FD3S RX7チューニング情報

 

−秋田・平鹿発 FD-1型 ブーストUPを堅実セッティング


秋田県N様FD-35は1型で走行は不明でした。

昔はアテンザターボにお乗りで、当社でCPUチューンして下さったご縁で、このFDも当社にお任せ下さいました。

元々、ウォーターポンプとエアコンが壊れていたので、それを修理しつつ

スペシャルブーストUP仕様に進化させました。

一応圧縮も計測したのですが、多少弱ってる感じだったので、充分注意しながらセッティングしました。

TRUSTのインタークーラーとラジエターを装着したのですが、このコンビだとインタークーラーパイピングが

合わなくなり、造り直ししなければなりませんでした。

パワー・トルク・グラフのライン共に理想的に仕上がりました。

ノッキングのレベルも最大27迄に抑えました。

SPEC

TRUST サクションKIT、インタークーラーKIT、ラジエター
オリジナル パイピング加工
BLITZ フロントパイプ、SBCスペックR
SARD キャタライザー
APEX マフラー、パワーFC
NGK Rプラグ
OS技研 ツインプレートクラッチ
             


ブースト圧 シングル時 0.82 → ツイン時 0.97kg/cm2時 

372.8ps  43.4kgm

パワーチェックグラフ

−金沢発 純正タービンシステムブローFDをタービン交換


石川県T様FD3Sは6型で、以前GVBインプレッサでチューニングさせていただいておりましたが、

一度はFDに乗ってみたい!…と思いになられ、乗り換えたそうです。

しかし乗ってみたらイメージより相当遅く、早速ブーストアップ仕様にチューニングを始めました。

するとシングルターボ時はしっかり動くのですがツインに切り替わるとブースト圧が0になってしまうのでした。

遅く感じた原因はこれだったのでしょう…。

いっそのこと、シングルターボにしよう…となり、T04-Sタービンキット取付とパワーFCセッティングを行いました。

圧力センサーはトヨタの3SGT後期用です。

ブースト1.18k掛かって1.08まで下がり、インジェクターは98%!この辺が限界でしょうか。

これで楽しいFD3Sに生まれ変わったでしょう!

SPEC

HKS T04-Sタービンキット インタークーラーキット
BLITZ SBC-iD
SARD キャタライザー
フジツボ マフラー
トヨタ 3S後期圧力センサー
APEX'i パワーFC
 


ブースト圧 1.18 → 1.08kg/cm2時

425.4ps  49.2kgm

パワーチェックグラフ

−兵庫伊丹 FD6型基本的ブーストアップのパワーFCセッティング


兵庫県O様FD3Sは6型26000キロ走行のとても程度の良い車でした。

元々関東のSHOPのパワーFCデータが入っているようでしたが、サーキットでスピードが伸びないので

リセッティングを依頼されました。

インタークーラーが純正、ブーストコントローラー無しの純正ソレノイドバルブを使ってのブーストアップなので

350PSくらいをメドにセッティングを行いましたがなかなかの好結果でした。

前置きの大型インタークーラーに交換していくと更によくなるでしょう!

SPEC

RE雨宮 フロントパイプ
APEXi キャタライザー パワーFC
HKS マフラー
TRUST インタークーラーパイプ


ブースト圧 シングル時1.02  ツイン時0.97kg/cm2時

364.6ps  40.6kgm

パワーチェックグラフ

−大阪平野区発 20万キロ走行FDをダイナパックセッティング


大阪府A様FD3SはT型で、当社京都店が出来る前から福井店でチューニングをされていた常連様で、

20万キロ以上走りこんでいるツワモノです。

過去7,8年前に一度リビルドエンジンに載せ換えており、T04-Sタービンが今回ブローしたのでオーバーホール

しての再セッティングとなりました。

「壊れないように300PSくらいでいいよ!」と依頼されましたが、低いブーストでも400PS出ました!

