BK3P・BL3FWアクセラチューニング情報

浜松発 ハイフロータービン化されたアクセラをCPUチューン


静岡県S様BK3Pアクセラは、ハイフロータービン化されており

前置きインタークーラー、排気系チューン、etcやってあるアクセラです。

コンピュータも他社製が入ってるようですが汎用タイプなので

しっかりこちらで現車合わせセッティングを行いました。

立ち上がりも鋭くトルクフルになりましたが

6000rpmを超えるといきなり抜けなくなる感じで苦しくなります。

アクセラの場合はここを改良したくなるのが人情ですが

それよりも6000rpmまでを磨いた方が効率的なのかもしれませんね。

SPEC

K&N クリーナーKIT
ターボショップM ハイフロータービン
CXレーシング インタークーラー
RDI 第2ストレートパイプ
5次元 プロレーサーマフラー
BLITZ SBC‐タイプR
オリジナル アプリケーションCPUデータ

ブースト圧  1.30 → 1.18kg/cm2時
300.7ps  48.6kgm

パワーチェックグラフ

大阪西発 サーキット遊びのアクセラをコンピューターチューン-


大阪府Y様BL3FWは、オートエクゼのクリーナー・マフラーが装着されており、

セントラルサーキットで遊んでおられるようです。

ブーストコントローラーやキャタライザー・インタークーラーetc考えておられたのですが、

まずコンピューターチューンをお勧めしてやって頂きました。

一発でバシッと決まりました。

ただこの車グラフでもお判りのように、クリーナー部のインテークエアテンプはズーツと36°程で

安定しててもインマニチャージテンプは5000rpmを過ぎると、52°位だったのが

70°まで上昇してしまいます。

これでは点火補正が大幅に入って、高回転でのパワーが望めません。

前置きインタークーラーが欲しいところですネ。
 
SPEC
オートエクゼ ラムエアクリーナー・マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ

ブースト圧1.43kg/cm2→1.06kg/cm2
296.9馬力 46.9kg

パワーチェックグラフ

―日立発 パワーダウンしてしまったアクセラをCPUチューンで回復ー


茨城県T様BL3FWアクセラターボは、クリーナー、インタークーラー、第2キャタ

マフラーを交換したら、ブーストの上がりが悪くなり、とても遅くなってしまったようです。

今回、ブーストコントローラーを装着してコンピューターチューンいたしました。

とても良くなりました。

他の車よりも少しノックリタードしやすい車でしたので、点火は下げましたが、

素晴らしいパワーグラフとなりました。

遠い所を有難うございました。
 
SPEC
オートエクゼ ラムエアクリーナーKIT・インタークーラー・マフラー
HKS 第二キャタライザー
BLITZ D-SBCiカラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ

ブースト圧1.33kg/cm2→1.16kg/cm2
310.5馬力 46.6kg

パワーチェックグラフ

―岡山発 サーキット仕様アクセラをコンピューターチューン−


岡山県M様BL3FWアクセラのコンピューターチューンをピットロードM様からの依頼で作業しました。

68000キロを走り込んでおられるので、多少タービンは弱っているように感じました。

300psを出したかったのですが、少し足りませんでした。

試乗後、M様とピットロードM森下氏は「バッチリ」と喜んで下さいました。

次回のサーキットでは良いタイムを出して下さい。

L3CEEBのCPU品番にL3CEEFベースで改造入力いたしました。
 
SPEC
GPスポーツ マフラー・中間マフラー
HKS EVC
オリジナル アプリケーションCPUデータ

ブースト圧1.41kg/cm2→1.01kg/cm2
286.5馬力 45.2kg

パワーチェックグラフ

―愛知幡豆発 ライトチューンアクセラをCPUチューン−


愛知県N様BL3FWアクセラは、マフラー、中間パイプ、置き換えフィルター交換のライト仕様で36000キロ程

走行です。

今回、ブーストコントローラー無しでコンピューターチューンのみを行いました。

この車も、L3CEEBのCPU品番だったのをL3CEEFをベースに改造入力いたしました。

とても綺麗なパワーグラフになりました。
 

SPEC
BLITZ 純正置換えフィルター
GPスポーツ 中間マフラー・マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ

ブースト圧1.45kg/cm2→1.19kg/cm2
297.7馬力 47.2kg

パワーチェックグラフ

−滋賀日野発 グリップしないアクセラ コンピューターチューン−


滋賀県Y様BL3FWアクセラターボは、以前当社で、マフラー+コンピューターチューン

して下さったのですが、今回、ブーストコントローラーを取付けしてリセッティングいたしました。

グラフはスロットルのロギングデータです。

トラクションコントロールをOFFにしていますが、フルブーストと同時にスロットルは

85%まで少し閉じて、グリップを完全に取り戻すまでは甘い状態です。

これは仕方ないですよネ。

グリップ力の高いタイヤのほうがシャーシダイナモでのパワーは上がるでしょう。

又、このマフラーは抜けに関しては問題無いと思われます。
 
SPEC
オートエクゼ マフラー
BLITZ D-SBCidV
オリジナル アプリケーションCPUデータ

ブースト圧1.48kg/cm2→1.16kg/cm2
297.5馬力 48.0kg

パワーチェックグラフ

−宇治発 アメリカ製パーツのアクセラをCPUチューン−


京都府T様BL3FWアクセラターボは、インタークーラーとマフラーがアメリカ製パーツでした。

ブーストコントローラーはBLITZのiカラーでした。

この車のバンパーもけん引フックが付かないので、外してセッティングしました。

元々、どこかのコンピューターデータが入っており検証してみましたがが、ハイオク

とレギュラーが逆に入っているetcチグハグデータでした。

これでは、速く、調子良く走る訳がありません。
 
SPEC
アメリカ インタークーラー・マフラー
BLITZ D-SBCiカラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ
マツダ 純正触媒

ブースト圧1.30kg/cm2→0.89kg/cm2
300.2馬力 47.4kg

パワーチェックグラフ

−志賀湖南発 牽引フックが無くて怖かったアクセラ・セッティング−


滋賀県S様のBL3FWアクセラターボは、マフラー、キャタ、インタークーラーが

交換されており、今回、ブーストコントローラーを取り付けして、コンピュー

ターチューンいたしました。

装着されているフロントバンパーに牽引フック用の穴が無いため、大変苦労しました。

何とか設置しましたが、下方向へのトラクションを掛けれないので、性格に測り

きれないのと、フックがはじいたら・・・の恐怖と戦いました(汗)

良い感じに仕上がりました。
 
SPEC
オートエクゼ インタークーラー
HKS 第二キャタライザー
フジツボ マフラー
BLITZ D-SBCidV
オリジナル アプリケーションCPUデータ
ブースト圧1.41kg/cm2→1.06kg/cm2
306.2馬力 47.3kg

パワーチェックグラフ

−大阪発 CPU本体が飛んでしまったアクセラのCPUチューン−


大阪府T様のBL3FWアクセラは、以前当社でコンピューターチューンして下さったのですが

元々、装着されていた点火系パーツが不良化し、エンジンが掛からなくなってしまったようです。

ディラーで診断したらCPU本体が飛んでいるらしく、新CPU本体に変更して、もう1度当社の

データーを入力する事になりました。

不思議な現象ですネ。

ちなみに、新しいCPUのデーターの品番は2012〜のデーターでした。

アクセラは変に部品を変更したり、装着しないほうが良いのでしょう。

出来るだけシンプルにチューニングした方が良いと思われます。
 

SPEC
オートエクゼ 置換えインタークーラー
HKS マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ
BLITZ D-SBCidV

ブースト圧1.29kg/cm2→1.10kg/cm2
309.8馬力 45.3kg

パワーチェックグラフ

−京都発 見事なパワーグラフ!アクセラCPUチューン−


京都府のA様のBL3FWは2010モデル、29000キロ程の車で、マフラー、クリーナー、インタークラー、VACが

装着されておりました。

A様が言うには、パーツを付ける度に走りが悪くなり特に3000〜4000rpmが走らなくなったらしいです。

今回のコンピューターチューンで全て解消したと思います。

素晴らしいパワーグラフです。

ブーストコントローラー無しでも、この実力です。

勿論、VACは取り外しました。
 
SPEC
HKS サクションクリーナーKIT
オートエクゼ インタークーラー
GPスポーツ マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ

ブースト圧1.48kg/cm2→1.18kg/cm2
309.2馬力 48.5kg

パワーチェックグラフ

長野発 超高性能に返信したアクセラの新データ


長野県N様のBL3FWアクセラターボはオートエグゼのクリーナーBOX・クリーナーとGPスポーツマフラーが

装着されており、今回ブーストコントローラー装着とコンピューターチューンを行ういました。

ここ最近当社デモカーで煮詰めた新データを入力した所、予想以上の高性能に変身致しました。

アクセルレスポンスも鋭く、試乗したN様は”怖い!”と驚いておられました。

これは速いです!
 

