BRZチューニング情報

−福井・丹生越前発 BRZ サクション+マフラー+CPU ライトチューン−


福井県S様ZC6スバルBRZは前期型6MT車のフルノーマルで

クラッチ交換、サクション、マウラー、コンピュータチューニングを行いました。

コンピュータデータを入力する前に計測してみると195ps位でした。

ノッキングが出る出ないの結構ギリを狙って合わせていきました。

この仕様では優秀なパワー&トルクになってくれました。

因みに中期型データを入力しており、 アクセルとスロットルのバランスも

相当良くなってると思われます。

SPEC

BLITZ サクションパイプ
オリジナル デパーチャーZ6マフラー、60Φジョイントパイプ
アプリケーションCPUデータ Ver 9.1−2

213.0PS    23.0kgm

パワーチェックグラフ

−京都・中京区発 GRMNデータベースでコンピュータチューン−


京都府 I 様BRZは2015モデル6MT、19000キロ走行で、マフラーのみ交換されています。

今回フィルターとサクションパイプを交換してコンピュータチューニングいたしました。

トヨタから限定発売されていた「GRMN8611」のデータをベースにして合わせていきました。

すんなり決まるだろうと思いましたが、落とし穴が2箇所有りまして

発見するのに時間を要しました。

仕様の割には好結果になりました。

EXマニやキャタライザー交換が楽しみですね。

グラフはエアフロ電圧の推移です。

SPEC

APEX フィルター
SARD カーボンサクションパイプ
柿本 マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ Ver 9.1−2

213.2PS    23.20kgm

パワーチェックグラフ

−大阪・枚方発 BRZ 6AT車 コンピュータチューン−


大阪府B様ZC6 BRZは、6AT 31,000キロ走行フルノーマルです。

今回、サクション、マフラーを取付してコンピュータチューンを行いました。

同時にリアウイング、車高調キット、アルミホイール&タイヤも装着しての

一気チューンを行って下さいました。

スパルタンに変身して格好良くなりました。

この日は超暑い日で、オイルクーラーが付いていないと辛い日でした。

それとノックセンサーの感度が他の車より鋭過ぎて苦労しました。

次回、オイルクーラーやEXマニ、キャタSET等を装着すれば

もっと良くなるでしょう!

SPEC

SARD サクションパイプ
TRUST マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ ver9.1−1
BLITZ 車高調キット
RAYS ZE40 F,R共 8.5J−18
YOKOHAMA ADVAN NEOVA 255/35R18
ROWEN リアウイング

202.0PS    22.0kgm

パワーチェックグラフ

−京都向日発 マフラーが残念だったBRZチューン−


京都府N様BRZは6AT53000キロ走行でテールマフラーのみ交換されておりました。

今回、Apexiのフィルタ、EXマニ+キャタライザーセットを装着し、CPUチューンさせて頂きました。

データはJA01BだったのをJF00Bベースの最新式を入力しました。

マフラーがSTIのとても静かなモノだったので、少し心配でしたが案の定抜けが悪く感じました。

点火時期を下げても高回転でノックリタードが収まりませんでした。

実際にノッキングが出ているわけではないのですが、やはり抜けの良いマフラーに交換すれば高回転で

もう一伸びしてくれそうです。

しかし3000〜4000rpmの谷間は完全に解消されて分厚いトルクになりましたよ!