インジェクター的にも、もう少し余裕があるので420PSはイケそうでしたが、無理はしませんでした。

ノッキングの最大値は20レベルでした。

SPEC

HKS T04-Sタービンキット、280L/Hフューエルポンプ
TRUST インタークーラーキット
NGK Rプラグ
APEX キャタライザー、パワーFC
FEED マフラー
ATS カーボンツインプレートクラッチ
BLITZ SBCiD
トヨタ 3S後期圧力センサー


ブースト圧 1.04 → 1.01kg/cm2時

404.05ps  46.50kgm

パワーチェックグラフ

−福井 坂井発 お手軽ブーストUPで好結果FD3S−


福井県N様FD3Sは5型、55000キロ程走行で

マツダスピードの細いマフラーのみの仕様でした。

今回、クリーナーブーストコントローラー、パワーFC、フロントパイプ、Rプラグに交換して

セッティングを行いました。

触媒が純正でマフラーも細いので

出来るだけ低いブーストで仕上げようと考えました。

そして古くなったホース類も新しく引き直しました。

シングルターボの時にしっかりパワー&トルクを出すことが出来て満足です。

高回転はやはり抜けてないなぁ〜と感じました。

インタークーラーが純正だと吸入空気温度が48〜52℃位になっており

下げきれてないのも分かりました。(シャーシダイナモでは38℃に設定しました。)

抜けの良い排気にすればもっと良くなりそうですね。

SPEC

 APEX パワーインテーク、パワーFC
 NGK Rプラグ
 TRUST フロントパイプ
BLITZ SBC‐iD
MAZDA 純正触媒
MAZDASPEED マフラー

ブースト圧 1.02 → 0.94kg/cm2時
377.6ps  42.0kgm

パワーチェックグラフ

−水戸発 TD-06仕様FDをマフラー交換してリセッティング−


茨城県K様FD3Sは10数年前から当社で改造して下さっている昔からのお客様で

10万キロ位走っているためエンジンはリビルトに載換えTD−06 SH25Gタービン仕様で、

永く乗って下さっております。

今までのマフラーが静かな抜けの悪いタイプだったので、ウィングタケオ製チタンマフラーに変更しました。

ウエストゲートが大気開放になっているためか、パワーFCでノッキグの判定が決まった領域で出るため、

ヘッドホンを使ってしっかり確認しました・・・出てませんでした。

先日セッティングした、T-04ウエストゲートを戻しと比較するとブーストが1.20上がってから

下がっていくのに対しTD−06は1.00から徐々に上がっていく感じでした。

いずれにせよ安価で高性能になるKITです。
 
SPEC
TRUST TD06SH25Gタービンキット・インタークーラー
トヨタ 3S後期圧力センサー
SARD キャタライザー
ウィングタケオ チタンマフラー
HKS 280L燃料ポンプ
BLITZ D-SBC
APEX パワーFC

ブースト圧1.02→1.17kg/p時
418.1ps 46.1kgm


パワーチェックグラフ

−福井美方発 車検対応タービン交換FDの実力−


福井県I様FD-3Sは6型、5万キロちょいの走行です。

ズーッと前に当社でブーストUP仕様にして下さり、今回タービン交換にステップUPして下さいました。

圧力センサーはトヨタの3S-GT後期用を使い、T-04SタービンKITでウエストゲートはマフラーに戻しています。

慎重にセットUPして、満足の結果となりました。

セッティング終了後、車検を取得するため俳ガスを測定しましたが、超優秀でした。

音量も94dBでOK!

