーチェックグラフ

姫路発 完全サーキット仕様の86、一次仕様完成


兵庫県H様のZN6(86)は6MTで、完全サーキット遊び専用車として製作を始めました。

音量切替バルブ付きのワンオフチタンマフラーを造り、アラゴスタ車高調の一次仕様を装着し、

ホイールは前後9.5Jで、タイヤは前後265サイズをチョイスしました。

コンピューター上では、4000rpm付近のトルクの落ち込みがなくなるよう工夫しました。

次回は高回転側を見なおして200PS位になるように頑張ってみるつもりです。

しかし、このエンジンはインマニの形状が悪く、3000〜4000rpmで空気が入らない特性になっているようです。

本来なら、クリーナーのフィルター交換はあまりお勧めしないのですが、このエンジンに関しては装着したほうが

空気が入りやすく、パワーアップにつながるのかな?…との印象があります。
 

SPEC
HKS サクションパイプ・フィルター
オリジナル ワンオフチタンマフラー・アプリケーションCPUデータ
トップライン アラゴスタ車高調KIT
クスコ キャンバー調整用ラテラルリンク
RAYS TE37SL
GOODYEAR RSスポーツ265-35-18

191.8馬力 20.9キロ

パワーチェックグラフ

イングス社のデモカーをCPUチューンしました


イングス社のデモカーはトヨタZN6(86)で、6AT車です・・・マフラーはテール部のみの5次元製です。

まだ開発途中段階のコンピューターデータですが近々走行取材があるらしく、急遽データ入力いたしました。

フルノーマルが173〜176位なのでまぁまぁのレベルには到達しています。

スピードリミッター解除は勿論、レブリミッターの引き上げ、アクセルスロットルの1対1化、

バルブタイミングの煮詰め、点火燃料マップの適正化etc…ありとあらゆる事をやってあります。
 

FT86ノーマルコンピューターの解析、制御方式が解ってきました。


現在、6MT車と6AT車を両方同時進行で検証を進めております。

両車共に、3500〜4000rpm付近でのトルク&パワーの落ち込みが激しく、ここを良くしない事には

乗っていて楽しい車にはなりません(1番使う回転域なので・・・)

アクセルトスロットルの相互関係も1対1にはなっておらず、ここもリニアにしていかなければならないでしょう。

バルブタイミングもほんの少しの変更で大きく変わる事が判りました。

IN側とEX側のバランスを取る事がカギです。

点火マップの切り替わりも特定回転数でスパッと変わる事が判明しました。

燃料噴射もポート噴射の時、直噴の時、ヂュアル噴射の時と条件に応じて切り替わる事を突き止めました。

大幅なパワーUPは難しい車ですが、気持ちの良いストレス無く回る事には出来そうです。

もう少しお待ち下さい。
 

BRZ-FT86 ECU-TEKコンピューター編集ソフト発売開始のお知らせ


いよいよイギリスECU-TEK社からBRZとFT86のコンピューターチューニングソフトが発売されます(7月末予定)

私共フェニックスパワーでは、日本で初めてこのソフトを駆使してパワー&トルク&レスポンスUPを目指します。

現在、解読しているパラメーターは

○燃料マップ ○点火マップ ○カムタイミング ○センサースケール ○燃料コントロール ○ノックコントロール

○アクセルスロットルコントロール ○インジェクションコントロール ○要求トルクコントロール ○レブリミッター

○スピードリミッター ○DTC有効無効化

で大幅な吸気排気系チューニングにも対応いたします。

又150以上のデータ項目をリアルタイムにビジュアル化出来る優れものです。

オリジナル アプリケーションCPUデータ  \150000円  データ入力費 \10000

税込総合計 \168000円となります。

ワークスカーにTRUSTオイルクーラー試作キットを装着


当社ワークス86にTRUSTが試作したオイルクーラーKITを装着しました。

何の問題もなく取付できました・・・もうすぐにでも本製品としてGOでしょう!