SPEC

APEXi パワーインテークフィルター
STI テールマフラー
HKS サクションパイプ
オリジナル アプリケーションCPUプログラムver9.7

202.9PS    22.5kgm

パワーチェックグラフ

−大阪豊中発 むき出しクリーナーBRZをCPUチューン−


大阪府I様BRZは2012モデル6MTで既にフル排気チューンとHKSのストレートサクションクリーナーキットが装着

されており、今回CPUチューンをさせて頂きました。

データは2015モデルをベースにしてこれに2017モデルの良い所を使いました。

ただ、結論から言うと純正クリーナーボックスにアペックスフィルター+BLITZサクションパイプのレイアウトの方が

良いですね。

扇風機の風や電動ファンの風で、ショートターム(補正)とロングターム(学習)がコロコロ数値が変わり、

濃くなったり薄くなったりが激しいですね。

VQマップを相当カスタマイズしてもこれは直りません。それでも200PSは超えているのでデータの内容的には

相当イイ線いってると思います。

SPEC

HKS レーシングサクションリローデッド
アペックス EXマニ、キャタライザー、マフラーセット車検対応
オリジナル アプリケーションCPUデータver9.7

201.06PS    22.55kgm

パワーチェックグラフ

−京都発 新データで素晴らしい性能BRZ−


京都府M様ZC6スバルBRZは2012モデル6MTで51000キロ走行。既にEXマニ、マフラーが交換されており、

今回サクションパイプ、エアフィルターを交換してCPUチューンを行いました。

今回から2015モデル品番をベースに2017モデルマイナーチェンジ後の良いところ沢山導入し、

満足いく好結果となりました。

また、通常モードとは別にローンチコントロールシステムとオートブリップ機能を使えるモード2を使い分けるように

プログラミングいたしました。

是非この新データをオーナーの皆様に体感して頂きたいです!

SPEC

APEXi パワーインテークフィルター純正交換タイプ
BLITZ サクションパイプ
e-カスタム ステンレスEXマニホールド 第一触媒ストレートタイプ
富士重工 純正第2触媒
フジツボ オーソライズRタイプS-BGマフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータver9.7
 
 

222.2PS    23.6kgm

パワーチェックグラフ

−さいたま発 BLITZターボキット装着+セッティングBRZ−


埼玉県S様BRZは吸排気チューン+フラッシュエディター仕様にされておりましたが

今回BLITZ製ボルトオンターボキットを取付+セッティングさせて頂きました。

排気系はNA用のモノだったので不安でしたが、目標通りの結果になりました。

今回のターボキットはアクチュエーターのスプリングが2種類入っていて、レートが弱いモノと強いモノを

選択するのでした。弱い方だとやはりブーストが上がりにくいので強いスプリングで調整しました。

それでも一旦はパッと上がりますがすぐにタレて行く傾向でした。

しかし、インジェクターやポンプも換えずノーマルエンジンでポンと300PSオーバーになるFA20エンジンは

可能性があって面白いですね!

SPEC

BLITZ B06-380Rボルトオンターボキット 付属インタークーラー
オイルクーラー SBCタイプR 専用圧力センサー
HKS 第二キャタライザー ハイパワースペックLマフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ2015改ver9.6 ジョイントパイプ
ORC レーシングクラッチ

ブースト圧0.79 → 0.50kg/cm2時


313.8PS    37.4kgm

パワーチェックグラフ

−福井坂井発 TRUST製EXマニ取り付けでトルクUPのBRZ−


福井県K様BRZは前回むき出しクリーナー、マフラー交換の状態でCPUチューンさせて頂きました。

今回はクリーナーを純正に戻し、TRUST製EXマニと当社オリジナルジョイントパイプ

を取付してのリセッティングを行いました。

このEXマニキットには純正第一触媒部にキャタライザーが入っています。

第二触媒が入る中間パイプは純正のままです。もちろん車検対応です。

目標どおり3400rpm〜4000rpmのトルクの落ち込みも改善され、

一番使用する回転域なので街乗りで実感できるでしょう!

SPEC

TRUST EXマニ第一触媒キット
フジツボ オーソライズVマフラー
オリジナル ジョイントパイプ
オリジナル アプリケーションCPUデータver9.2
BLITZ サクションパイプ

212.1PS    22.6kgm

パワーチェックグラフ

−大阪吹田発 フル排気BRZをCPUチューン−


シグナルオート千里・木田店長からの依頼でフル排気仕様のBRZのCPUチューンを行いました。

サーキット専用マシンのようで、鈴鹿や岡山国際をガンガン走っているオーナー様だそうで、

インジェクターシールが良く飛ぶそうです。

2015モデルをベースにしたデータを入力し微調整いたしましたがほぼそのままで問題なく仕上がりました。

乗り味からレスポンスまで、全てが激変したマシンをぜひサーキットで堪能していただきたいですね。

SPEC

パワークラフト ステンレスEXマニホールド
KIM'S フルストレートマフラー
TRUST オイルクーラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ2015改ver9.1

213.9PS    22.4kgm

パワーチェックグラフ

−福井坂井発 むき出しクリーナーBRZをCPUチューン−


福井県K様BRZは6MTで、BLITZのむき出しクリーナーとフジツボマフラー、クスコの水冷オイルクーラーが

装着されておりました。

エアフロ後のサクションホースにホースバンドが付いておりませんでした・・・(驚愕)