SPEC
オートエクゼ クリーナーBOX・クリーナー・インタークーラー
GPスポーツ マフラー
BLITZ D-SBCiカラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ

ブースト圧1.42kg/cm2→1.08kg/cm2
322.0馬力 51.1kg

パワーチェックグラフ

宮崎発~自走で来られたアクセラのコンピューターチューン


宮崎県I様のBL3FWアクセラは2011年モデルのフルノーマルで走行は22000キロ程で、今回自走でご来店です

ここ、最近データが煮詰まってきて、とうとうタイヤのグリップが足りなく滑るようになって来ました。

この車もタイヤの目が少なくなっており、グリップしませんでした。

ピークトルクが出るポイントからピークパワーが出るポイントに掛けて、スリップするのです。

それでも300馬力出るのですから大したものです。

オイル交換もして下さいました。

地元のディーラーに聞いたら0W20を入れていると言われ肝を冷やしたそうです(笑)

永く大事に乗るのなら 0W40〜10W50程度のオイルを入れてオイルクーラーの装着をお考え下さい。

オリジナル アプリケーションCPUデータ  \173000円 データ入力費 \10000

税込総額 \192150円
 

ブースト圧1.38kg/cm2→1.05kg/cm2
301.6馬力 46.6kg

パワーチェックグラフ

愛知発 2011モデルフルノーマルアクセラをコンピュターチューン


愛知県H様のBL3FWアクセラターボは2011モデルのフルノーマルで、走行が20500キロ程の車です。

今回、当社でコンピュターチューンをする事になったのですがシャーシダイナモに入れる時、ポトリ、ポトリ

とオイルが漏れているのを発見!

リフトに上げて点検すると、オイルパンのドレンボトルが手で回る程に緩んでおり、そこから漏れていたのでした。

もうあと少しではずれそうだったので危機一髪でした。

RH9のブラックオイルを入れてからデーター入力、パワー測定を行いました。

これも2012モデルベースのデーターにしておきました。

良いトルクが出てますね。


(オリジナル)アプリケーションCPUデーター   \173,000

         データー入力費            \10,000

 合計                             \ 183,000

 税込                         \ 192,150
 

300.7馬力 48.2kg

パワーチェックグラフ

愛知発 抜けの悪いマフラーに悩んだBL3FWアクセラ


愛知県S様のBL3FWアクセラは2010モデル、走行15500キロの車でマフラーのみ交換されてます。

今回、当社でブーストコントローラーの取付とコンピュターチューンを行いました。

目標は305〜310PS!

しかし、何度トライしても出ず、ブーストの下がり方が大きいので、よぉ〜くマフラーを見たらサイレンサー

らしき物が取り外せる事が判明。

これでパワーUPするかと思いましたが、それでも駄目でした。

根本的に良くないマフラーだと感じました。

S様は次回マフラーの変更をお考えになっておられました。
 

SPEC
BLITZ D-SBCidV
某メーカー マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ

ブースト圧1.39kg/cm2→1.03kg/cm2
292.7馬力 47.0kg

パワーチェックグラフ

福島発~50キロのトルクを発生したアクセラCPUチューン


福島県S様のBL3FWアクセラターボは、2011年モデルで、マフラー、インタークーラー、フィルターが

交換されている車でした。

今回、当社でコンピューターチューンを行いました。

ブーストコントローラーは付いておりませんでしたが、50キロものトルクを発生致しました。

少し気になるのがインタークーラーの抜けの悪さでブースト圧の下がりが大きいように感じました。

これだったらノーマルの方が良いように思えます。

次回、ブーストコントローラーを装着すれば、下も上も良くなると思いますよ。
 

SPEC

K&N フィルター
アメリカ インタークーラー
フジツボ マフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ

ブースト圧1.45kg/cm2→1.02kg/cm2
308.5馬力 50.2kg

パワーチェックグラフ

埼玉発~前置きインタークーラー装着のBK3Pアクセラ


埼玉県O様のBK3Pは、2010年モデルの最終型で、8万キロ程走行しております。

2年前から当社でコンピューターチューンを行って下さっており、今回前置きインタークーラーを装着、

リセッティング致しました。

CPU編集ソフトの改造出来るパラメーターも相当増えておりまして、最新のデータと致しました。

数値以上に乗り味が改善されています。
 

SPEC
Doエンジニア サクション・クリーナーKIT
アメリカ インタークーラー
HKS 第二キャタライザー
BLITZ D-SBCidV・マフラー
ワンオフ オイルクーラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ

ブースト圧1.29kg/cm2→0.98kg/cm2
297.1馬力 44.2kg

パワーチェックグラフ

川崎発~2010年モデルアクセラターボをCPUチューン


神奈川県I様のBL3FWアクセラは2010年モデルで、アメリカから取り寄せたキャタライザーが装着されるなど

フルブーストUP仕様になっておりましたが、CPUはノーマルでした。

今回、当社でコンピューターチューンをするに辺り、当社のデモカーで相当煮詰めた2012年モデルの

パラメーターを各部に全注入してみました。

頭脳は2012年モデルの改造版です。

1〜3速はトルクステアで持って行かれてしまうくらいパワフルになっていますよ!
 

SPEC
オートエクゼ インタークーラー・クリーナーBOX・サクションパイプ
アメリカ 第1キャタライザー・第2ストレートパイプ
GPスポーツ マフラー
BLITZ D-SBC
オリジナル アプリケーションCPUデータ

ブースト圧1.32kg/cm2→0.98kg/cm2
313.0馬力 47.5kg

パワーチェックグラフ

ワークスカーのコンピューター一次テスト終了


当社ワークスカーBL3FWアクセラターボの2012年モデルを検証しました。

フルノーマルでスピードリミッターのみを解除して5速で計測した所、5500rpm以上になると全く走らなくなる状況

つまりスロットルが閉じてしまうのがお判りでしょう。

ノーマルグラフ(スピードリミッターのみ解除)は・・・こちら

それにアクセルとスロットルの関係が無茶苦茶です。

これをデータ編集して高回転まで回るように煮詰めていきました・・・

取り合えず300馬力をオーバーして、トルクも目標値になりました。  比較グラフは・・・こちら

この状態で実走テストを繰り返して、もう一度フルノーマル状態でのCPUチューンを煮詰める

2次テストを行う予定です。

尚、2010、2011モデルのBL3FWにも、この車で掴んだ技術を投入出来るように致しました。

オリジナル アプリケーションCPUデータ  \173000  データ入力費\10000

税込総合計 \192150円
 

ブースト圧1.42kg/cm2→1.11kg/cm2
306.5馬力 47.9kg

パワーチェックグラフ

滋賀発~テールマフラーのみのBL3FWをCPUチューン


滋賀県Y様のアクセラターボBL3FWは、テール部のみのマフラー交換で、吸気系などは全てノーマルなので

CPUチューンとしては、とてもやり易い車でした。

ブーストは1.45キロまで一瞬パッと上がりますが、直ぐに垂れて1.07キロまで下がります。

立ち上がりのトルク感はとても良いと思います。
 

SPEC
オートエクゼ テールマフラー
オリジナル アプリケーションCPUデータ

ブースト圧1.45kg/cm2→1.07
285.5馬力 45.6kg

パワーチェックグラフ

ワークスカー購入しました


当社では、開発車両としてBL3FWアクセラターボを新車で購入しました。

車両本体価格は2,741,000円(税別)で、オーディオかナビが入る2DINの所はレスの状態で購入しました。

値引きも結構してくださり、総額オプション込み2,820,000円(税込)でした。

まず、2DINの箇所にはクラリオンのNX711(テレビ・ナビ、CD、DVD)を装着しました。

クラリオン MX711 \108000円 取付金具\6500 取付\30000

税込156,975円

足マットもレスで購入したので、KAROに注文したら商品化されていなかったので、当社で型取りして新発売品

として造って貰いました。

KARO シザル フロアマット 1台分 前後4枚セット \37800(税込)

オプションでETC、アクリルバイザー、ボンネットダンパーの計68621円をお願いしました。