オイルクーラーを取り付けたことにより、エンジンオイルは何と7Lも入りました。これは充分に冷えるでしょう。

ちなみに使用したオイルはCLUB-RH9の2.5W-30というタイプで、1L当たり2700円(税別)です。

これならレスポンスも失われず、そこそこの高油温にも対応できますよ。
 

コンピューターチューンの進展状況FT86


トヨタ86とスバルBRZに関しましては、6MTも6ATも世界中にあるコンピューター品番は全て吸いだしており

手元で管理されております。

ECU-TEK社も書き込みテストを進めており、もうすぐコンピューターチューンが可能になりそうです。

まずはフルノーマルでのコンピューターチューンを終了させてから、各パーツ取り付け、検証を進める予定です。

ちなみに、トヨタもスバルもCPUに関しましては全く同じものが使用されており、

中に入っているデータも全く同じでした。
 

ワークスカーの進展状況(足回り編)FT86


トップライン社と協力しながら、アラゴスタ車高調KITの仕上げを急いでおります。

第一段階での商品では寸法上の問題があったので、作り直しを指示しました。

これで、車高の落ち方や、ステアリングを目一杯切ってのストローク等のクリアランスも完璧になるでしょう。

次に、ストリートやサーキットを走行してみての減衰力合わせを逐一分析しながら煮詰めていきます。

もう暫くお待ち下さい。必ず良い商品に仕上げます。
 

ワークスFT86にKAROマットとナビを装着しました


当社ワークスカーにKAROイズムの足マット「シザル」のホワイト&ブラックを装着しました。

足元が明るくなりました。

更に、テレビ、ナビゲーション、CDetcが使えるクラリオン製のヘッドユニットを装着いたしました。

結構、使い易いので気に入っております。

クラリオン NX711 \108000円 取付金具\1800円 取り付け\30000

税込総額 \146790円
 

FT86用APEXマフラー発売のお知らせ


当社ワークスカーにAPEXの新作マフラーを装着いたしました。

純正とそんなに太さの違いは見当たりませんが、曲がり部分での潰しが無いためスムーズに排気が

流れるのと中間の大きなサイレンサーが無くなっているのがとても有利でしょう。

名匠、望月 澄人の作品なので、まず間違いの無い商品です。

当社では少々、割引きして販売いたします!

APEX RSエボリューションマフラー \128000→\108800円 取り付け\10000

税込総額 \124.770円


余談ですが、トヨタ86に入っているエンジンオイルは、なんと「0W20」らしいのです。

これは、ちょっとマズイので、当社ではリキモリの「0W40」を入れてテストいたします。

いきなりの全開で油温を上げてしまいENGそのものが歪んでしまわないよう注意したいですネ。
 

ワークスFT86 パワーチェックしました


当社ワークス86(フルノーマル)をパワーチェックしてみました。
 
6ATでリミッターが効くので、まず4速計測しましたが、まだ伸びるところでリミッターが入るので

3速計測することにしました。
 
しかし、こんなパワーなんですね(悲)
 
乗ってみても、クッとアクセルを入れてもワンテンポ遅れてスロットルが開く感じで鈍いです。

とにかくコンピューターの編集ソフトが出来上がるのを待つしかありませんね。
 

175.8馬力 19.5キロ

パワーチェックグラフ

DBA-ZN86トヨタFT86納車されました・・・

 
当社が購入したトヨタ86は、6ATのGTリミテッドで、車両価格が3,050,000円でした。
 
これにモデリスタパーツの
 
スタイリッシュモール 30,450円(税込)
ヘッドランプカバー 15,750円(税込)
リアランプカバー 15,750円(税込)
 
トヨタ純正用品の
リアバンパーガーニッシュタイプA 51,450円(税込)
 
を装着いたしました。
 
オーディオ関連のヘッドユニットは後付する予定なのでガラ空きです。
 
シートヒーターが付いていたり、なかなかの装備ですが、RECAROに換える予定なのでこれは不要ですネ。
 
この86は、フロントウィンカーの位置が元々低すぎて、車高を下げていくと保安基準に適合しなくなるよう

ですので、エアロパーツメーカーはこれを踏まえてフロントバンパーを製作していくみたいです。
 
エンジンルームには、クリーナー後部にパイプがあってバルブみたいなBOXがあり、

ここから室内に導かれているようです。
 
これは、エンジン音を室内に入れてサウンドを楽しむためのようですネ。
 
VSCスポーツモードとは、”ビークルスタビリティーコントロール”と呼ばれる機能で、車両姿勢が乱れた

場合に、例えばオーバーステアの時は、コーナーの外側の前輪にブレーキを掛ける。

アンダーステアの時は、エンジンパワーを落とすと共に、コーナー内側の後輪にブレーキを掛ける…と

いった特殊制御をするものです。
 
費用は総額で、3,470,000円となりました。
 
ちょっと高かったですかねぇ〜。
 

FT86 テストドライブインビテーションに参加


2011年12月1日 お台場にあるヒストリィガレージに於いて、トヨタFT86の業界向け試乗会に参加しました。

赤・白・オレンジの各色で6MTと6ATが用意されていました。

エンジン編

86mm×86mm 4気筒の1998cc・・・圧縮費は12.5:1

ここ最近のスバル車に投入されていたTGV(タンブルジェネレーターバルブ)は使われていないようでした。

インジェクターは直噴とポート噴射のツインドライブで、ここ最近のトヨタ流でした。

この方式は、直噴とポート噴射の割合が各条件に応じて変わり、直噴の割合が増えると燃焼室が冷える為

点火時期に余裕が生まれる事が有り、その為4画面の点火マップを上手に煮詰める必要があります。


インテリア編

レカロシートを意識したようなシートで、そんなに安っぽい内装では無かったと思います。

只、リアシートは付いてはいるけど、とても座れないようなスペースのようです。
 


外見編

ある程度、格好良いデザインだと思います。

但し、エアロパーツを付ければ、更に良くなる余地を残しているのでエアロチューンは流行りそうですね。
 


走行編

6ATに乗りました・・・オートマモードとマニュアルモードがあり、パドルシフトになっております。

ステアリングの回転に付いて来るタイプでR35とは、異なります。

シフトのUP DOWNのクイックレベルはとてもCZ4Aランエボには及ばないレスポンスでした。

まぁ〜35GTRよりちょっと速いかな〜と言う感じです。

静止状態からクイッとアクセルを踏むと、グイッと出てくれるのでアクセルとスロットルの相互関係は

悪くなさそうです。

全体的にパワーはありません・・・トヨタらしい大人しい乗り味でした。

さて、この車をどうやって改造していくか悩み所ですね・・・
 

ZN6 Ft86チューニング情報 VOL.1
現在ページはVOL.1です。
VOL1 VOL2