まず純正クリーナー対応の新データを入力して回してみましたが高回転でA/F値が薄くなる傾向があったので、

これはVQマップを調整し対応しました。

このお車は実際にノッキングしていないのにノックリタードする傾向が強かったので次回ステップアップの際には

気をつけて検証してみたいです。

 
BLITZ SUS POWERクリーナー サクションパイプ
フジツボ オーソライズVマフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータver9.2

205.9PS     22.4kgm

パワーチェックグラフ

BRZ INFORMATION 


交通タイムズ社より「86・BRZマガジン」が発売されました。

先日行われた、タカスサーキットでの走行会の模様や

その後京都店で開催された、RH9加盟11ショップによる

86・BRZのCPUチューニンバトルなどが紹介されています。

今回、この86・BRZマガジンの発売に合わせて

当社も2ページを使って、86・BRZオーナーの方のために

分かりやすくチューニング全般の記事的広告を掲載しています。

一人でも多くのオーナーの方にチューニングの楽しさを知って頂く為

分かりやすく丁寧な記事づくりを心掛けました。

その広告の内容を一部抜粋してご紹介いたします。

 車 検 整 備 一 式 


メンテナンスや車検の依頼が非常に多いのもフェニックスパワーの特徴です。

多少なりともチューニングを行っている愛車を、チューニング知識の乏しいディーラーや

一般整備工場に預けるのは非常に心配なもの。

整備後の、配線やパイピングの戻し間違い等は決して少ない話ではありません。

フェニックスパワーでは、一般整備から高度なチューニングに至るまで

経験豊富なスタッフが作業にあたるためとても安心です。

また、「中古の改造車を購入したものの仕様がよく判らない。」と言った場合にも

車輌に合わせたチェック作業を行いますので、お気軽にご相談ください。

86/BRZ車検整備費用一覧 (店舗により検査代行費が異なります。)

項目 福井店 京都店
 自賠責保険 継続24ヶ月 27,840円 27,840円
 重量税 24,600円 24,600円
 印紙代 1,800円 1,800円
 法定24ヶ月点検 20,000円 20,000円
 予備検査 15,000円 15,000円
 チューニング保守点検・調整 15,000円 15,000円
 検査代行費 30,000円 20,000円
 消費税 6,400円  5,600円
 合計(税込) 140,640円 129,840円

コンピューターチューンの優位性 


86/BRZのフルノーマル車に乗って始めて感じたのは、アクセルレスポンスがとても悪いことでした。


昔の車はアクセルを踏むとワイヤーで引っ張られスロットルが開く仕組みで、1対1の関係が成立しておりました。

現代の車はアクセルを踏むと信号がコンピュータに入り、コンピュータから電子スロットルに信号が入ります。

日産の場合は、アクセル何%に対してスロットル何%という2Dマップがあり、これを同調させれば

1対1の関係にチューニングされます。

しかし86/BRZのコンピュータはこんなシンプルな制御ではなく、デザイヤードトルク to スロットルアングル値を

ワイドオープンスロットルトルク・スレッシュホールド値で割ったパーセンテージに

とある係数を足したパーセンテージが、アクセルペダル to デザイヤードトルク値に反映され

カリキュレーテッドトルクマップに監視されつつスロットル開度を決定するという

複雑な制御になっているのです。

当社では1コマ1コマを計算して1対1の理想形となるマップを造り上げました。

しかし、これはあくまで計算値の1対1なので、ここに人間が踏んで「気持ちいい!」と感じる味付けをするのが

おもしろさの秘訣なのです。


当社が使用するECU-TEK編集ソフトですと特別マップが作成されており、アクセル開度に対して

それぞれの車速に応じてスロットルの開け方を微調整できるマップが存在します。

ここをしっかり造り上げると乗って楽しい86/BRZに変身してくれます。

他にも、ノーマルカーですから燃料は濃く点火時期が甘かったり、基準バルタイがインテーク125、

エキゾースト135に対して無意味なタイミングになっている場合が多く

これらを最適化していくことで軽く回ってくれるエンジンに変身してくれます。

またブレーキを踏んでシフトダウンする際、自動的に回転を上げギアを入れ易くさせるオートプリッピング機能や

アクセルを踏みっぱなしのままシフトUPさせられるフラットフットシフト、静止状態から1速に入れ

アクセルベタ踏みのままゼロヨンスタートさせるローンチコントロール等の機能も必要に応じて入力しています。

フルノーマルの時からコンピュータチューンするも良し、排気系チューンと同時にコンピュータチューンするもよし、

86/BRZのチューニングは、まずはコンピュータチューンからをお勧めいたします。

オリジナル アプリケーションCPUデータ Ver 8-4 160,000
 

税込み価格(円)