低コストで出来るなかなかの仕様ですね。
 
SPEC
HKS TO4Sタービンキット・EVC・280L燃料ポンプ
RE雨宮 インタークーラー・キャタライザー・マフラー
トヨタ 3S圧力センサー

ブースト圧1.20→0.92kg/p時
425.8ps 48.9kgm


パワーチェックグラフ

−京都発 不調だったFDを修理、基本的ブーストUP−


京都府N様FD3Sは6型で、8万キロ近く走り込んでいるのですが、シーケンシャル

ツインターボがうまく作動しておりませんでした。

ソレノイドバルブを新品交換し、キャタ、マフラー、パワーFC、ブーストコント

ローラーを装着して無理せずセッティングしました。

フロントパイプや前置きインタークーラーにすると、もっと良くなるでしょう。
 
SPEC
TRUST エアーインクスクリーナー
APEX パワーFC
BLITZ D-SBCidV
SARD キャタライザー
HKS マフラー

ブースト圧0.93→0.85kg/p時
349.9ps 38.9kgm


パワーチェックグラフ画像

−山中温泉発 11年前の13Bブリッヂターボをリセッティング−


石川県K様RD3Sは、11年前に造ったマシンを引き継ぎました。

余り走っていない車なので、程度は良いです。

まず、車検を取得する為に排ガスからチェックして、その後、低ブーストから回して煮詰めました。

今迄よりも薄い燃料で低い点火時期で、低いブースト圧でパワーが出るよう頑張りました。

昔の仕様ですが、しっかりと出ましたネェ〜。
 
SPEC
BLITZ K27MOJタービンキット・タイプEウエストゲート・ステンエキマニ
TRUST インタークーラー
RE雨宮 キャタライザー エアポンプ非対応
オリジナル マフラー・13Bブリッヂポートエンジン
APEX パワーFC・240L燃料ポンプ
トヨタ 3S後期圧力センサー

−水戸発 トラブルを発見して ようやく完治タービン交換FD−


茨城県K様FD3Sは、10万キロ近く走り、そろそろオーバーホールしたい!との事でリビルトエンジンを

使って組み直しました。

しかし、慣らし後のセッティングでは320psしか出ないのです??

これは、おかしい!?となり色々チェックした所、他のキャタライザーに交換してみたらブーストが

少しアップしました。

次に、フューエルポンプの電源ラインを太くしたら、これも少し良くなりました。

次に燃圧計を仮付けしてみたら、燃圧が掛かっていない事が判明。

インマニから4パイホースをレギュレーターに差し込んでみたらバシッと燃圧が掛かりました。

これで、今まで通りのパワー&トルクに戻りました。

いくつかのトラブルが重なっていると修復するのに時間と労力が掛かります。

マフラーが静かなストリート用なので絞りの無いマフラーにすれば420ps位は出るでしょう。
 
SPEC
マツダ リビルトエジン
TRUST TD06SH25Gタービンキット・インタークーラー
SARD キャタライザー
フジツボ チタンマフラー
APEX パワーFC
トヨタ 3S後期圧力センサー

ブースト圧1.16→1.25kg/p時
400.9ps 44.0kgm


パワーチェックグラフ画像

神戸発~FD3Sのノーマルを一気にブーストUPチューン


兵庫県M様のFD3Sは6型で、走行が50500キロ程のとても程度の良い車でした。

けれど不調になって当店にお越しになり、4パイホースが抜けているのを発見してあげてから一気に

ブーストUPチューンを行ったのです。

ブースト圧は1.05キロでピタリと安定して、インジェクター開弁率は99%でした。

充分に速いです。
 

SPEC
TRUST エアインクスクリーナーKIT
HKS フロントパイプ
SARD キャタライザー
APEX RSマフラー・パワーFC
NGK Rプラグ
BLITZ D-SBCidV

ブースト圧1.05p時
391.5ps 42.4kgm


パワーチェックグラフ画像

富山発〜青春をゼロヨンに掛けるFD3S


富山県のY様のFD3Sは、2型で、今までは車検対応のタービン交換を楽しんでおられたのですが、

セントラルサーキットのゼロヨン走行会を経験してから、車造りの方向性も変え、街乗り用の車は別購入して

このFD3Sを競技用にしました。

今回、GTRサイズのインタークーラーを入れてリセッティングして、強力パワーを発生しました。

追加インジェクターも含めて全噴射になりました。

足回りも見直し、アラゴスタの3WAY車高調を入れ、アライメントも見直し、ストレートグリップを重視させました。
 

SPEC
TRUST T88H38GKタービンキット・Rブローオフバルブ・ラジエター
RH9 3層インタークーラー改
オリジナル ワンオフ100パイマフラー
BLITZ D-SBCidV
APEX パワーFCダブルインジェクターシステム・追加660cc×2
HKS 280L燃料ポンプ