172,000
−山口 光発 BRZ限定TSをコンピュータチューン−


山口県Y様BRZはSTiのTSという限定モデルで

以前、当社のオリジナルマフラーを発送しており

今回サクションパイプとインテークダクトを装着してCPUチューンいたしました。

やはり最新データは出来が良く、一発で目標パワー&トルクになってくれました。

これならEXマニやキャタライザー等

更にステップアップするともっともっと良くなりそうですね。

遠い所をありがとうございました。

SPEC

HKS インテークダクト
BLITZ サクションパイプ
オリジナル アプリケーションCPUデータ ver8−4
デパーチャーZ6マフラー
209.0ps  22.6kgm
 
パワーチェックグラフ

― 徳島鳴門発〜ノーマルBRZを吸排気+CPUチューン ―


徳島県 N様 BRZは、フルノーマル6MTで、今回、マフラー、サクションパイプ、フィルターを交換して、

コンピューターチューンいたしました。

コンピューター品番はJA01Aだったので、JA02Aをベースに改造データを入力しました。

いつもと同じような、パワー&トルクになりました。

ノックリタードは皆無です。空燃比も良い流れでした。

SPEC

APEX 置き換えフィルター
BLITZ サクションパイプ
オリジナル デパーチャーZ6マフラー
アプリケーションCPUデータ
202.0PS 21.8kg

パワーチェックグラフ
愛知一の宮発〜サクション+マフラー+CPUで好結果のBRZ ―


愛知県 G様 BRZは、26000キロ程走行の6MT車で、マフラー、サクションパイプが装着されております。

今回、コンピューターチューンを行ったのですが、ライトな仕様にも関わらず、好結果でした。

何度計測しても同じパワーが出ました。当たりエンジンと言っても差し支えないでしょう!

次回、キャタライザーやEXマニを交換すると更に良くなりそうですね!

SPEC

BLITZ サクションパイプ
HKS マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ
213.2PS 23.0kg

パワーチェックグラフ
-兵庫多可発 最新データで完璧パワーUPのBRZ-


兵庫県U様BRZは初期型で、元々JAOOAのCPU品番を改造してデータ入力しておりました。

暫くしてポートインジェクターのカラーが飛ぶとかアイドリングが不安定になるetcの理由で対策された

JAO1Aとなり、これをベースに改造して入力しました。

今回、又、JAO2Aなる品番が出てきたので、これをベースに大幅見直しを行い、成功いたしました。

トルクカーブは素晴らしくなりました。ガスも薄く入るようになりました。
 

SPEC
プレジャー サクションパイプ
オートファクトリー ステンレスEXマニ
オリジナル 60φジョイントパイプ・アプリケーションCPUデータ
Rマジック キャタライザー・マフラー
218.4PS 23.3Kg

パワーチェックグラフ
―大阪摂津発 マフラー+サクション交換でCPUリセッティングBRZ−


大阪府M様BRZは当社でフィルター交換とコンピューターチューンをして下さっております。

今回、サクションパイプを交換、マフラーをHKSにしてCPUリセッティングいたしました。

Ver7のデータを入れました。

静かなマフラーにしました。

狙い通りの特性になりました。
 

SPEC
APEX フィルター
プレジャー サクションパイプ
HKS マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ
203.6PS 21.8Kg