ブースト圧1.48→1.55kg/p時
539.1ps 54.9kgm


パワーチェックグラフ画像

大阪発3基目のENGに突入 18万キロのFD3S


大阪府のA様のFD3SはT型で、走行が18万キロになった為、3基目ENJに変更してリセッティング致しました。

念の為、ノックセンサーとスロットルポジションセンサーを新品にしておきました。

ブースト圧が 1.0キロ時のグラフは・・・こちら

ブースト圧が 1.1キロ時のグラフは・・・こちら


ブースト圧が1.1キロの時のインジェクター開弁率は96.5%でした。

ノックレベルは30以下で問題ないでしょう・・・永く大事に乗り続けて欲しいですね。
 

SPEC
HKS TO4Sタービンキット・280L燃料ポンプ
TRUST インタークーラー
APEX キャタライザー・パワーFC
FEED マフラー
BLITZ D-SBCidV

ブースト圧1.10kg/p時
423.0ps 47.9kgm


パワーチェックグラフ画像

RE雨宮フルエアロ武装の名古屋発FD3S


愛知県のM様のFD3Sは3型で、他SHOPのデモカー(ブーストUP仕様)を購入して乗っておられたのですが

アペックスシールが飛んだようで、当社で修理及びステップUPを行いました。

ENGはブリッヂポートチューンとしてタービンはHKS TO4Zに致しました。

燃料系はほぼノーマルなので最低ブーストで暫く乗る予定です。

ブースト圧は立ち上がり0.72kgで6000rpmで0.82kgとなり、8000rpmで0.80kgになる感じです。

これで、丁度ノーマルインジェクターは全噴射でした。

今後はダブルインジェクターシステム及び追加インジェクター等で、500馬力オーバーを狙います。
 

SPEC
HKS TO4Zタービン・鋳物EXマニ・Rウエストゲート・280L燃料ポンプ
SARD キャタライザー
柿本 マフラー
トヨタ 3SGT後期圧力センサー
ワンオフ インタークーラー・ラジエター Vマウント
BLITZ SBC-idV

ブースト圧0.80kg/p時
438.5ps 44.3kgm


パワーチェックグラフ画像

ゼロヨン専用のFD3Sを製作


富山県のY様のFD3S RX7は2型でズッ〜とタービン交換を楽しんでいたのですが、セントラルサーキットでの

ゼロヨン走行を初体験して以来、ゼロヨンが好きになり、ナンバーを外して0-400専用マシーンにする事にしました

ENGは3分割のアペックスシールを使い、完全オーバーホール!

タービンはT88H(38GK)で100パイマフラーで抜きました。

しかし、少々タービンサイズが大き過ぎて立ち上がりが少々悪いようです。

T78位で充分だったかも知れませんが、やはり1番大きなタービンを装着したい男の願望も判ります。

今後、色々と検証して、更に低速からビンビン回せるように工夫するつもりです。

最終的には、ブースト1.6キロ位で550馬力位を目指したいですね。
 

SPEC
TRUST T88H(38GK)タービンキット
BLITZ インタークーラー・SBCidV
APEX パワーFC改・デュアルインジェクターシステム・追加660cc×2
HKS 280L燃料ポンプ
オリジナル 100mmフルストレートマフラー

ブースト圧1.43kg/p時
493.6ps 50.0kgm


パワーチェックグラフ画像

純正センサー不良で絶不調


栃木県のM様のFD3Sは6型のタービン交換です。

自分でインマニ・サージタンク等を取り外し内部研磨を行った後から、絶不調になり当社に持ち込まれました。

一応、新品プラグ交換とパワーFCのセッティングで始めたのですが、ふとモニターを見ると

スロットルポジションセンサーがアイドル時4833mvという全開のような数値になっているのを発見。

すぐさま、別のセンサーで装置確認すると規定値に戻りました。

これでセッティングを煮詰めて納車しました。

M様曰く、「絶好調になりました・・・これが本当のタービン交換の速さなんですね」と喜んで帰られました。
 

SPEC
APEX AX75F-82タービンKIT・キャタライザー・マフラー・パワーFC
HKS インタークーラー・280L燃料ポンプ
BLITZ D-SBCidV
トヨタ 3S-GT圧力センサー