パワーチェックグラフ
−岐阜揖斐発 美人ギャルBRZがマフラー+CPUチューン−


岐阜県N様ZC6−BRZはマフラーのみ交換でコンピューターチューンいたしました。

滋賀県BM9・Y様のご紹介です。

ECU-TEKソフトは、つい先日Ver6データになったのですが、又もやVer7に進化し

てしまい、この車が一発目の入力となりました。

マフラー交換のみですが、200psになりました。

女性ですから、チューニング後の変化は判らないかな?!と思っていましたが

激変しました!凄く良くなりました!と喜んで下さいました。

この調子でドンドン、ステップUPして欲しいですね。
 

SPEC
柿本改 マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ
200.4PS 21.4Kg

パワーチェックグラフ

―滋賀蒲生発 特殊クリーナーでCPUチューン−


滋賀県I様ZC-6スバルBRZには、変わった形状のクリーナーKITが装着されていました。

フィルターはAPEXらしいです。

通常データで回してみたら、空燃比が薄く出ました。

これはエアフロセンサーがパイプのド中心にきたからか、本当にたくさんの空気が

吸えるようになったかは判りませんが、4%位の増量が必要になりました。

排気がマフラーのみなので、今後、タコ足やキャタライザーetc交換して行けば

更なるパワーUPも見込めますし、クリーナーKITの本来の性能も見えてきますね。
 
SPEC
LAILE チャンバー付きエアインテークKIT
APEX フィルター
BLITZ チタンマフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ

196.5PS 20.9Kg

パワーチェックグラフ

−兵庫多可発 対策済 新データで表面積UPのBRZ−


兵庫県U様BRZは、ひと通り手を加えられたNAチューンで、以前 当社でCPUチューンされております。

今回、対策済新データが出来上がり、このデータを入力して下さいました。

グラフの表面積がグッとUPいたしました。

乗りやすくなったと思われます。

86、BRZはアイドリング時に13,5%位、エンジン側スロットルが開いております。

この時、アクセル開度は0なので、アクセルを13,5%踏んでいっても反応がありません。

それ以上の開度になるとスロットルが開き出すので、ちょっと違和感があるのです。

ここを何とかならないか?!研究中です。

ノーマルクラッチの時は、そんなに気にならないのですが、クラッチを変更すると

あれっ?と気が付くのです。
 
SPEC
プレジャー サクションパイプ
オートファクトリー ステンレスEXマニホールド
オリジナル 60φジョイント中間パイプ・アプリケーションCPUデータ
Rマジック キャタライザー・マフラー

211.4PS 22.6Kg

パワーチェックグラフ

−大阪 摂津発 フィルター+ダイレクト1Gのみで好結果−


大阪府M様BRZはオカダプロジェクト製強化点火コイルのみ装着で、今回、

フィルター交換とコンピュタチューンを行いました。

190〜195PS位だろうと思っていたら、いきなり200PSオーバーで驚きました。

他は全てノーマルなのです。

CPUが良いのか?プラズマダイレクトが良いのか?フィルターが良いのか?

今後、長谷川86にも装着してみてテストしようか!?考えてしまいました。

次回、排気系チューンをお勧めしておきました。
 
SPEC
APEX 置換えフィルター
オカダプロジェクト プラズマダイレクト
オリジナル アプリケーションCPUデータ

202.7PS 21.9Kg

パワーチェックグラフ

−対策データの新アプリケーションCPUデータが完成しました−

(写真は直噴インジェクター、プラスティクの白いカラー(右)・カラーが吹き抜けて焼けたインジェクターと問題の無いインジェクター(左))

トヨタ86、スバルBRZが発売されて以来、多くの人達がサーキット走行を楽しむように

なったのですが、直噴インジェクターのカラーが吹っ飛ぶトラブルが多発したようです。

それも色々な車に出る、というより決まって同じ車に出るようでした。

トヨタとスバルの見解としては、高回転(6000〜8000rpm)で、アクセルを離した後

直ぐに再度踏み返した際のノッキングが原因と考えたようです。

コンピューターデータ上でもTransient Ignition Retard(加速点火リタード補正)

というパラメータが大きく変更されておりました(他にも数箇所、変更有り)

私共のお客様でも一人だけ2回もこのトラブルが起きた事がありましたので、ここ最近

ズーッと新データを煮詰めておりました。

時間が掛かったのは、今迄のデータよりも馬力が少し出なくなったからです。

ただし3000〜4000rpmのトルクの谷間を、ほぼ無くす事に成功しました。

街乗りでも体感出来る位、良くなりました。

燃料ショートターム(補正)もロングターム(学習)もほぼゼロのままで行けてる

完璧に近いデータになりました。


(オリジナル) アプリケーションCPUデータ対策でーた改   \150,000

         データ入力                 \10,000

         合計(税込み)              \168,000

−春日井発 正統派NAチューンをコンピューターチューン−


愛知県K様のBRZは、走行7000キロ程の6MT車で、タコ足、マフラー、サクションetcを交換した

完全車検対応車です。

当社のコンピューターチューンをしたのですが、第2触媒は純正なので、これ位かな!?