ブースト圧0.88kg/p時
405.3ps 45.7kgm


パワーチェックグラフ画像

TD06SHタービンキットの性能

京都府のS様のFD3S-5型のタービン交換です。

FDのノーマルENGで良くお勧めするのがTRUSTのTD06SH25Gタービンキットです。

下からビンビンに効いて上までしっかり回ります。

これ位の仕様が本当に1番扱い易くローコストで優秀ですよね。
 

SPEC
TRUST TD06SH25Gタービンキット・インタークーラー・オイルクーラー・チタンマフラー
SARD キャタライザー
トヨタ 3S-GT用圧力センサー
APEX パワーFC
BLITZ D-SBCidV
HKS 280L燃料ポンプ


ブースト圧1.08〜1.15kg/p時
421.4ps 48.1kgm


パワーチェックグラフ画像

FD3S基本的ブーストUP編

富山県のA様のFD3Sは5型で走行43000キロ。

綺麗に大事に乗っておられるようです。

基本的な簡単なブーストUP仕様をお勧めいたしました。

これで充分走るRX7に変身です。

次回は、触媒やインタークーラーを交換するともっと良くなるでしょう。

SPEC
HKS サクションKIT
TRUST フロントパイプ
APEX RSマフラー・パワーFC
NGK Rプラグ
BLITZ D-SBC idV


ブースト圧0.92〜0.83kg/p時
355.1ps 40.1kgm


パワーチェックグラフ画像

FD3S

 
富山県Y様FD3SのI型です。
走行が11万キロを越えたのでO/Hを行い、少々高いですが3ピースのアペックスシールを組み込みました。又、タービンも、ゼロヨン仕様にしたい!!との事なので、T-88を装着しました。
しかし、排気系が容量不足なので(1ヶのキャタライザーと車検対応マフラー)現時点では無理は出来ません。
慣らしも終わったばかりなので、ブーストは1.0Kで又暫く乗ってもらいます。
アト1000km位走ってもらったら、キャタライザー×2+
SPLマフラーで、ブースト1.4キロ約500ps位を目指したいですネ。
 
SPEC
(TRUST) T-88タービンKIT、60Фメーター×4
(BLITZ) 3層インタークーラー、SBC-iD
(HKS) 280ℓ/hフューエルポンプ
(APEX) パワーFCツインドライブ仕様+660cc×2、RSマフラー
(RE雨宮) キャタライザー

FD3Sのチューニングは、マフラーの音量規制に引っかかり易く、車検対応仕様でハイチューンを狙っていくと、とても難しい車です。
一番バランスの良い、ノーマルENG+TRUST TD-06SHタービンKITの410〜420ps仕様でさえ、下手すると音量でボツになったりします。(特に後期型は、96dB以内に収めないと駄目なので)
 
 

FD3S-2型

 
埼玉県Y様のFD3S-2型を、エンジンO/H、タービン交換いたしました。エンジンを組んだばかりなのと、圧力センサーとフューエルポンプがノーマルなので、ブースト圧は低く抑えました。(マツダ純正ブーストセンサーは、0.9k以上のブースト圧に対して電圧が余り上がらないので、1kや1.1kのブーストが掛かっても稀薄燃料気味になる…)
ブースト圧0.85位にしては充分な結果となりました。

 

SPEC
(TRUST) TD-06SHタービンKIT
(HKS) インタークーラー
(APEX) パワーFC
(BLITZ) SBC-iD
(veilside) マフラー
(SARD) キャタライザー
(マツダ) ノーマル圧力センサー、ノーマルポンプ

※ 将来1.1キロ位ブーストを掛ければ420~430psは
出るでしょう。


ブースト圧0.83〜0.87kg/p時
377.6ps 42.8kgm
パワーチェックグラフ画像