と思いました。

EXマニホールドの集合部分が、完全にぶつかり合っているので少し抵抗があるかなぁ〜とも

思えました。

次回のステップUPが楽しみですね。
 
SPEC
BLITZ 置換えフィルター・サクションパイプ
フジツボ 第1キャタライザー付きEXマニホールド・マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ

198.4PS 20.7Kg

パワーチェックグラフ

−福井大野発 TRUSTマフラー+CPUチューンBRZ−


福井県Y様ZC-6BRZは6MTで、今回、TRUSTマフラーと置き換えフィルター交換、オリジナル

コンピューターチューンをいたしました。

いつも行なっている86と同じCPU品番でした。

元々、京都の方で転勤で福井に来られたようです。

これから、ドンドンBRZを改造して下さい。
 
SPEC
APEX 置換えフィルター
TRUST マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ

198.5PS 20.9Kg

パワーチェックグラフ

−兵庫発 吸排気フルチューンBRZをCPUチューン−


兵庫県U様ZC6スバルBRZは、ムキ出しクリーナー、EXマニ、キャタ、マフラーのフル排気チューン仕様です。

今回、当社でコンピューターチューンをして下さいました。

が、やはりムキ出しクリーナーでは辛かった・・・3000〜4000rpmのトルク感も薄くなり、パワーも

いまイチでした。

U様は自分でも察していたのか?!純正クリーナーも持参していたので、交換して再セッティング

した所、やはり普通にパワーUPしました。

しかし、この車は絶対にオイルクーラーが必要ですし、クラッチもそろそろ・・・でした。

次回、お考え下さい。
 

SPEC
BLITZ サクションパイプ
オートファクトリー EXマニホールド
オリジナル 60φジョイントパイプ・アプリケーションCPUデータ
Rマジック キャタライザー・マフラー

213.8PS 22.7Kg

パワーチェックグラフ

−ZN6トヨタ86 ZC6スバルBRZ チューニング情報−


−オリジナル60パイ ジョイントパイプ発売のお知らせ−

EXマニホールドと触媒を繋ぐ純正のジョイントパイプは、内径が50パイしかなく、もうちょっと太い商品が

欲しいなぁ〜と思っておりました。

しかし、各メーカーから仲々 発売されません。

そこで型を製作してオリジナルで製作いたしました。

手作り品なので少々高いですが、性能は抜群です。

バンテージを巻いた状態で出荷いたします。



(オリジナル) 60パイ ジョイントパイプ   43,000

        取付工賃           10,000

        合計(税込)        \55,650ー

*常時、何本か造ってあるので、即 発送可能です!
 

BRZノーマルコンピューターの解析、制御方式が解ってきました


現在、6MT車と6AT車を両方同時進行で検証を進めております。

両車共に、3500〜4000rpm付近でのトルク&パワーの落ち込みが激しく、ここを良くしない事には

乗っていて楽しい車にはなりません(1番使う回転域なので・・・)

アクセルトスロットルの相互関係も1対1にはなっておらず、ここもリニアにしていかなければならないでしょう。

バルブタイミングもほんの少しの変更で大きく変わる事が判りました。

IN側とEX側のバランスを取る事がカギです。

点火マップの切り替わりも特定回転数でスパッと変わる事が判明しました。

燃料噴射もポート噴射の時、直噴の時、ヂュアル噴射の時と条件に応じて切り替わる事を突き止めました。

大幅なパワーUPは難しい車ですが、気持ちの良いストレス無く回る事には出来そうです。

もう少しお待ち下さい。
 

BRZ-FT86 ECU-TEKコンピューター編集ソフト発売開始のお知らせ


いよいよイギリスECU-TEK社からBRZとFT86のコンピューターチューニングソフトが発売されます(7月末予定)

私共フェニックスパワーでは、日本で初めてこのソフトを駆使してパワー&トルク&レスポンスUPを目指します。

現在、解読しているパラメーターは

○燃料マップ ○点火マップ ○カムタイミング ○センサースケール ○燃料コントロール ○ノックコントロール

○アクセルスロットルコントロール ○インジェクションコントロール ○要求トルクコントロール ○レブリミッター

○スピードリミッター ○DTC有効無効化

で大幅な吸気排気系チューニングにも対応いたします。

又150以上のデータ項目をリアルタイムにビジュアル化出来る優れものです。

オリジナル アプリケーションCPUデータ  \150000円  データ入力費 \10000

税込総合計 \168000円となります。